真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    ジャーナリスト

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/12(金) 13:30:35.37 _USER9
    【週刊新潮の記事について】
    no title

    今週号の週刊新潮に私に関する記事が掲載された事について、まずは平素よりたくさんのご支援ご指導をいただいているフェイスブック上の知人の皆様に、
    私の見解と対処方針をしっかりお伝えしたいと考えています。事柄の性質上、ジャーナリストとしての活動とは離れた個人的な内容が多くなりますので、
    ご興味の無い方はスキップして下さい。

    ??最初に下記3点を明確にします
    ・私は法に触れる事は一切していない。
    ・当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている。
    ・この過程において、私は逮捕も起訴もされていない。
    (今回に限らず、私は今まで一度も逮捕や起訴をされたことはありません)

    繰り返しますが、私は一切法に触れることをしておりません。もし記事中にあるように、
    私が「デートレイプドラッグ」なる薬物を使用したり、盗撮したり、レイプしたのであれば、
    日本の優秀な捜査機関や司法機関が見落とすはずはありません。

    私はパソコン、タブレット、携帯端末を含むあらゆる証拠となるものを当局に提供し、
    全面的に調査に協力した結果、犯罪行為がなかったという結論が最終的に出ているわけです。
    もし、身に覚えがない被害届を出されたとしたら、全ての人物は私と同じ対応をするしかなかったと思います。

    犯罪行為がなかったという最終的な結論が一年ほど前に出た後も、
    当該人物側がこの話をスキャンダルとして各種メディアに売り込もうとしていたことは察知していました。

    しかし私としてはやましいことは一切ないので、
    本を出版したりテレビに出演したりしてジャーナリストとしての活動を続けてきました。
    私が会社を辞め、言論活動を本格的に開始した後に、今回の記事が出たのはなぜなのか、理解に苦しんでいます。
    いずれにいたしましても、今回の記事は私の社会生活に深刻なダメージを与えるものですので、
    法的措置を含め断固たる対応を検討していきます。

    ??逮捕状について
    記事では何か政治的な力が働いて逮捕状が握りつぶされたかのような内容になっていますが、
    逮捕状について私が誰かに何かを頼む事そのものが全く不可能であった事は火を見るより明らかですので、時系列でご説明させて下さい。

    (なお記事中では逮捕状が出ていたと断定して書かれていますが、私はそれが事実かどうか現在でも知るすべがありません。
    当局の方には逮捕状を示されたことも、逮捕状について言及されたこともありません。全ての調査は任意で行われました。)

    私は、TBSワシントン支局長を務めていた2015年3月、週刊文春に「ベトナム戦争当時の韓国軍慰安所」に関する寄稿をしました。
    これについて4月下旬に会社から処分を受け、ワシントン支局長を解任され営業局へと異動するよう命じられました。
    週刊新潮の記事中にある「6月8日の山口の成田空港への帰国」とは、私が異動先の営業局での勤務を開始するために帰国した日の事を指しています。
    記事では私の成田到着直前に、逮捕状が握りつぶされたと書かれています。

    しかし、この帰国の際、当たり前ですが、私は自分が当局の調査の対象になっている事は全く知らず、ごく普通に成田空港に到着し、
    出迎えに来てくれていた会社の元上司と都心に向かったのを覚えています。

    その後、6月中旬だったと思いますが、警視庁の方が私の家においでになり、そこで初めて被害届が出されている事を知りました。
    来訪された2名の警視庁の方は大変丁寧で、任意の調査に協力してほしいと言われました。やましい事は一切なかった私は、
    全面的に応じる旨お伝えして全ての調査がスタートしたのです。

    要するに、6月8日の帰国段階で私は、当該案件について逮捕状はおろか、被害届が出されている事も内偵調査が行われている事も全く知りませんでした。
    出ているかどうか知りもしない逮捕状を握りつぶすために何かアクションを起こす事は誰にもできません。
    ??今回の渡米について、
     今回私は5月1日の北米でのフォーラムを皮切りに海外取材を続けています。北朝鮮情勢についてアメリカなど各国の対応を取材するほか、
    日米関係について専門家や外交担当者に面会して所見をうかがっています。
    その最中の5月6日未明、週刊新潮の記者の方から携帯電話とメールに連絡があり、質問状をいただきました。
    これにより初めて週刊新潮さんが私の記事を掲載予定だと知りました。ですから、週刊新潮に都合が悪い記事が出るから海外に逃げたなどという指摘は、全く事実と異なります。

    続きはソース元で
    https://www.facebook.com/noriyuki.yamaguchi/posts/1338167202929230

    【【疑惑】ジャーナリスト山口敬之氏が完全否定声明「私は今まで一度も逮捕や起訴をされたことはありません」「法的措置を含め検討」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/27(月) 12:48:14.40 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    234

    有本 香 Kaori Arimoto@arimoto_kaori
    森友問題にはあまり深入りしていなかったが、ここ数日で数人のプロ筋含む情報提供があり全容が読み解けた。
    この件において「忖度」はキーワードでないこと、籠池さんはご本人の過去の言動に問題はあるものの、全体の構図としては二重三重に嵌められた被害者だということがわかった。
    https://twitter.com/arimoto_kaori/status/845994221823655936



    須田慎一郎が不動産鑑定士、建設関係者などから聞いた現地調査の結果
    https://youtu.be/_2db7EpWVvo?t=779



    ①そもそも最初の9億円の設定が高すぎる
    北にある住宅地と同じ坪単価で単純計算してしまった
    そもそもあの土地は
    (1)空港の騒音
    (2)飛行ルートによる高さ制限
    (3)広い土地と狭い土地の算定基準の違い
    の理由でもっと安くなる土地。

    ②なぜ高く設定してしまったのか
    (1)そこだけ安くすると周辺地域の公示価格も安くなってしまう。
    (2)それによる固定資産税も安くなる
    の理由による。

    ③適正価格に戻すための方便が「ゴミ処理費用」
    ゴミ撤去費用という名目で7m×敷地面積で計算した。
    つまり本当にゴミがあるかどうかは関係なく、あくまで隣の豊中市の公園のディスカウント価格2200万円に近づけるためにゴミ処理という名目を利用した。
    それでも森友の土地は公園に比べたら高いが、財務省は痛くもかゆくもない。
    籠池の懐が痛むだけなのでいくらでも良かった。
    その価格を決めたのが例の9/4の近財、航空局、設計者、建設業者の4者会談

    ④国会の体たらく
    野党はただの素人集団。専門家の話も聞かなければ現地調査もしない

    ⑤結論
    その土地に詳しい人間が籠池を利用して国有地ころがしで金儲けしようとしただけ
    籠池もある意味被害者で、政治家、アキエ夫人の忖度など入る余地なんかない。

    【森友学園への国有地払い下げ、真相にたどり着くジャーナリストが出始める 黒幕はやはり「アレ」か 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/18(土) 11:03:38.76 _USER9
    234 (2)

    「安倍さん、さっき言ってたけど、“証人喚問になってよかったよ“と。ここまで来たら公明正大に、お互い正直に言うからと。 (19日からの訪欧で)非常に難しい交渉があるから、頭の中はそれでいっぱいで、あんまり興味がないようだった。籠池さんとは全く面識がないので、よく知らなかったらしい」。

    17日夜、元TBSワシントン支局長で、昨年出版した『総理』がベストセラーになった山口敬之氏が『AbemaPrime』に出演、直前に森友学園問題について安倍総理と電話で話した内容を明らかにした。

    「“安倍総理からです“と昭恵夫人から100万円をもらった」。

    きのう、森友学園の籠池理事長が明かしたこの爆弾発言。
    午後の衆院外務委員会で安倍総理は「一方的に名前が出され、私は大変当惑をいたしております。私自身、かねてから国会で答弁をしている通り、 籠池氏とはですね、一対一などでお目にかかったことはなく、これは、何回も答弁をしている通りでありまして、個人的な関係はないわけでございます。 そうした方に、これだけ価格の寄付を私自身が行うということは、これ、あり得ない話でございまして。また妻や事務所など、第三者を通じても行ってはおりません」と反論した。

    山口氏は「普通の口利きや贈収賄事件は、政治家がお金を取るもの。今回のように、“もらった“という人が安倍さんを貶めようとしているのは珍しい構造だ。 もし寄付したとしても選挙区外であれば構わないし、“あげました“と言えば済む話。 土地取引に介入したとしたら総理も議員も辞めると言ったが、寄付については言及していない。 それに、なんで籠池さんがこのタイミングで言うのかもピンとこない。不思議な事案だ」と首をかしげる。

    「安倍さんという人は、大盤振る舞いはせず、基本的には“割り勘“の人。一緒に食事に行ってもゴルフに行っても完全に割り勘だし、ポンとお金を出す人ではない。特に総理になってからはそういうことはされていないはず。

    昭恵さんも総理夫人になってからはポケットマネーを出すことには慎重。海外で学校を建てる時も、少しずつみんなで浄財あつめよう、とか」と証言。

    籠池さんは、安倍さんの許可なく寄付金を集めたり学校を建設していたようだ。推測でしかないが、籠池さんがもしウソをついていると仮定したら、“安倍さんから寄付金もらったんだ“という話は、他での寄付金集めや行政への働きかけの際にメリットがある」と指摘した。

    同じく今日の衆院外務委員会で民進党の福島伸享議員は「先ほどYahoo!ニュースで、最近話題が沸騰している著述家の菅野さんという人が、物証の現物を入手したという報道が流れています。 

    昭恵さんが講演した2日後に、淀川新北の郵便局から100万円を学校法人森友学園に振り込んでいて、その森友学園の入金元のところは修正液で消されていて、そこには“安倍晋三“って書かれてるっていうのが載ってるんですよ」と畳み掛けた。

    >>2へ続く
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010024-abema-pol

    【【森友学園】「安倍総理は証人喚問になってよかったよと言った」「100万円は森友学園内の処理だったのでは」ジャーナリスト山口氏が激白 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/10(金) 15:55:58.19 BE:193095619-2BP(1500)
    no title
    no title

    安田浩一 ?@yasudakoichi
    「NO HATE TV」観てくださったみなさま、ありがとうございます。ニュース女子検証放送、まだまだ続きます。
    「高江はいま」と銘打っておきながら高江に足を運びもしない番組とは違い、我々はとことん「現場」と
    「当事者」にこだわります。
    https://twitter.com/yasudakoichi/status/829343137294229504


    CatNA ?@CatNewsAgency
    独身女性の自宅まで押しかけたそうですね。取材というより脅迫ですね。どれだけ怖い思いをするか。 相手は在特会ではないのですよ。いい加減にしなさい。
    https://twitter.com/CatNewsAgency/status/829345044029009921


    安田浩一 ?@yasudakoichi
    もちろん、無関係なご家族の姿を露出させない、住所を絶対に明かさない、といった取材者としての 最低限のモラルは今後も守っていきます。
    https://twitter.com/yasudakoichi/status/829349286399709184


    以下略ちゃん ?@ikaryakuchan
    安田浩一さんは我那覇さんの住所を明かさないかもしれません。
    しかし、同行者のしばき隊隊長の野間氏は、なんでもありの人ですから、その約束はまったく無意味ですね。

    https://twitter.com/ikaryakuchan/status/829675781848649728

    以下略ちゃん? ?@ikaryakuchan
    ていうか、
    すでに安田浩一さんは、しばき隊に、我那覇さんの自宅を教えたということじゃないですか?
    https://twitter.com/ikaryakuchan/status/829679885304033280


    野間易通 @kdxn
    帯同っつーか撮影してるのが私ですが。
    https://twitter.com/kdxn/status/829545019803529217


    【動画】
    20170208「NO HATE TV 第9回 ニュース女子 検証第3弾?沖縄裏取り旅行の巻~」安田浩一×野間易通
    https://youtu.be/CzFsNWzFu6g?t=54m2s


    【しばき隊の安田浩一と野間易通がストーカー行為 沖縄で我那覇真子さんの住宅周辺を無連絡で徘徊】の続きを読む

    no title

    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/30(水) 21:42:14.29 _USER9
     著書「ユニクロ帝国の光と影」でユニクロから訴えられたジャーナリスト・横田増生氏が、名字を変えて昨年からユニクロでアルバイトをする潜入取材を行い、12月1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にレポート記事を掲載することが分かりました。文藝春秋の告知を受け、ネットでは「ガチや」「これはすごい」とその取材姿勢が話題になっています。

     週刊文春Webの記事によると、同著におけるユニクロの長時間労働についての記述が名誉毀損に当たるとして、2011年にユニクロは版元の文藝春秋に2億2000万円の損害賠償を求めて提訴しましたが、最高裁まですべて敗訴。判決確定後に横田氏はユニクロの決算会見へ参加を希望しましたが、氏による別の記事を理由に取材を拒否されていました。

     またユニクロを運営するファーストリテイリングの柳井正社長は、ブラック企業批判について「悪口を言っているのは僕と会ったことがない人がほとんど。会社見学をしてもらって、あるいは社員やアルバイトとしてうちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたいですね」(「プレジデント」2015年3月2日号)と語っていたそうです。

     そこで横田氏は、法律にのっとり名字を変えて昨年10月からユニクロでアルバイトを始め、現在も新宿の超大型店「ビックロ」で勤務しているとのこと。1年にわたる潜入取材のレポート記事を「週刊文春」に掲載します。3店舗、総計800時間を超える勤務から「社員たちのサービス残業や人手不足、創業感謝祭(11月23~29日)の過酷な勤務の実態が浮かび上がる」と文藝春秋は告知しています。

     「ぜひ体験してもらいたい」というユニクロ側からの発言を受け、本当に勤務、しかも改名までしたその取材姿勢に、Twitterでは「執念やな」「これは凄い」など驚きの声があがっています。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000092-it_nlab-life



    【【KSM】週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイト】の続きを読む

    このページのトップヘ