真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    テロ等準備罪



    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/25(木) 04:12:55.41 _USER9
    ケナタッチ氏反論に不快感 「何か背景あるのでは」菅義偉官房長官
    2017.5.24 23:12更新
    http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240031-n1.html

    3ed33e5f

     菅義偉官房長官は24日の記者会見で、今国会で審議中の組織犯罪処罰法改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏が日本政府の抗議に対し、改めて反論文を発表したことについて不快感を示した。「日本政府は国連の正規のルートを含めて反論文を受け取っていない。何か背景があるのではないかと思わざるを得ない」と述べた。

    DAg3fIrWAAArld0-e1495669449316

    関連
    【テロ等準備罪】「訂正するまで、安倍首相に書いたすべての単語を維持する」ケナタッチ国連特別報告者が菅官房長官の抗議に再反論★9 ©2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495650753/
    img_0_m

    ------------------------
    共謀罪衆院通過、国連特別報告者から懸念
    いわゆる“共謀罪”法案が衆議院本会議で与党などの賛成多数で可決された。
    採決前には最後の討論が行われ、安倍総理宛てに届いた書簡が取り上げられた。差出人は、国連の人権理事会から任命され、プライバシー権の保護を任務とするジョセフ・ケナタッチ氏
     
    ケナタッチ氏は「新法案では、犯罪を立証するため国民への監視を強化する必要がある場合に、適切にプライバシーを保護するための新たな特定の条文や措置が盛り込まれていない」と指摘。「プライバシーや表現の自由を過度に制限する恐れがある」と懸念を示した。
     
    これに対し、日本政府はすぐさま抗議の文書を送ったが、ケナタッチ氏は「受け取った“強い抗議”は中身のあるものではなかった。私の懸念に答えていない」と反論を発表。さらに、我々の取材に対し「法案の文言を見て驚いた。私が送った書簡や日本政府からの回答を含め、すべて人権理事会に報告する」と語った。(2017.5.23 テレ朝ニュース)
    -------------------------
     
    良識ある日本人にとって「国連」が怪しいのは常識だ。「国連」とは「戦勝国」クラブであり、日本にとって国連と言えば反日左翼や反日国の巣窟であり、お金で動かす組織だ。
     
    その割には世界中の紛争を無くすどころか、国連の勧告など無視されるほどの力のない組織である。つまり金ばかりかかる役立たずの無用の組織だ。

    しかし日本人は「国連」と言うと何か有難いもののように思い込んでいるが、それも戦後占領政策の洗脳であるから、早々に改めるべきである。
     
    今回の構図も、日本の反日左翼が国連特別報告者に持ち込んで「国連」という名前を利用して日本政府に圧力をかけさせたものである。
     
    つまり民進党など野党やテレ朝などの反日マスコミが「国連が言っている」とテロ等準備罪を阻止に利用しているのだ。
     
    マスコミは報道しないが日本国民はこういう見方をすべきだ。すると彼らが如何に共謀しているかがわかる。
     
    そもそも「国連特別報告者」というのは菅官房長官が言う通り、国連の人間ではなく国連人権理事会から任命されただけの独立した人間である。だからケナタッチの言うことがイコール国連ではない。

    img_1_m
     
    それを「国連が言っている」と野党やテレ朝などが国民を煽っているが、こんな嘘に騙されてはいけない。

    img_5_m
     

    この「国連特別報告者」には今までも日本は散々貶められてきた。
    国連特別報告者のクマラスワミは慰安婦強制連行などが取り沙汰されたが、これも日弁連の反日左翼である戸塚悦郎などがやっていた。
     
    また国連特別報告者のデビッド・ケイは「表現の自由」に関する報告をしたが、これも日本の反日左翼の岸井成格などがやっていたのだ。
     
    今回のケナタッチには日本のフェミニスト弁護士の伊藤和子がヒューマンライツ・ナウの事務局長としてやっていた。

    img_2_m

    img_3_m
     
    伊藤和子は有田ヨシフ(民進党)や池内さおり(共産党)とデモ行進などをしている反日左翼活動家でもあり、平成27年には国連特別報告者のブキッキオ(下画像)が「日本の女子生徒の13%が援助交際をしている」と発言したが、このデタラメなネタ元は伊藤和子だ。

    img_4_m
     
    このヒューマンライツ・ナウは国連の特別協議資格を持つ国際NGOで、テロ等準備罪に反対する声明を出している。 →  http://hrn.or.jp/activity/10327/
     
    にもかかわらずテレビでは単に「国連が」「国連が」と言っているが、報じられないその裏には必ず日本の反日左翼や反日国がいるのだ。
     
    今、ケナタッチがやるべき人権問題は日本ではなくシナだ。どうしてシナに行かない。すぐにシナに行って他民族に対する弾圧や民族浄化を調査、報告すべきだ。そちらの方が遥かに深刻な人権問題である。

    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34741352.html
    から引用

    【【テロ等準備罪】国連特別報告者ケナタッチ氏反論に不快感 「何か背景あるのでは」菅義偉官房長官 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/21(日)15:14:54
    13


    DAPPI @take_off_dress
    元村有希子「テロ等準備罪が成立し息苦しい社会の中が出来ると
    面倒な事には関りたくないというのが広がるのが心配!
    新聞記者は実名で登場してもらうことでジャーナリズムを構築してるが
    協力する人は減る!」

    毎日新聞は記事の為にテロ等準備罪を反対してるようです
    #サンデーモーニング
    動画

    午前9:00 ・ 2017年5月21日
    172件のリツイート
    189件のいいね
    https://mobile.twitter.com/take_off_dress/status/866081349383278592


    DAPPI @take_off_dress
    元村有希子「法律を行使する政府や捜査当局を私たちは信用出来てない!」

    毎日新聞は政府や捜査当局を信用してないようです。
    支持率をみたらどう見ても国民は政府を信頼してると思います。
    #サンデーモーニング
    動画

    午前8:56 ・ 2017年5月21日
    209件のリツイート
    217件のいいね
    https://mobile.twitter.com/take_off_dress/status/866080137644695553
     元村有希子 (@chibigenome). 毎日新聞記者。西部本社、東京本社科学環境部、デジタル報道センターなど経て2017年4月から科学環境部長。趣味は読書、科学ウオッチング、居酒屋、温泉、山歩き。近著に「気になる科学」。
    【元村有希子「テロ等準備罪が成立し息苦しい社会の中が出来ると、実名の新聞記者の協力が減る。法律を行使する政府や捜査当局を私たちは信用出来てない!」[H29/5/21]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/21(日)15:08:37
    12

    DAPPI @take_off_dress

    岸井成格「テロ等準備罪は治安維持法の現代版!
    治安維持法で政府は一般人は対象にならないと言ってたが
    成立したら強化された!
    当時の一番の目的は共産主義浸透を防ぐことで
    共産主義思想に染まってるか!
    今だと思想信条の問題になる!」

    どうしても反対したい岸井の難癖が酷い
    #サンデーモーニング
    動画
    午前9:08 ・ 2017年5月21日
    239件のリツイート
    238件のいいね
    https://mobile.twitter.com/take_off_dress/status/866083165504274432

    関連記事
    【毎日新聞】(レッドパージを)経験した人でないと気持ちは分からない。共謀罪も同じ。
    【捕まれば家族が巻き込まれる】」[H29/5/17]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494984495/
    きしい しげただ
    岸井成格。一九四四年、東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、毎日新聞社に入社。ワシントン特派員、政治部副部長、論説委員、政治部長、編集局次長、論説委員長などの要職を経て、〈記者のトップである主筆を3年間務めてきた〉(TBS)。いまもアンカー業の傍ら、毎日新聞特別編集委員(役員待遇)を兼ねる。

     TBSに加え、“毎日新聞の顔”と言ってもよい。事実、毎日新聞社の公式サイトは「情報番組などにコメンテーターとして出演するなど、毎日新聞の“顔”として多くの人におなじみの論客陣」のなかで岸井をトップで紹介している。
    【岸井成格「テロ等準備罪は治安維持法の現代版!当時の一番の目的は共産主義浸透を防ぐことで共産主義思想に染まってるか!今だと思想信条の問題になる!」[H29/5/21]】の続きを読む



    2時間45分~丸山穂高(維新)3時間7分~採決
    【KSM】衆議院 法務委員会 テロ等準備罪『可決』法案質疑~採決までの様子  2016年5月19日

    ☆彡こちらの方が途中で途切れません


    この動画は著作権法40条、41条の規定により公開しております。

    政治上の演説等の利用

    (第40条)[1]公開の場で行われた政治上の演説や陳述,裁判での公開の陳述は,ある一人の著作者のものを編集して利用する場合を除き,方法を問わず利用できる。
     [2]議会における演説等は,報道のために新聞等への掲載,放送等により利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。

    時事の事件の報道のための利用
    (第41条)著作物に関する時事の事件を報道するために,その著作物を利用する場合,又は事件の過程において著作物が見られ,若しくは聞かれる場合にはその著作物を利用できる。同様の目的であれば,翻訳もできる。 
    http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/chosakubutsu_jiyu.html

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/23(日) 21:39:33.13 _USER9
    http://www.buzznews.jp/?p=2108011

    B-KT7ItCMAAKKGS

    4月21日の衆議院法務委員会で質疑に立っていた民進党の階猛議員が自民党議員の肩を強く小突いていたシーンがテレビで公開され波紋を広げているようです(画像はニュース映像より)。

    ヤジに激昂し自民党議員の肩を小突く

    テロ等準備罪について金田法相を追及していた民進党・階猛議員の質疑終了後に別の議員と話をしていたことにに対し、自民党の土屋正忠議員が「今のはテロ準備行為じゃないか?」とヤジを飛ばした件が問題視されていますが、この場面で激昂した階議員が席に座る土屋議員の肩を突き飛ばしていたことがわかりました(上記画像)。

    これはフジテレビが撮影していたもので、問題のシーンは衆議院が公開している映像とは別の角度から撮影されていたため衆議院の動画には含まれていませんでした。また当時議場が紛糾していたことから委員長が速記を止めており音声が入っていない状態であったため詳細については分かっていませんでしたが、フジテレビの映像にはその様子がはっきりと映り込んでいたのです(映像は下記の関連URLより)。

    問題のシーンで、ヤジを飛ばした自民党・土屋議員に対し階議員は「誰だ!?」「今言ったの誰だ!?」「誰に対して言ったんだぁ!!」と叫びながら詰め寄ると、席に座る土屋議員の左肩を強く小突いて「なんだそれは!」などと激昂していました。

    問題のシーン

    土屋「今のはテロ、テロ準備行為じゃないか?」

    (階議員と隣りに座っていた枝野議員、発言を聞いて席を立つ)

    階「(土屋議員の方へ向かいながら大きな声で)誰だ!?今言ったのは誰だ!!誰だ!(土屋議員を指差して)今テロ準備行為だと言っただろあなた!!(土屋議員のすぐ脇で)なんだそれはぁ!!誰に対して言ったんだぁ!!(土屋議員の左肩を右手で強く突き飛ばし)なんだそれは!!おかしいだろ!!」

    (議場騒然。民進党議員らが駆け寄る)

    委員長「冷静に願います。席に戻って下さい!」

    問題のシーンに至るまで

    自民党の土屋議員がヤジを飛ばすに至るまでには政府参考人が答弁したことに対し、階猛議員が「規則違反だ!もう質問は続けられない」と言い放ち自身の質疑を終了させるという経緯がありました。

    そもそも階議員は質疑冒頭から「質問の前に、また繰り返された政府参考人の強行採決。断じて容認出来ません」と対立姿勢を見せると共に、同日の質疑では金田法相自身が答弁すると考えてよいのか、という問答に5分以上を費やしていました。更にこのように述べて、金田法相による答弁に拘りを見せていたのです。

    階「それでは、もし私が本質的・基本的な質問をしたにも関わらず、これを政府参考人に答弁させたならば、私は質疑が続行出来ませんので、すぐに退席させて頂きます」

    これに対しては多くのヤジが聞かれましたが階議員は「うるさい!黙ってろ!」と制すなど質疑序盤から波乱含みの様相だったと言えます。果たして後半、金田法相の答弁に納得出来なかった階議員がもう一度答弁するよう求めたのに対し委員長が法務省の刑事部長に答弁するよう指名するとすぐに議場は紛糾。

    答弁する刑事部長の元に詰め寄ると階議員は「ダメダメダメ!」「あなたは関係ない出ていって下さい!」と大声を出すとともに手を振って制止しようとしましたが、結局刑事部長は抗議を無視して答弁を終えます。ここで階議員は自身の質疑終了を宣言。

    階「衆議院規則違反です!私は、もう質問続けられません。終わります」

    異様な雰囲気に包まれる中、委員長は速記を止めるよう指示。中断は5分弱にも及んでいましたが、衆議院の中継では音声が流れない中で問題の自民党議員によるヤジと階議員の激昂があったという形だったようです。

    階議員の質疑は結局これで終了となり、速記が再開されると委員長は次の議員に質疑を始めるよう求めていました。

    以下ソース

    【【テロ等準備罪】民進党・階猛、ヤジに激昂し自民党議員の肩を強く小突く 「誰だ!?」「今言ったの誰だ!?」「誰に対して言ったんだぁ!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ