真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    しばき隊

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/14(金) 07:40:26.54 _USER
    1
    石橋学@ishibs_kanagawa
    差別主義者によるデモが許可されました。16日午前、中原区で。実質、在日コリアンの
    抹殺をうたって繰り返されてきた「日本浄化デモ」の第4弾。許されません。
    〈時代の正体〉差別主義者のデモを許可 16日午前に中原区で実行へ
    http://www.kanaloco.jp/article/263986 #神奈川新聞
    https://twitter.com/ishibs_kanagawa/status/885130689804292097

    有田芳生@aritayoshifu
    ならば最大限かつ全面的に断固として抗議しようではありませんか。「ひとりから」。昨年以上の結集で。
    https://twitter.com/aritayoshifu/status/885136441189187585

    有田芳生さんがリツイート
    C.R.A.C.K.@crac_kawasaki
    [HATE ALERT] 7月16日(日)午前◇川崎市中原区「中原平和公園」周辺 #0716川崎ヘイトデモを許すな

    時刻いまいち不明瞭ながら、がっつりカウンターいきたいと思います。ぜひ、ご参集ください!
    https://tmblr.co/ZUEXIq2NlVWh0
    https://twitter.com/crac_kawasaki/status/885428917913374720

    【【話題】川崎市が右派のデモを許可 有田芳生が大規模抗議と結集を呼び掛け しばき隊「がっつりいきます」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/05(水) 11:57:56.28 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
    先日の秋葉原選挙妨害事件。しばき隊に交じって「安倍やめろ」と叫んでいたのは、政治学者の白井聡ですね。
    赤旗に登場して共産党待望論を主著するような左翼で、百田氏バッシングで悪名高い一橋大学大学院社会学研究科出身

    — CatNA (@CatNewsAgency) 2017年7月5日

    http://i2.wp.com/anonymous-post.com/wp-content/uploads/2017/07/g4180.pngno title



    秋葉原選挙妨害事件。しばき隊に交じって「安倍やめろ」を絶叫する京都精華大学専任講師・白井聡。 共産党は組織的動員を否定しているが、白井は赤旗で共産党待望論を主張するようなシンパ。

    — CatNA (@CatNewsAgency) 2017年7月5日

    のりこえねっとで野間が秋葉原での選挙妨害を弁解。「在特会が先にやった」という論理。
    妨害された共産党候補は「卑劣な集団には負けない」と、安倍総理と同じようなことを演説している。 自民は在特会と共闘してないが、しばき隊と共産党は共闘関係。

    — CatNA (@CatNewsAgency) 2017年7月5日

    在特会の選挙妨害も、しばき隊の選挙妨害もダメに決まっている。
    自民党は在特会と全く協力するようなことはないが、しばき隊と共産党は共闘関係。
    国会前デモも一緒にやってきた。しばき隊の選挙妨害にはメディアまで加担している。
    どちらの方が悪質か、明白ですね。

    — CatNA (@CatNewsAgency) 2017年7月5日





    【秋葉原選挙妨害事件】しばき隊に交じって「安倍やめろ」と叫んでいたのは京都精華大学専任講師・白井聡 
    赤旗で共産党待望論を主張するバリバリの共産党シンパ~ネットの反応
    http://anonymous-post.com/archives/8981

    【秋葉原でしばき隊に交じって「安倍やめろ」と叫んでいたのは京都精華大学専任講師・白井聡】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/04(日) 18:28:07.81 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    dca995ba-s


    ae783787-s

    a06e3d58-s


    C.R.A.C. @cracjp 有田芳生さんがリツイート
    そのホラ、誰に聞いたんや。

    小池 桟 @audrey_biralo 有田芳生さんがリツイート
    「介入したとも聞いている」と伝聞になっていますが、それは確証のあることなのですか?
    介入した特定の議員とは誰ですか? 確証のない噂やデマの流布であれば、国会議員として 責任重大だと思いますが。

    梁英聖 @rysyrys 有田芳生さんがリツイート
    一橋では百田尚樹講演会反対やKODAIRA祭での差別防止措置要求運動が多用な形で展開され
    ましたが、それらに「特定の議員が介入」した事実はありません。それに講演会中止は KODAIRA祭実行委員会が自主的に決定したもの。いったい何を指して「議会人による権力の濫用」 と言うのですか?

    のもっちゃん @papanon72 有田芳生さんがリツイート
    警備費用がかさむという他者の投稿を引用し、議員の介入もあったらしいと書いていますが、
    それは裏付けのあることですか? 私見として賛成でも反対でもかまいませんが、国会議員が曖昧なことを言うのは学祭に迷惑をかけるだけですよ。

    清義明 @masterlow 有田芳生さんがリツイート
    表現の自由とか言論の自由というのは、対抗言論も含むという話さえ理解してない連中のデマ鵜呑みにして議員まで騒ぐのホントあほらしい

    21610197-s

    有田芳生 @aritayoshifu
    ヘイトスピーチはいけない、根絶しなければならない。そう主張することに対し、言論・表現の
    自由だと言い募る議員がいる。時計の針がとまったままの時代遅れですなぁ。


    【関連スレ】
    一橋大学祭の百田講演会中止の件で民進党の原口一博代議士が有田ヨシフ先生に激怒。「言論に対する冒涜」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1496559998/

    【百田講演会中止の件での原口一博代議士「言論に対する冒涜」発言にしばき隊と有田ヨシフ先生が激しく反応 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/02(金) 14:27:32.63 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典



    【しばき隊界隈「奇妙な果実にしちまおう #安倍を吊るせ」⇒ 削除・謝罪 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/19(金)18:14:05
    333
    消しても問題がある内容は消えないんだよな~消すと増えるのにwww


    男組メンバーの高橋直輝(添田充啓)の解放から一か月が経とうとしています。
    6ヶ月以上にわたる不当な拘束に耐え続けた高橋の解放に向けた関係者の皆様のご尽力、そして全国各地で沖縄・高江の戦いに注視、支援を続けて下さった皆様の支援に対し、男組一同、心より感謝致します。現在、高橋の闘いは法廷へと移り、その体調回復と生活再建も整いつつあることから、休止状態であった男組は、本日正式に解散します。

    さて――
    2013年の結成以来、ネットから街頭にあふれ出て来た在特会を始めとした日本のレイシストに対峙し、非暴力超圧力の「旗」を掲げ、直接抗議行動をすることによって、我々はリアルな存在であり続けようとした。だからこそ2016年の再結成後、我々の差別反対の直接行動が、沖縄の歴史的・構造的な差別へ立ち向かうことは必然だった。そこで我々は基地問題を通して、国家というリアルと対峙した。

    しかし今回、高橋直輝をはじめとする男組メンバーが、沖縄・高江のヘリパット建設反対運動において山城博治・沖縄平和運動センター議長らと共に、全く身に覚えのない、「微罪」による逮捕で、不当な長期拘留を受けたことは、これが共謀罪の予行演習であり、戦前の治安維持法における「予防拘禁」であり、人権を無視した、非人道的な行為だと、すでに少なくない人々が指摘している。

    今、<テロ等組織犯罪準備罪法案>の名の下で、行動の自由と信条の自由に対する危機が日本を覆っている。我々が直面している時代のムードは、行動する人々の目を隠し、耳と口を塞ぎ、さらに手足を縛りつけようとしているのだ。これはもちろん行動する人々――我々だけの問題ではない。

    (中略)

    我々は解散するが、タフであることが求められる時代に、一人ひとりになっても、時代のムードに抗うリアルな存在であり続けるだろう。5年に渡る共闘に感謝する。友よ、また路上で会おう。

    男組一同
    2017年5月19日

    http://menfolk.jp/

    【【反社会】しばき隊(男組)がツイッターの投稿全削除して全力で逃亡!「友よ、また路上で会おう。」←ホーリーランドのパクリ??】の続きを読む

    このページのトップヘ