真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    一帯一路

    n8IbqTyP
    EU27カ国の大使、中国主導の経済圏構想「一帯一路」に連名で反対―米華字メディア

    2018年4月21日、米華字メディアの多維新聞は、
    中国が主導する経済圏構想「一帯一路」について、「中国・北京に駐在する欧州連合(EU)28カ国の大使のうち27人が連名で批判した」とドイツメディアが報道したことを紹介した。 

    記事が、アジア太平洋地域の国際問題を主に論じるオンライン雑誌「ザ・ディプロマット」の報道を引用して伝えたところによると、ドイツの商業経済紙ハンデルスブラットは18日、EU28カ国の大使のうちハンガリー大使を除く27人が、中国の「一帯一路」を批判する報告書に署名したと報じた。 

    (中略)

    ハンデルスブラットによると、27カ国の大使らは、「一帯一路」について「自由貿易プロセスを損ね、中国政府による無制限の補助金を受け取った中国企業だけが利益を独占するためのものだ」などと痛烈に批判したという。(全文はレコードチャイナで)
    http://www.recordchina.co.jp/b594083-s0-c20.html
    【EU27カ国の大使、中国主導の経済圏構想「一帯一路」に連名で反対―米華字メディア】の続きを読む

    20170525-OYT8I50043-L

    ドイツ、イギリスが中国主導の「一帯一路」政策に反対を表明!
    中国は「自由と民主と人権の基礎の上にはない」と。でもこれは最初からわかっていたこと。中国は共産党員による独裁国家。大多数の中国国民には自国の政治家を選ぶ権利すらないのです。中国は、自由、民主、人権のない未開国家です。
    【ドイツ、イギリスが中国主導の「一帯一路」政策に反対を表明!】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/06(水)10:59:02 ID:???
    20150511-00000006-wordleaf-13f54071f0dffd95610b3649f6c9f4a59

    2017年12月4日、米華字メディア・多維新聞は、中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」について「隣国が次々と離脱し、重大な困難に直面している」と伝えた。

    パキスタン、ネパール、ミャンマーの3カ国はこのほど、中国が計画していた大規模水力発電所3カ所の事業中止を発表した。これは総額200億ドル(約2兆2500億円)規模の大型プロジェクトだ。

    パキスタンはインダス川流域のディアメル・バハシャダム建設に中国が提供を申し出ていた資金140億ドル(約1兆5754億円)の受け入れを拒否。ネパールは25億ドル(約2813億円)規模の水力発電事業について、合弁相手の中国企業が「重大な財務違反を犯した」として事業取り消しを決定。ミャンマーも「大型水力発電所には関心がない」と表明したという。


    (略)…記事は「中国の『一帯一路』構想は、周辺国に長期的な植民地戦略ととらえ始められている」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)

    レコチャイ/12月5日
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=226406&ph=0

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【レコチャイ】中国の「一帯一路」がピンチ?大型プロジェクト取り消す国が相次ぐ [H29/12/6]】の続きを読む

    news_20150813181015-thumb-645xauto-70452

    広州では顧問委員会議長として国際金融論壇会議に参加しました。私はスピーチの中で、党大会で
    習近平主席が世界は運命共同体であり中国は大国になっても決して覇を唱えない、生命共同体としてグリーンを守ると述べたことを引用し、一帯一路構想を実現するためのAIIBに日本が参加すべきと主張した。
    CO1yi3mUEAAHXsk

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/20(月)13:10:20 ID:???
    136506757_15021263318971n

    ◎記事元ソース名/河野外相「いきなり説教された」 中国の批判振り返る [H29/11/20]

     河野太郎外相は18日、神奈川県平塚市内で講演し、中国の経済圏構想「一帯一路」について「オープンに(港湾設備などを)誰でも使えますよという形でやってくれれば世界経済にとって非常にメリットがある」と述べ、条件をつけながらも中国の構想に前向きな評価を示した。

     河野氏は…(略)
    「問題は、この港は俺が造ったから他の人に使わせないということになるとダメだ」と指摘。
    そのうえで、日米両国が共通戦略として打ち出した「自由で開かれたインド太平洋戦略」に触れ、「中国もぜひ協力してくださいと呼びかけている」と語った。

     さらに、8月の中国の王毅(ワンイー)外相との会談冒頭、記者団を前にして中国の海洋進出を懸念した河野氏を「失望した」と批判した王氏に対し、河野氏が「中国には大国としての振る舞いを身につけていただく必要がある」と反論したやり取りを披露。

    「いきなりテレビの前で説教されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思ってああいうやり取りになった」と振り返った。(田嶋慶彦)

    朝日デジタル/11月18日
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000043-asahi-pol

    【【一帯一路】 河野外相「いきなり(中国の王毅外相に)テレビの前で説教されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思ってああいうやり取りになった」[H29/11/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ