真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    中国


    【KSM】通州事件 隠された歴史 日本人大虐殺事件 昭和12年(1937年... 投稿者 ksm11


    中国の日本人虐殺「通州事件」 鼻に針金通し青竜刀で体抉る

    20151213060227oipoiip

      戦後70年、中国は自らが犯した戦争犯罪をひた隠しにしてきた。その一つが、多数の在留邦人が虐殺された「通州事件」だ。残されたわずかな記録からその封印を解く。


     その凄惨な事件は、日中が本格的な軍事衝突を始めた盧溝橋事件(*注1)直後の1937年7月29日、北平(現在の北京)近郊の通州で発生した。

    【*注1/1937年7月7日、日本軍と中国の国民党軍の間で起きた武力衝突事件。中国共産党軍が事件を誘発させたとの説が有力となっている】

    86bacd20


     当時、満州国と隣接する中国・河北省には、蒋介石の国民党政府から独立し日本人が実質統治していた「冀東(きとう)防共自治政府」が置かれていた。自治政府は九州と同程度の面積で、人口はおよそ700万人。「首都」である通州には400人近い日本人が暮らしていた。自治政府の首班は、日本への留学経験もあり、日本人の妻を持つ親日派の殷汝耕(いんじょこう)。通州には邦人保護を目的とする日本軍守備隊も駐留しており、比較的、治安は良好だった。

     ところが、突如として自治政府の中国人保安隊約3000名が武装蜂起し、首班の殷汝耕を拉致した上で日本軍守備隊と日本人居留民を奇襲したのである。事件当時、通州に滞在していた米国人ジャーナリスト、フレデリック.V.ウィリアムズ氏は、惨劇の様子を自著『Behind the news in China』(1938年)で克明に綴っている。

    「それは一九三七年七月二十九日の明け方から始まった。そして一日中続いた。日本人の男、女、子供は野獣のような中国兵によって追いつめられていった。家から連れ出され、女子供はこの兵隊ギャングどもに襲い掛かられた。

     それから男たちと共にゆっくりと拷問にかけられた。ひどいことには手足を切断され、彼らの同国人が彼らを発見したときには、ほとんどの場合、男女の区別も付かなかった(中略)何時間も女子供の悲鳴が家々から聞こえた。中国兵が強姦し、拷問をかけていたのだ」(訳書『中国の戦争宣伝の内幕』芙蓉書房出版刊・田中秀雄訳)

     事件の当日、日本軍守備隊の主力は南苑での作戦(*注2)に投入されており、通州に残る守備隊はわずか100名に過ぎなかった。守備隊は30名の兵を失いながらも必死の反撃を続けたが、翌日、日本軍の応援部隊が現地入りするまでに、223名(防衛庁編纂『戦史叢書・支那事変陸軍作戦1』より。260名~300名とする説もある)の邦人が虐殺された。

    続きはこちらで⇒
     http://www.news-postseven.com/archives/20150407_314163.html?PAGE=2

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/20(月) 18:25:40.14 _USER
    THAAD軋轢で中国内で反韓感情が拡散する中で、天津市内のあるフィットネスクラブの壁に裂けた太極旗が懸かっている。その横には「我々はロッテ事件を怒っているだけで韓国の民衆に怒っているわけではない」と書いた紙がはられている
    http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2017/0319/148992704609_20170319.jpgno title


    中国税関、種々難癖つけて通関遅延 
    「THAAD報復」被害10日間に67件 
    意図的通関遅延、契約保留、不買の順 
    キャンディを医薬品に分類し輸出妨害

    「輸出書類に釜山の英文表記“PUSAN”を“BUSAN”に訂正し再提出せよ」
    「(原産地システムに自動入力される)日付のハイフンを削除し出し直せ」
    「輸入国の国籍表記(CHINA)の形式を訂正せよ」


    韓国の機械を輸出している中小企業K社は1月25日、中国に商品を輸出し先月10日に上海に到着した。だが、通関が未だに遅れている。中国税関が原産地証明書上の作成表記要件であらゆる難癖をつけて通関を遅らせているためだ。

    この企業は「6年間、通常なら1~2日で何の問題もなく通関を通っていたが、今回のTHAADのせいでほとんど2カ月も通関が遅れたことに伴い、部品納品業者に支払わなければならない前渡金3億ウォン(約3千万円)を急遽調達するために金融費用数百万ウォンを払うことになった」と話した。

    韓国貿易協会は19日、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定以後、中国の報復性経済措置により被害を受けた中小輸出企業の申告が17日までの10日間で合計67件に達したと明らかにした。

    貿易協会は8日「対中貿易支障申告センター」を開設し、被害事例の申告を受け付けている。事例は意図的通関遅延(23件)が最も多く、契約保留・破棄(15件)、不買運動(14件)、代金決済遅延(4件)が後に続いた。

    また別の産業機械輸出企業G社は、4年間取引してきた中国のバイヤーが昨年12月から特別な理由もなく3カ月間にわたり輸出代金を決済していないと訴えた。

    昨年12月に機械輸出契約が締結されたが、単に“韓国製品”という理由で1月突然に一方的な契約解約通知を受け取った企業もある。

    中国に加工食品を輸出してきたD社は、嗜好食品であるチョコレートとキャンディを中国税関が突然に医薬品に分類して、事実上通関を不許可にしていて、バイヤーとの連絡も半月前から途絶えた。

    今月、中国で開かれた展示会に参加するために商品を持っていったR社は、通関の遅延で展示会が終わる日になって商品を引き渡された。半日だけの展示会に商品を出せず4500万ウォン(約450万円)の被害をこうむった。

    韓国ハンギョレ新聞社 チョ・ゲワン記者
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26833.html
    韓国語原文入力:2017-03-19 17:03
    http://www.hani.co.kr/arti/economy/marketing/787075.html 訳J.S(1298字)


    【【ハンギョレ】釜山を“PUSAN”と書いたからと突き返す…中国の幼稚なTHAAD報復[3/19]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/19(日) 13:27:39.19 ● BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典
    韓国が対北朝鮮ミサイルTHAADを設置して以来、中国が韓国に対して厳しい経済制裁を行っている。
    中国で活躍している韓流アイドルは活動停止し、ドラマなども放送されなくなった。
    中国人は韓国へ行くことを厳しく禁止され、韓国への旅行客が激減しているという。


    そんな中国天津にあるフィットネスクラブに敗れたままの太極旗がつるされており、話題となっている。 天津大学に通う留学生が写真を撮影しSNSに次のように投稿。

    「最近、私が通うジムで言葉に表すことが出来ないほどの不快を感じたので投稿します」と話を切り出し 同時に投稿された写真は誰かによって無残にも引き裂かれた太極旗。 太極旗はボクシングのサンドバッグにかかっており、投稿者の留学生はフィットネスクラブの管理者に丁寧に 「太極旗をはがしてほしい」と要求したが、未だに問題が解決しないという。

    これは中国内部で韓国のTHAAD配置に対する反発の一部だと思われ、国民もこのように反韓感情を露わにしている。

    http://gogotsu.com/archives/27103
    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/03/01-5.jpgno title

    【【中韓】中国フィットネスクラブで敗れた太極旗が放置 サンドバッグにかかりボロボロに 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/17(金) 10:56:52.98 _USER
     中国最大の政治イベントである「両会」(全国人民代表大会=全人代と中国人民政治協商会議=政協)のうち、政協の会議で最近、韓国の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる中国の報復を問題視する発言が飛び出した。15日に閉幕した政協で賈慶国常務委員(北京大国際関係学院長)は「(韓国に対する)経済制裁は中国経済にも大きな被害をもたらす。慎重さが必要だ」と述べた。賈委員は「民族主義は諸刃の剣のようなもので、統制が難しく、我々の政治の安定に衝撃を与えかねない」とも語り、軍事や政治と経済を切り離すべきだと主張した。

     もちろんこうした慎重論は少数意見にすぎない。中国のTHAAD報復はなおも続いている。中国当局のガイドラインに沿い、15日から中国の旅行会社は韓国行きの旅行商品の販売を中断。中国のクルーズ船の韓国寄港も禁止された。ロッテマートの中国国内店舗は半数以上が営業停止状態だ。韓国商品の不買運動が続いており、韓流イベントの中止も相次いでいる。

     そうした中でわずかでも中国内部から反省論が出たことは注目すべき流れだ。一部メディア、ブロガー、ネットユーザーは反韓デモや韓国製品不買運動を批判する声を上げ始めた。中国国営中央テレビは15日、消費者告発番組で当初の予想に反し、ロッテなどの韓国企業を取り上げなかった。報復を先頭に立ってあおってきたグローバル・タイムズもTHAAD反対デモが「平穏かつ秩序ある形で行われるべきだ」と求めた。

     近く行われるトランプ大統領との米中首脳会談を控え、全体的にレベル調整を行っている印象だ。THAAD報復が不合理で傲慢だという国際世論にも配慮したものとみられる。経済的な脅迫で他国の安全保障政策を覆そうとする中国の横暴を世界が見守っている。消防検査を口実に店舗を閉鎖させたり、旅行会社を裏で操ったりする中国政府の稚拙さには、韓国の左派勢力でさえ舌打ちしている。

     中国が経済報復を行う中でも、2月の韓国の対中輸出はむしろ伸びたという。韓中の経済関係はそれほど密接なものだ。中国が石を投げれば、その石は韓国に当たるだろうが、すぐに自国にも跳ね返るブーメラン構造だ。こうした状況で中国が無差別な報復で韓国国民の反感ばかり買うことにいったいどんな利益があるのか考えるべきだ。

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【社説】韓国への嫌がらせ、中国にどんな利益があるというのか
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/17/2017031700543.html

    【【韓国】 韓国への嫌がらせ、中国にどんな利益があるというのか~韓国国民の反感買うだけ/朝鮮日報社説[03/17] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/12(日) 12:20:03.24 _USER
    韓国の国会から弾劾訴追された朴槿恵(パク・クネ)大統領について、10日に憲法裁判所が罷免を決めた。就任から4年余り、「反日」で日本に見放され、米国に距離を置かれ、中国にも高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で報復された。脆弱(ぜいじゃく)なウォンの命綱となる通貨交換(スワップ)協定もほぼ全滅。韓国経済はどん底だ。

    ソウル中心部では10日朝から「反朴派」と「親朴派」のデモ隊が憲法裁を取り囲んだ。聯合ニュースによると、警察は憲法裁と大統領府周辺に2万人超を投入、周辺道路を規制して警戒した。

    現職大統領が弾劾訴追されたこと自体が異常だが、韓国最大財閥のサムスングループ最高幹部らが立件される事態にまで発展したことも、韓国経済にとって大打撃となった。

    事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)被告(48)=サムスン電子副会長=が逮捕、起訴されたことで、経営判断の遅れなど事業に影響が出る可能性が指摘されている。グループ経営の司令塔だった未来戦略室が廃止され、事実上の財閥解体となった。

    最大の貿易相手である中国との関係も大揺れとなった。就任当初は露骨に中国にすり寄っていた朴政権だったが、米軍のTHAAD配備を受け入れたことで、強烈な報復を受けた。

    韓流ドラマの配信などエンターテインメント業界で韓国関係者が中国から閉め出された。また、THAAD配備でゴルフ場用地を提供した韓国ロッテも閉店や不買運動が相次いだ。さらに中国当局は、国内の旅行会社に対し、韓国旅行の取り扱いを全面的に中止するよう指示している。

    それだけではない。中国共産党系の環球時報の英語版、グローバルタイムズは「中国はサムスンや現代(ヒュンダイ)自動車にとって最大の市場であり、中国で発売されている(韓国メーカーの)製品のほとんどは中国で生産している。中韓の紛争はエスカレートしており、2社は遅かれ早かれ痛手を被ることになるだろう」と報じた。

    中国共産党の本音が反映されることの多い同紙が、韓国の大手2社を名指しして中国市場からの排除を示唆した。

    聯合ニュースは「中国は、自国産業が脆弱な領域を中心に、韓国企業制裁に乗り出す可能性が大きい」とする中国消息筋の見解を紹介した。

    朴大統領の失職が決まったが、4年余りの外交失政は、通貨政策にも大きく影を落としている。次期政権でも韓国経済の窮地は続く。

     韓国の通貨ウォンは、ドルや円のような国際通貨ではなく、海外投資家のマネーが韓国に多く流入していることもあり、通貨危機の際に韓国から資金が流出しやすい。

     このため、ドルや相手国の通貨を融通し合うスワップ協定が不可欠だが、ここで問題となってくるのが中国との関係悪化だ。

     韓国にとって最大規模の560億ドル(約6兆4300億円)のスワップを結ぶ中国は、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を受け入れた韓国に報復を続けている。対中スワップは10月に満期を迎えるが、延長できない恐れがある。

     韓国の毎日経済新聞は、「さらに大きな問題は、主要国との通貨スワップ契約が相次いで不発になっているということだ」と指摘する。

     米国とのスワップは2010年以降、交渉が進んでいない。そして日韓スワップは、朴政権の反日姿勢もあって15年に停止。昨年に協議再開が決まったものの、釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置に韓国政府が手を打たず、協議は止まった。

     次期政権がTHAAD配備を撤回するなどして再び中国との距離を縮めれば、報復の解除やスワップ延長もありうるが、その場合、米国との関係悪化は決定的なものになる。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170312/frn1703121000001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170312/frn1703121000001-n2.htm

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170312/frn1703121000001-p1.jpgno title

    ソウルの憲法裁判所前は厳戒態勢に。朴大統領の失政が韓国を大混乱させた(共同)
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170312/frn1703121000001-p2.jpgno title

    朴槿恵氏(共同)
    KSM 知らんがなー


    韓国経済阿鼻叫喚~2016年の衝撃~
    勝又壽良(元週刊東洋経済編集長)
    アイバス出版
    2015-10-26

     
    【【韓国】朴大統領弾刻、韓国大狂乱 スワップ協定全滅…経済はどん底 中国は政治、外交圧力強化[3/12]】の続きを読む

    このページのトップヘ