真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    フィリピン

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/09(土) 16:53:35.40 _USER
    images

    フィリピンが北朝鮮の6回目の核実験など、朝鮮半島情勢の悪化と関連して自国民の退避計画を準備していることが分かった。

    9日フィリピンGMA放送やdzBBラジオ放送などによれば、シルベストレ・ベリョ3世フィリピン労働雇用省長官はこの日「朝鮮半島の状況が悪化するケースに備えて、韓国で就業中の自国民労働者の退避計画を持っている」と明らかにした。

    ベリョ3世長官は「朝鮮半島の緊張の状況はまだ低い水準」としながらも「万が一の事態に備えるため、韓国にいる自国民の撤収対策を準備した状態」と話した。

    退避計画の内容に対しては具体的に言及しなかった。

    現在韓国に滞在している全フィリピン国籍者の数は約5万人に達すると分かった。

    2017/09/09 15:36
    http://news.mk.co.kr/newsRead.php?no=606152&year=2017

    Repatriation plan ready should Korean peninsula tension worsen
    http://www.gmanetwork.com/news/news/pinoyabroad/625167/repatriation-plan-ready-should-korean-peninsula-tension-worsen/story/

    【北朝鮮危機】豪首相「在韓豪州人の退避方法を検討」[09/09]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1504924979/

    【【フィリピン】朝鮮半島情勢の悪化に備えて自国民の退避計画を準備[09/09]】の続きを読む



    【KSM】フィリピン・マラウィ市「やっぱ日本は頼りになる!」武装勢力に占拠された街の人々を救う日本の支援に感謝の嵐

    The Japanese government has extended humanitarian grant aid amounting to $2 million, roughly P100 million, to support relief operations of the Duterte administration for those affected by the Marawi crisis in Mindanao through the United Nations World Food Programme (WFP) and the United Nations Children’s Fund (UNICEF).

    MANILA- Japan will donate $2 million (222,000,000 Japanese yen) in humanitarian aid for victims of fighting between government forces and Islamic State-inspired extremists in Marawi City.
    The Japanese Embassy in Manila on Friday said $1.2 million of the grant will be given through the United Nations World Food Program for the food supplies of people affected by the ongoing siege.
    The other $800,000 meanwhile will be allocated to the United Nations Children’s Fund as aid for water, sanitation, and hygiene needs.
    Last January, Japanese Prime Minister Shinzo Abe visited President Rodrigo Duterte in Manila and even went to the latter's home in Davao City in a bid to strengthen ties between their two nations.
    Earlier this month, the European Union said it would donate P49 million (850,000 euros) in humanitarian aid for the rehabilitation of Marawi City.
    The Philippines new ally, China, also donated P20 million for relief operations in Marawi, including P5 million for families of slain soldiers.
    Beijing also turned over P370 million worth of arms to Manila to fight terrorism.
    At total of 109 state troops are among at least 607 who have died in the Marawi City clashes, which has entered its third month. Majority of those killed were terrorists.

    https://www.facebook.com/MaranaoPulse/posts/1765295070177703
    https://www.facebook.com/abscbnNEWS/posts/10155366575695168
    https://www.facebook.com/manilabulletin/posts/10155884397382985


    <KSM WORLD>

    KSM@ツイキャスラジオ放送
    http://twitcasting.tv/ksmelectronics7

    KSM@ニコ動
    http://www.nicovideo.jp/user/9270905

    http://www.nicovideo.jp/user/52657039 

    http://www.nicovideo.jp/user/58737715

    http://www.nicovideo.jp/user/62930924  

    KSM@dailymotion

    http://www.dailymotion.com/ksm11

    ダウンロード (1)

    [マニラ 27日 ロイター] - フィリピン政府は27日、今月に入って公の場にほとんど姿を見せず健康不安が取り沙汰されているドゥテルテ大統領(72)について「健在だ」と発表し、健康不安説を否定した。


    大統領は過密スケジュールで知られ、長時間の演説を1日に数回こなすこともあった。しかし、今月に入って公の場に姿を現す機会が激減。公務で姿を見せたのは20日が最後とされる。

    とりわけ、フィリピン南部のミンダナオ島マラウィ市で過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力の掃討作戦が1カ月以上続き、同国がドゥテルテ政権発足以降で最大の危機を迎えているにもかかわらず、大統領があまり表舞台に姿を見せないことが人々の疑念を募らせている。

    続きはこちらで 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000071-reut-asia

    img_69b4b8bca5c8f7c52df84ed8887af244261155
    25

    【AFP=時事】フィリピン軍のエドゥアルド・アニョ(Eduardo Ano)参謀総長は25日、南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の一部を占拠しているイスラム過激派武装勢力との戦闘を8時間停止すると発表した。この日はイスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」の終了を祝う「イード・アル・フィトル(Eid al-Fitr)」にあたるため、この祝日を市民らが祝えるようにするためだという。

     国民の大半がキリスト教カトリック教徒のフィリピンで、マラウィはイスラム教徒が多数派の重要都市。

     アニョ参謀総長は声明のなかで、「イスラム教信仰に対する高い敬意を示すため、マラウィで遂行中の対イスラム過激派作戦を25日に休止することを宣言する」と述べた。



    引用元 続きはこちらで https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000023-jij_afp-int

    20170618-00000001-jij_afp-000-5-view

    【AFP=時事】フィリピン軍は17日、同国南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の一部を占拠しているイスラム過激派武装勢力に空爆と砲撃で攻撃した。1か月近くに及ぶ戦闘でこれまでに軍と過激派、民間人を合わせて300人以上が死亡している。


     現地のAFP記者によると、塹壕(ざんごう)から攻撃してくる戦闘員の排除に手間取る地上部隊支援のため空軍がMG520攻撃ヘリとFA50戦闘機で空爆し、武装勢力が占拠する地域では火災で黒煙が上った。戦闘の激しさを物語る自動小銃の発砲音も遠くから聞こえた。

    続きはこちらで 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000001-jij_afp-int

    このページのトップヘ