真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    ISIS

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:17:10.47 _USER9
    img_871c30505aff25bdba25bceda9427fbb148624

    フィリピンのドゥテルテ大統領は、南部ミンダナオ島で続く戦闘で軍が現地のイスラム過激派組織の最高幹部らを殺害したことを受けて17日演説を行い、「街をテロリストから解放した」と述べて武装勢力の掃討がほぼ完了したという考えを強調しました。

    ダウンロード (1)


    フィリピン南部ミンダナオ島の都市マラウィでは、政府軍と過激派組織IS=イスラミックステートを支持する地元のイスラム武装勢力との間で戦闘が続いていて、16日、軍が、現地のイスラム過激派組織の1つ、「アブサヤフ」の最高幹部らを殺害し、掃討作戦は最終段階に入っています。

    ダウンロード


    こうした状況を受けて、フィリピンのドゥテルテ大統領は17日、マラウィで軍の兵士らを前に演説し、「マラウィをテロリストから解放した」と述べ、武装勢力の掃討がほぼ完了したという考えを強調しました。

    25

    ただ、マラウィの市街地の一角で武装勢力側30人ほどが地元の住民を人質にとって抵抗を続けていて、軍は、完全な制圧に向けて引き続き掃討作戦を進めることにしています。

    AS20170613004304_comm

    フィリピンのミンダナオ島では、今回のイスラム武装勢力のほかにもISに忠誠を誓う複数の勢力が存在していて、依然、大きな課題として残っています。

    10月17日 23時02分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011181011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001


    19: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:27:25.44
    >>1
    ドゥテルテすげー

    28: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:30:46.06
    >>1
    有能だなあ

    32: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:35:59.51
    >>1 
    ドゥテチンおめでとー 

    IS潰れたし、いよいよ東南アジアに 
    イスラムテロリストが本格進出してくるだろうなあ

    47: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:54:12.28
    >>32
    はあ?
    あ、陰謀で頭イッパイの人か
    脳内平和でいいね

    ※KSM このようにメディアが報道しないからバカな発言をする人がいるのですよ。

    【【フィリピン】ドゥテルテ大統領 南部ミンダナオ島 「テロリストから解放」 】の続きを読む

    reuters20170627143339-thumb-720xauto

    [モスル(イラク) 26日 ロイター] - イラク軍は26日、過激派組織「イスラム国」(IS)からイラク北部の主要都市モスルを奪還する作戦が数日中に終了するとの見通しを示した。


    対テロ部隊(CTS)の司令官は、ISが25日に反撃を仕掛けたものの失敗に終わり、モスルにおける支配が弱体化していると指摘。IS側の勢力は「特に旧市街に残っているのみ」とし、モスル奪還が「うまく行けば数日中にも」完了すると語った。

    イラク軍によると、旧市街に残るIS兵士は最大でも350人で、住民にまぎれ込んだり、自爆攻撃などを仕掛けたりするため、作戦に時間がかかっていた。

    続きはこちらで 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000062-reut-asia

    12



    【6月25日 AFP】フィリピン軍は24日、同国南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の一部を占拠しているイスラム過激派を空爆した。同軍はイスラム過激派からのマラウィ奪還を目指している。

    上記画像の動画は引用元でご覧ください  
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00010001-afpbbnewsv-int

    25

    【シンガポール=吉村英輝】フィリピン南部ミンダナオ島でイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う武装勢力と政府軍が交戦となり、戒厳令が発動されてから23日で1カ月となる。市民を含めた双方の死者は300人を超えた。東南アジアや中東からもIS信奉者が参戦し、この地域で“独立国家”樹立をもくろんでいるとされ、掃討作戦は長期化の様相を呈している。

     ミンダナオ島のピグカワヤンで21日、地元のイスラム過激派「バンサモロ・イスラム自由戦士」(BIFF)の構成員ら約300人の武装集団が学校を占拠し、軍と銃撃戦となった。軍が撃退し負傷者はなかったとするが、人質を取られたとの情報もある。約190キロ離れた同島マラウイで先月23日から続く戦闘が“飛び火”した格好だ。

    続きは 産経ニュースで 
    http://www.sankei.com/world/news/170621/wor1706210051-n1.html

    ダウンロード

    [マラウィ市(フィリピン) 20日 ロイター] - フィリピン軍の報道官は20日、フィリピン南部ミンダナオ島のマラウィ市を占拠している過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力を掃討するため、空爆を実施し、地上部隊による攻撃を開始したと明らかにした。


    イスラム教の断食明けの祭が行われる週末までの戦闘終結を目指す方針を示した。

    マラウィ市内での戦闘は5週間目に入った。軍によると、これまでの戦闘で双方の兵士と民間人、合わせて350人近くが死亡した。このほか、数百人が行方不明となっている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000062-reut-asia&pos=3

    このページのトップヘ