1: KSM WORLD NEWS 2017/02/06(月)17:49:23 ID:???
強風、助走路整備に懸念=平昌五輪のジャンプ台

pyeongchang120530-main


 【平昌(韓国)時事】来年2月開催の平昌冬季五輪で使われるスキージャンプの会場で、
ノルディックスキー複合のワールドカップ(W杯)が1年前のテスト大会として開催されている。

(略)

 だが、助走路の一部に左右にゆがんでいる部分があるという。加藤大平(サッポロク)は
「気にして、いいジャンプができなかった。(左右に)振られるというか」と苦笑いし、
渡部暁斗(北野建設)も「(ゆがみは)少しではない」と指摘。W杯ではあまり見られない
整備状態のジャンプ台の改善に向け、全日本スキー連盟の関係者は国際スキー連盟の会議で
問題提起する可能性を示した。

gRnTgnw7q4o-02

 さらに、標高800メートル以上の高地にある会場の近くには風力発電の施設が並ぶほど風が強い。

続き 時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020400434&g=spo



【【平昌五輪】 強風、助走路整備に懸念=平昌五輪のジャンプ台 [H29/2/6]】の続きを読む