真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    やまと新聞

    maxresdefault

    やまと新聞・元衆議院議員 田沼隆志「日本の名誉を守る為に杉田水脈議員らと行って解った国連の真実。国連は素人、無責任組織。」(慰安婦問題)


    『慰安婦問題で日本の名誉を守ろうとする立場の、個人・諸団体の連絡組織とし平成25年(2013年)7月に結成』された国民運動は、これまでも世界における慰安婦問題の誤解を解くべく活動してきました。私も衆議院議員現職時代に若干ご縁を頂いていました。

    この「国民運動」は、たびたび国連等に訪問団を派遣し、日本のNGOとしては唯一の保守側として、国際社会で発信活動をしてきました。杉田水脈さんも私とともに平成26年に落選したあと、この国民運動に参加し、成果をあげてきたのは、先述の通りです。

    (中略)

    時間も結構ルーズ。NGOスピーチも、私は今回無事に、予定日にできましたが、時にはフタを開いたら時間が超過したので急きょ翌日に回されてしまうこともあるそうです。滞在日程の関係でその結果スピーチできないNGOもあったりするそうです。

    国連職員も熱心に仕事をするという感じではなく、定められたことを淡々とこなしている雰囲気。入館スタッフも、偉そうな割に仕事はダラダラしており、どんなに混んでいて長蛇の列となっていても、全然気にしない。しかもこれを批判することはできず待つしかない…まあそう感じるのは、日本人の接客サービスの水準が、ハイレベル過ぎるからかもしれませんが。

    (中略)

    こういった組織としての問題が、様々あるわけですが、その中でも特に象徴的なのが「特別報告者」制度です。実はこの制度がひどいため、慰安婦問題もここまで大きな名誉毀損の問題となってしまったのです…

    (全文はやまと新聞で)
    https://www.yamatopress.com/contribution/29446/

    【やまと新聞・元衆議院議員 田沼隆志「日本の名誉を守る為に杉田水脈議員らと行って解った国連の真実。国連は素人、無責任組織。」(慰安婦問題)】の続きを読む



     【KSM】JR東日本神田駅「にっころ(日本の心を大切にする党)には切符をやれない」事件。やまと新聞が社員名まで特定

    【無料公開】JR神田駅みどりの窓口職員「にっころには売れない」発言疑惑について やまと新聞 水間政憲「国益最前線レポート」#69前編《7/8公開》
    http://www.nicovideo.jp/watch/1467978869
    番組内容(状況により予告なく番組内容が変更になる場合があります)
    ・JR神田駅みどりの窓口職員「にっころには売れない」発言疑惑について

    ■日韓歴史戦ポストカードの予約申込み方法

    ●1セット(30枚)2200円(送料込み)から予約を受け付けております。

    ●尚;3セット(6600円)を予約申込み頂いた皆様方には、4セット発送する事になっています。

    ■振込先

    【ゆうちょ銀行】

    受取人口座番号:
    記号「10090」
    番号「61807841」
    ◆受取人なまえ「ユウゲンカイシャ オフィスゾン」

    ●ゆうちょ銀行以外【三菱東京UFJ銀行】

    ◆有限会社オフィス存(ユウゲンカイシャオフィスゾン)

    【阿佐ヶ谷支店】店番156

    ◆普通;口座番号1129256

    ◆必須【住所・氏名の通知は下記に必ずお願い致します】

    ◆【はがき】〒166-0001

    ※東京都杉並区阿佐ヶ谷北5-4-20 オフィスZON(存)

    ◆【ファックス】FAX番号:03-3339-7447(※午前中か午後7時以降)

    ジャーナリスト水間政憲が、鮮度抜群!水間政憲国益最前線の情報をレポート。

    他のメディアに出していないとっておきの情報も出していきます。 

    やまと新聞公式チャンネルを「お気に入り」登録していただくと、動画や生放送の新着お知らせが届くので、より早くニュース動画や情報戦のツールを入手できて便利です。

    この番組の中で解説される、証拠資料を元にした事実が日本国民に広く伝われば、日本政府に対し「真の歴史修正主義者」である中国共産党、韓国政府に毅然とした対応を求める世論を作り出せると確信しています。 



    「明るい日本を実現するプロジェクト」詳細は、下記URLの記事をご参照ください。

    「明るい日本を実現するプロジェクト」代表・水間政憲から全国・全世界で日本の名誉のために戦う同志の皆様へ−やまと新聞
    http://www.yamatopress.com/c/38/186/11793/

    このページのトップヘ