真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本第一党



    【KSM】日本第一党 桜井誠 オレンジ☆ラジオ 2016年9月11日

    最近の動画

    【KSM】日本第一党の政治目標 党政目標について 党首 桜井誠氏 2016年9月5日発表
    https://www.youtube.com/watch?v=Q079rupF7PI

    【KSM】G20 中国が空港でオバマ大統領にタラップと赤絨毯を用意せず冷遇 外交問題に発展へ
    https://www.youtube.com/watch?v=ewagwJrtksk

    【KSM】民進党 蓮舫議員の二重国籍疑惑 百田尚樹氏と高山正行氏が具体的に問題点を解説
    https://www.youtube.com/watch?v=rMC2EHzdh1g

    【KSM】民進党、蓮舫の中国籍離脱は法律で不可能であることが判明 二重国籍は事実
    https://www.youtube.com/watch?v=2Yr3m24l1is

    【KSM】フィリピン大統領、国連潘事務総長との会談拒否「お前に会う時間などない」
    https://www.youtube.com/watch?v=mKxPoH-KhqQ

    【KSM】バイデン米副大統領「我々が日本の憲法を書いた」百田氏、マッカーサー失禁を暴露
    https://www.youtube.com/watch?v=I8obEQ_wnvU

    【KSM】「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載終了へ 40年の連載に幕 200巻が最終巻か
    https://www.youtube.com/watch?v=zd0aCSl7uwo

    【KSM】慰安婦“捏造”吉田清治氏の長男が真相激白「父は誤った歴史を作り出した」 百田直樹氏と小川榮太郎氏の反応
    https://www.youtube.com/watch?v=T5QxU3-XogA


    【【KSM】日本第一党 桜井誠 オレンジ☆ラジオ 2016年9月11日】の続きを読む

     

    http://ameblo.jp/doronpa01/entry-12196855753.html から転載

    党名、党首人事(最高顧問人事)、党の政策と打ち出してきた日本第一党ですが、残すところ党三役人事、公式サイト(党員募集)、ロゴマークの公表となりました。これで一応の政党としての体裁は整う形になります。まずは党三役人事ですが、この人事については党首の専権事項ですので、今後の党政のあり方などを考えて決定します。今週の中頃には公表できるのではないかと思っています。


    また、党員募集も兼ねた公式サイトについては、現在サイト作成班が懸命に組み立てており、こちらは早ければ今週末から遅くても来週中には公開できる見通しです。ロゴマークも現在多数の応募から日本第一党に相応しいと思われるマークを選定中です。何にしても、今月中には(というか、何としても今月中旬までには)日本第一党を正式に稼働させていきたいと考えています。


    そして、日本第一党の当面の政治目標は、まず地方議会に議員を送り込むこと。もちろん、当初は取るに足らない勢力かも知れませんが、オギャーと生まれたばかりのよちよち歩きの政党として、身の丈に合った目標から始めていきます。我が党は、日本の政治土壌そのものを変えることを目標としています。その政治土壌が腐ってしまったのは国会議員のせいであり、その国会議員を生み出す政党ももちろんですが、国会議員を送りだす地方議員が腐りきっているのですから、元を糺すことが肝要です。


    地方政界へ日本第一党の議員を送りだし、ゆくゆくは東京を含めてすべての地方議会の多数派を握ることを目標に掲げたいと思います。今はまだ夢のまた夢の話ですが、しかし、その夢も皆さんの協力があれば、少なくとも東京都民11万4千人の支持者がいる我が党、全国規模では更なる支持者、支援者がいる我が党なら、その夢を叶えることが出来るかも知れないのです。


    そして党政目標として、当初は党員一万人を目標に掲げて頑張りたいと思います。中には党員一万人?冗談じゃないもっともっと必要なのに!と考えている方もいるでしょうが、まずは一万人、そしてこの目標がクリアできれば十万二十万と増やしていけば良いのです。


    また結党大会も準備が進んでいます。幾つものプロジェクトが同時進行で進んでいるため、党首といえども全体を把握するので精一杯の状況であり、個々の事案まですべて対応できていません。この点は申し訳なく思っていますが、先述の通り今月中には日本第一党の正式稼働が始まります。皆様におかれては、まず公式サイト(党員募集)が公開されましたら、サイトURLの拡散、党員募集の拡散にご協力頂けますようお願い申し上げます。

     

     

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

     

    <署名のお願い>

     

    日韓通貨スワップ再開に断固反対!

     

    平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


    日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

     

    しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

     

    まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

     

     

    慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

    平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

    多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

    賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

    ※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済

     

    ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



    【KSM】桜井誠氏 ツイキャス 日本第一党 綱領、政策についての説明 2016年9月3日

    【KSM】日本第一党 綱領 及び 政策  党首 桜井 誠氏 2016年9月3日発表
    https://www.youtube.com/watch?v=tIfzLqu2nrU

    日本第一党 綱領 及び 政策
    http://ameblo.jp/doronpa01/entry-12195780346.html
    http://ksmworld.blog.jp/archives/1060752707.html

    最近の動画

    【KSM】Obama's Historic Visit To Hiroshima Memorial MAY 27, 2016 オバマ米大統領広島訪問 2016年5月27日
    https://www.youtube.com/watch?v=PVhzYVp5eOA

    【KSM】田中角栄は民族主義を鼓舞し、独立・自由を強調しする英雄ナショナリストだったのです
    https://www.youtube.com/watch?v=-SuQT7_FtNo

    【KSM】『押し紙』訴訟、開始 行橋市議・小坪しんや氏は協賛表明
    https://www.youtube.com/watch?v=FIXLFczW3U0

    【KSM】「戦後の日本がどうしてできたのか」田中角栄最後の講演 昭和56年9月3日
    https://www.youtube.com/watch?v=nhjHh3x9bxQ

    【KSM】比ドゥテルテ大統領、中国に「落とし前をつける」と警告 南シナ海問題
    https://www.youtube.com/watch?v=XncXL_oeIW0

    【KSM】バイデン米副大統領「我々が日本の憲法を書いた」百田氏、マッカーサー失禁を暴露
    https://www.youtube.com/watch?v=I8obEQ_wnvU

    【KSM】桜井誠 オレンジ☆ラジオ 「遺憾砲」北朝鮮ミサイル発射と日韓合意、26日のラジオ出演について 2016年8月24日
    https://www.youtube.com/watch?v=_4qR82MCbAQ

    【KSM】慰安婦“捏造”吉田清治氏の長男が真相激白「父は誤った歴史を作り出した」 百田直樹氏と小川榮太郎氏の反応
    https://www.youtube.com/watch?v=T5QxU3-XogA


    【【KSM】桜井誠氏 ツイキャス 日本第一党 綱領、政策についての説明 2016年9月3日】の続きを読む



    【KSM】日本第一党党首 桜井誠の主張③『朝鮮学校への補助の廃止』しなければならない理由 
    KSM@ニコ動
    KSM1 http://www.nicovideo.jp/user/9270905 
    KSM2 http://www.nicovideo.jp/user/52657039 
    KSM3 http://www.nicovideo.jp/user/58737715 チャンネル増えたよ~
    KSM@dailymotion
    http://www.dailymotion.com/ksm11 
    KSM@YouTube
    https://www.youtube.com/channel/UCImBfjgnF2U5JuMum-UdCDw 
    https://www.youtube.com/channel/UCxt24nsBzYUa-csGHWlER5g 
     真実を追究する KSM WORLD http://ksmworld.blog.jp/



    【KSM】日本第一党党首 桜井誠の主張③『朝鮮学校への補助の廃止』しなければならない理由

    日本、万景峰号のスパイ活動を摘発
    http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=37018

    日本第一党 綱領 及び 政策
    NEW!2016年09月03日(土) 06時00分00秒
    http://ameblo.jp/doronpa01/entry-12195780346.html

    Doronpa01さんのライブ
    http://twitcasting.tv/doronpa01

    最近の動画

    【KSM】Obama's Historic Visit To Hiroshima Memorial MAY 27, 2016 オバマ米大統領広島訪問 2016年5月27日
    https://www.youtube.com/watch?v=PVhzYVp5eOA

    【KSM】田中角栄は民族主義を鼓舞し、独立・自由を強調しする英雄ナショナリストだったのです
    https://www.youtube.com/watch?v=-SuQT7_FtNo

    【KSM】『押し紙』訴訟、開始 行橋市議・小坪しんや氏は協賛表明
    https://www.youtube.com/watch?v=FIXLFczW3U0

    【KSM】「戦後の日本がどうしてできたのか」田中角栄最後の講演 昭和56年9月3日
    https://www.youtube.com/watch?v=nhjHh3x9bxQ

    【KSM】比ドゥテルテ大統領、中国に「落とし前をつける」と警告 南シナ海問題
    https://www.youtube.com/watch?v=XncXL_oeIW0

    【KSM】バイデン米副大統領「我々が日本の憲法を書いた」百田氏、マッカーサー失禁を暴露
    https://www.youtube.com/watch?v=I8obEQ_wnvU

    【KSM】桜井誠 オレンジ☆ラジオ 「遺憾砲」北朝鮮ミサイル発射と日韓合意、26日のラジオ出演について 2016年8月24日
    https://www.youtube.com/watch?v=_4qR82MCbAQ

    【KSM】慰安婦“捏造”吉田清治氏の長男が真相激白「父は誤った歴史を作り出した」 百田直樹氏と小川榮太郎氏の反応
    https://www.youtube.com/watch?v=T5QxU3-XogA


    【【KSM】日本第一党党首 桜井誠の主張③『朝鮮学校への補助の廃止』しなければならない理由】の続きを読む

    このページのトップヘ