真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    ドゥテルテ大統領

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 19:23:26.23 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    webw160629-duterte-thumb-720xauto
    ドゥテルテ比大統領、麻薬疑惑が事実なら実の息子「殺す」
    http://www.afpbb.com/articles/-/3143753

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は20日、息子で政治家のパオロ・ドゥテルテ氏について、 麻薬密輸に関与していた疑惑が事実なら殺害するよう命じると公言した。殺害を実行した警察官は訴追されないとも述べた。

    パオロ氏をめぐっては、中国から大量の結晶メタンフェタミンの密輸を助けている三合会(香港を拠点とする犯罪組織の総称)の構成員だとの疑惑が浮上。パオロ氏は今月、上院の公聴会に出席し、野党議員らの追及に対し疑惑を否定している。

    20日夜、首都マニラのマラカニアン宮殿(大統領府)で国家公務員を前に演説したドゥテルテ大統領は、この疑惑にはっきりとは言及しなかったものの、もし麻薬に関与すれば実子であろうと最も厳しい処罰を受けることになると述べた昨年の大統領選の際の主張を繰り返した。

    「私の命令は前に言った通りだ。『私の子どもたちが麻薬にのめり込むなら、彼らを殺せ。そうすれば誰も文句は言えまい』」

    「だから私は息子に言った。『お前が逮捕されるようなことがあれば、殺すよう命じた。もしそれが事実ならば、私はお前を殺した警察官を守るつもりだ』」

    ドゥテルテ大統領は昨年、麻薬密輸人や中毒者ら10万人を殺害して違法薬物を社会から一掃すると宣言する前代未聞の公約を掲げて大統領選に圧勝。就任後、フィリピンでは警察の麻薬撲滅作戦で3800人以上が殺害されたほか、数千人が不可解な状況で殺害されている。

    【ドゥテルテ大統領「俺の息子の麻薬密輸疑惑が事実なら殺せ、俺はその警察官を守る」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/03(木) 21:29:41.48 ● BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    金正恩氏は「狂人」、ドゥテルテ比大統領がいらだち示す
    2017年08月03日 17:06 発信地:マニラ/フィリピン

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領(72)は2日、北朝鮮の金正恩について、核戦争を引き起こしてアジアを破壊する可能性がある「狂人」と呼んだ。

    北朝鮮の外相も参加して首都マニラで開かれる東南アジア諸国連合関連会合を控えたドゥテルテ大統領は、持ち前の露骨な言い回しで金氏へのいらだちを表現。全国放送されたテレビ演説で「金正恩は危険なおもちゃで遊んでいる。正気じゃないこの男はまるまる太った人の良さそうな顔をしているが、だまされてはいけない」と述べた。

    「あの正気を失った売春婦の息子が過ちを犯せば、極東は不毛の地になるだろう。それは阻止しなければならない。たとえわずかでも対立が起きれば、放射性降下物により土地も資源も奪われると言っておこう。われわれに何が起きるか分からない。実りあるものは何一つ植えることができなくなるだろう」 ASEANの関連会合には北朝鮮の外相のほか、レックス・ティラーソン米国務長官や中国の王毅外相も出席する予定で、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル (ICBM)発射実験が主要な議題の一つになるとみられている。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3138025
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/e/1024x/img_9e85717cc6d3fcae765ed1a87edbc609239363.jpg
    no title



    【【激怒】ドゥテルテ大統領、北朝鮮のICBM発射実験を受けて「あの売春婦の息子は狂ってる」と正直に発言】の続きを読む

    ダウンロード (1)

    [マニラ 27日 ロイター] - フィリピン政府は27日、今月に入って公の場にほとんど姿を見せず健康不安が取り沙汰されているドゥテルテ大統領(72)について「健在だ」と発表し、健康不安説を否定した。


    大統領は過密スケジュールで知られ、長時間の演説を1日に数回こなすこともあった。しかし、今月に入って公の場に姿を現す機会が激減。公務で姿を見せたのは20日が最後とされる。

    とりわけ、フィリピン南部のミンダナオ島マラウィ市で過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力の掃討作戦が1カ月以上続き、同国がドゥテルテ政権発足以降で最大の危機を迎えているにもかかわらず、大統領があまり表舞台に姿を見せないことが人々の疑念を募らせている。

    続きはこちらで 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000071-reut-asia

    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/20(日) 08:35:20.59 _USER9
    フィリピンのドゥテルテ大統領とロシアのプーチン大統領は19日、
    アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の開催地リマで初めて会談した。

     ロシア大統領府によると、ドゥテルテ氏は「(プーチン氏の)指導者としての資質から会談を心待ちにしていた」と語り、プーチン氏を持ち上げた。

    会談冒頭で、プーチン氏が2国間関係の強化を呼び掛けたのに対し、
    ドゥテルテ氏は、フィリピンはこれまで常に欧米など西側諸国の一員であろうとしていたが
    「今日、西側は小国を攻撃し、どう喝しようとしている」と持論を展開。西側諸国は偽善的と非難した。

    米国は世界各地で戦争を引き起こしてきたとも語り、「破壊的な政策だ」と批判した。
    シリアやウクライナの問題は脇へ置き、会話は弾んだもようだ。 

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112000023&g=int

    握手するフィリピンのドゥテルテ大統領(右)とロシアのプーチン大統領(左)=19日、リマ
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2016112001001052.jpgno title

    【【KSM】ドゥテルテ大統領がプーチン大統領と会談、「心待ちにしていた」「西側は小国を攻撃し恫喝しようとしている」米批判展開】の続きを読む


    no title


    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/28(金) 12:04:04.52 _USER9
    3日間の訪日を終えたフィリピンのドゥテルテ大統領は27日深夜、地元の南部ダバオに到着後、空港で記者会見し、

    訪日が「実り多かった」とし「日本はこれまでも、今後もフィリピンの真の友人だ」と述べた。

     両国間では、経済だけでなく防衛分野の協力でも合意したと強調。

    「中でも海洋安保が重要事項だ」とし、南シナ海問題では航行の自由や法の支配の重要性で一致したと説明した。

     一方、安倍晋三首相らとの小人数の会談の内容については、「口外しないことになっているが、特別に実務的な議論ではなかった。
    後ろ向きな議題もなかった」と述べた。

    また、日本の対米姿勢について問われると「それは日本の問題。私に重要なのは比日関係だ」と答えるにとどめ、
    「暴言は慎むと神と国民に誓った」とし、いつもの過激な米国批判は自制した。

    http://www.sankei.com/world/news/161028/wor1610280019-n1.html

    【【KSM】フィリピン・ドゥテルテ大統領が帰国 「日本はこれからも真の友」 防衛分野の協力でも合意したと強調  】の続きを読む

    このページのトップヘ