真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    テレビ

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/10(日) 07:12:56.15 _USER9
    thetv_117163_0

    毎年恒例のテレビ番組『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)が9~10日、放送されている。 フジの『27時間』といえばこれまで、バラエティ色を前面に打ち出す内容が特徴だったが、今年は打って変わり、27時間かけて「にほんのれきし」を振り返るというテーマだ。

    そうした方針転換はオープニングでも顕著にみられ、例年では多くのタレントがずらりと並び、全国の系列局と中継でつなぐ“お祭りムード”満載のなかでスタートしてきたが、今回はメインMCのビートたけしと関ジャニ∞の村上信五のみ。その後、バカリズムと波瑠が加わりオープニングが続くも、“静かな”幕開けとなった。

    テレビ局関係者が語る。

    「昨年放送の『27時間』が過去最低の平均視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録するなど、『 27時間』は多額の制作費がかかるにもかかわらず、ここ数年低迷が続いていました。 そのため、6月に就任した宮内正喜新社長は放送に反対したものの、すでにスポンサー集めを進めてしまっていたという事情もあり、仕方なく放送されたという経緯があります。 宮内社長からは、例年のようにただバカ騒ぎして金ばかりかかるような企画は許さないという方針が出され、 現場には制作費抑制の大号令がかかっていました。その結果、なんとも“ショボい”内容になってしまったのでしょう」

    放送開始から4人だけのシーンが約20分間にわたり続き、次のコーナー企画『れきし自慢! 大賞』に移行。多くのタレントがスタジオに集まり、都道府県ごとに自慢の歴史エピソードを紹介していくという内容だが、早くもインターネット上では、「地獄のごとく、面白くない」「よくこんなつまらん番組つくった」「27時間でやる意味ある?」「大丈夫かなって、心配になる」などと厳しい声が多数みられる。

    「マニアックな歴史ネタとたけしの下らないギャグが延々続き、あまりのつまらなさに絶句してしまいました。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353438/
    2017.09.10 06:55 ビジネスジャーナル

    2: KSM WORLD NEWS 2017/09/10(日) 07:13:33.96 _USER9
    さらにフジとしては、歴史をテーマに持ってくることで、家族揃って見てもらえることを狙っていますが、たけしが『こうもん』『ちんこちんこ』などと低レベルな下ネタを連発し、そんなフジの思惑もぶち壊しです」(同)

    ●日テレとの差

    今年で最後の放送になるとも報じられている『27時間』だが、今年の放送について、別のテレビ局関係者もこう厳しい評価をする。
     
    「過去の『27時間』は、たしかに視聴率的には低迷していましたが、深夜帯で芸人たちがガチでぶつかり合ったり私生活を暴露し合ったりと、放送コードギリギリのコーナーがあったり、批判を受けるのを覚悟の上で珍事件が起こるような演出があったり、テレビでしか成立しない感動シーンがあったり、明石家さんまと中居正広が他では絶対にみられない本音トークを展開する名物コーナー (『さんま・中居の今夜も眠れない』)があったりと、毎回“フジなりの挑戦”が垣間見られて、見所があったのは事実です。

    しかし今年は、“放送することが決まってしまっていたので仕方なくつくりました感”がミエミエで、見るべき部分が何もなく、想像を絶するほど、ただただつまらない。制作費も例年の数分の一なのは見ていて明らかですが、変にそれを覆い隠して豪華さを醸し出そうとしているところが、かえって安っぽく見えてしまっている。カネがないならないなりに、それを逆手にとった演出を企画するなど、やりようはあったはずです。いずれにせよ、歴代ワーストを記録した昨年の視聴率を下回るのは確実で、フジにとっては恐ろしい数字になるのでしょう。先月放送された日テレの『24時間テレビ』が歴代2位の高視聴率をマークし、改めて3年連続3冠王の日テレの強さを示しましたが、まさに今の日テレとフジの実力差を如実に物語っているといえます」

    フジの凋落を物語る、今年の『27時間』となりそうだ。

    【【テレビ】フジ『27時間』、想像絶する「つまらなさ」…延々たけしの下らないギャグ&歴史ネタ】の続きを読む


    faae675e

    abc27ce7




    菅野保=ノイホイ=しばき隊メンバー

    20130610011905a83_2017031111484039a

    2017031111554705c

    C69mI9vV0AM6geL

    C7B343cVsAAXW_a

    sibakiXUDiq

    C7Al_gJVAAAdzbI

    faae675e


    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/05(土) 17:48:38.56 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/100599

    なぜかマスコミは加戸前知事の証言を無視して前川喜平の証言ばかりを取り上げている。誰もが違和感を覚えていた疑惑がついに客観的な数値で表された。
    前川喜平2時間33分46秒、加戸前知事6分1秒、原英史2分35秒。

    7/10から7/11に渡って合計30番組を調査したところ、安倍総理擁護派の2人の意見がほとんど放送されていないということが分かった。

    ▼加計学園問題の放送時間は合計で8時間44分59秒。このうち、前川喜平の証言が2時間33分46秒を占める。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-3.jpgno title


    ▼一方で、加戸前知事と原英史氏(国家戦略特区WGメンバー)は数分程度しか放送されていない。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-4.jpgno title


    ▼加戸証言採用率をテレビ局ごとに分析するとテレビ朝日、TBSが特にひどい。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-5.jpgno title


    ▼テレビ東京もおかしい。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-6.jpgno title


    こうして数字で分析してみると不公平な報道がなされていることが一目瞭然。本来であれば中立の立場で事実関係を放送するべきマスコミは今や結論ありきで故意に偏向報道に手を染めているのだ。

    マスコミの報道がおかしいということはこれよりも前に加戸前知事や有識者の人たちがこぞって指摘していた。上念司氏(放送法遵守を求める視聴者の会、事務局長)に至ってはBPOに告発すると予告しており、期待が集まっている。

    参考:【速報】上念司がTBSひるおびのBPO告発を準備中
    この調査を行ったのは小川榮太郎氏。

    【動画解説】『加計問題報道時間比較』
    櫻井よしこ「加戸氏と原氏はほとんど無視されたに等しい」
    小川榮太郎「これは安保法制の時よりさらに酷い。加戸氏が6分映ったからと言って加戸氏の立場に立った報道がされてない。だから実質的には全時間が完全に前川の証言ベースで報道されたと言っていい」 pic.twitter.com/RUtukWjIO8

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年8月4日

    櫻井よしこ「よくお調べになりましたね」

    小川榮太郎「これは私のところで調べたんですけど、安保法制のときよりさらに酷いと言いますか…(苦笑)。番組は前川さんの論理で動いているので、加戸さんが6分映ったからと言って加戸さんの立場に立った報道はされていない。だから実質的には全時間が完全に前川さんの証言ベースで報道されたと言っていい状態です」
    作り手は一体何を考えているのだろうか。

    ▼テレビ朝日、佐藤彰部長はインターネットを敵対視する。

    ▼しかし、第三者の世論調査ではむしろテレビが信用されていないということが分かった。

    ▼ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)のひどすぎる放送内容を見てほしい。安倍憎しで主観に基づいて個人の感想を垂れ流している。

    上念司氏はこのようなテレビ局の腐敗に抑止力をかけるために電波オークションの導入を進めるべきだと主張した。抜本的な改革に着手しないと偏向報道はこのまま続き、一部の視聴者は騙され続ける。メディア報道で異常事態が起きているということをしっかりと伝えていきたい。 




    【テレビの偏向報道が数字で証明された 前川喜平2時間33分46秒、加戸前知事6分1秒、原英史2分35秒 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/05(土) 17:48:38.56 _USER9
    6e467038-s
    http://netgeek.biz/archives/100599


    なぜかマスコミは加戸前知事の証言を無視して前川喜平の証言ばかりを取り上げている。誰もが違和感を覚えていた疑惑がついに客観的な数値で表された。
    前川喜平2時間33分46秒、加戸前知事6分1秒、原英史2分35秒。

    7/10から7/11に渡って合計30番組を調査したところ、安倍総理擁護派の2人の意見がほとんど放送されていないということが分かった。

    ▼加計学園問題の放送時間は合計で8時間44分59秒。このうち、前川喜平の証言が2時間33分46秒を占める。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-3.jpgno title


    ▼一方で、加戸前知事と原英史氏(国家戦略特区WGメンバー)は数分程度しか放送されていない。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-4.jpgno title


    ▼加戸証言採用率をテレビ局ごとに分析するとテレビ朝日、TBSが特にひどい。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-5.jpgno title


    ▼テレビ東京もおかしい。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-6.jpgno title


    こうして数字で分析してみると不公平な報道がなされていることが一目瞭然。本来であれば中立の立場で事実関係を放送するべきマスコミは今や結論ありきで故意に偏向報道に手を染めているのだ。

    マスコミの報道がおかしいということはこれよりも前に加戸前知事や有識者の人たちがこぞって指摘していた。上念司氏(放送法遵守を求める視聴者の会、事務局長)に至ってはBPOに告発すると予告しており、期待が集まっている。



    参考:【速報】上念司がTBSひるおびのBPO告発を準備中
    この調査を行ったのは小川榮太郎氏。

    【動画解説】『加計問題報道時間比較』
    櫻井よしこ「加戸氏と原氏はほとんど無視されたに等しい」
    小川榮太郎「これは安保法制の時よりさらに酷い。加戸氏が6分映ったからと言って加戸氏の立場に立った報道がされてない。だから実質的には全時間が完全に前川の証言ベースで報道されたと言っていい」 pic.twitter.com/RUtukWjIO8

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年8月4日

    櫻井よしこ「よくお調べになりましたね」

    小川榮太郎「これは私のところで調べたんですけど、安保法制のときよりさらに酷いと言いますか…(苦笑)。番組は前川さんの論理で動いているので、加戸さんが6分映ったからと言って加戸さんの立場に立った報道はされていない。だから実質的には全時間が完全に前川さんの証言ベースで報道されたと言っていい状態です」
    作り手は一体何を考えているのだろうか。

    ▼テレビ朝日、佐藤彰部長はインターネットを敵対視する。

    ▼しかし、第三者の世論調査ではむしろテレビが信用されていないということが分かった。

    ▼ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)のひどすぎる放送内容を見てほしい。安倍憎しで主観に基づいて個人の感想を垂れ流している。

    上念司氏はこのようなテレビ局の腐敗に抑止力をかけるために電波オークションの導入を進めるべきだと主張した。抜本的な改革に着手しないと偏向報道はこのまま続き、一部の視聴者は騙され続ける。メディア報道で異常事態が起きているということをしっかりと伝えていきたい。

    【テレビの偏向報道が数字で証明された 前川喜平2時間33分46秒、加戸前知事6分1秒、原英史2分35秒 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/30(日) 01:04:06.35 _USER9
    jjp_m0024597775_thum630

    「もしテレビ界に蓮舫が復帰するなら歓迎します。キャスターとしても、切れ味がいいコメントをするパネラーとしても期待できるからです」(放送作家)

    民進党代表を辞任した蓮舫氏に対し、早くもこんな声が出ている。民進党に近しい関係者も次のように話す。

    「すごくサバサバとした表情をしていた。次の参議院選挙、もしくは本人がほのめかしていた次の衆議院選挙には出馬せず、
    そのまま政界を引退する可能性があるのではないか」

    一体どういうことなのだろうか。

    「蓮舫が政治家を辞めるという情報は入っていませんが、可能性はあるかもしれません。野田佳彦幹事長が辞任して、次の幹事長の人事が難航しました。
    岡田克也元代表や玉木雄一郎議員らに幹事長就任を打診したのですが、ことごとく断られて『わたしでは求心力がない』という決断に至ったのです。
    そもそも、議員としての力不足があったのではないか、と本人は自己の力を猛省し、それが“国会議員としての限界”という見極めにつながっていったと
    しても不思議ではありません」(全国紙政治部記者)

    https://myjitsu.jp/archives/27393

    【【テレビ】蓮舫議員が政界引退で「テレビキャスター」へ出戻り模索か】の続きを読む

    このページのトップヘ