真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    トランプ大統領政策

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/18(木) 21:07:46.61 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    3644402

    米メディア・リサーチ・センター(MRC)は、テレビ局CNNの放送を分析し、そのほぼ全ての放送時間がトランプ米大統領の批判に充てられていることを明らかにした。

    専門家らは、5月12日にかけた深夜から20時間分のCNNの放送を分析した。
    CMや様々なタイプの宣伝を省いた結果、ニュースやリポート、解説、インタビュー、中継などに充てられた時間は13時間27分で、
    うち全放送の92%にあたる12時間19分がトランプ政権の活動を議論する番組であることが分かった。
    なお別のテーマに割り当てられた時間は、わずか1時間8分だった。

    CNN ほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判に費やす
    https://jp.sputniknews.com/us/201705173644434/

    【CNN、放送の92%をトランプ大統領の批判に費やすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 15:59:43.46 _USER
    AJP20170428005000882_01_i

    ドナルド・トランプ米大統領が27日(現地時間)、韓米自由貿易協定(FTA)について「ぞっとする(horrible)」という表現を使い、「交渉見直し、あるいは終了を願う」と公に発言したことから、韓国政府・産業界はその発言の真意をつかもうと一日中あちこち奔走した。トランプ大統領は昨年の大統領選挙遊説時から韓米FTAを「雇用キラー」「災害」と非難してきた。しかし、就任直後に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)脱退、北米自由貿易協定(NAFTA)の交渉見直しから着手したため、韓国政府は韓米FTA交渉の見直しについてしばらく現実化はしないだろうと見ていた。

     ところが同日、トランプ大統領はメディアとのインタビューで、「韓米FTAはヒラリー・クリントン元国務長官が作った、受け入れがたくぞっとするような協定。韓国にとっては素晴らしい協定だが、米国にとってはひどい協定だ」と述べた。「交渉見直しの意思はいつ明らかにするのか」と質問されると、「本当にすぐにだ。韓米FTA 5周年(今年)は交渉見直しを開始するには良いタイミングだ」と語った。

     韓国政府は特に「終了」に言及したことに神経をとがらせている。双方の同意が必要な交渉見直しとは違い、終了は米国だけの意思でも可能だからだ。韓米FTAは一方の当事国が他方の当事国に協定終了を希望するとの意思を書面で通知した日から180日後に終了する。韓国産業研究院では、韓米FTAが終了すれば、両国の貿易額は2015年に比べ年間30億ドル(約3345億円)近く減少すると予想している。
     
     しかし、韓国のかなりの専門家が「トランプ政権が韓米FTAに関連して即座に行動に移るのは難しいだろう」と予想している。ホ・ユン西江大学国際大学院院長は「FTA交渉を見直す、あるいは終了するには議会の同意を経なければならない。伝統的に自由貿易を強調してきた共和党の基調を考えると、トランプ大統領が無理やり押し通すのは容易でないだろう」と語った。
     
     その一方で、トランプ大統領の発言は計算された「交渉カード」だとの見方もある。アン・ドックン・ソウル大学国際大学院教授は「10億ドル(約1100億円)に達するTHAAD費用を負担するよう要求し、通商問題と連携して韓国に圧力を加えようとしているものと思われる」と言った。

    金承範(キム・スンボム)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/29/2017042900416.html


    【【韓米FTA】「ぞっとする」 トランプ発言、韓国政財界に激震[4/29]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/01(月) 10:55:41.30 _USER9
    899337

    【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は、4月30日に放送されたテレビインタビューで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長について「なかなかの切れ者(pretty smart cookie)」と皮肉たっぷりの評価をしてみせた。

    トランプ大統領のほぼ賛辞ともとれるコメントは、北朝鮮のミサイルや核開発計画をめぐり緊張が高まる中で発せられた。警戒する米国は、金氏の制止役として中国の力添えも期待している。

    米CBSの報道番組「フェイス・ザ・ネーション(Face the Nation)」のインタビューでトランプ氏は、金委員長が正気なのか否か「見当もつかない」としながらも、父親の故・金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)総書記が2011年に死亡し、国家のかじを取るという大難局に立たされた際、金委員長が27歳だったと伝えられている点に言及。

    「彼は明らかに非常に手ごわい人々、特に将軍らを相手にしている。しかもとても若い年齢で、権力を手にすることができたのだ」と述べ、「叔父にせよ誰にせよ、大勢がその権力を奪おうとしたはずだ。だが彼は守り切った」と語った。「よって、なかなかの切れ者なのは間違いない」

    一方でトランプ大統領は、長年続いてきたこの事態を放置することはできないと強調した。

    北朝鮮は6回目の核実験の兆候をちらつかせて西側諸国を緊張させ続け、さらには一連のミサイルで実験で、核弾頭を搭載し米国本土に着弾させることが可能な弾道ミサイルの開発が間近に迫っているという懸念も、米国内に招いている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000001-jij_afp-int

    【【国際】トランプ大統領「金正恩はなかなかの切れ者」と評価】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 08:49:34.15 _USER
    maxresdefault

    北朝鮮の核問題を協議する国連の安全保障理事会の閣僚級会合が開かれ、 アメリカのティラーソン国務長官は「東京やソウルへの核攻撃は現実味を帯びている」と危機感を示しました。

    ティラーソン長官は会議の冒頭で、「今、行動を起こさなければ最悪の結果を招きかねない」と切り出し、事態の深刻さを訴え掛けました。

    アメリカ、ティラーソン国務長官:「ソウルや東京への北朝鮮による核攻撃の脅威は現実味を帯びている。 北朝鮮が米国本土を攻撃する能力を持つのも時間の問題と思われる」
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000099672.html

    【【国際】 米国務長官 「東京やソウルへの核攻撃は現実味を帯びている。今、行動を起こさなければ最悪の結果を招きかねない」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 09:23:02.94 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    d29b3175-s
    Donald J. Trump?認証済みアカウント @realDonaldTrump

    North Korea disrespected the wishes of China & its highly respected President when it launched, though unsuccessfully, a missile today. Bad!

    https://twitter.com/realDonaldTrump/status/858100088253669376

    【【米国】トランプ大統領「北朝鮮のミサイルは失敗したが、中国とその立派な主席の願いを無視した。酷い!」】の続きを読む

    このページのトップヘ