真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    にっころ

    13592170_1054983167900794_7153941740320532288_n

    素晴らしい売国議員です。こんな人に国民の税金で給料を払う意味は全くない。

    • 2011年5月18日参議院本会議において、参議院憲法審査会規則の採決を棄権し、参議院民主党執行部から口頭で注意された。棄権の理由は「ノーコメントだ」とした。
    • 2013年3月14日、参議院議員会館東京永田町)開催の「排外・人種侮蔑デモに抗議する国会集会」を呼びかけた。
    • 2013年4月25日、「『高校無償化』制度の朝鮮学校への即時適用と補助金復活を求める院内集会」に出席した。
    • 2014年4月21日第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認に反対するオバマ米大統領宛ての文書を在日アメリカ大使館に提出した。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%9F%8E%E9%83%81

      「日本の心を大切にする党」が様々な嫌がらせにあっているという。真の愛国保守の政党であるこの党をつぶしにかかる反日組織があるのだろう。
      中山なりあき氏、西村慎吾氏の二人は何としても国政に送り込みたい!



      KSMより 

      img_0

      労働組合の諸君へ

      志がないものは、志のない候補に投票する。私は民主党支持の組合の執行委員をやっていた。本当にあなたのことを考えてくれるとでも思っているのか?選挙の時だけ票欲しさに頭を下げる。

      そんなバカバカしいことをやっているのは自分の人生を捨てているようなものだ。だから、俺は組合を脱退した全く未練はない。

      本当に日本のことを考えている人に託すのが選挙だ。残念ながら民主党には一人もいなかった。そんな政党の片棒を担いで何になる。
       



     【KSM】JR東日本神田駅「にっころ(日本の心を大切にする党)には切符をやれない」事件。やまと新聞が社員名まで特定

    【無料公開】JR神田駅みどりの窓口職員「にっころには売れない」発言疑惑について やまと新聞 水間政憲「国益最前線レポート」#69前編《7/8公開》
    http://www.nicovideo.jp/watch/1467978869
    番組内容(状況により予告なく番組内容が変更になる場合があります)
    ・JR神田駅みどりの窓口職員「にっころには売れない」発言疑惑について

    ■日韓歴史戦ポストカードの予約申込み方法

    ●1セット(30枚)2200円(送料込み)から予約を受け付けております。

    ●尚;3セット(6600円)を予約申込み頂いた皆様方には、4セット発送する事になっています。

    ■振込先

    【ゆうちょ銀行】

    受取人口座番号:
    記号「10090」
    番号「61807841」
    ◆受取人なまえ「ユウゲンカイシャ オフィスゾン」

    ●ゆうちょ銀行以外【三菱東京UFJ銀行】

    ◆有限会社オフィス存(ユウゲンカイシャオフィスゾン)

    【阿佐ヶ谷支店】店番156

    ◆普通;口座番号1129256

    ◆必須【住所・氏名の通知は下記に必ずお願い致します】

    ◆【はがき】〒166-0001

    ※東京都杉並区阿佐ヶ谷北5-4-20 オフィスZON(存)

    ◆【ファックス】FAX番号:03-3339-7447(※午前中か午後7時以降)

    ジャーナリスト水間政憲が、鮮度抜群!水間政憲国益最前線の情報をレポート。

    他のメディアに出していないとっておきの情報も出していきます。 

    やまと新聞公式チャンネルを「お気に入り」登録していただくと、動画や生放送の新着お知らせが届くので、より早くニュース動画や情報戦のツールを入手できて便利です。

    この番組の中で解説される、証拠資料を元にした事実が日本国民に広く伝われば、日本政府に対し「真の歴史修正主義者」である中国共産党、韓国政府に毅然とした対応を求める世論を作り出せると確信しています。 



    「明るい日本を実現するプロジェクト」詳細は、下記URLの記事をご参照ください。

    「明るい日本を実現するプロジェクト」代表・水間政憲から全国・全世界で日本の名誉のために戦う同志の皆様へ−やまと新聞
    http://www.yamatopress.com/c/38/186/11793/

    このページのトップヘ