真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    主張

    1: KSM WORLD NEWS 2018/02/06(火) 09:15:13.92 ● BE:201615239-2BP(2000)
    b18cd70f

     立憲民主党の福山哲郎幹事長(参院京都選挙区)が代表を務める政党支部などが平成22、23年、手ぬぐい代として7件計26万3665円を京都市内の業者に支出していたことが5日、政治資金収支報告書から分かった。

     福山氏が代表を務めた「民主党京都府参議院選挙区第2総支部」は22年に12万8950円、関連団体「フォーラム共生社会21」は22年に計8万1795円、23年に計5万2920円を支出していた。公職選挙法は、政治家側から選挙区内の有権者への寄付行為を禁じている。福山事務所は「海外要人からの土産の返礼や海外訪問時の土産として使用した」と説明した。

     民進党の岡田克也常任顧問(衆院三重3区)の「岡田かつや後援会」が22~25年、香典として15件計15万円を支出していたことも分かった。岡田事務所は「すべて選挙区外への支出だ」と線引きを強調した。

     衆院予算委員会野党筆頭理事を務める立憲民主党の逢坂誠二衆院議員(北海道8区)が代表をしていた「民主党北海道第8総支部」は23年、選挙区内の花店に生花代1万500円を支出していた。逢坂事務所は「支援団体の旗開きに出した。氏名が類推されるような方法を取っていない」として、問題ないとの認識を示した。

     茂木敏充経済再生担当相側による「線香配布」問題が野党に飛び火する中、逢坂氏は5日の衆院予算委で茂木氏を追及し「公選法の規定は、緩いというかグレーだ」と述べ、公選法改正を主張した。

    https://www-sankei-com.cdn.ampproject.org/c/www.sankei.com/politics/amp/180206/plt1802060008-a.html

    【立憲民主党 福山哲郎幹事長が手ぬぐい代26万円を支出 線香問題飛び火の野党、公選法改正を主張 】の続きを読む

    BqAZfahO

    安倍総理「自衛隊は合憲と言う憲法学者は2割。違憲と主張する有力政党もある。自衛隊に『君達は違憲だが何かあれば命を張ってくれ』は無責任。そうした議論をなくすのが私達の責任。命を賭し任務遂行をする公務員の心に尊厳・勇気・誇りを与える必要がある。議論を深めることに期待してる」

    おまけ

    DS_t2awVwAMio8U

    居島一平「ICANの事務局長が『核廃絶から足を踏み外した』と主張した」 上念司「来る国を間違えたのでは?北朝鮮や核保有国で言うべきでは?」 居島一平「日本は核兵器を持ってません」 大高未貴「なぜこのような発言するんですかね?」 ピースボートが一緒にいる時点で安倍批判目的なのがバレバレ

    151188810294_20171129

    韓国国会副議長が文在寅大統領、秘書室長、国家情報院長、中央地検長を、内乱罪や国家機密漏洩罪などで刑事告発すべきと主張。内乱罪で大統領を弾劾出来るので、韓国では大問題になっているのに日本のメディアは全く報道しません。朴槿恵の弾劾では大騒ぎをしたのに不思議ですね。😏


    野党所属の国会副議長「文大統領を内乱罪で告発すべき」

    2017/11/29(水) 16:57配信

    自由韓国党のシム・ジェチョル議員 国会副議長名義で立場資料を配布 「法治主義を破壊 秘書室長や国情院長、ソウル中央地検長も告発すべき 第20代国会の自由韓国党分の副議長 政治的波紋は避けられない

     自由韓国党所属のシム・ジェチョル国会副議長(京畿道安養東安乙)が28日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領とイム・ジョンソク大統領秘書室長、ソ・フン国家情報院長、ユン・ソクヨル・ソウル中央地検長を、内乱罪や国家機密漏洩罪などで刑事告発すべきと主張した。内乱罪は法治主義を根本から揺るがした国政壟断にもかかわらず、朴槿恵(パク・クネ)前大統領にも適用されなかった。過去、全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)氏が大統領になる前に新軍部反乱に適用された内乱罪を、立法府の野党に割り当てられた副議長が、選挙を通じて政権を握った大統領に適用することを主張したもので、政治的波紋が予想される。

    続きはこちらで https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00029101-hankyoreh-kr

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/21(木)15:21:14 ID:???
    慰霊碑 ㊦

     韓国中部・天安にある旧日本軍の慰安婦に謝罪する内容の碑を書き換えたとして、公用物損壊罪などで在宅起訴された日本人男性(69)の初公判が21日、大田地裁天安支部で開かれ、検察が懲役1年を求刑し即日結審した。

     検察は「外交の新たな対立を招きかねない」と理由を述べた。男性は書き換えを認めた上で、碑は、朝鮮半島での女性の強制連行の証言が後に虚偽と分かった故吉田清治氏が設置したもので、公共物ではないと主張した。判決は来年1月11日。

    C_lE7svVYAELmD8 (1)

     男性は今年3月、謝罪碑の上に「慰霊碑」と記した碑を張り付けた。男性は吉田氏の息子の依頼だったと説明。

    (以下略)

    産経web/2017.12.21 14:07
    http://www.sankei.com/world/news/171221/wor1712210025-n1.html

    【【慰安婦問題】慰安婦碑書き換え、日本人男性に1年求刑 韓国検察「新たな対立招きかねない」と主張 [H29/12/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ