真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    テロリスト

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/23(金) 11:55:09.33 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    【東京】東京MXのテレビ番組「ニュース女子」の内容に抗議する「沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志」は22日夜、東京都内で「サウンドデモ」を繰り広げた。約100人が参加し、番組内容の訂正と謝罪を求めた。

    千代田区の日比谷公園を出発し、番組を制作したDHCテレビジョンがある港区虎ノ門までの間、三線や太鼓などの楽器を奏でながら「電波でうそをつかないで」などと訴え、繁華街の中を行進した。

    一方、DHCテレビジョンは、デモ隊の通過に合わせ「虎ノ門ニュース~デモ隊が来るのでとりあえず番組立ち上げましたSP~」と題した番組をインターネット上で生中継配信した。
    作家の百田尚樹氏や科学者の武田邦彦氏がら出演し、これまで放映された「ニュース女子」の番組内容について「何の問題もない」などと主張した。

    今年1月2日放送の「ニュース女子」は沖縄の米軍基地建設に反対する市民を「テロリスト」などと例えて報じた。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-519906.html
    http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201706/9616c7786f4e5ce9c7504da8938e9726.jpgno title


    ニュース女子について沖縄タイムスの見解
    http://www.okinawatimes.co.jp/mwimgs/e/2/-/img_e2f54f3ca1846997d604f540b445d40673744.jpgno title

    【「電波で嘘つかないで!反対市民はテロリストじゃない!」東京でニュース女子に謝罪要求するデモ 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/18(日) 07:47:04.03 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    plt1706160005-p1
    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の抗議行動で傷害などの罪で起訴された山城博治被告(64)が、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で2日間にわたり「日本政府が人権侵害を止めるよう求める」と主張した。 「被害」をことさらアピールした山城被告に、チベットで中国当局の弾圧により同胞が命を落とす深刻な人権侵害を訴える団体は冷ややかな視線を送っていた。

    「はいさい、ちゅーうがなびら(皆さん、こんにちは)。私は沖縄における米軍基地による人権侵害に対し、平和的な抗議行動を行っている山城博治です」

    山城被告は15日夕(日本時間16日未明)の国連人権理事会で、沖縄方言を織り交ぜながら自身の“惨状”を約90秒、英語で訴えた。

    山城被告の演説にチベットの人権問題に取り組むNGO(非政府組織)幹部は顔をしかめ、こう言った。 「彼は苦しんでいる他の誰かのためにスピーチしたのではなく、自分の個人的なケースを述べたにすぎない。全く理解できない」

    山城被告の前には、ドイツに拠点を置く国際NGOの女性がチベットの人権弾圧について演説した。 2009年以降、チベットで150人以上が中国の弾圧に抗議して焼身自殺し、その家族らが処罰されたことを挙げ「中国に監視団の受け入れを迫るよう人権理事会に要請する」と主張した。 深刻な人権侵害を訴えるためジュネーブに来た人々には、山城被告の発言は別世界の話に聞こえたようだ。

    山城被告は人権理事会関連のイベントでも、約50人のメディアやNGO関係者らを前に「私たちへの不当な処遇は政府の圧政にあらがう県民への見せしめ、恫(どう)喝(かつ)であったことは言うまでもない」とアピールした。 沖縄タイムスの記者も登壇し、同紙と琉球新報の地元2紙が「政府から言葉による攻撃を受けている」などと主張した。

    ところが、山城被告らが防衛省沖縄防衛局の職員に暴力を振るう場面の動画に関する質問が飛び出すと、山城被告は「私は日本一のテロリストのように喧(けん)伝(でん)されている」とはぐらかした。

    「加害者」だったことが暴露され、居心地の悪い思いをしたようだ。
    国連を利用して日本人が発信する“嘘”が封じ込められた瞬間だった。(原川貴郎)

    http://www.sankei.com/smp/politics/news/170618/plt1706180005-s1.html

    【「私は日本一のテロリストのように喧伝されている」 国連で暴行動画突きつけられた山城被告が釈明 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/03(月) 13:59:27.36 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    s_ice_screenshot_20170219-213409

    「共謀罪」法案、6日審議入りへ 自公国対委員長が合意

     自民党の竹下亘、公明党の大口善徳両国会対策委員長は3日午前、国会内で会談し、
    犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、6日の衆院本会議での審議入りを目指すことで合意した。今国会中の成立をめざす。


     衆院法務委員会で与党は継続審議中の契約ルールを見直す民法改正案を早期に可決させ、その後で「共謀罪」法案の実質的な審議に入る日程を想定する。 同法案の可決後に、性犯罪を厳罰化する刑法改正案を審議する。竹下氏は会談後の記者会見で「3法案とも今国会で成立を期す」と強調した。

     安倍晋三首相は3日昼、官邸で開いた政府・与党連絡会議で「テロ等準備罪など重要法案の確実な成立に向け、政府として緊張感を持って丁寧な説明に努める」と強調した。 菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で「共謀罪」法案に関し「野党にも幅広い支持をいただけるよう国会でわかりやすく丁寧に説明し、一日も早い成立をめざす」と述べた。

     法案の審議順をめぐり、自民党は「共謀罪」法案の成立を最優先する方針だったのに対し、
    公明党は民法や刑法の改正案を処理した後で「共謀罪」法案の審議に入るべきだと主張し、折り合っていなかった。「共謀罪」法案を民法改正案の次に審議する形で両党が合意した。公明党幹部は「民法を先に処理し、刑法の成立も確約を取ったため容認した」と話した。

     民進、共産、自由、社民の野党4党は「共謀罪」法案の早期審議入りに反対しており、与党側が描く日程通りに審議が進むかは不透明だ。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H0A_T00C17A4MM0000/

    【「共謀罪」法案、6日審議入りで自公が合意 テロリスト発狂へwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む


    2222


    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/28(土) 13:54:49.42 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    公明
    「共謀罪」提出容認 党内調整「テロ対策なら理解」

     公明党は、「共謀罪」の構成要件を絞り込み「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の国会提出を認める調整に入った。
    改正案の対象になる犯罪を政府が現在想定している676から300前後に減らせば、テロ対策として世論の理解が得られると判断した。改正案は今国会で成立する可能性が出てきた。

     井上義久幹事長は27日の記者会見で「(法案の)必要性は認識している。国民の懸念をどこまで解消できるかだ」と指摘。「出せば成立を見込むのが基本だ」とも述べた。

     「共謀罪」は、捜査当局の拡大解釈で人権侵害を生む恐れがあると批判され、過去に3回廃案になった。
    一方、安倍晋三首相は改正案について今国会で「かつての共謀罪とは違う」と繰り返し答弁しており、公明党が提出に慎重姿勢を取り続けるのは難しくなっていた。【高橋克哉】

    http://mainichi.jp/articles/20170128/k00/00m/010/224000c
    2016082801_01_1b

    【テロリストに激震 「共謀罪」新設法案、今国会で成立へ 及び腰だった公明党が提出を容認 】の続きを読む



    【KSM】SEALDsは終わっていない…すでに公安の監視対象団体に メンバーは一生、この現実から「逃れられない」2016年08月25日 09:04
    http://gensen2ch.com/archives/65247289.html
    http://biz-journal.jp/2016/08/post_16437.html

    8月15日、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)が解散した。 

     学生団体のSEALDsは安全保障関連法への反対などを訴え、国会議事堂前でデモ活動を行ってきたことで知られており、16日の記者会見では、創設メンバーの奥田愛基氏をはじめ、多くのメンバーが「これで終わりじゃない」という意思表明をしているが、まさしく、SEALDsをめぐる問題は「終わっていない」といえる。 

     本連載6月27日付記事『SEALDs、政治資金規正法違反の疑惑浮上…違法な手段で寄付募集や政治活動か』でも言及しているが、SEALDsは資金集めの方法や支出について不透明な部分が多く、政治資金規正法に違反している疑いもある。 

    最近の動画

    【KSM】中国は恩を仇で返すつもりなのか 尖閣沖で中国漁船沈没 海保が救助も ・・
    https://www.youtube.com/watch?v=0xKD4ZOGg9I
    【KSM】”韓国製の新型モノレール”が『開業前に廃業決定!くず鉄に!』 
    https://www.youtube.com/watch?v=bqNZf5xZ6lE
    【KSM】アメリカ、警察に職務質問された『バットマン』残念ながら昨年亡くなっていた
    https://www.youtube.com/watch?v=m91NXPP4h_Y
    【KSM】反天連とはいったい何者なのか 桜井誠氏 オレンジ☆ラジオ 警察は過激派の仲間なのか?
    https://www.youtube.com/watch?v=pu1K9A-7dRk
    【KSM】ベトナムが南シナ海にロケット発射装置を設置 対中国でまとまるアジア 
    https://www.youtube.com/watch?v=Mzn5tjDFdTA
    【KSM】沖縄ヘリパッド反対派の韓国籍の男逮捕 警備の警察官転倒させた疑い 名護署前で釈放求め抗議活動も
    https://www.youtube.com/watch?v=LMqNwRI5JlU
    【KSM】沖縄、高江のヘリパッド反対派の集団が名古屋で在特会に排除される様子 市民団体でも排除できるんですよ。沖縄県民、県警何やってるの?
    https://www.youtube.com/watch?v=OSwEzQrC7EE


    【【KSM】SEALDsは終わっていない…すでに公安の監視対象団体に メンバーは一生、この現実から「逃れられない」】の続きを読む

    このページのトップヘ