真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    社民党

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/22(火) 07:39:02.61 _USER9
    http://www.buzznews.jp/?p=2110466

    http://www.buzznews.jp/wp-content/uploads/2017/08/170821-006.jpgno title


    社民党の福島みずほ参議院議員が8月21日、別の国会議員をブロックしていたとして話題になっています(画像はTwitterより)。

    これは8月21日の夜、日本維新の会・丸山穂高議員が「ブロックされた」と明かしたことが反響を呼んでいるというもの。

    丸山「福島議員の座り込みについて筋違いだとリツイートしたらブロックされた、苦笑。強制排除と政府を批判しながら自らへの言論は強制排除のこれも、前の内容も何から何まで見事に言行不一致。見られないとの声も多いので画像でもUPにて。国会で取り上げてという方も多いですが大事な審議時間の無駄かと。」

    座り込みとは8月18日に沖縄の辺野古基地前で座り込み活動をしていた福島議員が道交法違反の疑いで排除されていたにも関わらず「強制排除されてしまいました」と悪びれず語っていたことから国会議員かつ弁護士であるのに不適切ではないかとして批判を浴びていた件を指しています(関連記事参照)。

    「何から何まで見事に言行不一致」と呆れる丸山議員のツイートに対しては「国会議員が国会議員をブロックするなんてあるんですね」と驚きの声が複数寄せられていますが、丸山議員は「余りないと思いますね」と福島議員のブロックに冷ややかな見方を示すとともに、「打たれ弱い?真面目?閉鎖的?」と述べています。

    丸山「余りないと思いますね。民進党の小西ひろゆき議員の国外亡命の話の時ですらブロックはされませんでしたけれど、福島議員はなんというか、打たれ弱い?真面目?閉鎖的?ですかね。ツイッターなんだから全てに返信の必要も義務もなく放置でも良いでしょうし、いろんな意見があって当たり前ですけどね。」

    「ちっちぇえな福島みずほ」
    「辞職に追い込んで欲しいわ・・・」
    「福島みずほが国会議員なのは日本の恥」
    「批判されても反論できない程度の理解はあるのかな」
    「議員が議員をブロックとか前代未聞じゃないのか」
    「1:1だと弱い福島みずほさん」
    「情けなさ過ぎる国会議員だ」
    「片っ端からブロックしまくってるから気づかないんだろなぁ」
    「Twitterですら議論拒否する国会議員ウケる」
    「身内だけで固まりたいんならTwitter止めろよ福島」
    「日本人は福島みずほを国会に送り込んだこと反省すべき」
    「そういわず国会で追及しましょうよ」
    「これは報道特注事案ではないでしょうか」

    【【辞職に追い込んで欲しい】福島みずほがTwitterで国会議員をブロックか、丸山議員が明かし呆れ「何から何まで言行不一致」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/15(火) 23:36:17.37 _USER9
    img_1498521_48911398_0

    15日、社民党の福島瑞穂副党首は、千鳥ヶ淵墓苑で行われた「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会」で誓いの言葉を述べた。その中で、福島瑞穂副党首は戦没者の御霊に向け、とんでもない暴言を吐いている。内容の抜粋は以下、

    ===========
    主権者である日本国民は、全力で、安倍首相の憲法9条改悪と闘わなければならないのです。9条を変えようとする内閣は倒さなければならないのです。
    「ロードオブザリング―指輪物語」の中で、死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う場面があります。わたくしは今、その場面を想起しています。主権者であるわたしたちは、戦争犠牲者の全てのみなさんと共に力を合わせて、9条改悪を止めたいのです。
    ===========

    ロード・オブ・ザ・リングで蘇る死者とは、誓約を果たさず呪いをかけられ成仏できなくなった死者の軍勢の事を指している。この様子は気分が悪くなるかもしれないが、動画で公開しておく。

    【動画有】福島瑞穂が千鳥ヶ淵で大暴言!「戦没者を地中から蘇らせ、力を合わせて安倍政権と戦う」
    https://www.youtube.com/watch?v=meTA1cL-vFI



    http://ksl-live.com/blog10474
      【【終戦記念日】社民・福島みずほ「戦没者を地中から蘇らせ、力を合わせて安倍政権と戦う」 千鳥ヶ淵墓苑】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/18(日) 07:47:04.03 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    plt1706160005-p1
    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の抗議行動で傷害などの罪で起訴された山城博治被告(64)が、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で2日間にわたり「日本政府が人権侵害を止めるよう求める」と主張した。 「被害」をことさらアピールした山城被告に、チベットで中国当局の弾圧により同胞が命を落とす深刻な人権侵害を訴える団体は冷ややかな視線を送っていた。

    「はいさい、ちゅーうがなびら(皆さん、こんにちは)。私は沖縄における米軍基地による人権侵害に対し、平和的な抗議行動を行っている山城博治です」

    山城被告は15日夕(日本時間16日未明)の国連人権理事会で、沖縄方言を織り交ぜながら自身の“惨状”を約90秒、英語で訴えた。

    山城被告の演説にチベットの人権問題に取り組むNGO(非政府組織)幹部は顔をしかめ、こう言った。 「彼は苦しんでいる他の誰かのためにスピーチしたのではなく、自分の個人的なケースを述べたにすぎない。全く理解できない」

    山城被告の前には、ドイツに拠点を置く国際NGOの女性がチベットの人権弾圧について演説した。 2009年以降、チベットで150人以上が中国の弾圧に抗議して焼身自殺し、その家族らが処罰されたことを挙げ「中国に監視団の受け入れを迫るよう人権理事会に要請する」と主張した。 深刻な人権侵害を訴えるためジュネーブに来た人々には、山城被告の発言は別世界の話に聞こえたようだ。

    山城被告は人権理事会関連のイベントでも、約50人のメディアやNGO関係者らを前に「私たちへの不当な処遇は政府の圧政にあらがう県民への見せしめ、恫(どう)喝(かつ)であったことは言うまでもない」とアピールした。 沖縄タイムスの記者も登壇し、同紙と琉球新報の地元2紙が「政府から言葉による攻撃を受けている」などと主張した。

    ところが、山城被告らが防衛省沖縄防衛局の職員に暴力を振るう場面の動画に関する質問が飛び出すと、山城被告は「私は日本一のテロリストのように喧(けん)伝(でん)されている」とはぐらかした。

    「加害者」だったことが暴露され、居心地の悪い思いをしたようだ。
    国連を利用して日本人が発信する“嘘”が封じ込められた瞬間だった。(原川貴郎)

    http://www.sankei.com/smp/politics/news/170618/plt1706180005-s1.html

    【「私は日本一のテロリストのように喧伝されている」 国連で暴行動画突きつけられた山城被告が釈明 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/16(金) 13:38:48.12 BE:479913954-2BP(1931)
    acacia@freie_Herz
    報ステ。
    福島議員の怒りの言葉に対し、「共謀罪で逮捕するぞ」という笑い混じりのヤジが。
    https://t.co/rcwQjlzL4E
    http://i.imgur.com/CCO3xms.jpgno title

    http://i.imgur.com/LlIW5k8.jpgno title



    国会での福島みずほ議員へのヤジ「共謀罪で逮捕するぞ」を報ステが報道、「誰だか特定すべき」との声が殺到
    https://matome.naver.jp/odai/2149754039148137901

    【国会で福島みずほ議員へのヤジ「共謀罪で逮捕するぞw」 それを聞いた与党議員ら爆笑→炎上へ 】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/07(水) 00:40:38.19 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    bd0143fe56df4ca6d20eec5ab90a4ecb-1
     
    福島みずほ @mizuhofukushima
    小学校の道徳の教科書を全部読む。目上の人にはていねいなことばづかいをと言う記述。
    おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、先生は目上と書いてある。
    目上があるっていうことは目下があるということ。
    家の中で虐待や性暴力をうけている子どもはどうなるのか!目上なんておかしい!
    https://t

    【福島みずぽ先生の道徳の教科書についての感想が期待を裏切らないwww】の続きを読む

    このページのトップヘ