真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    維新

    1

    足立康史「障がい者の食事提供体制加算の財源を削ろうとしてますが、外国人の生活保護はいくら?」

    厚労省「把握は困難」
    足立康史「政府は公務員給与を上げたり、外国人の問題は議論しないのに障がい者の懐を削る。政治の責任を果たしてない!」 おっしゃる通り! 優先順位が違うのでは?

    l8x0FdwV

    【加計学園】足立康史が反撃開始「玉木雄一郎と福山哲郎に犯罪の疑惑あり!金を受け取っていた」 | netgeek
    断定していると受け取られる表現については撤回し謝罪しました。しかし、こうした批判は続けないとね。 そのために政治資金は公開されてるんだから。


    ダウンロード


    丸山穂高「北朝鮮船が漁業取締船に銃口を向けてきた。だが取締官は武器携帯が出来ないので手錠と警棒。銃を向けられたら退避するしかない。こんな状況で漁業は守れない!幸いなことに殉職者はいないが万が一の前に検討を!」 齋藤大臣「体制強化を検討してる」 これはおかしい!一刻も早い対応を!

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/29(水)15:24:07 ID:???
    no title
    DPrxuO7V4AAdYZ1

    ◎記事元ソース名/朝日放送の悪質コラが炎上!CGで安倍晋三記念小学院を実在するように見せかける

    籠池理事長が証言した「安倍晋三記念小学校(小学院)」という学校名が嘘だった件について、朝日放送が過去に放送した
    映像の中で極めて悪質なコラージュ画像が使われていたことが分かった。
    あたかも実在するかのようにCGで看板をつくっていた。

    一見、「安倍晋三記念小學院」と書かれた学校が実在するかのように見えるこの映像、実は「安倍晋三」の部分は映像加工でつくった偽物だ。
    右上では小さく「イメージ」と責任逃れの文言が書かれているが、さすがにこれはやり過ぎ。印象操作や捏造という域を超えている。

    素材に使われたのは瑞穂の国記念小學院の校舎。朝日放送は「瑞穂の国」の部分をうまく消して「安倍晋三」に置き換えていた。

    拡大してみるとコラであることが分かる。

    出典:https://twitter.com/koji56785678/status/935327396445614080


    足立康史議員はテレビ局の捏造報道を追及する構え。

    (以下略)

    ソース=http://netgeek.biz/archives/107474


    【 朝日放送の悪質コラが炎上!CGで安倍晋三記念小学院を実在するように見せかける ~足立康史議員はテレビ局の捏造報道を追及する構え [H29/11/29]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/25(土)10:30:18 ID:???
    038
    2017.11.24

    朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱

    朝日新聞社は21日、同社の社説記事を「捏造」だとTwitter上でつぶやいた日本維新の会・足立康史衆議院議員(52)に抗議して、発言を撤回するよう求める申入書を発表した。「朝日新聞が沈黙を破り、今週から一挙に反撃を始めたようです」と説明するのはある新聞記者だ。

    「同社は同21日に、『徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者・小川榮太郎氏(50)にも
    名誉・信用を傷つけられたと、謝罪と該当部分の訂正、損害賠償を求めています。
    他にも同日に『月刊正論』(産經新聞社)12月号の高山正之氏(75)の連載コラムの「安倍叩きは社是」の記述についても、訂正を求める申入書を送りました」

    同記者によれば背景にあるのは「この1年で31万部減と、目に見えて部数を減らしている現実」に焦りを感じ始めているからだという。
    ネットメディアの発達とともに強まり続ける「朝日新聞バッシング」を、もはや見過ごせないと決断に踏み切ったのだろう。

    ■自民党・山田宏議員「その前に日本国民に謝罪すべきでは?」

    だが、逆襲に出た朝日新聞に各方面から思いがけないカウンターパンチが飛びまくっている。
    「朝日は小川榮太郎に抗議を出したその日の内に、自民党・山田宏参議院議員(59)から
    『朝日新聞は、まず日本国民に対し、自らの慰安婦報道で世界にばら撒いた嘘に謝罪し、賠償するのが先決じゃないの?』と痛すぎる

    ツッコミを入れられ、2500リツイートと3800もの『いいね』を受けるなど共感を呼んでます。

    さらに朝日新聞が騒いだことで小川氏の著作は逆に注目を集め、22日にはAmazon政治本カテゴリで1位になりました。さらに足立議員も20万視聴の人気ネット番組『報道特注』に出演するなど、むしろ反論がSNSで拡散してしまってます」(週刊誌編集者)

    たしかにすべての「ディスカウントジャパン」は朝日から始まっているといっても過言ではない。その訂正も中途半端な一部訂正を軽く認めただけで、謝罪がウヤムヤになったのが現実だ。社会の木鐸として人に謝罪を求める前に
    まず己の襟を正すべきだろう。

    そして「安倍叩き」についても、8月26日の産經新聞「産経抄」で「いま、(朝日新聞)社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、どんなことでもするという空気になっている」と新聞業界の不都合な真実をバラされたのが大きかった。TBSやテレビ朝日同様、しつこくモリカケ問題を特集する怪しさに、ネット利用者はすでに勘づいている。

    完全にヤブ蛇をつついた形になった朝日新聞の一連の抗議。朝日は再び昇ることなく、沈んでしまうのか。朝焼けのようなさらなる炎上で真実がより多くの人に届くことを期待したい。
    2017.11.23
    http://dailynewsonline.jp/article/1378733/

    (以下略)

    snjpnニュース/11月24日
    https://snjpn.net/archives/36938

    関連記事
    【ネット世論】 朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱 [H29/11/24]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511488033/

    【【snjpnニュース】朝日新聞、朝日の記事を批判する人間に対して損害賠償請求開始…足立議員「断末魔だね。」[H29/11/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ