真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    中国

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/06(水)10:59:02 ID:???
    20150511-00000006-wordleaf-13f54071f0dffd95610b3649f6c9f4a59

    2017年12月4日、米華字メディア・多維新聞は、中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」について「隣国が次々と離脱し、重大な困難に直面している」と伝えた。

    パキスタン、ネパール、ミャンマーの3カ国はこのほど、中国が計画していた大規模水力発電所3カ所の事業中止を発表した。これは総額200億ドル(約2兆2500億円)規模の大型プロジェクトだ。

    パキスタンはインダス川流域のディアメル・バハシャダム建設に中国が提供を申し出ていた資金140億ドル(約1兆5754億円)の受け入れを拒否。ネパールは25億ドル(約2813億円)規模の水力発電事業について、合弁相手の中国企業が「重大な財務違反を犯した」として事業取り消しを決定。ミャンマーも「大型水力発電所には関心がない」と表明したという。


    (略)…記事は「中国の『一帯一路』構想は、周辺国に長期的な植民地戦略ととらえ始められている」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)

    レコチャイ/12月5日
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=226406&ph=0

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【レコチャイ】中国の「一帯一路」がピンチ?大型プロジェクト取り消す国が相次ぐ [H29/12/6]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/02(土) 17:28:26.30 _USER
    index-7
    2017/12/2 17:14

     【台北共同】中国の習近平国家主席が軍幹部の非公開会議で沖縄県・尖閣諸島について「(中国の)権益を守る軍事行動」を推進するよう明言していたことが2日、中国軍の内部文献で分かった。日本の実効支配を打破する狙い。海警局の巡視船が中心の尖閣周辺海域のパトロールに加え、海軍艦船や空軍機が接近してくる可能性もある。

     文献によると、2月20日に開催された軍の最高指導機関、中央軍事委員会の拡大会議で、同委トップを兼務する習氏は「わが軍は海、空からのパトロールの常態化を一層強化し、東シナ海と釣魚島(尖閣諸島の中国名)の権益を守る軍事行動を深く推進した」と述べた。

    https://this.kiji.is/309603818682254433?c=39550187727945729

    【【中国】習近平国家主席、尖閣で「軍事行動」明言 最高機関の幹部会議で [12/02] 】の続きを読む

    https://ameblo.jp/ishinsya/

    o1700233814083911325

    鈴木信行が言った事は、「梅毒感染者が日本の100倍以上いる支那からの観光客が、この10年間で6倍に増えたら、日本の梅毒感染者が同様に倍増した」という事実につきる。

     

    「梅毒流行は中国人観光客の“夜の爆買い”が原因?」と題して
    http://biz-journal.jp/2017/03/post_18252_2.html
    こちらで泌尿器科専門医の尾上泰彦先生も支那の梅毒感染者が日本の「約160倍」いると指摘しているし、風俗で働く女性と支那人観光客増加との関係も語っている。

     

    泌尿器科専門医 ドクター尾上の医療ブログ
    http://www.dr-onoe.com/cat12/
    こちらは更に詳細に梅毒増加と支那人観光客の増加の因果関係を指摘しておられる。

     

    若い女性に梅毒が流行中! 患者が増えた二つの理由
    https://www.buzzfeed.com/jp/yoshitomokobori/baidokuoutbreak
    こちらでは支那の梅毒患者数は日本の300倍とも指摘しているし、来日支那人観光客の増加との因果関係が感染症の学会でもしばしば議論されているという。

     

    日本政府観光局では来日外国人の国籍別毎年の来日人数と増加率をデータとして公表している。
    https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

     

    厚生労働省も性感染症報告数として年次推移データを公表している。
    http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.html

    見比べてもらえると比例しているのがお分かりいただけるだろう。特に東日本大震災と原発事故が発生した平成23年には来日支那人の数が減少すると、それまで増加の一途だった梅毒の増加率が翌年には横ばいになっている点も見逃せない。

     

    こちらのブログ「性病外来の中の人です。」では、わかりやすいグラフまで出して因果関係を説明されている。
    https://ameblo.jp/timsun/entry-12308516516.html

     

    o0800053114083911299


    他にも支那人観光客増加と梅毒増加を指摘する記事や、風俗店関係者に取材した記事などいくつもある。


    ところが東京新聞は「梅毒の感染者数と中国人の間に因果関係はない」と言い切って鈴木を「差別だ、ヘイトだ」と言うのだ。他に批判して来る者も「差別だ、ヘイトだ、レイシストだ」と、なんとかの一つ覚えのような事ばっかりで話にならない。

    o0387055214044783082


     <中略>

    あれっ?
    因みに東京新聞は今年の8月8日に下記報道し、外国人からの感染の疑いを報じている。広がる梅毒、母子感染も 昨年の報告数 42年ぶりに4000人突破
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201708/CK2017080802000162.html


    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/25(土) 16:40:24.75 ● BE:337676949-2BP(2000)
    【11月23日 CNS】中国・四川省(Sichuan)涼山イ族自治州(Liangshan Yi Autonomous Prefecture)昭覚県(Zhaojue)ジィアルモー郷は、海抜1400~1600メートルの山あいのくぼ地にある。

    山のふもとから山頂の村までの高低差は、海抜1000メートル近い。中でも、高低差800メートル付近の切り立った崖の上にあるアトゥラール村は、通称「崖村」と呼ばれている。

    深い山の中にあって、交通や通信が隔離されていることから、村は自給自足の「桃源郷」とも呼ばれており、経済発展が著しく停滞していた。200年以上もの間、フジで編んだ縄と木で作ったはしごが断崖絶壁に架けられ、唯一の「交通」手段だった。

    この原始的なはしごが最近、鉄製の階段に変わった。州と県が150万元(約2539万円)を投じて、2556段の階段へと作り変えたのだ。よじ登るしかなかった従来のはしごと比べ、

    手すりが付いているので安定して上り下りできるようになり、雨の日でも出かけられるようになった。また、これまでは毎年修理が必要だったが、その必要もなくなった。耐用期間は10~20年という。


    村人によると、従来のフジのはしごを使って山のふもとから村までは1時間半かかっていたが、鉄製の階段を使うと半分程度の時間で行き来できるようになったという。

    また、以前ははしごを上り下りする際に背負う荷物は安全性を考慮して少量しか運べなかったが、階段ができてからは、より多くの物を運べるようになった。

    村には、崖の上のホテルが建設され、Wi-Fiも整備された。医療施設や商店、幼稚園なども作られ、徐々に便利になってきているという。(c)CNS/JCM/AFPBB News


    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/e/700x460/img_eeff811dce788c15d5686d4f739c2c8f336023.jpgno title

    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/b/700x460/img_cbee0453680cce9f946befbe444372a2371499.jpgno title

    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/d/700x460/img_dd3f8b7567ebe3c226fd28b94801fb2f421625.jpgno title


    かつて唯一の交通手段だったフジと木で作られたはしご
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/4/700x460/img_84333fd12638a1ec26f6df969a6683f1420510.jpgno title


    http://www.afpbb.com/articles/-/3152500

    【【画像】中国、断崖絶壁の村に鉄製の歩道を整備。子供たちも安心して昇り降りできるように 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/20(月) 09:11:37.52 _USER
    smile

    韓国で開催される予定の平昌五輪。開催まですでに100日を切り、チケットの販売も開始されているが、売れ行きが芳しくないことなど懸念材料がいくつか存在するようだ。中国メディアの今日頭条は15日、平昌五輪の観戦チケットの売れ行きが悪いことを取り上げる一方、「韓国は今なお、『中国人が買い占めてくれる』という自信を崩していない」と紹介する記事を掲載した。

    中国と韓国は終末高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)配備を巡って関係が悪化しており、両国は関係改善に向けて歩み寄りを見せているものの、かつてのような良好な関係にはまだ戻っていないのが現状だ。それゆえ中国国内では平昌五輪に対して冷ややかな報道も見られる。

    本来は平和を促進させる目的を持つ五輪であるが、中韓関係は中国の選手たちにも影響を与えているようで、記事は「関係が悪化していた当時、一部の中国人選手は韓国での大会には参加したくないと表明していた」とし、韓国国内では「冬季五輪に参加したくないなら、韓国に来なくても良い」という声もあったと紹介。

    またアイスホッケーは冬季五輪の人気種目だが、北米プロアイスホッケーリーグ(NHL)が選手を派遣しないことを決めたことで、チケットの売れ行きに悪影響を与えていると指摘。

    平昌五輪の118万枚のチケットのうち、まだ5万枚ほどしか売れていないという報道があると伝える一方、韓国国内では未だに「中国なら何とかしてくれる」、「きっと中国人がチケットを買い占めてくれる」という期待の声があると伝え、「果たして中国人は本当に平昌五輪を観戦にいくのだろうか」と疑問を投げかけた。

    国家間や選手たちの動向については何とも言えないが、チケットの売れ行きは世界の平昌五輪への関心を示すものと言える。韓国にとって、人口が多く旺盛な消費意欲を持つ中国人には是非とも平昌五輪の観戦に訪れてもらいたいところだろう。中国と韓国の歩み寄りと中韓関係の改善がどこまでチケットの販売につながるのか、今後の動向に注目が集まる。


    2017-11-20 05:12
    http://news.searchina.net/id/1648194?page=1

    【【五輪】チケット売れない平昌五輪、韓国は「中国なら何とかしてくれる」と期待[11/20] 】の続きを読む

    このページのトップヘ