真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    サヨクメディア

    toky
    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/15(金) 20:08:34.01 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    東京新聞・望月衣塑子記者が産経記事「リーク」発言を撤回 官房長官会見で「まず初めに」と切り出して一方的に…

     東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者は15日、首相官邸報道室が東京新聞に注意喚起した文書を報じた産経新聞の記事を「官邸からのリーク」と発言したことについて、
    菅義偉官房長官の記者会見の場を使って「(文書は内閣記者会に常駐する)全社に出していて誤りだった。撤回して謝罪したい」と述べた。

     望月記者はその後、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関し「(発射準備情報を)国民に事前に知らせることはできないのか」などと矢継ぎ早に質問。
    菅氏は「パニックを起こす危険性はないか。いろいろなことを考えて責任をもって対応している」と述べるにとどめた。

     産経新聞社は14日、望月記者が同日の官房長官会見で「産経新聞になぜかリークとして(注意文書の)記事が出た」と発言したことを受け、
    「事実無根で看過できない」として撤回を求める抗議文を東京新聞編集局長宛てに送付していた。

    http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150073-n1.html

    関連
    首相官邸広報室、東京新聞に注意 菅義偉官房長官会見での社会部記者の質問めぐり
    http://www.sankei.com/politics/news/170901/plt1709010045-n1.html

    東京新聞・望月衣塑子記者の「リーク」発言に産経新聞が抗議 「事実無根だ」 ネット上の誹謗中傷は「言論弾圧を助長している」のか?
    http://www.sankei.com/premium/news/170914/prm1709140010-n1.html
     書面は、東京新聞官邸キャップの了承の上で内閣記者会の常駐各社に配布されたため、産経新聞は2日付朝刊で「官邸報道室 東京新聞を注意 『不適切質問で国民に誤解』」という記事を掲載した。
     ところが、望月記者は14日午前の官房長官会見で「注意文書のことが産経新聞になぜかリークとして記事が出て、これまでの官房長官とのやりとりもいくつも記事にされた。
    個人への誹謗中傷が進んでいる。言論弾圧を助長するかのようなネット上の誹謗中傷について、政府はどう受け止めているのか」と質問した。

    【東京新聞・望月衣塑子さん、「産経の記事は官邸からのリーク」発言を撤回し謝罪 官房長官会見の場で 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/02(土) 16:34:18.73 _USER9
    toky

    連合国軍総司令部(GHQ)が70年以上前、わずか1週間で草案をつくった現行憲法の弊害は数多い。中でも「平和を愛する諸国民の公正と信義」という虚構をうたう前文は、日本人に「平和ボケ」という深刻な病をもたらした。症状の特徴は、一時的に快方に向かってもすぐぶり返すことである。

    ▼「拉致は遺憾なことで、率直におわびしたい」。平成14年9月、北朝鮮の金正日総書記は小泉純一郎首相との会談でこう述べ、初めて日本人拉致を公式に認めた。多くの国民が、国際社会は憲法前文が描くような牧歌的世界ではないという現実に気付いた「覚醒の瞬間」だった。

    ▼当時、新聞もテレビも北朝鮮の非道と無法を連日報じていた。北朝鮮工作員が自由に日朝間を往来し、ある日突然、家族や恋人を奪い去ることへの恐怖も語り合われた。だが、15年が過ぎた今では、記憶も関心も薄らいでしまった。

    「(米国と韓国に)金正恩・朝鮮労働党委員長の要求に応えるように、冷静に対応するように政府として働きかけているか」。8月31日の菅義偉官房長官の記者会見では、東京新聞の記者からこんな質問が飛んだ。弾道ミサイルを連射しているのは、北朝鮮のほうなのに。


    *****
    引用ここまで全文は下記よりお願いします
    http://www.sankei.com/smp/column/news/170902/clm1709020003-s1.html
    産経抄2017.9.2 06:45

    20: KSM WORLD NEWS 2017/09/02(土) 17:02:31.44
    石平太郎? @liyonyon
    https://twitter.com/liyonyon/status/903376561822248961

    ヤクザが民家の上に向け銃の一発を撃った後、
    別の人がやってきて「親分の話を聞いた方が良いよ」と言うなら、
    それは「恫喝の連携プレー」に違いないが、

    北朝鮮は日本の上空にミサイルを撃った直後、
    東京新聞の望月記者が「金正恩委員長の要求に応じろ」と
    政府に迫ったのは、それと同じ構図ではないか。

    14:58 - 2017年8月31日

    【【産経抄】執拗な東京新聞記者の質問は“北朝鮮に手の内を明かせ”と迫っているかのようだ[09/02]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/09(土) 15:32:45.98 _USER9
    Dollarphotoclub_74892391

    視聴率3冠王の面影はどこへやら。フジテレビが9月4日、10月期の番組改編発表会見を実施した。

    その席で立本洋之編成部長が「非常時」「真摯に」と言葉を並べて現状の苦しさを語り、一部スポーツ紙からも「非常事態宣言」と報道されるなど、フジの焦りが丸見えだ。
    そんなフジに対し、長年動向を見てきた視聴者の間で「因果応報」「何を今更」「まずは院政を敷いている権力者を取り除かないと」などと批判や失笑の嵐が吹き荒れている。

    ■フジ編成部長が非常事態宣言…2011年の韓流偏重疑惑から低迷続く

    2015年に開局以来初めての赤字を記録するなど、近年低迷が続くフジ。4日の会見では「“reboot(再起動)”」をテーマに掲げて、立本編成部長が「フジテレビが得意な若年層を中心に、他の層にも広げていきたい」と目標を語り、2018年の改編も見据えて中長期的なスパンで動くことを明らかにした。

    フジに焦りが見える大きな原因は、視聴率の深刻な低下だ。
    週間平均視聴率では、好調のTBSと日本テレビのみならず、時にはテレビ東京やテレビ朝日にも負けるなど民放最下位に屈することもある。 果ては一部メディアで会社の身売り説が飛び出すなど、抜き差しならぬ状況だ。

    そんなフジの凋落の一因は、6年前に遡ることになる。フジが韓国系コンテンツを頻繁に放送していた 2011年7月、俳優の高岡奏輔(35)がこの動きをツイッターで批判。その後、当時所属していたスターダストを解雇される憂き目に遭った。

    するとSNSやネット掲示板で視聴者の怒りが爆発し、スポンサーの商品の不買運動や抗議デモが発生する事態に。さらに岡村隆史(47)やビートたけし(70)が同騒動に対して「嫌なら見るな」と主張したことで、視聴者のフジ離れが加速。フジは2011年9月、韓流偏重疑惑について見解を示すも、視聴者の理解を思うように得られなかった。

    「この騒動で、フジの信用が一気に失われた。おまけに2010年代からネットの動画配信サービスが急成長を遂げ、テレビ離れする若者が増えている。とはいえ、他局は今も要所要所で視聴率を稼いでおり、フジだけが取り残されている状況だ。2011年の騒動でもっと真摯に対応していれば、こんな大ケガをしないで済んだかもしれない」(報道関係者)

    http://dailynewsonline.jp/article/1353167/
    2017.09.09 15:05 デイリーニュースオンライン

    17: KSM WORLD NEWS 2017/09/09(土) 15:37:51.66
    ロンドンブーツ田村淳 
    「(韓流の番組を)見ないと言う選択で良くない?」
    「君の家…TVのチャンネル1個しかないの?あと電源切れないテレビなの?」
    99 岡村隆史
    「嫌なら見るなや。
    何でもツイッターで呟くな!は?ミステリー作家? 知らんわ、お前がミステリーやわ」
    ビートたけし
    「韓流ばかり放送するたってそれである程度視聴率取るんだからしょうがないよな。
    いやなら見なきゃいいんじゃねーか」
    ダウンタウン 松本
    「お前らチャンネル変える能力もないんやな。どんだけ無能やねん(笑)」
    やしきたかじん
    『(韓流番組が)イヤやったら観んとったらえぇんちゃうの』

    【【テレビ】フジテレビの“非常事態宣言”に失笑の嵐「因果応報」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/10(日) 07:12:56.15 _USER9
    thetv_117163_0

    毎年恒例のテレビ番組『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)が9~10日、放送されている。 フジの『27時間』といえばこれまで、バラエティ色を前面に打ち出す内容が特徴だったが、今年は打って変わり、27時間かけて「にほんのれきし」を振り返るというテーマだ。

    そうした方針転換はオープニングでも顕著にみられ、例年では多くのタレントがずらりと並び、全国の系列局と中継でつなぐ“お祭りムード”満載のなかでスタートしてきたが、今回はメインMCのビートたけしと関ジャニ∞の村上信五のみ。その後、バカリズムと波瑠が加わりオープニングが続くも、“静かな”幕開けとなった。

    テレビ局関係者が語る。

    「昨年放送の『27時間』が過去最低の平均視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録するなど、『 27時間』は多額の制作費がかかるにもかかわらず、ここ数年低迷が続いていました。 そのため、6月に就任した宮内正喜新社長は放送に反対したものの、すでにスポンサー集めを進めてしまっていたという事情もあり、仕方なく放送されたという経緯があります。 宮内社長からは、例年のようにただバカ騒ぎして金ばかりかかるような企画は許さないという方針が出され、 現場には制作費抑制の大号令がかかっていました。その結果、なんとも“ショボい”内容になってしまったのでしょう」

    放送開始から4人だけのシーンが約20分間にわたり続き、次のコーナー企画『れきし自慢! 大賞』に移行。多くのタレントがスタジオに集まり、都道府県ごとに自慢の歴史エピソードを紹介していくという内容だが、早くもインターネット上では、「地獄のごとく、面白くない」「よくこんなつまらん番組つくった」「27時間でやる意味ある?」「大丈夫かなって、心配になる」などと厳しい声が多数みられる。

    「マニアックな歴史ネタとたけしの下らないギャグが延々続き、あまりのつまらなさに絶句してしまいました。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353438/
    2017.09.10 06:55 ビジネスジャーナル

    2: KSM WORLD NEWS 2017/09/10(日) 07:13:33.96 _USER9
    さらにフジとしては、歴史をテーマに持ってくることで、家族揃って見てもらえることを狙っていますが、たけしが『こうもん』『ちんこちんこ』などと低レベルな下ネタを連発し、そんなフジの思惑もぶち壊しです」(同)

    ●日テレとの差

    今年で最後の放送になるとも報じられている『27時間』だが、今年の放送について、別のテレビ局関係者もこう厳しい評価をする。
     
    「過去の『27時間』は、たしかに視聴率的には低迷していましたが、深夜帯で芸人たちがガチでぶつかり合ったり私生活を暴露し合ったりと、放送コードギリギリのコーナーがあったり、批判を受けるのを覚悟の上で珍事件が起こるような演出があったり、テレビでしか成立しない感動シーンがあったり、明石家さんまと中居正広が他では絶対にみられない本音トークを展開する名物コーナー (『さんま・中居の今夜も眠れない』)があったりと、毎回“フジなりの挑戦”が垣間見られて、見所があったのは事実です。

    しかし今年は、“放送することが決まってしまっていたので仕方なくつくりました感”がミエミエで、見るべき部分が何もなく、想像を絶するほど、ただただつまらない。制作費も例年の数分の一なのは見ていて明らかですが、変にそれを覆い隠して豪華さを醸し出そうとしているところが、かえって安っぽく見えてしまっている。カネがないならないなりに、それを逆手にとった演出を企画するなど、やりようはあったはずです。いずれにせよ、歴代ワーストを記録した昨年の視聴率を下回るのは確実で、フジにとっては恐ろしい数字になるのでしょう。先月放送された日テレの『24時間テレビ』が歴代2位の高視聴率をマークし、改めて3年連続3冠王の日テレの強さを示しましたが、まさに今の日テレとフジの実力差を如実に物語っているといえます」

    フジの凋落を物語る、今年の『27時間』となりそうだ。

    【【テレビ】フジ『27時間』、想像絶する「つまらなさ」…延々たけしの下らないギャグ&歴史ネタ】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/08(金) 23:37:45.35 _USER
    kinosita2

     フジテレビの夏の大型特番「FNS27時間テレビ」が、今年も9日から放送される。

     「27時間テレビ」といえば、例年バラエティー色が強い内容だったが、ビートたけしを総合司会、「関ジャニ∞」の村上信五をキャプテンに据えた今年は「にほんのれきし」をテーマに、生放送ではなく事前収録を中心とした構成になっている。

     亀山千広前社長に代わり、今年6月に新社長に就任した宮内正喜氏が翌7月に行った定例社長会見の席で、担当の石原隆新取締役は「日本の歴史」を番組テーマに掲げた理由について、同番組のマンネリ化やネタとして行き詰まっているのではないかという意見があったことを明かした。 宮内新社長体制が抱える強い危機感

     フジといえば、近年は視聴率の面でかなりの苦戦を強いられている。

     そうした中、10月クールからはフリーアナウンサー・古舘伊知郎氏の冠番組「フルタチさん」が1年で打ち切りになるなど、午後7時~10時のゴールデン帯で、3割近い番組が改編されることになった。

     亀山前社長時代の今年4月の改編では、全日帯(午前6時~深夜0時)での改編率がわずか6.5%と、ここ10年の記録では過去最低を記録していたことを考えると大きな変化が伺える。

     先日には、同局の立本洋之編成部長の口から“非常事態宣言”が飛び出したことを「スポーツ報知」が報じて話題を集めたが、こうした発言の裏には宮内新社長の強い危機感が反映されているのだろう。

    いまだに尾を引く韓流偏向疑惑騒動

     そんなフジの凋落を語るうえで避けて通れないのが、2011年の韓流偏向疑惑騒動だろう。

     俳優の高岡蒼甫(現・奏輔)が同年7月、当時、フジでは韓国のTV局かと思うほど、韓国ネタの取り扱いが多いので観たくない、観たいのは日本の伝統だ、という趣旨のツイートを発信した。このツイートが大きな反響を呼び、同局への抗議デモや同局の番組スポンサー企業に対する不買運動にまで発展した。

     テレビ誌編集者はこう語る。

     「当時の対応のまずさもあり、あの騒動がいまだにフジテレビにとって大きな足かせになっていることは間違いないでしょう。今もインターネット上を中心にフジを反日的な存在として扱う意見も数多く見受けられますからね」

    以下ソース
    https://thepage.jp/detail/20170907-00000003-wordleaf

    3: KSM WORLD NEWS 2017/09/08(金) 23:39:35.35
    JAP18とか原爆Tシャツとか


    is03 fuji01

    0f3b6644

    2ee724bf

    6a1Y5fRlM3vDJK9_Dpk19_236

    2d441bef-s

    こういうのを普通は使うだろ??↓ KSM
    01151

    b5de9097-86c8-4c99-b4f6-a4f71bd9853c

    img_5

    img_0

    E381AAE381A7E38197E38193E38080E697A5E381AEE4B8B8


    【【フジテレビ】いまだに尾を引く韓流偏向疑惑騒動 「今もインターネット上を中心にフジを反日的な存在として扱う意見も」】の続きを読む

    このページのトップヘ