真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    アメリカ大統領選

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/18(木) 21:07:46.61 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    3644402

    米メディア・リサーチ・センター(MRC)は、テレビ局CNNの放送を分析し、そのほぼ全ての放送時間がトランプ米大統領の批判に充てられていることを明らかにした。

    専門家らは、5月12日にかけた深夜から20時間分のCNNの放送を分析した。
    CMや様々なタイプの宣伝を省いた結果、ニュースやリポート、解説、インタビュー、中継などに充てられた時間は13時間27分で、
    うち全放送の92%にあたる12時間19分がトランプ政権の活動を議論する番組であることが分かった。
    なお別のテーマに割り当てられた時間は、わずか1時間8分だった。

    CNN ほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判に費やす
    https://jp.sputniknews.com/us/201705173644434/

    【CNN、放送の92%をトランプ大統領の批判に費やすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 09:11:21.61 _USER9
    b216692cda09456f7a1c33828605b2cb

    アメリカのトランプ大統領は北朝鮮が29日朝、西部から弾道ミサイル1発を発射したことについて、「中国の願いをないがしろにした」と非難しました。

    アメリカ太平洋軍によりますと北朝鮮は日本時間の29日午前5時33分ごろ、西部のピョンアン(平安)南道プクチャン(北倉)から弾道ミサイル1発を発射したということです。
    また、ミサイルは北朝鮮の領域を出なかったとしていて、発射は失敗したと見られます。

    これについて、トランプ大統領は28日、ツイッターに、「北朝鮮は成功しなかったが、ミサイルを発射し、中国と、非常に尊敬されている習近平国家主席の願いをないがしろにした。ひどい」と書き込み、北朝鮮を非難しました。
    トランプ大統領は北朝鮮に自制を促すため繰り返し、中国の役割に期待を示してきました。

    配信 4月29日 9時01分

    NHK NEWS WEB ニュースサイトで読む
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170429/k10010966121000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    【【トランプ大統領】「中国の願いないがしろに」 北朝鮮ミサイルを非難】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/09(日) 11:30:35.00 _USER9
    「ドナルド・トランプ氏は初めて米国大統領になった」――トランプ大統領が実行したシリアの空軍基地攻撃に対して、民主党系の評論家がこんな賞賛の言葉を送った。

    img1455101740



    共和党も民主党も支持

    4月4日、トランプ大統領がシリア政府軍の化学兵器使用への制裁として、 59発のトマホーク巡航ミサイルによるシリアのシャイラト空軍基地への攻撃を断行した。

    この攻撃は米国内で共和、民主の両党側から幅広く支持されている。 トランプ氏の施策が両党側からこれだけ支持されるのは、1月に大統領に就任して以来初めてである。 この展開を機に、トランプ政権に対する一般の評価にも変化が起きるかもしれない。

    CNNテレビの国際問題評論家ファリード・ザカリア氏は4月7日の番組で、トランプ政権が実施したシリア攻撃について、 「ドナルド・トランプ氏は就任以来78日目にして初めてアメリカ合衆国大統領となった」 「トランプ氏は国際的な基準やルールを明確に述べ、世界の中で正義を行使する米国の役割を語った」と述べ、攻撃に賛成した。

    ザカリア氏は民主党系リベラル派のベテラン記者である。これまではトランプ氏の言動や政策を選挙期間から厳しく批判してきた。 だが今回は、国際法規に違反する化学兵器を使用したシリアへの武力行使を、「米国の大統領らしい行い」だと称讃した。

    「この攻撃は必要だった」とルビオ議員

    今回の米軍によるシリアの基地攻撃は、国際的には賛否が交錯している。自由民主主義陣営の各国は一様に同意を表明した。 だが、シリアのアサド政権を支持するロシアは激しく反発し、米ロ両大国の対決という状況を生み出しつつある。 当のアサド政権は化学兵器の使用を否定しており、米国の攻撃は国際法違反の侵略だと非難する。

    だが米国の国政レベルでは圧倒的に賛成の意見が多い。

    共和党側では、昨年の大統領選の共和党予備選でトランプ氏と激しく争ったマルコ・ルビオ上院議員が、 「この攻撃はアサド政権軍の化学兵器の戦力を抑える重要な一歩であり、必要だった」と言明した。

    同じ共和党のべテラン上院議員、ジョン・マケイン氏とリンゼイ・グラハム氏も、 「トランプ大統領がオバマ前政権とは異なり、アサド政権の無法に対して断固たる軍事行動をとったことは賞賛されるべきである。 米国民一般からも支持されるべきだ」と連名で声明を発表した。

    下院議長のポール・ライアン議員(共和党)もト、ランプ大統領の今回の実力行使を「適切であり、正統な行動だ」と評価した。


    クリントン氏も賛意を表明

    意外なことに、これまでトランプ氏の諸政策を徹底して非難してきた議会の民主党議員たちからも今回のシリア攻撃は支持されている。

    たとえば上院の民主党院内総務のチャック・シューマー議員は、 「アサド大統領が憎むべき残虐行為を働いたことに代償を払わせるという意味で、今回の攻撃は正しい」と述べた。

    また、下院の民主党院内総務のナンシー・ペロシ議員は「この攻撃はアサド政権の化学兵器使用に対する順当な対応だ」とする声明を発表した。

    さらにトランプ氏と大統領の座を争ったヒラリー・クリントン氏も「アサド大統領の長年の残虐行為に対して、もっと早くこの種の軍事行動をとるべきだった」と述べた。

    CNNテレビのインタビューに応じたクリントン氏はシリア攻撃への賛意を表明しただけでなく、 この種の武力行使を今後もアサド政権に対して続けていくべきだと語った。 「容易な決断ではなかっただろう」として、トランプ氏への理解も示している。

    もちろん全員が賛同しているわけではなく、民主党議員のなかには、トランプ大統領の今回の措置が議会の承認を得なかったことや、 国際法との整合性を明確にしていないことなどを批判する動きもある。

    だが全体としては、民主、共和両党からの圧倒的な支持が目立つ。 就任以来、トランプ大統領が実施したさまざまな政策や措置の中で、今回のシリア空軍基地攻撃は最も多くの支持を集める結果となったようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12910809/
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491698453/
    2017/04/09(日) 08:27:15.03

    【【シリア攻撃】米国内では圧倒的賛成の声…ヒラリー氏も支持表明、共和党も民主党も支持 「トランプ氏は初めて米国大統領になった」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/07(金) 14:43:34.47 _USER9
    ロシアは米国がシリアの空軍基地に攻撃をしたことを受け、国連安保理の緊急招集を要求 c AP Photo/ Seth Wenig
    政治

    1307820

    2017年04月07日 13:54(アップデート 2017年04月07日 14:35) 短縮 URL1888133
    ロシアは米国によるシリア空軍基地のミサイル攻撃を受け、国連安保理の緊急招集を要求。この攻撃は国連加盟国に対する攻撃と受け止めることができる。ロシア上院(連邦会議)国防安全保障委員会のヴィクトル・オゼロフ委員長はスプートニクに対して、こう明らかにした。

    https://jp.sputniknews.com/politics/201704073512267/

    【【米シリア攻撃】ロシア、国連安保理の緊急招集を要求「国連加盟国に対する攻撃」】の続きを読む

    n-MOASD-large570

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/29(日)12:28:24 ID:???
    仏大統領 電話会談でトランプ大統領の政策を強く批判

    (略)

    アメリカのトランプ大統領とフランスのオランド大統領は、28日に電話で会談しました。

    フランス大統領府によりますと、オランド大統領は、難民の受け入れといった原則に従うことこそ、
    民主主義を守る闘いだと強調したということで、トランプ大統領が難民の受け入れを一時的に
    停止することなどを命じる大統領令に署名したことを批判しました。


    また「不安定で不確実な世界に直面する中で、自国に引きこもるのは絶望的な対処法だ」として、
    トランプ大統領の保護主義的な政策に対しても強く批判しました。

    さらにオランド大統領は、トランプ大統領に対して、イランの核開発をめぐる去年1月の合意は尊重し、
    完全に履行されるべきであると伝え、イランの核合意を破棄する考えも示唆するトランプ大統領をけん制しました。

    続き NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170129/k10010856741000.html


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 64◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485556821/66

    【【米仏】仏大統領 電話会談でトランプ大統領の政策を強く批判[H29/1/29]】の続きを読む

    このページのトップヘ