真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    パチンコ

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/29(水)19:06:20 ID:???
    パチンコのシマ-300x234

    政府が「徹底的に潰す」大号令「換金禁止」でパチンコが消滅(1)警察の指導が始まり…
     昨年12月、いわゆる「カジノ法案」が国会で可決し、いよいよ日本でもカジノが作られる機運が高まっている。

    (中略)

     パチンコのように手軽に行ける「ギャンブル場」は、世界中のどこにもない。そんな風向きが劇的に変わろうとしているのは、パチンコ店への規制が強化されていることによる。

    「パチンコ店はお客さんを呼び込むためにイベントと称してタレントを呼んだり、出玉開放デーというような派手な宣伝を仕掛けていたんですが、4、5年前から、『自粛するように』と警察から指導を受けるようになりました。逆らうと違法台を使用しているのではないかとイチャモンをつけられますから、従っているのが現状です」
    (大阪のパチンコ店店長)

     さらに今年7月、警察庁は突如、パチンコの出玉の上限を現在の約3分の2に規制すると表明した(パチスロも同じ基準で規制)。ギャンブル依存症対策という名目の下、来年2月1日の施行を目指すという。

     これにより、1回の標準的な遊技時間とされる4時間で獲得できる出玉が5万円分を下回るようになる。

     もう少し詳しく説明すると──。
     現行の大当たりの上限がパチンコで2400個から1500個に、パチスロは480枚が300枚に規制される。そのために新台を入れ替えなければならず、パチンコ機器メーカーは一時的には儲かるかもしれないが、ホールは青色吐息になるというのだ。

     1995年には約30兆円の売り上げを誇り、約3000万人が利用していたが、16年には約22兆円で、パチンコ人口は1000万人を切った。当然ながら、パチンコ店も全国で1万軒を割っている状況で、この規制は“斜陽化”にトドメを刺す一撃となりうるのだ。

    「政府は徹底的にパチンコ店を潰す腹づもりです。最後の切り札として、景品の換金禁止も繰り出すようですから」(永田町関係者)

     客のほとんどは換金を目的にホールに足を運んでいる。建て前上、ホールは客にボールペンやライターの石、地金などの景品を渡し、客はそれを景品交換所に持っていって現金を受け取る。ホールと景品交換所を運営する会社は別法人、無関係であることが前提になっている。関係があれば賭博行為に抵触するためだ。

     景品交換所は「買い取った」景品を問屋と呼ばれる景品卸業者に売り、それを再びパチンコ店に卸す。そうしてグルグルと景品が回るのを「三店方式」と呼び、全国のパチンコ店で実施されているのが現状だ。

    dailynewsonline/2017.11.29 12:55
    http://dailynewsonline.jp/article/1380543/

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【パチンコ】政府が「徹底的に潰す」大号令「換金禁止」でパチンコが消滅(1)警察の指導が始まり… [H29/11/29]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/26(日) 12:33:47.71 _USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/13941574/

    http://www.garbagenews.com/img17/gn-20171120-21.gifno title

    http://www.garbagenews.com/img17/gn-20171120-22.gifno title

    http://www.garbagenews.com/img17/gn-20171120-23.gifno title


    大人の娯楽として認知度の高いパチンコだが、昨今では騒音や周辺環境に与える影響、ギャンブル性、射幸心をあおりやすいなどの指摘を受け、厳しい立場にある。震災時にも自動販売機と共に節電の矢面に立たされたのを覚えている人も少なくあるまい。パチンコの利用者は昔と今でどのような違いが生じているのだろうか。総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査などの結果を基に、その実情を確認する(【平成28年社会生活基本調査】)。

    若者のパチンコ離れは確実に

    今調査の調査要綱は先行記事【ボランティア活動の実態をグラフ化してみる】を参照のこと。

    まず最初に示すのはデータが取得可能な1986年以降のパチンコの行動者率(調査日において過去1年間に1日でもパチンコを利用した人の割合)と行動者数。1986年から1991年は15歳以上が、1996年以降は10歳以上が対象となっているため、厳密には双方に連続性は無い。

    さらに1986年と1991年分は総数の行動率における計上がされていない(対象年齢が異なるためだろう)。1996年分以降は一部で10-14歳の値も確認できるが、風営法上入店はできないはずであることから、何らかの誤回答の可能性も否定できないため、今件では考察から外している(総計人数でも除いている)。

    (略)

    明らかに男女とも、パチンコの行動者率は減少の一途をたどっている。1996年当時は男性で3割近く、女性でも1割近くがパチンコに年1日以上足を運んでいたが、直近の2016年では男性は14.0%と約半分、女性に至っては3.2%とほぼ1/3にまで減っている。

    行動者数では1991年がピークで、男性は1759万人、女性は558万人。しかしそれ以降は確実に減少し、ピーク時と比べて直近の2016年では男性が4割強、女性は1/3強にまで減ってしまっているのが実情である。

    これを年齢階層別に見たのが次のグラフ。年齢階層の仕切り分けを古い調査にあわせてあるので、昨今の調査よりは粗いものとなっている。

    (略)

    まず行動者率だが、男女共に若者のパチンコ離れが顕著な形で表れている。特に女性において著しい。一方で高齢層では逆に行動率が上昇しているのが確認できる。パチンコの高齢化状態がよく分かる。

    行動者数の動向でも同じ状況が確認できる。特に30代までの急落が継続状態になっていること、40代と50代も2006年までは大きく減少していたことが一目瞭然。他方、60代以降はむしろ逆に増加しているのが興味深い。

    ただし50代までの減少分と60代以降の増加分では、前者の方がはるかに多いことから、全体としてはパチンコ人口は減少している次第ではある。また60代前半も(女性は特に)漸減の傾向にあることから、今後はパチンコ人口がさらに減ることは容易に想像できる。

    ハードパチンカーも減少中

    最後にパチンコの利用頻度で一番高頻度の「年200日(週4日)以上」に該当する人(今記事ではハードパチンカーと命名)の具体的人数を、総数と年齢階層別に算出したのが次のグラフ。1986年と1996年の調査では頻度の結果が非公開のため、グラフにも反映されていない。

    (略)

    まず総数だが、男性は大よそ減少傾向、ところが女性は増加傾向にあった。直近の2016年では大きく減っているのが幸い。

    これを年齢階層別に見ると、男性は単純なパチンコ利用者同様に現役世代が減少し、60代以降が増加する動きを示している。ところが女性の場合、60代以降の増加傾向と60代前半の微妙な動きは単純なパチンコ利用者の動きと同じだが、現役世代の動向は法則性が見出しにくい状態となっている。あえて言えば20代までは減少傾向にあると読めるぐらいか。

    元々人数が少ないため統計上のぶれが生じている可能性はあるが、そして人数の上では男性と比べてはるかに少ない値だが、女性のハードパチンカーの動向には今後注意を払う必要があるに違いない。

    【【経済】若者のパチンコ離れは確実に ハードパチンカーも減少中 】の続きを読む

    080318_190523

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/24(木) 23:33:30.67 _USER9
    8/24(木) 19:11配信

     パチンコの依存症対策として、警察庁は24日、出玉の上限を現行の約3分の2に抑えるよう風俗営業法施行規則などを改正した。来年2月1日に施行される。

     警察庁は7月、出玉を規制する改正案を示し、一般から意見を求めていた。寄せられた意見は約1万4千件で、「1日に使える遊技料金を規制するべき」「遊技の長時間化を招く。依存症対策として逆効果では」などがあったが、ほぼ当初案通り改正した。

    朝日新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000065-asahi-soci





    25: KSM WORLD NEWS 2017/08/24(木) 23:47:20.02
    >>18
    ■【在日】 外国人の生活保護費、1200億円 そのうち在日韓国人は800億円
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1334703246/

    ■【在日】 韓国籍の魚興秀(65)を逮捕 「生活保護費を酒代で使い果たしコンビニ強盗」
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1471609838/

    ■【在日】 112万を不正受給、韓国籍の林啓一(52)を逮捕 「ヘイトスピーチ反対団体運営」
    http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397664623/

    ■【在日】 470万を不正受給、韓国籍の朴永錦(48)を逮捕 「ポルシェに乗って不正受給」
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1389881175/

    ■【在日】 600万を不正受給、韓国籍の辛雲起(66)を逮捕 「パチンコで毎月5万損失」
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385093861/

    ■【在日】 065万を不正受給、韓国籍の李鉉子(62)を逮捕 「隠れて韓国クラブ勤務」
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401340796/

    ■【在日】 138万を不正受給、韓国籍の許愛栄(54)を逮捕 「隠れて韓国クラブ経営」
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1369015550/

    ■【在日】 192万を不正受給、韓国籍の尹玉京(55)を逮捕 「隠れて韓国クラブ勤務」
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386153518/

    ■【在日】 230万を不正受給、韓国籍の朴順京(58)を逮捕 「生活保護費流用し韓国に家購入」
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1417396605/

    ■【在日】 1100万を不正受給、韓国籍の玄戍美(57)を逮捕 「資産隠して生活保護費不正受給」
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423293403/

    【【社会】パチンコ出玉、上限3分の2に 依存症対策、来年施行 警察庁】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/10(月) 22:19:29.46 ● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    hqdefault

    マスコミが物凄い勢いで安倍首相を引きずり降ろそうとしてる本当の原因が判明!!安倍首相、共謀罪成立で朝鮮総連に解体命令を突き付けていた!!


    カジノを合法化する「統合型リゾート(IR)整備推進法」が昨年12月に成立したことを受け、警察庁はギャンブル依存症対策の 一環として、パチンコの出玉規制基準を定めている風俗営業法施行規則の改正案をまとめた。 出玉数を現在の3分の2程度に抑えることが主な柱。

     警察庁は標準的な遊技時間を4時間程度とみて、遊技中に純増する出玉が5万円(1玉4円換算)を下回るよう基準を見直した。 「1時間の出玉は発射した玉の2.2倍未満」「4時間では1.5倍未満」「10時間では1.3倍未満」として射幸性を抑える。

     大当たり1回の出玉の上限は、現在の2400個(1玉4円換算で9600円)から、1500個(同6000円)に減らす。 パチスロもパチンコと同様の水準で規制する。

    mig

    2013103000066_1



    https://mainichi.jp/articles/20170711/k00/00m/040/001000c


    パチョンコ業界とズッブズブのマスゴミやからそりゃあ叩くわwww
     

    【ゴミクズのマスゴミと在チョンが物凄い勢いで安倍を引きずり降ろそうとしてる本当の原因が判明wwww】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/27(火) 10:57:22.79 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    カジノの解禁に道を開くIR(統合型リゾート)法が施行されたことを受けて、政府はギャンブル
    依存症対策の関係閣僚会議を開催し、法整備も視野に検討を始めました。

    菅官房長官:「幅広くギャンブル等の依存症全般について、関係省庁が包括的な対策を推進していく」

    この会議では、カジノによる悪影響を防止するために入場規制など必要な措置を検討する一方で、
    パチンコや競馬なども含めた包括的なギャンブル依存症対策も議論します。政府は依存症への
    対応を強化するため、各省庁の担当者らで構成する会議を発足させたほか、厚生労働省に依存症
    対策推進本部を設置し、法整備も含めた検討を急ぎます。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000090959.html

    【【KSM】パチンコ業界に激震!菅官房長官、パチンコ含むギャンブル依存症対策推進本部を厚労省主導で設置 入場規制など法整備も】の続きを読む

    このページのトップヘ