真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    一帯一路

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/06(水)10:59:02 ID:???
    20150511-00000006-wordleaf-13f54071f0dffd95610b3649f6c9f4a59

    2017年12月4日、米華字メディア・多維新聞は、中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」について「隣国が次々と離脱し、重大な困難に直面している」と伝えた。

    パキスタン、ネパール、ミャンマーの3カ国はこのほど、中国が計画していた大規模水力発電所3カ所の事業中止を発表した。これは総額200億ドル(約2兆2500億円)規模の大型プロジェクトだ。

    パキスタンはインダス川流域のディアメル・バハシャダム建設に中国が提供を申し出ていた資金140億ドル(約1兆5754億円)の受け入れを拒否。ネパールは25億ドル(約2813億円)規模の水力発電事業について、合弁相手の中国企業が「重大な財務違反を犯した」として事業取り消しを決定。ミャンマーも「大型水力発電所には関心がない」と表明したという。


    (略)…記事は「中国の『一帯一路』構想は、周辺国に長期的な植民地戦略ととらえ始められている」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)

    レコチャイ/12月5日
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=226406&ph=0

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【レコチャイ】中国の「一帯一路」がピンチ?大型プロジェクト取り消す国が相次ぐ [H29/12/6]】の続きを読む

    news_20150813181015-thumb-645xauto-70452

    広州では顧問委員会議長として国際金融論壇会議に参加しました。私はスピーチの中で、党大会で
    習近平主席が世界は運命共同体であり中国は大国になっても決して覇を唱えない、生命共同体としてグリーンを守ると述べたことを引用し、一帯一路構想を実現するためのAIIBに日本が参加すべきと主張した。
    CO1yi3mUEAAHXsk

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/20(月)13:10:20 ID:???
    136506757_15021263318971n

    ◎記事元ソース名/河野外相「いきなり説教された」 中国の批判振り返る [H29/11/20]

     河野太郎外相は18日、神奈川県平塚市内で講演し、中国の経済圏構想「一帯一路」について「オープンに(港湾設備などを)誰でも使えますよという形でやってくれれば世界経済にとって非常にメリットがある」と述べ、条件をつけながらも中国の構想に前向きな評価を示した。

     河野氏は…(略)
    「問題は、この港は俺が造ったから他の人に使わせないということになるとダメだ」と指摘。
    そのうえで、日米両国が共通戦略として打ち出した「自由で開かれたインド太平洋戦略」に触れ、「中国もぜひ協力してくださいと呼びかけている」と語った。

     さらに、8月の中国の王毅(ワンイー)外相との会談冒頭、記者団を前にして中国の海洋進出を懸念した河野氏を「失望した」と批判した王氏に対し、河野氏が「中国には大国としての振る舞いを身につけていただく必要がある」と反論したやり取りを披露。

    「いきなりテレビの前で説教されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思ってああいうやり取りになった」と振り返った。(田嶋慶彦)

    朝日デジタル/11月18日
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000043-asahi-pol

    【【一帯一路】 河野外相「いきなり(中国の王毅外相に)テレビの前で説教されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思ってああいうやり取りになった」[H29/11/20]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/04(火) 13:39:47.97 BE:479913954-2BP(1931)
    bg_img_03

    愛国心あおる中国、党大会目前で外交混迷 インド「一帯一路」参加拒否

     【北京=西見由章】「この写真を見れば、インドの兵士と車両が境界を越えていることがはっきり分かる」。中国外務省の陸慷報道官は29日の記者会見で、 インドの国境部隊が6月18日にシッキム地域の中印境界を越えて中国領土に侵入した“証拠”とする写真をかざしながら、中国側の主張の正当性を強調した。

     両国の部隊が対峙しているのは中国とインド、ブータンが争う紛争地「ドクラム(中国名・洞朗)」。 中国側は「歴史や法理、現地の状況からみても、洞朗地区が中国領土に属しているのは疑いない事実だ」(陸氏)と訴え、一切譲歩しない姿勢をみせている。

     中国の官制メディアも盛んに愛国心をあおっている。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は同30日付の社説で「インドは世界で最も非識字者が多い国だ」とした上で、「インド軍には無学で独りよがりな者が多い。 軍事地形学をまったく理解せず、中国領土に入り込みながらインドの領土と言い張っている」と罵倒。「インド軍が解放軍に勝てるのか。インドの歴史教育は不足しているようだ!」とも挑発した。

     中国がインドに対して強硬姿勢をみせている直接のきっかけは、「一帯一路」構想への参加をインドが明確に拒否したことだ。同構想によって陸と海の両方から戦略的圧力を受けることになるインドは、5月中旬に北京で開かれた関連の国際フォーラムへのモディ首相や閣僚らの参加を見送った。中国への警戒心から米国に接近を続けるインドに対して、習近平指導部の不満は募る一方だ。

     一方で、共産党大会を目前にした習指導部は、外交問題で弱腰を見せられないと同時に大きな波風を立てることも許されないジレンマを抱える。 米国は対北朝鮮政策をめぐって中国への圧力を強めており、ベトナムとの間でも南シナ海の領有権をめぐる対立が深まる。中国外交は再び混迷を深めている。

    http://www.sankei.com/smp/world/news/170702/wor1707020023-s1.html

    【インドが一帯一路を拒否→中国「インドは識字率が低く、いつまで経っても発展しない土人」 と罵倒】の続きを読む

    20121115184736
    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/25(木)22:21:52 ID:???
    ロイター企業調査:中国「一帯一路」構想、95%が参加希望せず

    [東京 25日 ロイター] - 5月ロイター企業調査によると、最も商機が拡大する貿易協定は日米自由貿易協定(FTA)との回答が32%を占め、米国抜き環太平洋連携協定(TPP)の25%を上回った。

    ロシアとの経済協力のメリットに期待する日本企業は14%だった。
    中国インフラ投資計画への期待は6%にとどまった。習近平国家主席が主導する
    「一帯一路プロジェクト」には「参加を希望しない」企業が95%と大勢を占めた。


    この調査は資本金10億円以上の中堅・大企業400社を対象に5月9日─19日に実施。回答社数は220社程度。

    調査によると、日米FTAについては、自動車関連の事業に期待が高い。
    「米国における自動車部品への輸入関税引き下げ」(輸送用機器)や「自動車部品の輸出増」(化学)、「自動車関連物流が増加すること」(運輸)などが期待されている。


    続き ロイター
    https://jp.reuters.com/article/reuters-poll-china-idJPKBN18K36U

    【【国際】ロイター企業調査:中国「一帯一路」構想、95%が参加希望せず [H29/5/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ