真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    世界中

    20101005_1905402

    この手紙は2010年4月12日のものです。当時は、一度は読んだものの、記事にはしておりませんでしたので、大変遅くなりましたが、この度、お一人でも多くのみなさまの目に触れますようにと、公開させていただくことに致しました。

    これから記す内容は実際のもので、ある女性からのお手紙です。

    【拡散】東トルキスタンからの手紙

    昔、東トルキスタンの人々は自由な暮らしを営んでいました。
    人々は、歌を愛し、踊りを愛し、明るく開放的で、人々が愛し合う事を祈り、喜ぶ、そして平和を慈しむ民族でした。国土は豊かで、水や緑にも恵まれて、山からは貴重な金属が取れ、とても恵まれた土地で豊かに幸せに暮らしていました。

    ある日、突然、軍隊が入ってきました。たくさんの兵士が街中に溢れ、私たちは逃げまといました。

    それを許さないと抵抗するものは簡単に殺されてしまいました。この軍隊は、この国の一切の自由を奪ってしまったのです。

    それから60年たちました。中国の人たちがたくさん押し寄せ、私たちは少数民族になってしまいました。東トルキスタンという国は、新疆(しんきょう)ウイグルと名をつけられました。最近では、新疆地区というようになり、国の名前も消えてなくなっているかも知れません。

    原爆の実験をこの国で46回行われ、120万人以上が亡くなりました。それは、つい最近まで続いていました。その場所は日本ではシルクロードと呼ばれているところです。美しい歴史を思い浮かべる方も多いと思いますが、この核の威力は広島型の数百倍と言われている水爆実験だったのです。

    日本のみなさんは、日本だけが核の犠牲となったと思っているかもしれませんが、ウイグルでは今でもその後遺症でたくさんの、たくさんの方が苦しんでいます。今でも、何の治療もないままです。

    今、ウイグル人の男性の就職率は5パーセントです。ウイグルには仕事がありません。いえ、ウイグル人が仕事をできないようにされているのです。もちろん、お嫁さんをもらう事も、家庭を持つことも子供を育むこともできません。せっかく出来た子供の多くも、強制的に中絶させられます。

    若い女性は、強制的に連れ去られ、農作業や単純な仕事をさせられています。そして、年に一度だけ薄い給料袋が渡されます。ウイグルの女性は、中国人と結婚させられ中国人となるのです。ウイグルの血は根絶やしにさせられています。

    学校でもウイグル語を使うことは許されません。教えた先生は連れ去られたまま、戻ってきません。

    母国語を失い、中国語しか学べないのです。言葉も奪われました。このような弾圧を少しでも何とかしようと若者が集まっただけで、軍が出てきて、一万人の若者が一夜にしてなくなってしまいました。

    このような報道は、日本のマスコミは一言もいいませんし、新聞、雑誌に載ることもめったにないと思います。一人でも多くの方に、この真実を知らせていただければ、この国の運命も、日本の運命も変わるかもしれません。あなたのその一言が世界の未来を変えていくことになるかもしれません。

    私たちに出来ることは、もうそんなに残されていませんが、出来る限りの努力はしたいと思っているのです。どうかこの話を、日本の皆さんに知っていただきたいと、心より願っています。

    そして、アジアの平和と世界の平和を心より願いたいと思います。


    東トルキスタンを愛する女性より (ほぼ、原文のまま引用)


    中国は今、アジアの覇権を目指して、異常なまでの軍の拡大をしています。10年後には、経済規模(GDP)が日本の2倍になると言われています。

    過去、20年以上に渡って、ひどい反日教育が、中国共産党によって行われています。このことが何を意味するかは、賢明なみなさまであれば、すぐにご理解いただけるものと思います。

    中国による、日本の植民地化計画が現実に進んでいるのです。そして、日本の主要都市に、中国の核弾道ミサイルの照準は合わされています。

    日本のマスコミは、ほとんど、この危機を報道しておりません。

    水面下で、中国の批判をしないという約束がなされているからです。
    しかし、日本が、新疆ウイグル(東トルキスタン)のようになる可能性は、実は、非常に高まっているのです。今、日本が危機であることをここに訴え、拡散にて皆様のお力をお貸しくだされば幸いです。




    http://nippon-end.jugem.jp/?eid=768

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/29(火) 15:42:08.38 ● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    40年間倉庫に眠ってホコリを被ったままのフェラーリが発見された。そのフェラーリは非常に希少価値のあるもので、 140万~170万ユーロ(1.8億円~2.2億円)で落札される見通し。

    ホコリを被ったフェラーリは1968年に生産された「365GTB/4 デイトナ」であり、1960年のレーシング大会の成績が 良くなかったフェラーリが残念な思いを込めて開発したスポーツカーで合計1200台が生産された。 最高速度は280キロとなっている。

    2億円の価値が付いたのはその希少さ故である。まずこのデイトナはレース仕様のため車体が全てアルミで製造されており、 数少ない超軽量モデルとなっている。またイタリアの街でも走行することができるプレートがついているのが最大の特徴。

    興味深いのはこの車の所有者であり、フェラーリの創始者であるエンツォ・フェラーリの親友ルチアーノコンテだった。 しかし彼は1年後に車を売り、所有者が代わり1971年に海を渡って日本に行った。現在の所有者は1980年に購入した日本人。 購入後に倉庫に放置しておいたおかげでホコリは被っているが状態は非常に良い。

    競売会社であるRMサザビーズの関係者が日本に訪問し車の状態を確認したところ「3万6390kmを走行しており、 所有者が若干手を加えたがオリジナルの状態のままだ」と説明。

    問題のフェラーリは船で輸送中でミラノに向かっているという。存在が知られると世界中の自動車コレクターから 問い合わせが殺到している。

    オークションは9月9日に行われる。

    http://gogotsu.com/archives/32657
    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/08/01-25.jpgno title

    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/08/05-2.jpgno title

    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/08/06-2.jpgno title

    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/08/03-4.jpgno title

    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/08/04-2.jpgno title

    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/08/02-8.jpgno title

    【40年間日本の倉庫に放置された激レアなフェラーリがオークションで2億円に 世界中から問い合わせ殺到 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/21(月) 23:13:24.07 ● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    ホンダは21日、平成29年上期(1~6月)の小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の出荷数量が前年同期比約2・7倍の24機になったと発表した。
    米国とカナダ、メキシコ、欧州で受注が増え、この期間の小型ビジネスジェット機の出荷では世界トップだった。ホンダは30年度末までにホンダジェットの生産量を現在の月産4機から7機程度まで増やす方針で、増産で納期の短縮を目指す。

    ホンダジェットは最大7人乗りで、エンジンを主翼の上に配置した外観が特徴。価格は450万ドル(約4億9千万円)。27年12月から納入を始めており、北米や中南米、欧州を中心に100機を超える受注がある。29年は年間で50~55機の出荷を予定するが、今後は米国の工場をフル稼働させ、年間80~100機まで生産能力を増強して、需要増に対応する。

    ホンダジェットの開発を進めてきた米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」の藤野道格社長は声明で「性能や快適性、使い勝手の良さで非常に高い評価を頂いてうれしく思う」とコメントした。
    ホンダは納入開始から5年後を目安に事業の黒字化を目指す方針を示している。

    http://www.sankei.com/economy/news/170821/ecn1708210018-n1.html
    http://www.sankei.com/images/news/170821/ecn1708210018-p1.jpgno title

    【ホンダジェットが世界中で売れまくり中 出荷機数が上半期世界トップに】の続きを読む

    中国人による「人口侵略」は世界規模で始まっている!日本でも!

    .....中国人を甘く見るのは危険!50年でウィグルは中国人に乗っ取られた!


    .....なでしこりんです。日本のマスゴミがほとんど報じない「中国によるウィグル虐殺」。ちなみにウィグルの人たちは「新疆自治区」ではなく「東トルキスタン」と呼んでいます。「東にあるトルコ人の国」という意味です。本来、トルコ系の民族が多数派を占めていた東トルキスタンが中国共産党による「人口侵略攻撃」を受けたのが1950年代の後半。ところがわずか50年でウィグル人と中国人の人口比が逆転してしまいます。そりゃ、中国共産党は退役軍人をどんどん送り込んだのですから。計画的な人口侵略戦争です。


    ..................................................1


    .....現在 の東トルキスタンの主要産業はすべて中国資本。しかもその中国企業は中国人を雇ってもウィグル人は雇わない。中国人はそういう露骨なことを平気でやる民族。もちろん中国人はウィグル人を簡単に殺します。中国人が増えるとどうなるか? 私たち日本人は東トルキスタンから学ぶべきです。 記事は「レコードチャイナ」からです。


    ................2

    .....2016年11月17日、イタリアでこのほど、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪問に合わせるように、中国系不法移民に対する摘発が行われた。米ボイス・オブ・アメリカの中国語ニュースサイトが伝えた。 

    .....欧州最大規模の中国人コミュニティーを擁するイタリア中部の都市、プラートの警察当局は16日、市内5つの地域で111回の襲撃を行い、83人を捜査し、中国系不法移民のために書類を偽造した容疑で15人を逮捕した。 

    .....南米3カ国に向かう習主席はこの日、イタリアのサルデーニャ島に短時間滞在し、マッテオ・レンツィ首相と会談することになっていた。 

    .....プラートの中国系移民は不法滞在者も含めると約5万人に達し、その多くが中国系縫製工場などで働いている。今年6月には中国系縫製工場への保健・保安上の査察が行われたことをきっかけに、中国人約300人と警察官が衝突する騒動が起きている。(レコチャ) http://www.recordchina.co.jp/a155364.html


    ...............................


    .....アメリカ における「トランプ反対デモは中国が煽動か!? 」という記事も登場するぐらい、「中国黒幕説」はどこでも見かけます。同じアメリカで「慰安婦問題」を使って日本攻撃をやっている本隊は中国系の「世界抗日戦争史実維護連合会」。この手の運動は皆、中国共産党の指揮下にあるわけdすから、あながち「中国黒幕説」は荒唐無稽な話でもありません。実際、共産党国家は諜報戦争が大好きですから。


    .....イタリア に中国人移民が多いのは意外でしょうが、中国人はどこにでもいます。スペインにもいますし、フランスにもいます。中国人にいるところに「チャイナタウン」が作られ、そこに「リトル中国」を作るのが「人口侵略戦争」のやり方なんでしょうね。イタリアにはすでに「中国人自警団」さえあります。


    ..................................3

    ..................................埼玉県川口市UR芝園団地の中国人比率はもっと高い!


    .....日本 も気を付けた方がいいですよ。東京北部から埼玉南部にかけてはすでに「中国人の集住」が始まっており、「日本人追い出し」も並行して行われています。ネズミは1匹いれば、見えない場所に10匹はいるそうです。結局は「最初の一人」の時点がいけなかったんだと思います。


    ...................................4


    .....私は 安易に中国人に住宅を貸している「UR都市機構」は無責任だと思いますね。いずれ日本でも「中国人自警団」が組織されて、「日本人立ち入り禁止区域」が作られるんじゃないかな? 東トルキスタンは50年で中国人に人口侵略されました。日本の50年後は大丈夫でしょうか? 私たちは日本の未来に責任を持てますか? By なでしこりん.

    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12216261222.html から転載

    私たち日本人はイスラエルの見方を変えるべきかもしれない!

    .....戦前の日本が国家ぐるみで「ユダヤ人保護」をしてたのを知ってる?

    .....なでしこりんです
    。駐日イスラエル大使館による「欅坂46への強迫」がネット上で大きな話題になっています。実際、駐日イスラエル大使館のフェイスブックには駐日イスラエル大使館への批判的な意見が数多く書き込まれています。これってある意味、当然ですよね。 

    .....1
    .....イスラエルが建設中の「差別の壁」とパレスチナの子供たち

    .....ヨーロッパ の歴史を学んでいると「2つの忌避民族」のことが何度か登場します。それはもちろん「ユダヤとジプシー」のこと。キリスト教世界では、イエス・キリストを裏切った人物の名前は「ユダ」ですからね。それ以後、「ユダヤ人=悪人」が定番になります。シェークスピアが著した「ベニスの商人」の高利貸の名前はシャイロック。彼はもちろんユダヤ人。中世ヨーロッパでは「金貸しはユダヤ人=下賤の商売」とみなされていました。

    .....2
    .....ユダの裏切りとキリストの処刑!キリスト教徒の憎悪は深い!

    .....ただし、厳密には「ユダヤ人」という民族は存在せず、「ユダヤ教を信仰する集団」のことらしく、アメリカ人の中には「ユダヤネーム」を持った有名人がいますよね。スティーヴン・スピルバーグ監督もそうだし、ウディ・アレン(本名はアラン・コニグズバーグ)監督もそう。「なりすまし」といえば在日韓国朝鮮人の専売特許ですが、ユダヤはもっと進化しているようです。

    ..........3
    ..........パレスチナ侵略を続けるイスラエル (緑の部分がパレスチナ人の本来の領土) 

    .....現在のユダヤ人 は「世界の金融界を支配している」と言われています。映画「メリー・ポピンズ」に登場する「鷲鼻の銀行王(頭取)」も、もちろんユダヤ人銀行家・ロスチャイルドをイメージしたもの。アメリカ映画の中でさえ「揶揄される」のがユダヤ人。世界におけるユダヤ人の印象がどういうものかを物語っていますよね。

    5

    .....そんな嫌われ者 のユダヤ人を助けたのが日本人。杉原千畝氏の善行は有名ですが、実は戦前の日本政府は1930年から「フグ計画」という「ユダヤ人保護計画」を持っていました。こういう話は学校では教えてくれませんが、ヨーロッパで迫害されていたユダヤ人を満州で保護する計画がありました。実際、樋口季一郎・日本陸軍中将や安江仙弘・日本陸軍大佐はシベリア鉄道を使って逃げてきたユダヤ人を保護しています。ユダヤ人を助けたのは杉原千畝氏だけではなかったんです。(「オトポール事件」で検索→ https://www.youtube.com/watch?v=xOLtUtHePAg

    .....6


    .....もちろん、「日本の戦前は悪」と洗脳したい日本の左翼も、中国・韓国・北朝鮮も「日本陸軍の善行」については「なかったこと」として闇に葬りたいようですが、現実に樋口中将たちに命を助けられたユダヤ人たちは「ソ連に戦犯指定」され、ソ連が引き渡しを要求していた樋口中将を取り返しています。東條英機・陸軍大将・首相だって、ユダヤ人の保護に協力的な人物であったことが知られています。「歴史は勝者によって書かれる」のが常ですが、「日本軍の善行=事実」は変えようがありません。

    ...............7
    .....Mothers of all Palestinians must be killed: Israeli MP Ayelet Shaked.
    .....「パレスチナ人の母親は皆殺しにすべきだ」イスラエルの下院議員Ayelet Shaked 

    ...............8

    .....「感謝は 求めるものではありません」がそれにしても、今回の駐日イスラエル大使館の無作法にあきれた日本人は多かったでしょう。「欅坂46」を使った「日本はナチスを容認」というプロパガンダの震源地が日本共産党にあるのは明らか!しかも日本共産党のナンバー2の小池晃の関与は明らかです。ぱよぱよちんのKも共産党の熱烈なシンパですよね。

    ..........9
    ..........ナチズム=シオニズム。ガンダムに登場するジオンはユダヤ? 

    .....こんな連中 が仕掛けた「日本叩き」に軽率に同調した駐日イスラエル大使館が日本人から失望されるのは当然でしょう。駐日イスラエル大使館は日本国民に謝罪すべきです。それができないのならば「イスラエル=21世紀のナチスというイメージが日本で広がることになるだけです。残念ながら、それは「単なる事実」でしかありませんが。 By なでしこりん

    .......... 10

    このページのトップヘ