真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    フィリピン

    ダウンロード (1)

    [マニラ 27日 ロイター] - フィリピン政府は27日、今月に入って公の場にほとんど姿を見せず健康不安が取り沙汰されているドゥテルテ大統領(72)について「健在だ」と発表し、健康不安説を否定した。


    大統領は過密スケジュールで知られ、長時間の演説を1日に数回こなすこともあった。しかし、今月に入って公の場に姿を現す機会が激減。公務で姿を見せたのは20日が最後とされる。

    とりわけ、フィリピン南部のミンダナオ島マラウィ市で過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力の掃討作戦が1カ月以上続き、同国がドゥテルテ政権発足以降で最大の危機を迎えているにもかかわらず、大統領があまり表舞台に姿を見せないことが人々の疑念を募らせている。

    続きはこちらで 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000071-reut-asia

    ISIS vs Phillipine Army in Marawi City
    Read more at https://www.liveleak.com/view?i=339_1497091682#s1P1iqAxwJheiZhp.99

    6月19日からフィリピン・インドネシア・マレーシア・オーストラリアで海上警備開始、シンガポールも加わる予定。



    Islam has unfinished business in SE Asia. They have militant groups in every non-islamic nation in the region and wont be happy til the entire region is Islamic.

    It is on Australia's doorstep so we must not interfere when nations like Burma and Phillipines use the tough tactics required. 


    自動翻訳
    イスラームは東南アジアで未完成の事業をしています。彼らは地域内のすべての非イスラム国家で過激派のグループを持っており、全地域がイスラムの勢力下になるまで喜ばないないだろう。
    オーストラリアの玄関口にありますので、ビルマやフィリピンのような国が必要とされる厳しい戦術を使用する際には干渉してはなりません。

    12



    【6月25日 AFP】フィリピン軍は24日、同国南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の一部を占拠しているイスラム過激派を空爆した。同軍はイスラム過激派からのマラウィ奪還を目指している。

    上記画像の動画は引用元でご覧ください  
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00010001-afpbbnewsv-int

    img_69b4b8bca5c8f7c52df84ed8887af244261155
    25

    【AFP=時事】フィリピン軍のエドゥアルド・アニョ(Eduardo Ano)参謀総長は25日、南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の一部を占拠しているイスラム過激派武装勢力との戦闘を8時間停止すると発表した。この日はイスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」の終了を祝う「イード・アル・フィトル(Eid al-Fitr)」にあたるため、この祝日を市民らが祝えるようにするためだという。

     国民の大半がキリスト教カトリック教徒のフィリピンで、マラウィはイスラム教徒が多数派の重要都市。

     アニョ参謀総長は声明のなかで、「イスラム教信仰に対する高い敬意を示すため、マラウィで遂行中の対イスラム過激派作戦を25日に休止することを宣言する」と述べた。



    引用元 続きはこちらで https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000023-jij_afp-int

    25

    【シンガポール=吉村英輝】フィリピン南部ミンダナオ島でイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う武装勢力と政府軍が交戦となり、戒厳令が発動されてから23日で1カ月となる。市民を含めた双方の死者は300人を超えた。東南アジアや中東からもIS信奉者が参戦し、この地域で“独立国家”樹立をもくろんでいるとされ、掃討作戦は長期化の様相を呈している。

     ミンダナオ島のピグカワヤンで21日、地元のイスラム過激派「バンサモロ・イスラム自由戦士」(BIFF)の構成員ら約300人の武装集団が学校を占拠し、軍と銃撃戦となった。軍が撃退し負傷者はなかったとするが、人質を取られたとの情報もある。約190キロ離れた同島マラウイで先月23日から続く戦闘が“飛び火”した格好だ。

    続きは 産経ニュースで 
    http://www.sankei.com/world/news/170621/wor1706210051-n1.html

    このページのトップヘ