真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    韓国軍

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/29(火) 22:12:16.59 ● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
    index-68

    日本の各メディアは29日早朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した直後、全国瞬時警報システム「Jアラート」で迅速に情報を発表し、一部地域に避難を呼び掛けた。日本政府は北朝鮮によるミサイル発射など有事の際に備えて自動で情報を伝達する「Jアラート」システムを運用している。韓国軍当局は北朝鮮によるミサイル発射について、6時6分ごろ韓国メディアに文字メッセージで伝えたが、日本はそれより8分も早かった。

     NHKなどによると、日本政府は同日午前5時58分ごろ、北朝鮮のミサイルが日本の東北地方の方向に発射されたもようだとして一部地域に避難を呼び掛けた。避難指示が出されたのは北海道・青森・岩手・長野など12道県。NHKなど日本の各メディアは午前6時2分ごろからミサイル発射のニュースを「国民保護に関する情報」として緊急速報で伝え、建物の中や地下に避難するよう繰り返し呼び掛けた。

     一方、韓国軍当局は日本より8分遅い6時6分ごろになってようやく北朝鮮によるミサイル発射の事実をメディアに伝達。これまで韓国国防部(省に相当)は、ミサイル発射など北朝鮮による挑発の情報について「韓国軍の情報資産を用いて日本メディアより先に伝える」と強調してきたが、これが守られなかったことになる。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/29/2017082902970.html

    【韓国軍、Jアラートより8分遅れでミサイル発射をメディアに通告】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/29(木) 17:28:39.02 _USER


    2017年6月28日、韓国・京郷新聞によると、韓越平和財団をはじめとする53の市民社会団体が同日午後、ソウル光化門の政府ソウル庁舎前で記者会見を開き、韓国政府に対し、ベトナム戦争における韓国軍による民間人虐殺など、過去の問題に責任を持って対応するよう促した。

    市民団体は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の顯忠日(戦没者追悼の記念日)の追悼の辞が問題となっているが(ベトナム戦争に参戦した勇士の献身と犠牲を基に祖国の経済が生き返ったと発言した)、その中心には韓国軍による民間人虐殺疑惑がある」とし、「歴代の政府でベトナム戦争の被害調査と真相究明は一度も行われたことがないため、被害者の統計情報はどこにも見つけることができず、ベトナムのあちこちに建てられた「(韓国軍)憎悪の碑」と「慰霊碑」を通じて推測するしかない」と述べた。

    また「手遅れになる前に、政府が韓国軍によるベトナムの民間人虐殺問題について国家レベルの真相究明に乗り出すことを促す」と述べた。

    また、会見に参加したベトナム人女性は、京郷新聞とのインタビューで「韓国人は日本の植民地支配を受けた過去の歴史について被害者の立場を主張するのには慣れているが、ベトナム戦争での民間人虐殺のような加害者的立場については鈍感なようだ」と述べた。女性は2003年に留学のため初訪韓し、修士・博士課程(韓国語教育専攻)を終え、現在も韓国内に住んでいる。

    女性は数年前に会った「大韓民国ベトナム戦参戦者の会(参戦者会)」関係者から「ベトナム戦当時に大きな被害を受けた地域に行ってボランティアをしている。これからそこでハングルとテコンドーを教えたい」という言葉を聞き「心が痛かった」とし、「その言葉は日本人が『慰安婦が多く住んでいる地域に行って日本語と空手を教えたい』と言っているのと同じことではないか」と語った。

    その上で「ベトナム内ではベトナム戦争に関して『許す』とのムードが支配的だが、韓国人らが日本に対し慰安婦問題を訴え続ける姿を見て、『私たちも声を上げなければ』と問題意識を持つ人も多い」と明らかにし、「戦争で誰が過ちを犯したのかを追及するよりも、過ちを認めて許し、今後は傷つけ合わないようすることが平和への道だ」と主張した。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは4000を超えるコメントが集まっており、この問題に対する関心の高さがうかがえる。コメント欄には

    「われわれが間違ったことをしたのであればちゃんと謝罪しよう」
    「不適切なことに対する謝罪は恥ずかしいことではない。大韓民国は恥ずかしくない国であってほしい」
    「明らかに韓国が間違っている。謝罪すべき」

    など、ベトナムに対して謝罪すべきとする意見が多く並んだ。

    また、「日本の悪口を言う前にベトナムに謝罪をすべきだと思う」と日本に関連した意見もみられた。

    そのほか「ベトナム戦争に対する教育が不足している」「ベトナムへの謝罪はむしろ米国がすべき」などとする意見もあった。


    2017年6月29日(木) 17時20分
    http://www.recordchina.co.jp/b182858-s0-c10.html

    【【越韓】「慰安婦問題を見て変化」ベトナム人留学生らが韓国政府に韓国軍民間人虐殺の真相究明を訴え[06/29]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/04(木) 18:29:57.91 ● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    韓国の歴史の中ではベトナム戦争は栄光と言われている。しかしそのほとんどの歴史は良いことしか語られておらず、 闇に葬られた歴史は一般市民の耳には届いていない。

    韓国のネット掲示板に「ベトナム戦争で韓国軍がベトナム女性を強姦したあとに殺すしか無かった理由」というタイトルの スレッドが投稿され話題になっている。

    韓国の「ネットユーザーはこんな事実知らなかった」「歴史の時間に教えてくれなかった」とまで発言している。

    では何故韓国軍はベトナム女性を強姦したあとに殺す必要があったのか? それは彼女らか証人となるからだ。 韓国人の場合は強姦されれば恥ずかしいことだと思い、一生隠しつづけるかその現実から逃げるが、 ベトナムの人達は戦争中だろうが自分の悔しさを訴えるために抗議を続けた。

    相手が誰だろうが、戦争中だろうがベトナムの女性は自分の声を大にしたのだ。恥ずかしいことだと隠し続ける韓国の社会とは違い、 このような理由からベトナム女性を強姦したあとそれを後に語られ無いために殺すという極端な選択をせざるをえなかった。

    それでも韓国は未だに「ベトナム戦争韓国軍の歴史は明らかに誇らしい」と言われている。
    しかし一部の人はこういった闇を知っておりこうして掲示板に投稿している。

    上記の画像は書籍『戦争と女性』の一部で、「殺さなければ問題が生じた。その女性は強姦されたことを抗議しようとしたんだ」と 書かれている。

    http://gogotsu.com/archives/28563
    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/05/00012.jpgno title

    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1237781.jpgno title

    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1237782.jpgno title

    【【韓国】ベトナム戦争で韓国軍がベトナム人女性を強姦したあとの恐ろしい選択】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/30(日)06:53:27
    1000061294

    記事名/韓国軍、1億3千万円ミサイル2発を「間違って海に落とした」…末期的ミスに国民ため息

    2017.4.30 06:00
     韓国海軍の対潜哨戒機「P-3CK」が対艦ミサイル「ハープーン」など計6発の武装を海に落としていたことが明らかになった。総額約4~5億円の武装を落とした理由について、軍は「乗務員の操作ミス」と発表。韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件で政情が不安定化しているが、軍のお粗末なミスで政権への批判は強まるばかり。さらに“悪影響”は日本にも…。(岡田敏彦)

    初笑いで済まない

     韓国通信社の聯合ニュース(電子版)などによると、武装を海へ投げ捨てる信じがたい失敗が起こったのは1日午前6時10分ごろ。韓国北東部の江原道沿岸約60キロの海域で、飛行中だったP-3CK対潜哨戒機が搭載していた武装すべてを誤って海に投下した。

     爆弾やミサイルを搭載する軍用機には基本的に緊急投棄スイッチがある。これは敵機の奇襲攻撃を受けた際や、自身の機体のトラブル発生時に、機体を身軽にするために装備されている。特に主脚など降着装置のトラブルで不時着する際などに備えて必須のシステムだ。

     もちろん緊急時以外に誤って操作することのないよう、スイッチにはカバーがかけられるなどの安全装置がついているが、韓国海軍の説明ではなぜか「誤って」操作してしまったという。

    ◎産経 4月30日 全5ページ
    http://www.sankei.com/west/news/170430/wst1704300003-n1.html

    【【軍事/低練度】韓国軍のP-3CKが、1億3千万円ミサイル2発を含む計6発、総額約4~5億円の武装のすべてを間違って海に落とす。…末期的ミスに国民ため息 [H29/4/30]】の続きを読む

    24789322
    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/01(土) 09:48:34.14 _USER
    兵役逃れ犯罪の申告は兵務庁へ

    江原泳動兵務支庁(支庁長キム・チャンジン)は健全な兵役文化を造成するために兵役逃れ犯罪の申告を受けているとし、市民の多くの関心と参加が必要だと明らかにした。

    申告対象は故意の身体損傷、虚偽障害者登録など兵役逃れ行為を犯して不当に兵役処分を受けた人である。申告方法は、兵務庁のホームページ(www.mma.go.kr)兵務苦情ポータルの国民新聞告示コーナーを利用したり、江原嶺東兵務支庁の特別司法警察(???-???-????)に直接申告すればよく、届出人の人的事項など個人情報は、徹底した秘密が保証される。

    受理された兵役逃れについては兵務庁特別司法警察官の捜査を通じて違法行為が認められた場合、検察に送検されて申告人には違法の程度と捜査結果に基づいて、10万ウォンから最高2,000万ウォンの報奨金が支給される。

    江原嶺東兵務支庁関係者は「兵役逃れを根絶するために最善の努力を尽くす、国民の皆さんの積極的な関心と情報提供が必ず必要だ」と訴えた。

    ソース:韓国ニュース連合通信 2017.03.30(機械翻訳)
    http://www.reporternside.com/news/articleView.html?idxno=66771

    【【韓国】兵役逃れの申告は兵務庁へ、市民の参加が必要だ。最高2,000万ウォンの報奨金を支給する[04/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ