真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    オリンピック

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/06(木) 12:11:33.21 _USER
    c9fe18d2-s

    2018年平昌五輪のカーリング会場で3月22日、コンクリート床面の全面に亀の甲羅のような亀裂が複数生じているのが確認された。 朝鮮日報(電子版)が報じた。手抜き工事が原因とみられており、地元自治体・江原道が床面を全面撤去して施工し直す計画。

    既存施設を134億ウォン(約13億4000万円)かけて整備したが、再施工にさらに3億~4億ウォン(約3000万~4000万円)の費用が必要で、 五輪支出で苦心する江原道は施工業者に負担させる考えだ。

    韓国では以前から手抜き工事に伴う死亡事故などが頻発し、その度に問題視されるが、教訓が全く生かされていない格好に国民も呆れるばかりだ。
     
    朝鮮日報が報じた写真を見ると、江陵カーリングセンターの縦60メートル、横30メートルのコンクリート床面は パテが埋め込まれているような亀裂が不規則に走っている。

    専門家はコンクリートが氷の荷重に耐えられなかったと指摘し、「当初から不良施工をした疑いがある」と原因を推測していた。
     
    2月に平昌五輪のテスト大会として実施された世界ジュニア選手権で、世界トップレベルにあるカナダの製氷技術者(アイスメーカー)が、 この会場が五輪に適していないという意見を平昌五輪組織委員会に伝えていたと報じられる。

    世界カーリング連盟(WCF)も口頭で組織委に伝えており、朝鮮日報は「事実上『五輪不適合』の判定がなされた状況」と伝えた。

    韓国news1によると、同競技場は1998年に総合体育館として建設。 平昌五輪に向けて床面を整備し、老朽化に伴って生じた漏水に対する防水処理を行ったという。

    五輪後は江陵市が事後管理を担当。総合スポーツ施設などとして利用される方針が決まっている。
     
    複雑な戦略的思考を必要として「氷上のチェス」にたとえられるカーリングでは氷の摩擦力が非常に重要な要素を占める。 水をまいて凍らせてから削るという作業を繰り返し、水平な表面を作り出す。

    五輪などの国際大会で製氷を担当するアイスメーカーはWCFの認定資格を持つ技術者のうち最高位を持つ数人だけとか。それだけ繊細な作業といえる。
     
    高い氷質を決定するには床面の質も密接に関連する。 今回のように、床面に亀裂が生じた場合は冷却装置を通して送られる冷気がひびに入って温度が不均衡となり、 氷も「亀の甲羅」状のようにひびが入る現象が生じる可能性があるという。
     
    五輪を11カ月後に控えた異常事態に江原道は頭を抱え、原因究明する時間よりも、まずは五輪実施に向けた改修が先決と判断。 4月から工事に着手。床面を全面撤去するとともに、設計もし直して8月には工事を終える計画を立てる。


    ※以下ソース元で


    2017.4.6 07:00
    http://www.sankei.com/premium/news/170401/prm1704010011-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170401/prm1704010011-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170401/prm1704010011-n3.html


    【【平昌五輪】「手抜き工事」でカーリング会場の床に亀裂 「五輪不適合」で全面再施工[04/06] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/14(火) 20:06:31.87 _USER
    【ソウル聯合ニュース】来韓中の国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は14日、韓国で来年開催される平昌冬季五輪が最近の韓国の政治的対立を解消する良い機会になるとの見解を示した。韓国体育大から名誉博士号を授与された後、韓国の政治環境の変化に関する報道陣の質問に答えた。

    http://img.yonhapnews.co.kr/photo/yna/YH/2017/03/14/PYH2017031427660001300_P2.jpgno title

    韓国体育大で開かれた名誉博士号授与式であいさつするバッハ氏=14日、ソウル(聯合ニュース)

     バッハ氏は「平昌五輪を通じ韓国人は一つになり、再び韓国を誇りに思うことができるだろう」と述べた。

     また、韓国の国民、国会、政府の平昌五輪に対する支持に謝意を示し、「このような支持は政治的見解の違いを超える」と語った。

     昨年9月以来、6カ月ぶりに来韓したバッハ氏は平昌五輪の準備状況について「非常に素晴らしい発展があった」と評価した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/03/14/0200000000AJP20170314004100882.HTML

    【【韓国】IOC会長「平昌五輪を通じ韓国人は一つになり、再び韓国を誇りに思うことができるだろう」[3/14]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/01(水)18:21:50 ID:???
    【2018平昌五輪】
    五輪公式HP「独島」への抗議を一蹴した韓国 ロンドン五輪の「独島は我が領土」が再現されるのか

    1

     2018年2月に開催される平昌五輪の組織委員会は公式ホームページ(HP)で、
    日本が領有権を主張する「竹島」を「Dokdo」(独島)と表記し韓国領としていることが明らかになった。

    日本の外務省は韓国政府に抗議したが、組織委員会の李煕範(イ・ヒボム)委員長は
    「『対応する価値もない』と切り捨てた」と朝鮮日報(電子版)は報じた。「反日=愛国=正義」
    という韓国の歪んだ価値観を前に「平和の祭典」である五輪を成功させたいのか疑わしくなる。
    ネットユーザーも「気に入らないなら平昌五輪に来なければいい」などと反発するコメントが寄せていた。

    続き 産経ニュース 全3ページ
    http://www.sankei.com/premium/news/170201/prm1702010001-n1.html


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 64◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485556821/272

    【【2018平昌五輪】 五輪公式HP「独島」への抗議を一蹴した韓国 ロンドン五輪の「独島は我が領土」が再現されるのか[H29/2/1]】の続きを読む

    n-YOSHIRO-MORI-large570


    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/27(金) 21:58:04.24 _USER9
    2017年1月27日21時26分 スポーツ報知
     2020年東京五輪のゴルフ会場に決まった「霞ヶ関CC」(埼玉県川越市)を都所有の「若洲ゴルフリンクス」(江東区)に変更すべきと提言している 「日本ゴルフ改革会議」(大宅映子議長)は27日、東京・港区の東京五輪パラリンピック組織委員会を訪問して、同趣旨の要望書を森喜朗会長(79)に提出した。

     訪問した同会議のメンバーは三宅議長のほか、桜美林大学大学院教授の諸星裕氏、スポーツ評論家の玉木正之氏(以上副議長)と参院議員の松沢成文氏、ジャーナリストの上杉隆氏。

    同会議は「霞ケ関CC」は男女でプレー環境に格差があること、高級会員制クラブのため大会後のレガシーになりにくい点のほか、選手村から遠いことや 若洲以上に設備費がかかることなどをマイナス要素として説き、十分が敷地と施設がある若洲がより適していると力説した。

     森会長は「大変強い、有力な要請を受けた」と要望書を受け取ったが、「霞ヶ関CC」への会場決定の過程が不透明であるとの同会議の主張については「意思決定したプロセスに瑕疵(欠陥)はない」と否定した。

     要望書提出後の懇談は、報道陣に公開で行われた。玉木氏から「2019年で会長を辞めるという新聞報道もあったが」と問われた
    森会長は「毎日辞めようかと思っています。奉仕の気持ちでやっている。(東京大会の)組織の基盤を固めたら辞めてもいいと思っている」と答えた。

    http://www.hochi.co.jp/topics/20170127-OHT1T50161.html



    東京五輪音頭
    三波春夫
    テイチクエンタテインメント
    2007-06-27


    【東京五輪組織委・森喜朗会長「毎日辞めようかと思っています。奉仕の気持ちでやっている」 ⇒2ch「すぐに辞めろ!!!」】の続きを読む

    e4f090fe-s


    1: KSM WORLD NEWS 2016/10/19(水) 13:56:49.15 _USER9
     東京都による2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の見直し問題にからみ突如浮上した韓国での代替開催について、
    フジテレビ系の情報番組「めざましテレビ」が19日の放送で、日韓両国民に行った緊急アンケートの結果を紹介した。
    アンケートによると、韓国人の多くが賛成としたのに対して日本人のほとんどはノーを表明し、両国民の意見は真っ二つに分かれた。

    同番組は、韓国開催の賛否について日本人100人とソウルで韓国人70人に街頭アンケートを実施。
    日本人からは「東京で完結してほしい」「復興五輪なので韓国ではなく宮城(の長沼ボート場)でなければ」などとする声が続出し、反対が95%に上った。
    しかし、韓国人は「韓国なら外国から大勢人が訪れる」などとメリットを強調する声が多く、賛成意見は70%に達した。

    18日に来日したIOCのバッハ会長はボートなどの韓国開催の可能性について「噂についてのコメントはしない」と答えている。
    元都職員で2016年五輪招致メンバーだった鈴木知幸氏は同番組内でコメントし、
    「日本がボートの競技場などでゴタゴタしていて、解決をせかすためのIOCのプレッシャーではないか」との見方を示した。

    関係者によると、IOC側が想定しているのは13年世界選手権や14年仁川アジア大会で使われた韓国中部、忠州のボート場とされる。

    http://www.sankei.com/sports/news/161019/spo1610190022-n1.html

    【【KSM】東京五輪、韓国にボート会場…日本人は95%反対、韓国人は75%が賛成】の続きを読む

    このページのトップヘ