真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    サヨクメディア

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/31(火) 21:52:03.42 _USER9
    image_thumb[1]



    「購読していない朝日新聞がなぜかポストに入れられていた。これは不法投棄にあたる」。一人の男性が行った指摘が大きな反響を得ている。問題の証拠写真はこちら。

    出典:https://twitter.com/ssomurice_round/status/924767618895974401

    「突然に朝日新聞の配達をして、申し訳ありません。誠に勝手ではありますが、朝日新聞朝刊を無料でお届けさせていただきます」

    不法投棄…5年以下の懲役または1千万円以下の罰金(廃棄物の処理及び清掃に関する法律25条1項14号)

    >>2014年に撮られた写真という指摘があるが古い写真だとしても本筋は変わらない

    たまにある新聞の試読なのだが、購入していないものを勝手にポストに入れられても困るという人は多いだろう。しかもよりによって度重なる偏向報道や捏造で悪事の限りを尽くしている朝日新聞。

    最近では安倍総理が福島産のおにぎりを食べた時の様子を「おにぎりをほおばる表情もこわばっていた」と書いたのが明らかな捏造だった。

    参考:朝日新聞の「おにぎりを食べる安倍総理の顔はこわばっていた」をファクトチェックしてみた



    この他にも朝日新聞の前科は多数。目を通すのも害悪なのでそのまま捨てるのが良さそうだ。

    参考:安倍総理 VS 朝日新聞 堂々と嘘をつく朝日新聞記者が酷すぎる!!!


    参考:百田尚樹「朝日新聞は倒閣運動のための政治機関紙」←この表現めっちゃ的確


    朝日新聞の狙いは購読者を水増しして高い広告掲載料金を受け取ること。新聞の印刷コストより広告料金のほうが圧倒的に高いというところがポイントだ。

    男性の「不法投棄にあたる」という指摘はネット上で大きな支持を得て、現在6,800リツイートを突破中。1万リツイートを超える勢いで拡散されている。
    新聞の押し紙問題は度々バッシングされる。

    ▼ここまで大規模だともはや粗大ごみ。地球環境にも悪影響。
    no title


    ▼週刊誌も押し紙問題を取り上げる。
    no title


    一軒一軒に配られる新聞はまとめてみればトン単位になるわけで、不法投棄という表現もあながち間違いではない。朝日新聞がやっていることは広告主に対する詐欺でもあり、昨今のマスコミ批判とあわせて社会問題化するべきだろう。

    一言で言えば「勝手にゴミを入れるな」。最後に朝日新聞をディスった漫画を紹介しておく。

    no title

    【勝手にポストにゴミを入れてくる朝日新聞、不法投棄という指摘の声あり 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/02(木) 18:14:21.67 _USER9
    20130726_617166

    http://biz-journal.jp/2017/11/post_21179.html

     一般に、新聞の部数減が止まらない、といわれている。2001年上半期と16年上半期の新聞販売データを比べてみると、読売新聞が1,028万部から901万部、朝日新聞が832万部から658万部、毎日新聞が396万部から309万部と、大きく部数を下げている。一般には、この事態をもって「新聞離れ」が進んでいると論じられている。

     だが、ほかに日本経済新聞(306万部から273万部)、産経新聞(201万部から157万部)を加えた全国紙は、主として関東圏と関西圏でよく読まれているにすぎない。東京にいる人は、地方では地元の新聞がよく読まれていることに、なかなか気づかない。

    部数の下がる地方紙、下がらない地方紙


     地方紙・ブロック紙のなかにも、部数の下がっていない新聞と大きく下げている新聞がある。たとえば北海道新聞は123万部から103万部、広島県の中国新聞は73万部から55万部と大きく下げている。新潟日報は49万部から44万部へと減っている。

    壇宿六(闇のキャンディーズ)

    images

    4

    437c3ffc5cdaabe4c8fc00c5223e5910

    debe4f347ffa6e456caa9d1eaf65aca0

     だが、そんな状況のなかでも部数を落としていない新聞がある。群馬県の上毛新聞は30万部のまま、栃木県の下野新聞は31万部から30万部、山梨県の山梨日日新聞は20万部から変わらず、長野県の信濃毎日新聞も47万部のままである。とくに山梨県は2001年に88万人程度だった人口が、現在では82万人へと大きく減っているにもかかわらず、新聞の部数減が起こっていない。

     地方紙の場合、部数減の要因には地方の人口が減少するというものがある。11年の東日本大震災で、福島県の福島民報や福島民友新聞は大きく部数を落とした。県外に避難した人が多かったからだ。もちろんこれは極端な事例だが、人口が減り、人が都会に流出するようになると、地方の新聞は部数を減らすのが当然だ。

     だが、それでも生き残っている地方紙がある。こういった地域では、「新聞離れ」が起こっていないのだ。

    (略)

    【【経済】瀕死の新聞業界 朝日新聞が832万部から658万部、毎日新聞が396万部から309万部と、大きく部数を下げる 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/13(木) 17:54:27.71 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/99342

    加戸守行前愛媛県知事が国会で重大な証言を行い、ネット上では日本中の国民から納得したという声があがった。しかし一部マスコミは証言を隠蔽し、わざと放送しないようにした。

    加戸守行氏の証言を1秒も放送しなかったのはバツマークのメディア。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/07/kato-media-1.jpgno title

    出典:https://twitter.com/take_off_dress/status/884694230844624896

    ※これは「DAPPI‏@take_off_dress」氏による調査

    どこが偏向報道に手を染めたのか一目瞭然だ。きちんと証言を不足なく報じたのはフジ、東京新聞、読売新聞、産経新聞。30秒ほど報じたのは日本テレビ、テレビ朝日、TBS。番組の中には予め定められた時間制限があるため、全てを紹介しきれなかったのはやむを得ない事情もあるだろう。 

    だが明らかに偏向しているのは加戸守行氏の証言を1秒たりとも紹介しなかったメディアだ。NHK、テレビ東京、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞。これらは前川喜平氏の主張のみを取り上げるなどして情報を中立の立場で伝えなかった。

    加戸守行氏はそもそも証言中も「メディアが自分の主張をカットして報じる」と不満を漏らしていた。


    連合審査会。加戸守行・前愛媛県知事「国家戦略特区民間議員会見で一点の曇りもないと、これが大きな事件の結論。これが国民に知ってもらう重要なことだ。沢山取材が来たが都合の良いことはカットされて私の申し上げたい事を取り上げてくれたメディアは非常に少なかった」
    グッと来た。#kokkai pic.twitter.com/eGMbBr4OPB
    — Mi2 (@YES777777777) 2017年7月10日



    「YouTubeで1時間半の会見見て、これが国民に知ってもらうべき重要なことなんだと私は思いました。私のところへはたくさん取材がありましたけれども、(メディアの)都合のいいようにカットされて、私の言いたいことを取り上げてくれたメディアは極めて少なかったことを残念に思います。あのYouTubeが全てを語り尽くしているのではないかなと思います」

    この話が報道されなかったのも案の定と言ったところ。紹介したのはソーシャルメディアユーザーかネットメディアぐらいであろう。

    加戸守行氏の話によると、安倍総理は完全に濡れ衣で悪いのは獣医師会一派なのだ。

    (1)獣医師が必要なのに文部科学省の既得権益を守る岩盤規制が突破できなかった。安倍総理の国家戦略特区でようやく歪められた行政が正された。

    (2)加計学園が選ばれたのは事務局長と今治市選出の議員にコネがあったから。安倍総理ははじめから無関係。もし加計孝太郎理事長が安倍総理に直接口利きできるのなら長年苦労することも、今治市選出の議員とコンタクトを取る必要もなかったということになる。

    (3)加計学園は12年間、正当に努力していたので選ばれて当たり前。獣医学部新設の必要性に共感し、昔から粘り強く提案していたのは加計学園だけだった。これは贔屓などという話ではなく正当な評価であろう。

    前回の記事:加戸守行が語った加計学園7つの真実。「行政が歪められた」のではなく国家戦略特区で「歪められた行政が正された」

    利権を手放したくない獣医師会は文部科学省や民進党とタッグを組んで内閣府と戦った。しかしその過程で、例えば民進党議員には3名にそれぞれ100万円の献金をするなど不適切なバラマキがあったことが確認されている。

    言うまでもなく日本国民からすれば狂牛病、BSEなどの感染症対策が充実されることは良いことであり、獣医師会は国益を損ねてまで私益を優先した。日本の感染症対策がアメリカよりも圧倒的に遅れているのは長きに渡り文部科学省が許可しなかったからだ。

    経緯を詳しく知る加戸守行氏の証言が全てであろう。メディアがこれを報じないのは自身の信念に合致しないからか。

    NHK解説委員副委員長、島田敏男氏のまとめはおかしい。

    中略

    島田敏男「国家戦略特区という新しい仕組みを作って真っ先に恩恵を受けたのが総理の友達だった。この点に国民は釈然としないものを感じています」

    そうではない。国民はすでに納得したのだ。していないとすればそれはマスコミの偏向報道に騙されているだけ。5つの大罪メディアはその卑怯な報道姿勢をしっかりと反省する必要がある。


    2017/07/12(水) 07:20:45.53
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1499851765/l50

    【【加計学園】加戸守行前愛媛県知事の重大証言を報じなかった5つの大罪メディア 朝日新聞、毎日新聞、NHK】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/27(金) 21:58:51.59 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/105451

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/10/aberensho-1.jpgno title

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/10/aberensho-2.jpgno title


    百田尚樹氏が朝日新聞をディスっている。中立の立場を超えて安倍政権を叩く朝日新聞はもはや「政治機関紙」とうまい表現をする。
    朝日新聞は完全に一線を越えた!



    百田尚樹「今までも偏向報道はあったが森友・加計は一線を越えた。朝日は完全に倒閣運動で政治機関紙になってる。とにかく安倍・自民叩くなら何してもいいとなってる」
    田北真樹子「それでも勝つ総理は凄い」
    居島一平「国政選挙は全勝です」

    結果を見ればわかるように安倍総理しかいないんです! pic.twitter.com/Xe5ukn40H5

    — DAPPI (@take_off_dress) 2017年10月24日

    百田尚樹「今までも偏向報道は多少ありました。『この記事の書き方はひどい!』っていうのはありましたけど、今年の森友学園・加計学園なんかは完全に一線を越えましたね。朝日新聞なんかは倒閣運動、完全に政治機関紙になりましたね。公正中立な報道を超えて、とにかく自民を叩く、あるいは安倍政権を叩くためなら何書いてもいいんだと」

    田北真樹子「でもここまで行動を起こさせる安倍晋三っていう人物も凄いですよね。それでもなお勝ってくる。この人ってすごい運命のもとに生まれたとしか思えない」

    居島一平「国政選挙、全勝ですもんね」

    百田尚樹「5連勝ですからね」

    居島一平「5連勝!ほぉ~!」

    マスコミの偏向報道にも負けず、安倍政権の政策面は絶好調。アベノミクスは着実に成果をあげており、国民からの信頼も揺るぎない。国政選挙では5連勝という異例の記録を叩き出した。

    半世紀ぶりの記録ということで我々国民はすごい歴史を目撃している真っ最中なのかもしれない。

    また、日経平均株価も絶好調で本日10月27日は2万2,004円で引けた。2万2,000円台に乗せたのは1996年7月以来で、21年3ヶ月ぶりの大記録だ。

    チャートで見ると右肩上がりで実に綺麗。日本国民としてはきちんと結果を出している安倍政権を応援するのが筋であろう。

    朝日新聞は今や事実のみならず記者の勝手な妄想まで垂れ流すようになっている。典型的なのは福島を訪れたときの安倍総理の様子を綴った天声人語。事実とは異なるとんでもない妄想が書かれていた。

    参考:朝日新聞の「おにぎりを食べる安倍総理の顔はこわばっていた」をファクトチェックしてみた

    朝日新聞の記述の中で明らかに事実と異なるものをざっと振り返ってみよう

    ・「地元への連絡は急だった」→間違い。2011年の震災以来、基本的には選挙演説を福島から始めている

    ・「おにぎりを頬張る表情もこわばっていた」→にこやかだった。証拠の動画あり。



    ・「勝因は首相ではない」→みんな安倍総理の実力と思っている

    この他にも記事には「~と聞く」「想像してみた」「~のように見える」「ようだった」「だろう」という適当な表現が並ぶ。これでは百田尚樹氏が言うように、もはや倒閣運動に必死な政治機関紙ではないか。

    安倍総理の視点で考えてみよう。国民のために懸命に仕事をしているのに森友・加計学園問題を捏造されて冤罪に苦しみ、さらに、おにぎりを食べる様子まで捏造されたのではたまったものじゃない。並のメンタルではとっくに潰れているはずなのに、安倍総理は正義のためによく戦ってくれている。

    あわせて読みたい→安倍総理 VS 朝日新聞 堂々と嘘をつく朝日新聞記者が酷すぎる!!!

    【百田尚樹「朝日新聞は倒閣運動のための政治機関紙」「森友・加計は一線を越えた」「とにかく安倍・自民叩くなら何してもいいとなってる」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/01(水)14:14:51 ID:???
    58f153d285f563c45d53b4f14fe39062

    野間易通
    @nomacrac
    あのさ。言論であれば
    右翼の言うことを潰しても左翼の言うことを潰してもいいんですよ。
    言論の自由って習ったでしょ? 
    それとヘイトスピーチは何の関係もないし、
    極左云々も何の関係もないから。頭
    悪すぎるんで、もう少し勉強してからチャレンジを。
    ----
    京特P
    @Key_tokuP
    返信先: @nomacracさん
    ヘイトは許されない。だからと言って右翼の言うことを潰す。
    それは左翼の言うことを潰す極右となんら変わりがない。
    なら極左でしょ。ほら人の話に聞く耳持ってないのもその最たる証拠じゃん。考え直したら??
    ----
    午後0:36 ・ 2017年11月1日
    https://twitter.com/nomacrac/status/925567285384724480

    【【しばき隊twitter】野間易通『言論であれば右翼の言うことを潰してもいいんです。言論の自由とヘイトスピーチは何の関係もない』】の続きを読む

    このページのトップヘ