真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    世界

    -9kg2xR3_400x400

    松川るい「世界193ヵ国あるが軍隊を持ってないのはサンマリノやバチカンなどしかない。集団的自衛権も永世中立国など以外は全てあるが世界中の国は戦争国家でない。国民・国家を守るためにどのような体制にする現実的な議論をすべき」 その通り! 現実を見て国際基準にしていくのは当然です! 【松川るい「世界193ヵ国あるが軍隊を持ってないのはサンマリノやバチカンなどしかない。集団的自衛権も永世中立国など以外は全てあるが世界中の国は戦争国家でない。」】の続きを読む

    041aafbff5564ec76e613dc41a2ed8a5

    藤井厳喜「ティラーソンは慰安婦問題を知らないが日本が説明すれば解ってくれる筈。世界は察しも忖度もしてくれないから五月蝿いくらい言って半分通じる。これが世界の常識」 大高未貴「向こうは嘘を100回言えば真実になると思ってる」 藤「南京問題もそう。政府も財界も名誉を守る活動に協力すべき

    高須院長が語ったチベットの現状が顔面蒼白レベルだった!中国の行為を世界が報道しない想像を絶する理由が判明!!!

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/29(金)23:18:37 ID:???
    DSZ5hB_U8AAsLAD
    翻訳元
    https://www.facebook.com/nytimes/posts/10151434357844999
    https://www.facebook.com/ChannelNewsAsia/posts/10155237747147934
    https://www.facebook.com/nikkeiasianreview/posts/1927218330697437
    https://www.facebook.com/edwin.estrada.9693/posts/1890301924330981
    https://www.facebook.com/JapanToday/posts/1978823835478267
    https://japantoday.com/category/politics/Japan-says-ties-at-risk-if-S-Korea-tries-to-revise-2015-omfort-women%27-deal?

    (*コメントはリンク先にてご覧下さい!!)

    慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した2015年の日韓合意について、
    韓国外務省の作業部会は、「被害者の意見を十分に集約しなかった」、
    「非公開の合意があった」などと批判する検証結果を先日発表しました。
    韓国では外交文書は原則30年間非公開とされていますが、
    わずか2年で交渉過程が公表されたことになります。

    この調査報告を受け、韓国の文在寅大統領は、
    「この合意では慰安婦問題は解決されない」とし、
    今後韓国政府は日本に対して、協議のやり直し、
    さらには合意の破棄を提示する可能性が伝えられています。

    日本政府は当然ながら「日韓合意維持以外に選択肢はない」と抗議。
    国家の信用性を大きく損なわせる韓国側の姿勢に、
    外国人からも呆れの声が相次いでいました。


    パンドラの憂鬱/12月29日
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2555.html

    【【海外の反応】海外「日本はもう断交したほうがいい」 日韓合意破棄の可能性に世界から呆れの声 [H29/12/29]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/09(土)13:05:40 ID:???
    CV8U1GsUsAAinQ4

    ◎記事元ソース名/トランプ大統領べったりの異常―首相に根本的見直しを求める

    志位委員長が批判

     日本共産党の志位和夫委員長は8日、党国会議員団総会でのあいさつの中で、安倍晋三首相の外交姿勢について「トランプ米大統領べったりの安倍首相が、日本をきわめて危険な道に引き入れつつある」と告発し、根本的な見直しを強く求めると表明しました。

     志位氏は、北朝鮮問題で安倍政権がとっている対話否定、米国の先制的な軍事力行使容認の立場は、米朝の軍事的緊張がいっそう高まるもとで、「出口のない危険にわが国を引き入れつつある」と批判しました。

     さらに、トランプ大統領による「エルサレム首都認定」という、国連決議に反し、中東の平和と安定を根底から危険にさらす暴挙に対して、イギリス、フランス、ドイツを含め世界中の首脳が批判するなか、安倍首相だけが一言の批判もない異常さを指摘。

    (中略)

     志位氏は「いまトランプ大統領の言動には、さまざまな危険な要素が噴き出している。
    そのときに、この2人の異常な関係は、わが国にとっても、世界にとってもきわめて危険だ。
    安倍首相に対し、トランプ大統領べったりの関係を根本的に見直し、言うべきことを言う当たり前の外交政策をとることを強く求める」と表明しました。

    しんぶん赤旗/2017年12月9日(土)
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-09/2017120901_02_1.html

    【【しんぶん赤旗】志位 「安倍首相とトランプ大統領のべったりの関係は、世界にとってもきわめて危険だ。」[H29/12/9]】の続きを読む

    このページのトップヘ