真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    フィリピン

    sulu_sea
    〈シンガポール〉
    アジアの安全保障を話し合う国際会議、IISS(国際戦略研究所)ダイアログが6月4日までシャングリラ・ホテルで開催された。過激派組織「イラクとシリアのイスラム国」(ISIS)の脅威が東南アジアに広がっていることから会議では、北朝鮮情勢とともにISISへの対応に関心が集中し、出席した国防担当大臣は連携の強化で一致した。

     

    インドネシアではジャカルタで、警察官3人が死亡する自爆テロとみられる爆発が5月に発生。フィリピン南部ミンダナオ島ではISISに忠誠を誓っているとされる反政府勢力がマラウイを占拠し、今も軍による奪還作戦が展開されている。

     

    武器、麻薬密輸や人身売買などを水際で阻止するため、マレーシア、フィリピン、インドネシアは19日からスル海で合同海上パトロールに乗り出す。シンガポールのン・エンヘン国防相によれば、パトロールが定着した段階でシンガポールに参加を要請するとインドネシアとマレーシアの国防相から発言があった。シンガポールとしてパトロールに参加する用意があるという。

     

    ン氏はマラウイ危機について「テロリストが域内に拠点を持てば、東南アジア諸国連合(ASEAN)のほかの都市にもテロ行為を及ぼすことができるようになる」と警戒感をあらわにした。ASEAN国防担当大臣は米国のマティス国防相と4日会談。米国の域内プレゼンスを支持するとASEAN側は表明した。

    https://www.asiax.biz/news/43450/

    p

    【ジャカルタ時事】
    インドネシア国防省は19日、マレーシア、フィリピンとの合同海上パトロールを北カリマンタン州タラカンで開始したと発表した。

     フィリピン南部などで活動を活発化させる過激派組織「イスラム国」(IS)への対応が主な狙い。

     カリマンタン島とフィリピン南部ミンダナオ島の間にあるスールー海は各国の警備がこれまで手薄で、誘拐や密輸の「温床」となってきた。近年はミンダナオ島に各国のISテロリストらが流入する主要経路とみられていた。

     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000074-jij-asia

    IS支持者の多くは船を使ってフィリピン南部に密入国していると見られることから、フィリピンとインドネシア、それにマレーシアの3か国は19日から艦艇を使って周辺海域で合同のパトロールを開始しました。

    3か国の国防相や軍の司令官が参加して行われた式典で、マレーシアのヒシャムディン国防相は「ISを一歩たりともわれわれの海に入らせないという明確なメッセージをここに打ち出す」と述べ、合同パトロールの意義を強調しました。

    ISがシリアやイラクで劣勢に立たされる中、東南アジアのIS支持者の中にはフィリピン南部に新たなISの拠点を設けようとする動きが出ていると指摘されていて、3か国は合同パトロールを行うとともに国内の過激派組織の動向に関する情報共有を進めるなど、警戒を強めています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000074-jij-asia

    ダウンロード

    [マラウィ市(フィリピン) 20日 ロイター] - フィリピン軍の報道官は20日、フィリピン南部ミンダナオ島のマラウィ市を占拠している過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力を掃討するため、空爆を実施し、地上部隊による攻撃を開始したと明らかにした。


    イスラム教の断食明けの祭が行われる週末までの戦闘終結を目指す方針を示した。

    マラウィ市内での戦闘は5週間目に入った。軍によると、これまでの戦闘で双方の兵士と民間人、合わせて350人近くが死亡した。このほか、数百人が行方不明となっている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000062-reut-asia&pos=3

    img_64035b44344fe87109aba213fbfd2c51172776

    【AFP=時事】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」系の武装勢力と国軍との間で戦闘が続くフィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)で、フィリピン軍は19日、武装勢力の拠点から押収した、現地で「シャブ」と呼ばれるメタンフェタミン(結晶状覚せい剤)11キロおよびISの旗を報道陣に公開した。

    続きはこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000040-jij_afp-int

    20170618-00000001-jij_afp-000-5-view

    【AFP=時事】フィリピン軍は17日、同国南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の一部を占拠しているイスラム過激派武装勢力に空爆と砲撃で攻撃した。1か月近くに及ぶ戦闘でこれまでに軍と過激派、民間人を合わせて300人以上が死亡している。


     現地のAFP記者によると、塹壕(ざんごう)から攻撃してくる戦闘員の排除に手間取る地上部隊支援のため空軍がMG520攻撃ヘリとFA50戦闘機で空爆し、武装勢力が占拠する地域では火災で黒煙が上った。戦闘の激しさを物語る自動小銃の発砲音も遠くから聞こえた。

    続きはこちらで 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000001-jij_afp-int

    このページのトップヘ