真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    トランプ大統領

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/09(土)13:05:40 ID:???
    CV8U1GsUsAAinQ4

    ◎記事元ソース名/トランプ大統領べったりの異常―首相に根本的見直しを求める

    志位委員長が批判

     日本共産党の志位和夫委員長は8日、党国会議員団総会でのあいさつの中で、安倍晋三首相の外交姿勢について「トランプ米大統領べったりの安倍首相が、日本をきわめて危険な道に引き入れつつある」と告発し、根本的な見直しを強く求めると表明しました。

     志位氏は、北朝鮮問題で安倍政権がとっている対話否定、米国の先制的な軍事力行使容認の立場は、米朝の軍事的緊張がいっそう高まるもとで、「出口のない危険にわが国を引き入れつつある」と批判しました。

     さらに、トランプ大統領による「エルサレム首都認定」という、国連決議に反し、中東の平和と安定を根底から危険にさらす暴挙に対して、イギリス、フランス、ドイツを含め世界中の首脳が批判するなか、安倍首相だけが一言の批判もない異常さを指摘。

    (中略)

     志位氏は「いまトランプ大統領の言動には、さまざまな危険な要素が噴き出している。
    そのときに、この2人の異常な関係は、わが国にとっても、世界にとってもきわめて危険だ。
    安倍首相に対し、トランプ大統領べったりの関係を根本的に見直し、言うべきことを言う当たり前の外交政策をとることを強く求める」と表明しました。

    しんぶん赤旗/2017年12月9日(土)
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-09/2017120901_02_1.html

    【【しんぶん赤旗】志位 「安倍首相とトランプ大統領のべったりの関係は、世界にとってもきわめて危険だ。」[H29/12/9]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月) 13:20:25.49 _USER9
    no title

    天皇、皇后両陛下は6日午前、来日中のトランプ米大統領とメラニア夫人を皇居・御所に招き、会見された。 両陛下が米大統領と会見するのは、2度目の来日となった平成26年4月のオバマ大統領以来で、トランプ大統領とのご面会は初めて。

     トランプ大統領夫妻を乗せた車は警備車両を含め約30台の車列を組み、正門を通って皇居へ。午前11時すぎ、御所に到着した。

    AS20171106001488_comm

     両陛下は玄関前の車寄せで出迎え、天皇陛下、皇后さまの順で大統領と笑顔で握手し、あいさつを交わされた。 メラニア夫人の紹介も受け、御所内に入られた。約30分後、大統領夫妻は両陛下のお見送りを受け、御所を後にした。

    外国の元首や大統領が国賓として来日した場合、両陛下が出席の下での「歓迎行事」や、両陛下が主催される「宮中晩餐会」などが行われるが、 今回のトランプ大統領は国賓・公賓に準じた「公式実務訪問賓客」の位置づけのため、儀礼的行事は簡略化される。

     トランプ大統領は同日午後、安倍晋三首相との日米首脳会談に臨むほか、 横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(81)ら、北朝鮮による拉致被害者家族との面会が予定されている。

    http://www.sankei.com/life/news/171106/lif1711060020-n1.html

    1スレ2017/11/06(月) 11:15:38.26
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509934538/

    【【トランプ大統領】皇居到着 両陛下と会見】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月) 15:42:25.52 _USER9
    trumprachi-1

    トランプ大統領は共同記者会見での発言です。

    実り多い訪問

    「ありがとう。実に楽しく、実りの多い訪問で、日米がこれほど緊密な関係になることはこれまでなかった」
    「日本はすばらしい国だ。すばらしい文化と歴史と精神に満ちた国だ。安倍総理大臣が最近の総選挙で、容易に大勝したことを私は驚いていない。安倍総理大臣は国民からの信任を得た」
    「日本は特別な場所だ。日本人や日本の都市はすばらしい。経済も力強い。日本人は豊かな文化や歴史に敬意を持っている」

    san_plt1711060036view_thum630


    安倍首相は偉大な友人

    「安倍総理との友情に感謝している。一緒に多くのことを達成することができた。娘のイバンカも、女性の活躍に関する国際会議に参加して女性の社会進出に向けて議論をすることができた」
    「安倍総理大臣は選挙のあと、最初に会ってくれた偉大な友人だ。両国の歴史的な関係をさらに強めた。今後も、貿易や軍事の問題に取り組んでいく」

    北朝鮮はとても容認できない

    「北朝鮮は核実験を行い、弾道ミサイルを日本の領空に向けて直接、発射し、国際社会の安全を脅かしている。これはとても容認できない。『戦略的忍耐』は終わった。私の発言は、強すぎると言われるが、過去25年間の発言が弱すぎたのだ」
    「日本には5万人のアメリカ軍兵士が駐在し、韓国には3万3000人が配備されている。日米はともに両国の防衛に取り組んでいる」

    san_plt1711060025view_thum630


    拉致 二度とこのようなことを起こさせてはならない

    「安倍総理大臣は北朝鮮によって拉致された日本人の話も聞かせてくれた。私はきょう拉致被害者の家族と会うことができ、横田めぐみさんの母親とも会うことができた。40年以上も家族に会えない苦しい思いをするべきではない。二度とこのようなことを起こさせてはならない」

    全文はURL先で
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171106/k10011212681000.html

    【【共同記者会見】トランプ大統領「北朝鮮の行動は容認できない。『戦略的忍耐』は終わった。」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月) 15:04:05.87 _USER9
    AS20171106003110_comm

    トランプ大統領は北朝鮮による拉致被害者やその家族と面会し、「悲しい話をたくさん聞いた。彼らは皆、拉致された。北朝鮮は語学の勉強やほかの目的で拉致をした。とんでもない行為だ。拉致被害者の帰国に向け、安倍総理大臣と連携していく」と述べ、拉致問題の解決に向けて日本政府と協力していく意向を強調しました。

    11月6日 14時52分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171106/k10011212651000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    関連スレ
    【外交】日米首脳、拉致被害者の家族らとの面会始まる
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509945681/

    【【トランプ大統領】 「拉致被害者の帰国に向け、安倍総理大臣と連携していく」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月) 16:58:49.41 _USER9
    wor1702110015-p1

    ■拉致問題について

    「とても悲しいことだ。ひどい国に、言葉を教えるためや、ほかの目的のために拉致された。この問題について私は国連の演説で話したが、多くの日本人はとても感激してくれた。なぜなら拉致された人たちは忘れられた人たちだからだ。しかし安倍総理大臣は忘れなかった。だから、私と安倍総理大臣はともに取り組んでいきたい」

    AS20171106003110_comm

    「北朝鮮は拉致被害者を送り返してほしい。もし、この問題に光が当たり、キム・ジョンウン(金正恩)が拉致被害者を返せば、それは、何か特別な始まりになるだろう。今回、あまりにも長い間、苦しんだ人と話した。今後、何が起きるか注視していこう」

    11月6日 15時36分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171106/k10011212681000.html

    6: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月) 17:02:06.15
    民進党参議院議員 @有田芳生
    6時間前
    特定失踪者家族会は1人もトランプ大統領との面会に呼ばれていない
    19時間前
    ウンギョンさんもその娘も平壌にいる。アメリカの攻撃をやめてほしいと
    いうのは人間の根本原理

    今朝の虎ノ門ニュース  青山繁晴
    「拉致被害者の命が心配だから北朝鮮への攻撃をやめろ」と言う有田芳生は 日頃、日本という国家をさんざん否定しながら、北朝鮮の国をつぶすなと心配する。 こんなヤツの名前など口にもしたくもない。

    【【日米共同記者会見】トランプ大統領 「拉致被害者を返せば 何か特別な始まりになるだろう」 】の続きを読む

    このページのトップヘ