真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    ツイッター

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/02(土)09:00:45 ID:???
    DPtre1sVAAEQgiI
    2017/12/ 1 17:13

    河野太郎外相のツイッターが国外で大反響だ。
    政府が大阪への誘致を目指している2025年の国際博覧会(万博)について、アニメ「ポケットモンスター」のキャラクターと「ハローキティ」を「誘致キャラクター特使」に任命し、その様子をツイッターに公開したところ、「日本に行きたい」「かわいい」といった声が続出している。


    河野氏は日本語アカウントと英語アカウントの両方を持っているが、リツイート(拡散)や「いいね」は英語版の書き込みの方がひと桁違うほど多い。河野氏はこういった状況に、両キャラクターの「世界的な人気なんだろうな」と感心していた。



    日本語版のフォロワーは英語版の50倍以上なのに

    「キャラ特使」の就任式が17年11月28日に外務省で行われ、河野氏は就任要請書をピカチュウとハローキティに手渡した。両キャラは、国外での誘致プレゼンテーションや関連グッズに登場する見通しだ。就任式の様子は同日夜、写真つきで河野氏の日本語版ツイッターに投稿され、翌29日には英語版にも投稿された。

    河野氏の日本語アカウントは33万人以上のフォロワー(読者)がいるのに対して、英語版は6300人。フォロワー数だけでみれば日本語版は英語版に比べると50倍以上の影響力があるはずだが、この就任式の投稿に限れば全く逆だった。



    (以下略)

    j-cast/12月1日
    https://www.j-cast.com/2017/12/01315446.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【話題】ピカチュウ & キティちゃん特使が「すごいこと」に 河野大臣ツイッター英語版が記録的反響 [H29/12/2]】の続きを読む

    mig
    平戸市長室では朝日新聞の購読を辞めた。そして私はその報道姿勢を非難する立場をツイッターで表明している。
    これに対して「市長は公平公正であるべき」という声もあるが、誤報を垂れ流す広報媒体を排除することが公的立場にあると信じている。


    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/08(水) 16:13:37.15 _USER
    ◆茂木健一郎が桜井誠を擁護した?「ツイッター凍結に違和感」にパヨチンが総攻撃

    政治団体日本第一党代表・桜井誠氏のツイッターアカウントが7日未明に凍結された。
    凍結の具体的な理由はまだ本人には通知されておらず不明であるが、本人は11月の規約改定以降は「何れこうなる」と覚悟していたようで、さほど慌てた様子はない。

    twitter社によるアカウント凍結について|Doronpaの独り言

    ■ 桜井誠「みっともなく騒ぐつもりはない」

    桜井誠氏のアカウント凍結の理由について、ツイッター社からは「新規約に違反」で凍結された旨が本人に通知されただけで、具体的にどの投稿や行為が違反に該当するかは不明とのことだ。

    この措置に対し桜井誠氏は「パヨクしばき隊残党一味のようにみっともなく騒ぐつもりはありません」と前置きしたうえで、ツイッター社には「どの部分が違反するのかを問い合わせ中」としている。

    一方で桜井誠氏は「日本第一党が政権を握るに至れば、必ずこの件についてツイッター社に責任を取らせます。」と宣言している。

    ▼一部引用しました。全文はソースでご覧下さい

    http://ksl-live.com/wp-content/uploads/2017/11/unnamed-1024x576.pngno title

    http://ksl-live.com/blog11959

    2: KSM WORLD NEWS 2017/11/08(水) 16:14:36.10 _USER
    >>1の追記

    twitter社によるアカウント凍結について|Doronpaの独り言
    https://ameblo.jp/doronpa01/entry-12326251612.html

    【【日本第一党】桜井誠さんのツイッターアカウントが凍結…「パヨクしばき隊界隈のようにみっともなく騒ぐつもりはありません」[11/08] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/08(水) 18:54:31.34 _USER
    unnamed-1024x576

     桜井氏は「本日(7日)ツイッターアカウントが凍結になりました。新しい規約に違反したようですが、今のところ原因不明です。現在ツイッター社に問い合わせて原因解明を急いでいます。フォロワーの皆さまにご迷惑をかけたことをおわび申し上げます」と公表した。

     桜井氏と対立していた左派団体の関係者らは「桜井誠、ついに凍結!」「やっとこさ凍結、遅すぎた」などとツイートした。

     ツイッター社に関しては、対レイシスト行動集団を主宰する野間易通氏が3月、「琉球新報、沖縄タイムスを正す会」代表運営委員、我那覇真子さん(27)を中傷したとして、アカウントを凍結された。

     野間氏に近い左派団体は9月、「ツイッター社はヘイトが横行するツイートを規制すべき」として、ツイッター日本支社前で抗議活動をした。

     神奈川新聞は8日、連載「時代の正体」の中で、桜井氏のツイッターアカウント凍結を取り上げ、ツイッターの凍結を歓迎する声を紹介し、「ツイッターでのヘイト投稿が野放しになっていた」などと報じている。

     脳科学者の茂木健一郎氏は自らの公式ブログでこの件に言及。「桜井氏の主張には同意しかねる」としながらも、「違和感を抱く」とした。

     その理由として「桜井さんは、ご自身のアイデンティティを明かして、そのご発言が伴う利益、不利益をご自身が受けることをよしとされてきたからで、その点において、凍結のような処置をとるのは抑制的であるべきだと私は考える。なぜならば、そのご発言に対して、さまざまなフィードバック、反論が可能だからである」などとして、今回の凍結措置に疑問を呈している。

    2017.11.8 16:26
    http://www.sankei.com/smp/life/news/171108/lif1711080029-s1.html

    【【日本第一党党首】【日本第一党党首】桜井誠氏のツイッターアカウントが凍結 脳科学者の茂木健一郎氏は「抑制的であるべき」  脳科学者の茂木健一郎氏は「抑制的であるべき」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/03(金)19:05:13 ID:???
    takasuarita-7



    有田芳生 @aritayoshifu
    東京新聞の取材を受ける前、ある国民的ミュージシャンから相談を受けました。ここ数年にわたりネット上、とくにツイッターで「国賊」「非国民」といった根拠なき攻撃が続いています。音楽団体としてもツイッター社に適切な対応を求めるそうです。この国は寛容が消えていく危険水域にあります。
    https://twitter.com/aritayoshifu/status/926253495182856192/photo/1
    http://mobile.twitter.com/aritayoshifu/status/926253495182856192





    有田芳生?認証済みアカウント @aritayoshifu

    「いまこそ人種差別撤廃基本法の実現を」Part6が終りました。
    今日にも自由権規約委員会から日本政府に対しての質問リストが
    採択されます。
    さらに11月14日には国連「普遍的定期審査」手続きによる
    日本の人権状況審査が行われます。
    日本ではネット上のヘイトスピーチや脅迫問題は深刻です。
    午後5:28 ・ 2017年11月2日
    https://twitter.com/aritayoshifu/status/926003182018236416


    有田芳生?認証済みアカウント @aritayoshifu

    あるミュージシャンに対する執拗で陰湿なネット攻撃の内容を聞き、
    現代日本は「新たなるレッド・パージの時代」だと思った。
    政治に関係のない芸術家に対しても「非国民」「国賊」といった
    戦前的レッテルを貼ることが、猖獗を極めているからだ。
    安倍「逆コース」政治と連動した思想状況だ。
    0:47 - 2017年11月3日
    https://twitter.com/aritayoshifu/status/926355183042359296
    ※KSM 何がレッドパージだ?日本人をなめ腐って好き放題やってきたことへのブーメランだろ。ごちゃごちゃ言わずに消滅しなさい。 【【炙り出される反日パヨク】有田芳生「ネット上、とくにツイッターで「国賊」「非国民」と戦前的レッテルを貼る攻撃が続いています…。】の続きを読む

    このページのトップヘ