真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    テキサス親父

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/07(金) 21:17:19.64 _USER
     ハ~イ! みなさん。

     米南部ジョージア州ブルックヘブン市に先月30日、米国にはまったく関係のない、ガラクタの塊(かたまり)のような慰安婦像が設置された。悪名高き、カリフォルニア州グレンデール市に次いで米国で2例目だ。実に嘆かわしい。

     俺は設置前日、同市の市議会に抗議に行ってきたぜ。

     像を寄贈した韓国系団体は当初、同州最大の都市、アトランタ市の「公民権・人権センター」に設置を希望したという。同センターが許可しなかったため、ブルックヘブン市の公園に白羽の矢が立った。同市は末永く、「反日都市」と呼ばれるだろうな。

     5月23日に開かれた市議会の公聴会では、韓国系の2人が「これは『日本たたき』のためではない」と発言していた。

     マジかよ? 今まで韓国系団体が設置した慰安婦像などに記されている文言をみれば、明らかに「日本たたき」だぜ。今回も碑文には「(慰安婦は)1931年から45年まで日本帝国軍によって奴隷化を強いられた」などと、事実無根の説明が記されていた。

     米陸軍が44年に、ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問した調書がある。

     そこには、《慰安婦は強制ではなく雇用されていた》《接客を断る権利を認められていた》《女性たちは大金を持って楽しんでいた》《日本兵とスポーツやピクニックをしていた》と記されているぜ。どこが「奴隷化」なんだ? ウソを言うな!

     俺は先月29日夜、市議会の公聴会に参加し、次のように言ってきたぜ。

     「韓国系の発言者が『日本たたきではない』と言っていたが、日本だけを取り上げるのは『日本たたき』だ。女性の人権を問題にするなら、朝鮮戦争時の米軍相手の韓国人慰安婦『ヤンコンジュ(洋公主)』や、ベトナム戦争時の韓国軍相手のベトナム人慰安婦など、すべての慰安婦について碑文に書くか、国名を書かないかだ」

     俺以外にも、在アトランタ日本国総領事館の女性領事が「慰安婦像の設置は、地域に無用な対立をもたらす」と発言し、地域の主婦らも「現地の子供たちに悪影響を与える」「母親として像は受け入れられない」などと反対意見を述べた。

     だが翌日、予定通りに除幕式が行われた。市長や市議会議員、韓国系団体の関係者、元慰安婦(89)ら200人以上が出席した。発言内容を聞いていたが、予想通りの「日本たたき」ばかりで、気分が悪くなったぜ。

     ジョージア州には、起亜(キア)自動車の工場があり、韓国系住民が多いようだ。

     親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意を無視する、韓国系団体とブルックヘブン市の暴挙は許せないぜ。

     では、また会おう!

     ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』(青林堂)、『日本は、世界の悪を撃退できる』(産経新聞出版)など。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170707/soc1707070006-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170707/soc1707070006-n2.html

    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170707/soc1707070006-p1.jpgno title

    ジョージア州ブルックヘブン市に設置された慰安婦像

    【【痛快!テキサス親父】慰安婦像設置に抗議してきたゼ! 明らかに「日本たたき」だった“文言”[7/07]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/12(金) 21:15:36.64 _USER
     ハ~イ! みなさん。

     今回は、フランス大統領選(7日投開票)と、韓国大統領選(9日投開票)について書くぜ。

     フランスでは、市民運動「前進」を率いる中道系候補のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)を大差で破って勝利したな。

     EU(欧州連合)の存続が危ぶまれていたが、「親EU」のマクロン氏が当選したことで危機は遠のいたようだ。

     ルペン氏は、父親であるジャンマリ・ルペン氏(FN初代党首)の過去の政治活動の影響で、メディアから「極右」とレッテル貼りをされた。どうやらフランスの子供たちは、親の“罪”を背負う運命みたいだな。そんな特異な伝統が米国になくて良かったぜ!

     マクロン氏は、ナポレオン以来、最も若い指導者となった。ルペン氏は移民・難民に関する厳格な制度を掲げていたが、マクロン氏は強硬派ではない。国民の安全や生活を守るべき国家のトップが、移民・難民に寛容とは、いかがなものかと思うが、米国人の俺が口を挟むことではないよな。

     フランスは「最もリベラルな国」だ。世界中で移民・難民をめぐる問題が深刻化しているときに、同国のリベラリストたちは、国境を破壊したいのかもしれないな。

     一方、韓国では、極左の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏(64)が、保守系旧与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏(62)らを破って、第19代大統領に就任した。

     洪氏は、「核・ミサイル開発」を強行する金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮への強硬派だったが、文氏は穏健派で「対話が必要だ」と公言していた。文氏の両親は朝鮮戦争の最中に北朝鮮から逃げてきた避難民だという。文氏自身は「人権弁護士」でもある。

     俺は「民主党」「人権派」「弁護士」という組み合わせに、強烈な不安を感じるぜ。きっと、まともな日本人も同じ思いだろう。それぞれが別々なら大丈夫だろうが、3つが集まると心配だ。テキサス風に言えば「教会に行った売春婦」くらいに神経質になるぜ。

     多くの韓国人が、共通した言語や歴史を分かち合う北朝鮮に親しみを感じるのは分かる。だが、正恩氏の異常な言動を見て、善良な韓国国民は目を覚ますべきだぜ。

     文氏が「北朝鮮と対話をする」というのは、共産主義者のペテンのように聞こえる。そんなことをすれば、米国や日本による「北朝鮮の核・ミサイル放棄」の試みを台無しにしかねない。「共産主義者は信用できない」ということを、文氏は理解すべきだ。共産主義者は「行動」と「権力」しか理解しないぜ。

     親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。「北には『指導者』がいるが、南には、路上の暴徒が政治を行うことを許す『愚鈍ばかり』だ」という話を思い出したぜ。

     では、また会おう!

     ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。
    自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』(青林堂)、『日本は、世界の悪を撃退できる』(産経新聞出版)など。

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170512/dms1705121700015-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170512/dms1705121700015-n2.htm

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20170512/dms1705121700015-p1.jpgno title

    不安を感じる韓国の文大統領(ロイター)
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20170512/dms1705121700015-p2.jpgno title

    フランスのマクロン大統領も危うい?!(ロイター)

    【【痛快!テキサス親父】文在寅氏、共産主義者のペテンのようだゼ 善良な韓国国民は目を覚ますべきだ[5/12]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/08(月) 12:44:42.08 _USER
    20110323_1380532

    ハ~イ! みなさん。

     世界のホテル従業員が選ぶ「ベストツーリスト」(最高の旅行客)や、世界中をカバーしている大手旅行代理店が出しているアンケート結果で、 常に「好まれる旅行客」のトップは日本人だ。日本人が世界に与えている良い影響は、一度でも日本に行ったことがある人なら納得できるぜ。

     俺が初めて日本に行ったとき、街にゴミが落ちていないことに驚いた。そこで、「なぜ、ゴミ箱がないのに、日本の道路にはゴミが落ちていないんだ?」って聞いてみた。 実に、面白い答えが返ってきた。

     「日本では、小学校から授業が終わったら児童が掃除をするからです」っていうんだ。つまり、日本では「汚したら、片付けるのは自分」という教育をしているわけだ。 日本人が外国に行っても、他人に迷惑をかけず、誠実な対応をする理由が納得できたぜ。

     一方、世界で人気がないのは、フランス人や中国人のようだ。

     俺は中国には行ったことがないが、フランスには何度か行ったことがある。フランス人は、パリでもそれ以外でも、ゴミ箱にゴミを捨てない。「道路にポイ!」なんだぜ。
    おまけに街中を歩くときには、犬の糞(ふん)を除けながら歩かなければならない。そんな国の人々が海外に行けば、渡航先が同様の状況になるのは理解できるよな。

     さて、日本ではいよいよ大型連休(ゴールデンウイーク)らしいな。日本の友人によると、海外旅行に出かける人の渡航先の一番人気は「台湾」だという。台湾には「親日」というイメージがあるよな。

     これに対し、韓国への旅行者は2012年から減少傾向だと聞いたぜ。慰安婦問題などで、あれだけ一方的な「日本たたき」をしているうえ、 お隣の北朝鮮が「核実験」や「ICBM(大陸間弾道ミサイル)発射」を示唆しているから、当然といえば当然だ。俺が日本人なら絶対に行かない。 「1社で3000~4000人減少した」という旅行会社もあるそうだ。

     反対に、韓国からの日本への旅行客は3月で約48万8400人と、昨年の同時期に比べて30・6%も増加したそうだ。旅行会社によっては「8割増」だという。

    韓国は世界有数の「反日」国家で、歴代大統領が「日本たたき」をやってきたのに、なぜ、日本への旅行客が増加しているんだ? 
    円安の影響だけとは言えないよな。自らの国を「ヘル朝鮮」(地獄の朝鮮)と呼ぶ人々だけに、実は、日本に大きな憧れを抱いているのかもしれないぜ。

     親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。韓国人は日本を恨むことに力を注ぐのではなく、日本人が世界から好まれている理由をしっかり学んだ方がいいぜ。

     では、また会おう!

    http://www.sankei.com/world/news/170508/wor1705080019-n3.html
    http://www.sankei.com/world/news/170508/wor1705080019-n2.html
    http://www.sankei.com/world/news/170508/wor1705080019-n1.html

    【【テキサス親父】韓国は「地獄の朝鮮」と呼ぶ人々だけに、実は日本に大きな憧れを抱いているかもしれないぜ。】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2016/09/30(金) 18:30:42.76 _USER
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20160930/dms1609301140003-p1.jpgno title

    発言した藤岡信勝氏
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/images/20160930/dms1609301140003-p2.jpgno title

    ジュネーブの国連欧州本部

     ハ~イ! みなさん。

     スイス・ジュネーブの国連欧州本部で13日から30日まで、人権理事会が開かれている。俺の大切な友人であり、日本での講演会にもゲストスピーカーとして参加してくれた藤岡信勝氏(=拓殖大学客員教授)が、テキサス親父日本事務局のシュン(=藤木俊一事務局長)らとともに乗り込み、慰安婦問題について発言をしたんだ。

     事前に、俺のところに「英語の表現をチェックしてほしい」とスピーチ原稿が送られてきた。わずか2分間で、伝えたいことを盛り込まなければならないんだが、その内容が素晴らしいので、みなさんに紹介しようと思う。大きく6つの重要なことが書かれていた。

     (1)国連は慰安婦問題で、間違った情報を得ていた。

     (2)国連が1996年に出し、「慰安婦=性奴隷」との認識を決定づけたクマラスワミ報告書は、その間違った情報をもとに作られた。

     (3)クマラスワミ報告書に大きな影響を与えたのは、吉田清治氏が書いた『私の戦争犯罪』という本だが、著者も著者の息子も後日、本に書かれていることが嘘であることを認めている。

     (4)しかし、この「慰安婦=性奴隷」という間違った認識が、国連を通して世界に広がった。

     (5)米国やその他の国々に慰安婦像や碑が建てられ、日本人や日系人の子供がイジメられたり、差別されている。安倍晋三首相に「保護してほしい」という嘆願書が出されている。

     (6)国連は、日本に再度、特別報告者を派遣して、慰安婦問題の再調査をしてほしい。

     短い文章の中に理路整然と、これだけの内容が詰まっていたことには驚いたぜ。

     国連が一度出した報告書を撤回するとは思えないが、再調査をする責任はあると思うよな。そして、この報告書が出されるときに関わっていた、日本人や韓国・朝鮮人らからも聞き取り調査をすべきだと思うぜ。

     俺が確認した米国の公文書にも、「慰安婦は高給取りで、雇用されていた」「慰安所は一般の契約業者によって運営されていた」「素行が悪い慰安婦は解雇され、人気がある慰安婦は経営者が慰留した」「朝鮮人が経営する慰安所もあった」などと書いてあった。

     何より「性奴隷」が、大金が入った自分名義の貯金通帳を持っているって、おかしいよな? 奴隷がクビになったり、慰留されたりするか?

     親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。

     日本人は、悪いと感じていなくても、その場を丸く収めるために謝ることがある。だが、日本以外の国では「謝罪=罪を認めた」ことになる。日本の常識だけで外交をすると、慰安婦問題のような結果になるということを、学習する必要があると思うぜ。また会おう!

     ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』『素晴らしい国・日本に告ぐ』(ともに青林堂)など。

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160930/dms1609301140003-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160930/dms1609301140003-n2.htm

    【【KSM】痛快!テキサス親父、藤岡信勝氏が慰安婦問題について国連で重要な発言をしたぜ】の続きを読む

    『俺ってモテるじゃん!』と結婚した相手が、皆、朝○人。

     慰安婦問題を騒ぎ立てた日本人に共通するところ


    高木健一 妻は○鮮人
    植村隆 妻は朝○人
    戸塚悦郎 妻は朝鮮○

    他にもいるんだろうなぁ。また、事実を書いたらアカウント停止になるかな?
     

    高木健一は、福島瑞穂(当時弁護士)らとともに慰安婦問題を騒ぎ立てた立役者。


    戸塚悦郎は、単なる戦時売春婦を国連で「性奴隷」と言い変えて世界にとんでもない
    嘘が広まるきっかけを作った弁護士。


    植村隆は、朝日新聞の元記者で、女子挺身隊を慰安婦と混同させた張本人。


    だから○○○に関わるとろくなことが無いんです。


    13617487_1038757099543169_586487098_n

    13608199_1038757109543168_1120497589_n

    国民の声

    2


     

    このページのトップヘ