真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    主張

    american-family-south-korea-evacuation-drill

    米共和党の上院議員が、在韓米軍の家族を脱出させるべきだと主張し始めましたね。韓国在住の日本人にもそろそろ警告を出すべきでは? 韓国政府は邦人脱出に自衛隊機を韓国入りさせることを拒否している。そういう反日的な国にいる以上、何かあったら自己責任になる。

    hqdefault

    青山繁晴「
    報道機関は【報道する自由】と言いつつ実際は事実の一部のみ取り出して自分達の主張・思い込み・偏見・左巻きに合ってる事だけを報道するから事実が違って見えるので問題になってる。ただ当事者はその意識がなくて都合がいい事しか書かない」 意見を押し付ける日本のマスコミは害悪そのもの

    小泉進次郎演説2

    党の名前を変えてころころ主張を変える人たち、あまりにひどすぎる!どうか皆さんの力で激戦を一緒に勝ち抜きましょう!」 さんが の応援に! 10/15

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/15(日) 12:56:09.26 _USER9
    c5ffa828


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000090-jij-pol


     衆院選(22日投開票)の論戦に最近の株高傾向が影響を与えている。与党は経済政策「アベノミクス」の成果だと訴え、消費税増税と増収分の使途変更を正当化したい考え。これに対し、野党側は「好景気の実感はない」として、消費税増税の凍結を前面に掲げる。希望の党は公約した大企業の内部留保課税をトーンダウンさせるなど、政策の「生煮え」を露呈させた。

     安倍晋三首相(自民党総裁)は14日、香川県坂出市で街頭演説し、「株価も上がり、きのうは21年ぶりの高値になった。年金は株式市場で運用しているから、皆さんの年金財政はしっかりとしたものになっている」と強調。アベノミクスを一層加速させる考えを示した。

     首相はまた、子育て世代への支援を強化する「全世代型社会保障」を目指すと改めて主張。2019年10月に消費税率を10%に引き上げて財源を確保することが前提の公約だが、増税の是非が論争の的になるのを避けたいためか、この日は増税に言及しなかった。

     一方、公明党の山口那津男代表は福島市で演説し、消費税増税時に軽減税率導入を実現するとアピール。増税に反対する野党を「少子高齢化社会の将来に責任を持たない政党だ」と非難した。

     希望の党の小池百合子代表は神戸市での街頭演説で、アベノミクスについて「これだけやっているのに(成果が)まだまだ不十分」と批判。規制改革や情報公開を徹底し、「無駄遣い削減」で財源を捻出する考えを示した。

     希望は公約で、消費税増税を凍結する代わりに、大企業の内部留保への課税を検討すると明記した。しかし、経済界から「法人税との二重課税になる」と激しい反発を受けると、小池氏は一部メディアのインタビューで「課税にこだわらない」と事実上修正。公約が十分に練られていなかったことが浮き彫りとなった。

     共産党の志位和夫委員長は東京都内の演説で、安倍政権が進めた法人税減税を批判し、「これにメスを入れると財源はきっとある。その財源で教育や子育て、若者に予算を付ける」と主張した。

     立憲民主党の枝野幸男代表は都内で「豊かな者をさらに豊かにしても格差が拡大するだけ」とアベノミクスを問題視。最低賃金引き上げなどによる「分厚い中間層の再生」を唱えた。
     日本維新の会は、国会議員の定数・報酬削減などで財源をつくり、消費税増税に頼らない教育無償化を訴えている。

    2017/10/15(日) 08:12:43.08
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508031310/

    17: KSM WORLD NEWS 2017/10/15(日) 13:01:16.95
    わかっていて貧乏人を騙すのは自民より悪質。

    【【共産党】志位和夫、安倍政権が進めた法人税減税を批判し、「これにメスを入れると財源はきっとある」と主張】の続きを読む

    阿比留瑠比党首討論会は朝日が加戸証言を翌日に取り上げたと笑われながらも主張してた。【審査の詳報の1行】だけなのに理解不能。毎日は『友達だから優遇された!反省してないのか!』と主張してたが、そんな事実はこれまでの報道からも見当たらない。メディア側のおごりが寒々しい光景だった」



    このページのトップヘ