真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    トランプ大統領政策

    DbGH5_lVMAAafjk

    DbJJlNeUMAAqkfn

    トランプ大統領
    『拉致問題に対するシンゾーの情熱は凄いな。迫力が違う。長年執念を燃やし決して諦めないシンゾーの態度はビューティフルだ。シンゾーの情熱が自分にも乗り移ったよ。家族にも会ったんだ。最大限の努力をするよ』 『拉致被害者が日本へ帰れることをシンゾーに約束した』
    【トランプ大統領『拉致被害者が日本へ帰れることをシンゾーに約束した』】の続きを読む

    http_%

    トランプ大統領はツイッターで、
    次期国務長官のポンペオ氏が、すでに北朝鮮で金正恩と会ったことを明らかに。交渉も順調という。安倍総理との会談で、トランプ大統領は拉致をしっかり取り上げるとも明言。当然ポンペオ氏も取り上げただろう。正念場だ。安倍総理以外で誰がこの局面を作れたと言うのか。
    【トランプ大統領はツイッターで、次期国務長官のポンペオ氏が、すでに北朝鮮で金正恩と会ったことを明らかに。交渉も順調という。】の続きを読む

    1

     【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米政権が13日、英仏と共同でシリアの化学兵器施設に対する軍事攻撃に踏み切ったのは、米欧主要国がシリアの後ろ盾であるロシアとイランとの対立先鋭化も覚悟の上で、化学兵器の使用や製造、拡散は「レッドライン(許容できない一線)」だとする立場を明確に打ち出す狙いがある。

     今回の攻撃は同時に、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦が最終局面を迎える中、アサド政権の温存を図る形でシリア内戦の戦後処理を目指すロシアやイランに対して強い警告を発するためでもあった。

     さらには北朝鮮に対しても、核・ミサイル開発を放棄しなければ実力行使も辞さないとする、米政権の「有言実行」ぶりを印象づける思惑も透けて見える。

    全文は産経ニュースのサイトで

    20180414-00000012-jij_afp-000-6-view

    【AFP=時事】(更新、写真追加)在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は、米国などがシリアの首都ダマスカスとその周辺で14日未明に、シリア軍の基地と化学研究施設を攻撃したと明らかにした。

    このページのトップヘ