真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    オリンピック

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/20(月) 09:11:37.52 _USER
    smile

    韓国で開催される予定の平昌五輪。開催まですでに100日を切り、チケットの販売も開始されているが、売れ行きが芳しくないことなど懸念材料がいくつか存在するようだ。中国メディアの今日頭条は15日、平昌五輪の観戦チケットの売れ行きが悪いことを取り上げる一方、「韓国は今なお、『中国人が買い占めてくれる』という自信を崩していない」と紹介する記事を掲載した。

    中国と韓国は終末高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)配備を巡って関係が悪化しており、両国は関係改善に向けて歩み寄りを見せているものの、かつてのような良好な関係にはまだ戻っていないのが現状だ。それゆえ中国国内では平昌五輪に対して冷ややかな報道も見られる。

    本来は平和を促進させる目的を持つ五輪であるが、中韓関係は中国の選手たちにも影響を与えているようで、記事は「関係が悪化していた当時、一部の中国人選手は韓国での大会には参加したくないと表明していた」とし、韓国国内では「冬季五輪に参加したくないなら、韓国に来なくても良い」という声もあったと紹介。

    またアイスホッケーは冬季五輪の人気種目だが、北米プロアイスホッケーリーグ(NHL)が選手を派遣しないことを決めたことで、チケットの売れ行きに悪影響を与えていると指摘。

    平昌五輪の118万枚のチケットのうち、まだ5万枚ほどしか売れていないという報道があると伝える一方、韓国国内では未だに「中国なら何とかしてくれる」、「きっと中国人がチケットを買い占めてくれる」という期待の声があると伝え、「果たして中国人は本当に平昌五輪を観戦にいくのだろうか」と疑問を投げかけた。

    国家間や選手たちの動向については何とも言えないが、チケットの売れ行きは世界の平昌五輪への関心を示すものと言える。韓国にとって、人口が多く旺盛な消費意欲を持つ中国人には是非とも平昌五輪の観戦に訪れてもらいたいところだろう。中国と韓国の歩み寄りと中韓関係の改善がどこまでチケットの販売につながるのか、今後の動向に注目が集まる。


    2017-11-20 05:12
    http://news.searchina.net/id/1648194?page=1

    【【五輪】チケット売れない平昌五輪、韓国は「中国なら何とかしてくれる」と期待[11/20] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月) 14:03:32.58 _USER
    wor1709300027-p1

    2017年11月5日、中国メディアの網易新聞によると、韓国・平昌五輪の開・閉会式が行われるメーン会場の「オリンピックプラザ」で4日に行われたK?POPアーティストによる「ドリームコンサート」で、十数人の観客が低体温症になり病院に運ばれたという。

    オリンピックプラザは当初、ドーム型にすることが検討されたが、経費が掛かりすぎることから見送られ、屋根がなく吹きさらし状態だという。記事は「2万人を超える観客は寒風に震えながらステージを見守っていた」と伝えている。


    2017年11月6日(月) 13時0分
    http://www.recordchina.co.jp/b204095-s0-c50.html

    【【韓国】平昌五輪のメーン会場で韓流コンサート、屋根なく低体温症で十数人の観客が病院に運ばれる[11/06 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/26(火) 15:27:40.75 _USER
    c07e2786-s

    北朝鮮の核問題による緊張の高まりを受け、欧州の一部国家から来年2月開催の平昌冬季オリンピックへの不参加を示唆する声が出始めている。オーストリア・オリンピック委員会のカール・シュトース委員長は22日、現地メディアとのインタビューで「状況が悪化し選手の安全が保障されないなら、韓国には行かないだろう」と述べた。同じ日にはドイツ内務省も「平昌冬季オリンピックの安全問題については政府が適切な時期に発表する」と明らかにし、平昌の安全を問題視していることをうかがわせた。これに先立ちフランスのフレッセル・スポーツ相は現地のラジオ番組で「北朝鮮の核問題が悪化し安全が確信できなければ、フランス代表チームはオリンピックに参加しないだろう」とコメントしている。


     オーストリア・オリンピック委員会は不参加への言及が大きく報じられた24日、平昌オリンピック組織委員会に「現在の状況はオリンピックの開催に影響がないことを確信する」という内容の公式コメントを伝えた。フランスのフレッセル・スポーツ相も22日、パリを訪問した韓国文化体育観光部(省に相当)の盧泰剛(ノ・テガン)第2次官に「平昌に行くことが公式の立場」とした上で「自らの発言はメディアが誇張したもの」と説明したという。

     1972年のミュンヘン・オリンピックではパレスチナ武装組織が11人のイスラエル選手を殺害するという前代未聞のテロ事件が発生したが、オリンピックは34時間後に再開された。東西冷戦時代の1980年には米国を中心とする自由主義陣営がモスクワ・オリンピックへの参加をボイコットし、また84年のロサンゼルス・オリンピックは当時のソ連を中心とする共産主義陣営が参加をボイコットしたが、安全への懸念からオリンピックに参加しないというケースは過去に一度もなかった。2015年11月にフランスのパリでイスラム国(IS)の戦闘員により30人が犠牲となるテロが発生したが、それから2週間後には140カ国以上の各国首脳が参加し国連の気候変動枠組み条約締約国会議が予定通り開催された。これにはいかなるテロや暴力にも屈しないとする国際社会の強いメッセージが込められていた。

     北朝鮮の核・ミサイル問題は世界の平和と国際社会全体にとって大きな脅威だ。もし安全上の懸念を理由に各国が平昌オリンピックに参加しないとなれば、これは北朝鮮の脅迫に屈することになり、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が最も望む結果となる。現在、北朝鮮の核問題が最悪の状況に向かっているのは事実だが、そのような時ほど国際社会は結束して北朝鮮に断固たる態度を示してほしい。

    2017/09/26 10:51 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/26/2017092601000.html

    【【朝鮮日報/社説】北の脅しに屈し平昌五輪不参加、金正恩の思うつぼ[9/26]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/27(水) 13:57:31.46 _USER9
    no title

     政府は27日、在京韓国大使館に対し、平昌五輪の公式ホームページ(HP)にある世界地図に日本列島が記載されていないことを指摘し、早急な是正を申し入れた。

     菅義偉官房長官が同日午前の記者会見で明らかにした。

     同HPは、これまでも島根県・竹島を「独島」、日本海を「東海」などと韓国名で表記し、政府が抗議している。菅長官は「極めて不適切だ」と批判した。

    配信(2017/09/27-12:48)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092700676&g=pol

    20: KSM WORLD NEWS 2017/09/27(水) 14:00:24.56
     
    こ れ は ひ ど い www
    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170927/soc1709270025-m1.jpgno title



    嫌がらせにも程があるだろ・・・

    【【政府】平昌五輪HPに日本列島記載なく是正要求-菅義偉官房長官】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/24(日) 08:02:06.71 _USER
    ダウンロード

    レコードチャイナ 2017年9月24日 06時50分 (2017年9月24日 07時43分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170924/Recordchina_20170924005.html

    2017年9月22日、環球網は記事「平昌五輪?それとも平壌五輪?対外宣伝が不足していると韓国平昌五輪組織委員会に批判」を掲載した。

    平昌冬季五輪まであと5カ月に迫ったが、海外での知名度はまだまだ不十分のようだ。「平壌五輪だっけ?」と、とんでもない間違いまでしばしばあるという。韓国ニューシス通信によると、韓国野党「国民の党」の崔鳴吉議員は22日、議会でこの問題を追及した。

    平昌五輪を平壌五輪と間違える事例が海外メディアで頻繁に確認されるという。あの米大手紙ウォール・ストリート・ジャーナルでもこの間違いがあったという。平昌と平壌の言い間違え問題を解決するべく、五輪組織委員会は一刻も早く対策を講じるべきだと崔議員は提言している

    【【中国メディア】平昌五輪は韓国?北朝鮮?外国人には区別つかず】の続きを読む

    このページのトップヘ