真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    朝鮮学校

    1: KSM WORLD NEWS 2018/03/30(金) 08:59:53.57 _USER
    http://www.niigata-nippo.co.jp/newsfile/image/0050146100323224s.jpgno title


    新潟県内で唯一の外国人学校、新潟朝鮮初中級学校(新潟市東区)が4月から休校状態になる。中級部に在籍していた生徒1人が今春卒業し、児童生徒がゼロになったため。ただ、県に児童生徒の募集停止届は出さず、希望者がいれば途中からでも入学できるようにする。

    新潟朝鮮初中級学校は父母らの寄付金によって1968年に開校。ことしで50年の節目を迎える。小学1年から中学3年に当たる在日朝鮮人の子どもたちに母国語や文化を教えてきた。

    70年代のピーク時には約150人が学んでいたが、少子化や、授業料などの経済的負担の重さから年々減少。日朝関係の悪化の影響もあるとみられ、朝鮮、韓国籍を持っていても日本の学校に通う子どもが増えている。近年、児童生徒数は10人未満で、昨年4月から1人になった。

    校内行事もできないため、今春卒業した生徒は昨年4月から同校に籍を置いたまま主に茨城県の朝鮮学校で授業を受けていた。

    新潟朝鮮初中級学校の金鐘海校長は「同胞たちの思いが詰まった学校。休校という形は取らずにいつでも門戸を開いている状態にしておきたい」と強調。

    同校は現在、日本の学校に通う在日朝鮮人の子どもたちを対象に、朝鮮語や朝鮮の遊びなどを教える児童教室を開催しており、「今後も子どもたちに言語、文化を伝える役割を担っていきたい」と話している。


    【社会】 2018/03/30 08:31
    http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180330383635.html

    【【国内】 新潟朝鮮学校、4月から休校状態 児童・生徒数ゼロに [03/30] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2018/03/20(火) 21:29:14.83 _USER9
    o0480036012718096028

     大阪府と大阪市が朝鮮学校に補助金を交付しないのは違法として、大阪朝鮮学園が府と市に不交付決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が20日、大阪高裁であった。

     松田亨裁判長は訴えを退けた一審大阪地裁判決を支持し、学園側の控訴を棄却した。学園側は最高裁に上告する方針。

     判決によると、府は2012年3月、補助金の要綱に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係を絶つことなど4要件を追加。学園が要件を満たさないとして、大阪朝鮮学園の初・中級学校に11年度分の補助金約8000万円を交付せず、市も約2600万円の補助金を打ち切った。

     松田裁判長は一審に続き、4要件追加は裁量の範囲内と判断。学園側は学校の自主性の侵害だと主張したが、「教育活動に制限を加えるものではない」と退けた。

     学園の玄英昭理事長は記者会見で「教育の場に政治、外交問題を持ち込んだことに対する憤慨は消えない。あってはならないことだ」と訴えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000152-jij-soci
    【【裁判】朝鮮学校が敗訴、二審も補助金認めず=大阪高裁 】の続きを読む

    Sk78oFrb_400x400

    逆転勝訴へ力の結集を/朝鮮学校への大阪補助金裁判、3月20日に控訴審判決
    これ、僕が原告として今月23日から始まる京都朝鮮学園に対する補助金交付処分の取り消し訴訟にも影響する判決だから見物だな。

    0W_Kc4dW_400x400

    またしても悪名高い立命館大学コリア研究センターの研究員である立命館大学の講師が出席カードと共に朝鮮学校無償化の嘆願書を生徒に書かせる! ベトナムでのライダイハン発生の原因を日本人に責任転嫁したのも立命館大学コリア研究センターの研究顧問の徐勝だ‼

    【 💀HITOSI @HitoshiOfficial 立命館大学の講師が出席カードと共に朝鮮学校無償化の嘆願書を生徒に書かせる!】の続きを読む

    o5SK5VCs_400x400

    京都市が朝鮮学校と癒着、共謀し勧進橋公園の不法占拠を容認してゐた事実を公的証拠を基に作成した行政訴訟の準備書面を公開します!行政訴訟は終了しましたが今後は新たに国家賠償訴訟で、この書面を使ひ徹底的に執念深く京都市の不正義を正します さんから

    このページのトップヘ