真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    中国経済

    n8IbqTyP
    EU27カ国の大使、中国主導の経済圏構想「一帯一路」に連名で反対―米華字メディア

    2018年4月21日、米華字メディアの多維新聞は、
    中国が主導する経済圏構想「一帯一路」について、「中国・北京に駐在する欧州連合(EU)28カ国の大使のうち27人が連名で批判した」とドイツメディアが報道したことを紹介した。 

    記事が、アジア太平洋地域の国際問題を主に論じるオンライン雑誌「ザ・ディプロマット」の報道を引用して伝えたところによると、ドイツの商業経済紙ハンデルスブラットは18日、EU28カ国の大使のうちハンガリー大使を除く27人が、中国の「一帯一路」を批判する報告書に署名したと報じた。 

    (中略)

    ハンデルスブラットによると、27カ国の大使らは、「一帯一路」について「自由貿易プロセスを損ね、中国政府による無制限の補助金を受け取った中国企業だけが利益を独占するためのものだ」などと痛烈に批判したという。(全文はレコードチャイナで)
    http://www.recordchina.co.jp/b594083-s0-c20.html
    【EU27カ国の大使、中国主導の経済圏構想「一帯一路」に連名で反対―米華字メディア】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2018/03/23(金)17:32:11
    ダウンロード

    【北京時事】
     中国商務省は23日、米国産豚肉などに高関税を適用する対米報復措置を発表した。
     これまで中国は対話優先の貿易摩擦解消を掲げ、具体的な報復策に触れていなかったが、方針を転換した。

     米中間で報復の応酬がエスカレートして貿易戦争に突入する可能性が一気に高まってきた。

     報復対象は128品目に及び、2017年の輸入総額で30億ドル(約3100億円)分に上る。

     第1弾として果物、ワイン、継ぎ目なし鋼管(シームレスパイプ)などに15%、第2弾として豚肉やリサイクルアルミに25%の関税をそれぞれ適用する。

     今回は安全保障上の脅威を理由にした23日発動の鉄鋼・アルミ輸入制限に対する報復。
     今月末まで企業などから意見聴取を行うと説明している。
     一方、同省は知的財産権侵害をめぐる対中制裁についても報復する用意があることを明らかにした。

     「貿易戦争を決して恐れない。既に十分な準備ができている」と強調した。

    (省略)

    全文はこちら
    時事ドットコム(2018/03/23-12:14)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032300400&g=int

    【【経済】中国、関税報復を発表=米産豚肉など3100億円分[H30/3/23]】の続きを読む

    -NgVtQaN_400x400

    支那の偽米作り。こんなの食ったら死ぬな! Due to agricultural difficulties China decided to produce rice from plastic. I hope it won’t end up on your dining table.

    t_rwnpjtovknh5vdxvimcn



     世界ソーシャル・ネットワーキング・サービス最大手、フェイスブックの中国事業責任者の王黎氏が昨年末に離職したことが明らかになった。現在、同業界の「リンクトイン(LinkedIn)」の元幹部である率鵬氏が、王氏の後任としてフェイスブック中国事業のトップを務めている。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が22日報じた。

     同報道によると、王黎氏は昨年末に辞職した。王氏は個人的な理由で、米国への帰国を希望したという。

     中国国内メディア「捜狐網」などの報道によると、中国出身の王黎氏はすでに米国に帰化し、米半導体メーカー・インテル社の中国子会社で十数年勤務していた。2014年、フェイスブックに入社した王氏はおもに同社と中国当局高官との人脈構築に力を入れてきた。16年3月、同社のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)と王黎氏はともに、当時中国最高指導部「チャイナ・セブン」の一人、劉雲山氏と会談を行った。

     フェイスブックは2009年に、中国当局の締め出しを受けて、中国から事業を撤退した。その後、同社は中国当局との関係を改善し、再進出を計画していた。このため、ザッカーバーグCEOが数回中国訪問したことがある。

    http://www.epochtimes.jp/2018/01/30829.html#.WmgRsFG6_OQ.twitter

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/06(水)10:59:02 ID:???
    20150511-00000006-wordleaf-13f54071f0dffd95610b3649f6c9f4a59

    2017年12月4日、米華字メディア・多維新聞は、中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」について「隣国が次々と離脱し、重大な困難に直面している」と伝えた。

    パキスタン、ネパール、ミャンマーの3カ国はこのほど、中国が計画していた大規模水力発電所3カ所の事業中止を発表した。これは総額200億ドル(約2兆2500億円)規模の大型プロジェクトだ。

    パキスタンはインダス川流域のディアメル・バハシャダム建設に中国が提供を申し出ていた資金140億ドル(約1兆5754億円)の受け入れを拒否。ネパールは25億ドル(約2813億円)規模の水力発電事業について、合弁相手の中国企業が「重大な財務違反を犯した」として事業取り消しを決定。ミャンマーも「大型水力発電所には関心がない」と表明したという。


    (略)…記事は「中国の『一帯一路』構想は、周辺国に長期的な植民地戦略ととらえ始められている」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)

    レコチャイ/12月5日
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=226406&ph=0

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【レコチャイ】中国の「一帯一路」がピンチ?大型プロジェクト取り消す国が相次ぐ [H29/12/6]】の続きを読む

    このページのトップヘ