真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    中韓

    1: KSM WORLD NEWS 2018/01/09(火)13:59:37 ID:???


    対馬では韓国人客激増、韓国資本による不動産買収が進む
     今、「外国人による土地買収」という“日本領土侵食”が大規模に進行している。その主役は中国と韓国だ。外国人の土地買収自体は合法だが、自衛隊施設や在日米軍基地に隣接する土地が買収されるケースも多い。

     この問題に詳しい産経新聞編集委員の宮本雅史氏は、「世界の多くの国では、外国人による土地所有を基本的に『不可』とするほか、認める場合も地区を限定するなど厳しく制限している。それなのに、日本は野放し状態で、一度買われた土地を買い戻すのは困難だ」と警鐘を鳴らす。

     以下に示す通り、過疎や少子高齢化で人口減少が著しい地方や離島ほど、狙われやすい傾向がある。外国人による土地買収は、「武器を持たない戦争」なのである。

    【北海道】 
    中国をはじめとする外国資本による広大な森林、農地、ゴルフ場などの不動産買収が進み、その規模は森林だけで東京ドーム515個分の2411haに及ぶ(北海道庁調べ)。このままでは北海道全域が「虫食い状態」になる恐れがある。

    土地買収と中国語教育が進行中
     中国系企業が進出する釧路・白糠工業団地では中国と関係があるとされる日本企業が発電施設建設の名目で1.3haの土地を買収。白糠町の小中高では中国語・文化の教育が盛ん。

    ■中国企業の「撮影所」計画
     札幌市・宮の森で高級マンションを手がける中国系不動産会社の親会社「海潤メディアグループ」が、同市内に大規模な撮影所建設を計画中。

    大学が“中国化”する?
     中国との深い関係が指摘される学校法人「京都育英館」が、苫小牧駒澤大学の経営権や15haにも及ぶ敷地などの取得を進めている。

    【新潟・佐渡】 
     中国総領事館の移転問題で揺れた新潟市。
    佐渡島では留学生や観光客の受け入れ、農業の連携先などとして中国との関係強化が図られており、経済的に疲弊する国境の離島に中国の影がちらつく。

    「治外法権」恒久化の恐れ
     在新潟中国総領事館が移転用地として2012年に取得に動いた新潟市内の土地は約1万5000平方メートル。2017年末現在、移転は行われず土地は野ざらしのままだ。

    (以下略)

    Yahoo!ニュース/1/9(火) 7:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00000005-pseven-int

    関連記事
    【twitter】中国人移民が「中国人村」を創り【中国の領土に】中国企業が北海道の土地を100ha単位で、大規模の土地買収。[H30/1/元旦]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514781982/

    【常設型住民投票条例】 北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~ [H29/10/8]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507466793/

    【【国防】 中韓の「日本買収」が止まらない これは武器を持たない戦争 [H30/1/9]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2018/01/04(木)07:11:23 ID:???
    6c1a60e1-s

    ◎記事元ソース名/韓国の対北朝鮮人権団体、中国の脱北者強制送還を批判…脱北者家族像の設置も考慮

    韓国に亡命した脱北者らと韓国の対北朝鮮人権団体が中国政府の脱北者強制送還に反対し、強制送還を続ければ駐韓日本大使館前に少女像が建てられたように、駐韓中国大使館前に「脱北家族像」を設置すると明らかにした。

    中国に拘禁されている脱北者の家族と対北朝鮮人権団体などは3日、ソウルの中国大使館前で記者会見を行って「中国は昨年、いわゆる韓中THAAD(高高度ミサイル防衛)合意にもかかわらず、自由を勝ち取ろうとする在中脱北民に対する逮捕と強制送還を続けている」としながら「昨年7月、韓国行きを試みたが公安に逮捕され、集団自殺した脱北民家族5人のほかにも子供を含む数多くの脱北民が中国公安に逮捕されて強制的に北朝鮮に送還されたし、(現在も)続けられている」と話した。

    dappoku


    彼らは「もし中国政府が継続してこれに背を向ける場合、国連総会で定めた『重大で組織的な人権侵害』に当たるため、我々は全世界的に中国の国連人権理事国の資格停止運動に出るだろう」としながら「中国大使館前に脱北家族像の建設運動も展開することを厳粛に宣言する」と話した。
    (以下略)

    中央日報/1月3日
    http://japanese.joins.com/article/138/237138.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 79◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514007548/

    【【中韓】(韓国の)対北朝鮮人権団体『中国が脱北者強制送還を続けるならば、中国大使館前に【脱北者家族像】を立てる』[H30/1/4]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/16(土)13:56:33 ID:???
    21d0c_204_556ea1bd_a6157c9f

     【ソウル=鈴木壮太郎】国賓として中国を訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対する待遇が礼を欠いているとして、韓国内で批判が高まっている。同行取材していた韓国人記者が警備員から暴行を受けたことが火に油を注ぎ、韓国内の「反中感情」の高まりを招いている。

     文大統領は14日朝、北京市内の大衆食堂で夫人らと一緒に朝食をとった。「中国の庶民の暮らしぶりを知る狙い」としたが、 韓国世論の受け止めは違った。

     文氏は13日に到着してから、14日に習近平(シー・ジンピン)国家主席との晩さん会に臨むまで、中国側との会食スケジュールがなかった。韓国紙の東亜日報は「3食続けて(中国側と)別々に食事をした『国賓』」と、皮肉交じりに報じた。

     14日の中韓首脳会談で、文氏を出迎えた中国の王毅外相が握手したのち、ポンポンと文氏の腕を軽くたたいたしぐさについても、韓国内で「大統領への欠礼」か、「親しみの表れ」かを巡り議論を呼んだ。中道系野党「国民の党」の議員は、北京の空港に到着した大統領を、中国の孔鉉佑外務次官補が出迎えたことを採り上げ、「フィリピンのドゥテルテ大統領が訪中した
    時は閣僚が出迎えた」と指摘。「外交的大惨事だ」と、中国側だけでなく文大統領も激しく批判した。

     さらに、中国人警護員による韓国人記者への暴行事件が「中国が韓国を見下している」と受け止められ、韓国社会に衝撃を与えた。中国外務省の陸慷報道局長は15日の記者会見で「行事は韓国側の主催で、警備員も韓国側が雇った」と述べ、原因究明の責任は韓国側にあるとの見方を示した。

    (以下略)

    日経新聞/2017/12/15 18:37 (2017/12/15 19:19更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24698530V11C17A2FF8000/?n_cid=NMAIL007

    関連記事
    【文在寅氏訪中】 中国、文大統領を冷遇 「格下扱い」に懸念広がる韓国メディア [H29/12/15]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513307668/

    【中韓首脳会談】関連行事で中国側警備員が韓国人記者に集団暴行か =韓国メディア報道 [H29/12/14]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513249653/

    【【中韓】「中国は無礼」韓国で批判 文大統領をないがしろ 会食スケジュールまばら、記者に暴行 [H29/12/16]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 08:58:06.24 _USER
    中国政府は習近平国家主席の威信をかけて来月開催する一帯一路(陸上・海上シルクロード)国際協力首脳会議に、 28カ国の首脳と主要20カ国・地域(G20)の副首相級9人、110カ国の閣僚級要人190人が参加すると明らかにした。 だが、高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備問題で葛藤中の韓国に対しては招待状すら送らなかった。

    <中央日報3月4日付「中国、一帯一路会議に韓国首脳・閣僚を招請せず」記事>

    王毅外交部長は18日、内外信向けの記者会見で、 来月14~15日に北京で開かれる一帯一路首脳フォーラムの出席者名簿を公表した。

    名簿にはロシアのウラジーミル・プーチン大統領やトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領、ミャンマーのアウンサン・スーチー国家顧問のほか、 欧州(スイス・スペイン・イタリア・チェコ)、アジア(インドネシア・マレーシア・パキスタン・ベトナム・モンゴル・カンボジアなど)、 南米(アルゼンチン・チリ)や中央アジア、アフリカなどの各首脳がもれなく含まれている。 習主席は初日に開幕演説を行い、翌日には首脳28人が参加するフォーラムを主宰する予定だ。

    中国は今回の会議の開催成功を2017年最大の外交目標に掲げて、年初から海外の首脳級要人の招待に心血を注いできたが、 一帯一路プロジェクトの隣接国であり主要関連国の韓国は排除した。

    韓国政府当局者は「THAAD問題で韓国政府代表を意図的に招待しなかったようだ」と見解を示した。

    これに関連して、中国の陸慷外交部報道官は、 「来月、韓国の新しい大統領が決まったら招待する意志はあるか」という質問に対して 「仮説的な状況については答えることはできない」と述べた。

    以下ソース:中央日報 2017年04月19日08時27分
    http://japanese.joins.com/article/209/228209.html

    【【中韓】中国、「韓国外し」作戦? 一帯一路首脳会議の招待状も結局送ってこず[04/19]】の続きを読む

    12314003_549443828543246_4986268803936032785_n

    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/07(水) 11:03:13.63 _USER
    安倍首相 真珠湾で何を語るか

    2016年12月7日(水)付

     安倍首相が26、27両日、米ハワイに赴き、オバマ大統領と真珠湾を訪ねる。

     旧日本軍による奇襲攻撃から75年、日米の首脳がともにその犠牲者を悼み、和解の価値を発信する意義は大きい。

     5月にはオバマ氏が、米国が原爆を投下した広島を訪ね、核なき世界への努力を誓った。

     今回の真珠湾訪問で、首相がどんなメッセージを発するか。日米だけでなく、広く世界が注目する場となるだろう。

     首相がまず語るべきは、無謀な戦争に突き進んだ深い反省のうえに立ち、不戦の誓いを新たにすることだ。

     忘れてならないのは、アジアの人々への視線である。戦火の犠牲になったのは、日米の軍人や市民らだけではない。

     真珠湾攻撃に端を発した太平洋戦争は、アジアの多くの人々に犠牲を強いた。だが真珠湾攻撃以前から、日本は満州事変に始まる10年に及ぶ侵略と、植民地支配を進めていた。塗炭の苦しみを味わった人々の間には、いまなお日本への厳しい感情が残る。

     想起すべきは首相が3年前、靖国神社参拝に踏み切ったときのことだ。米国などから歴史修正主義者との疑念を招き、中国や韓国との関係悪化につながった。戦前の歴史を正当化するかのような言動が、どれだけ日本への不信を招いたことか。

     真珠湾訪問が、こうした不信の解消につながるなら歓迎したい。そのうえで、日米の和解をアジア太平洋地域の平和と安定に結びつけていくことだ。

     日米関係が地域の公共財として機能するためにも、日本はアジアの国々と真摯(しんし)に向き合う必要がある。そのことこそがアジアのみならず、欧米など国際社会での日本への信頼を高めることにつながるはずだ。

     安倍氏は戦後70年の首相談話で「私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます」と誓った。その決意を、真珠湾でも改めて語ってほしい。

     真珠湾攻撃は日本にとって痛恨の過ちだった。その反省のうえに戦後70年余、平和国家として歩んできた今の日本がある。

     トランプ米次期大統領の登場で、戦後の国際秩序が揺らぎかねない状況にある。

     現行憲法のもと、民主主義や法の支配といった普遍的な原則を貫き、軍事力を過信せず、平和的な手段によって粘り強く地域の秩序を守っていく。

     そんな日本の使命を、真珠湾から、アジアに、世界に語る機会としてもらいたい。

    http://www.asahi.com/paper/editorial.html?iref=com_gnavi

    【【KSM】バカ日社説 安倍首相の真珠湾訪問、忘れてはならないのはアジアの人々への視線 3年前の靖国訪問も中韓との関係悪化につながった⇒「だから何が言いたいんだよ売国新聞は」】の続きを読む

    このページのトップヘ