真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    事実

    DQHGBsDVQAAEXTZ (1)

    金曜日に沖縄自動車道で起きた大事故において事故に遭った方を救出中の海兵隊員が後続車にはねられ重体となっています。 この勇敢なる彼とご家族のために 一刻も早い回復を願い共に祈って頂けませんか。彼の名前は、Hector Trujillo さんです。


    ヘクターさんへの募金サイトはこちら

    http://www.gofundahero.com/campaign/detail/4936

    hqdefault

    青山繁晴「
    報道機関は【報道する自由】と言いつつ実際は事実の一部のみ取り出して自分達の主張・思い込み・偏見・左巻きに合ってる事だけを報道するから事実が違って見えるので問題になってる。ただ当事者はその意識がなくて都合がいい事しか書かない」 意見を押し付ける日本のマスコミは害悪そのもの

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 19:23:26.23 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    webw160629-duterte-thumb-720xauto
    ドゥテルテ比大統領、麻薬疑惑が事実なら実の息子「殺す」
    http://www.afpbb.com/articles/-/3143753

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は20日、息子で政治家のパオロ・ドゥテルテ氏について、 麻薬密輸に関与していた疑惑が事実なら殺害するよう命じると公言した。殺害を実行した警察官は訴追されないとも述べた。

    パオロ氏をめぐっては、中国から大量の結晶メタンフェタミンの密輸を助けている三合会(香港を拠点とする犯罪組織の総称)の構成員だとの疑惑が浮上。パオロ氏は今月、上院の公聴会に出席し、野党議員らの追及に対し疑惑を否定している。

    20日夜、首都マニラのマラカニアン宮殿(大統領府)で国家公務員を前に演説したドゥテルテ大統領は、この疑惑にはっきりとは言及しなかったものの、もし麻薬に関与すれば実子であろうと最も厳しい処罰を受けることになると述べた昨年の大統領選の際の主張を繰り返した。

    「私の命令は前に言った通りだ。『私の子どもたちが麻薬にのめり込むなら、彼らを殺せ。そうすれば誰も文句は言えまい』」

    「だから私は息子に言った。『お前が逮捕されるようなことがあれば、殺すよう命じた。もしそれが事実ならば、私はお前を殺した警察官を守るつもりだ』」

    ドゥテルテ大統領は昨年、麻薬密輸人や中毒者ら10万人を殺害して違法薬物を社会から一掃すると宣言する前代未聞の公約を掲げて大統領選に圧勝。就任後、フィリピンでは警察の麻薬撲滅作戦で3800人以上が殺害されたほか、数千人が不可解な状況で殺害されている。

    【ドゥテルテ大統領「俺の息子の麻薬密輸疑惑が事実なら殺せ、俺はその警察官を守る」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/02(金) 18:05:01.20 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/97424

    加計学園の獣医学部設置をめぐる問題で、当時の経緯を最も詳しく知る当事者、加戸守行前愛媛県知事が愛媛新聞のインタビューに応じた。

    「民進党とマスコミの推測は間違っている。事実と全然違う」

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/ehimekake-1.jpgno title


    加戸守行前知事の話の中で重要な主張を分かりやすく時系列でまとめてみた。

    (1)もともと愛媛県では獣医師不足が深刻化しており、狂牛病や鳥インフルエンザ、口蹄疫の対策が課題だった。知事としては頭を悩ませる問題だ。

    (2)2005年に加計学園が今治市に獣医学部をつくる話を提案し、素晴らしいと賛同した。しかし、政治的に実現せず(このときは自民党政権下)。

    (3)2009年に民主党政権に変わり、交渉で好感触を得たがやはり実現しないまま。

    (4)時代は第2次安倍内閣に。国家戦略特区の波に乗って実現へ向けて話が進む。

    (5)民進党とマスコミは急に「安倍総理が不正誘致に関与している。加計学園理事長と親密」と言い始めたが、それならば5年、10年前に実現しているはず。

    (6)畜産業がカギとなる愛媛県では感染症で大打撃を受けるリスクがある。だから獣医学部設置は大きな意義がある正しい方向性だ。

    (7)愛媛県に獣医学部ができるなら別にどこの団体運営でもいいが、加計学園は非常に教育に熱心で高く評価できた。ただ単に利益目的というわけではなく正しい理念が感じられた。

    (8)「安倍総理が指示した」とリークした前川喜平氏は実は文部科学省時代の部下。加戸前知事は「前川は行政のあり方が歪められたとか言っているが、そもそも獣医師不足を解決できていないのは文科省の責任だと思っている」と批判する。

    ということで、当事者であり当時の経緯を最も詳しく知る加戸守行前知事は民進党とマスコミの見立てを全否定し、正しい政治が行われていると強調した。日本国民としては何の不利益もないどころか大変社会的意義がある計画だ。

    地元民にしてみれば昔は誘致を進めていた民進党が自民党の成果になろうとした途端に掌を返して潰そうとしたのは腹立たしいに違いない。

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/05/tamakikake-1.pngno title


    とにかく安倍政権を潰したい連中は憶測だけで物事を語り、事実関係を十分に確認しない。記事中で森友学園問題にも触れられているように、根拠なき疑心が事件を捏造するのだ。

    事の発端は日本獣医師会と繋がっている民進党・玉木雄一郎議員が既得権益を守るために騒ぎ出したこと。国民は誰を信じればいいのか。判断するのに十分な材料は集まった。

    【前愛媛県知事「民進党とマスコミの推測は間違いだらけ。事実と全然違う」 獣医学部誘致の最重要キーマンがついに証言 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/21(火) 09:46:18.53 _USER
    世界の動きや日本のあり方を考える講演会「激動の世界情勢の中の日本」(平成ビジョンの会主催)が岡山市北区の県立図書館多目的ホールで開催され、大勢の市民が時事問題に耳を傾けた。

    今回は評論家で拓殖大国際学部教授の呉善花(オ・ソンファ)氏が「日韓が和解できない理由(わけ)」、また日本政策研究センター代表の伊藤哲夫氏が「今問われる国家の持続性」と題してそれぞれ講演。

    このうち呉氏は自身の体験や日本統治時代の人口増などのデータをまじえ、日韓の民族性の違いや歴史を検証。

    「多神教の日本社会は歴史の多面性も受け入れるが、朱子学儒教を重んじる韓国では、情緒に反する事実が一切受け入れられない」などとして「和解」の困難さを分析した。

    http://www.sankei.com/west/news/170221/wst1702210029-n1.html

    http://www.sankei.com/images/news/170221/wst1702210029-p1.jpgno title

    講演する呉善花氏=岡山市北区

    【【国内】「韓国は情緒に反する事実一切受け入れられない」 呉善花拓大教授ら講演[2/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ