真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    自民党

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 17:42:55.63 BE:329591784-PLT(12100) ポイント特典
    o0400030813978761623

    安倍首相が意向を固めた28日の臨時国会冒頭の衆議院解散について、自民党の石破元幹事長は 21日、「何のための解散か明確にする必要がある」と述べた。

    石破元幹事長「私の知る限りこの解散の意味って何なんだろうって大勢の人が思っている。国民に対して何のための解散か。そして何を問うのかということは明確にする必要がある」

    与野党からは「解散は加計学園の問題で追及を避けることが目的で、大義がない」などと、批判が 出ている。石破元幹事長は解散の理由について、安倍首相は国民が納得する説明をすべきだとの 認識を示したもの。また、安倍首相が選挙公約として消費税率を引き上げた際の税収を教育などに 充てることを検討していることに異論が噴出している。

    石破元幹事長は党側との調整が不十分だとの認識を示した上で、「党内民主主義をすっ飛ばして国民に問うべきではない」と安倍首相の対応に苦言を呈した。

    http://www.news24.jp/articles/2017/09/21/04373185.html?cx_recsclick=0

    【【ゲル石破】石破茂、自民党に公然と裏切り発言「この解散の意味って何なんだろうって大勢の人が思っている」まるで野党と同じ論調! 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/27(日) 10:45:33.85 _USER
    韓国の文大統領が、解決済みの徴用工問題を蒸し返そうとしている。自民党政調会長代理を務める片山さつき参院議員が、暴走する隣国に真正面から警告を発した。

    「韓国の対日請求権は、1965年の日韓請求権協定で解決済みです。しかも、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2005年、『韓国政府が道義的に取り組む』と宣言しました。当時、文氏は大統領側近として青瓦台(大統領府)で活躍しており、こうした事情は知っているはずです」

    片山氏はこう語り、ため息をついた。

    文氏は就任100日の17日に開いた記者会見で、徴用工問題を取り上げ、新たな「賠償カード」にする可能性を示唆した。

    朝鮮半島は、北朝鮮が米国領グアムへの弾道ミサイル発射を予告したのに対し、米国が軍事行動を示唆するなど、一触即発の危機が続いている。

    片山氏は「アジアと世界の平和と安定のために、日米韓3カ国が力を合わせていかなければならない時に、なぜ韓国はわざわざ、これに逆行しようとするのでしょうか」と疑問視した。

    文氏は大統領選中から「従北・親北」と言われていた。まさか、「反日発言」を利用して、窮地に立つ北朝鮮を助けるつもりなのか。

    片山氏は「国家間の約束を一方的に反故すれば、韓国は国際的信用を失うだけでなく、重大な国益を害しかねない」と批判し、続けた。

    「そもそも、北朝鮮は『米国としか交渉しない』と言っています。文氏が日本を敵視して北朝鮮と譲歩しようとしても、まったく意味はありません。それどころか、西側諸国としての基盤が崩れる恐れがある。とても愚かしいことです」

    米財務省は22日、北朝鮮の「核・ミサイル開発」に関与したとして、中国とロシアなどの企業や個人を制裁対象に追加指定したと発表した。

    「武力行使も辞さない」という強硬姿勢を続けながら、北朝鮮の抜け道を防ぎ、核・ミサイルの完全放棄につなげる意向だ。韓国の出番はない。

    「文氏は存在感を示すために『反日カード』を切ってきたのでしょうが、安倍晋三首相は『ゴールポスト(終着点)が動くことは絶対にあり得ない』と明言しています。

    また、21日には日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相らが訪韓し、徴用工の蒸し返しについて、日本の懸念を伝えたと聞いています。韓国も早く目覚めてほしいです」(ジャーナリスト・安積明子)

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170827/soc1708270004-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170827/soc1708270004-n2.html

    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170827/soc1708270004-p1.jpgno title

    韓国・仁川の公園に設置された徴用工像(共同)
    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170827/soc1708270004-p2.jpgno title

    片山さつき氏

    【【日韓】片山さつき氏が文政権に警告「徴用工問題は解決済み…早く目覚めて」「韓国は国際的信用を失う」[8/27] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/07(月) 19:24:32.46 _USER9
    d324cdc6

    産経ニュース、2017.8.7 11:07更新
    http://www.sankei.com/politics/news/170807/plt1708070021-n1.html

    政府は7日午前、臨時閣議を開き、内閣改造に伴う副大臣25人と政務官27人の人事を決めた。外務副大臣に自民党の中根一幸元外務政務官と佐藤正久元防衛政務官を起用した。また、文部科学副大臣に同党の丹羽秀樹元文科副大臣を再起用したほか、法務副大臣には警察官僚出身で、法務行政にも精通する葉梨康弘氏を再登板させた。

     菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で「安倍晋三首相の適材適所の観点で人選されたものと承知している」と述べた。

     公明党からは留任の長沢広明復興副大臣ら3人が副大臣に就く。

     政務官人事では防衛政務官に福田康夫元首相の長男、福田達夫衆院議員を起用した。

     副大臣は皇居での認証式を経て、午後に初の副大臣会議に臨む。政務官は午後に辞令交付を受け、政務官会合を開く。

    【【内閣改造】外務副大臣に「ヒゲの隊長」佐藤正久元防衛政務官 副大臣・政務官名簿発表】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/07(月) 12:38:37.03 _USER9
     8月3日に安倍改造内閣が発足した。その目玉大臣はなんといっても安倍晋三・首相が“脱お友達人事”のシンボルとして入閣させた野田聖子・総務相だ。

     野田氏は前回の自民党総裁選(2015年)で、「総理大臣を無投票で決めることは国民を馬鹿にしている」と安倍氏の対抗馬として出馬をめざすも、安倍陣営の切り崩しで「涙の出馬断念」に追い込まれた。だが、その後も安保法制を批判し、東京都知事選でも小池百合子・都知事を応援するなど安倍政権に敵対行動を取ってきた。

     当選8回で3回目の入閣。自民党総務会長を経験しており、「押しも押されもしない女性総理候補の最右翼」(同党女性議員)の呼び声が高い。

     安倍首相にすれば、野田氏を閣内に取り込むことで「挙党態勢」を演出し、政権浮揚につなげたいという狙いは明らかだろう。だが、この人事が大きな躓きになりかねない。

     野田氏の実父・島稔氏から娘に対する巨額政治献金に重大な疑義が浮上した。野田氏の系図は少し複雑だ。

     父の島氏は建設大臣や経済企画庁長官を務めた岐阜県の実力政治家・野田夘一氏の長男だが、「天才相場師」と呼ばれた曽祖父・島徳蔵氏(大阪株式取引所理事長などを務めた)の養子となり島姓を名乗った。娘の聖子氏が長じて祖父・夘一氏の養女となって野田姓に戻り、地盤を継いでいる。

     その父は娘が田園調布雙葉高校を中退して米国に留学中に家を出た。

     野田氏は残された母・弘子さんを支え、一方の弘子さんは野田氏が選挙に出ると、〈野田聖子 母〉の名刺を持って選挙区を回り、娘の選挙活動を支え続けたことで知られるが、実は、家を出た父もひそかに娘の政治活動を支えていた。

     野田氏の政治資金収支報告書を辿るとそのことがわかる。確認できるだけでも、稔氏は2000年から14年間にわたって野田氏の資金管理団体『二十一世紀の会』に毎年個人献金の上限150万円を寄附し続けた。

     さらに10年ほど前から献金の質が大きく変わった。『二十一世紀の会』の毎年150万円、『野田聖子後援会連合会』にも毎年150万円、さらに野田氏の『自民党岐阜県第一選挙区支部』を加えた3団体に献金がなされ、寄附金額がハネ上がったのだ。1つの政治団体への個人献金の上限は150万円だが、政党や支部への献金は年間2000万円まで認められる。

    稔氏は野田氏の3度目の入閣の晴れ姿を見ることができずに2015年7月に83歳で亡くなったが、娘への献金総額は3団体で8050万円に達し、そのうち4750万円が党支部に集中的(7年間)に献金されていた。とくに2011年は政党支部だけで上限に近い1950万円が一度に寄附された。税法が専門の浦野広明・立正大学法学部客員教授がこう疑問を呈する。

    「政治献金は寄附する側に所得税の税額控除が認められ、大きな節税ができる。しかも親から子に献金する場合、それに加えて受け取る側も贈与税がかからない。そもそも贈与税は、相続税を補完する税金という性格を持つ。生前贈与で相続税が払われないのを防ぐために課税するものですが、そこに政治団体や政党支部への寄附を絡ませることでこの贈与税を逃れることができる。

     高齢になった父から亡くなる前の数年間に政治団体などを受け皿として巨額の献金を受けた野田氏は、一般の国民と同じように相続した場合に比べてかなりの額の課税逃れができた可能性があります」

    ◆この手法に手厳しい見方も

     自民党岐阜県第一選挙区支部の政治資金収支報告書によると、父・稔氏が亡くなる前年の2014年12月の総選挙前後、同支部から野田氏個人に3回に分けて1200万円が寄附されている。ざっと8000万円にのぼる父親献金の一部が本人の財布に還流された形とも言える。

     政治献金を利用した所得税や相続税の“政治的節税”はかつて政界で横行し、安倍首相も新人時代、父が残した政治団体を貯えた資金ごと引き継ぐ方法で相続税を逃れたのではないかと指摘されたことがある。野田氏は党支部から直接、自分に寄附するというより露骨な方法で「父親献金」を還流させた疑いがある。前出の浦野客員教授は手厳しい。

    ~中略~

     野田氏の事務所に問い合わせたが、期日までに回答は得られなかった。

    http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/13440331/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/0/b07ba_759_19dfdca9_2ee84145.jpgno title

    【【安倍内閣】野田聖子・総務相 8000万円父親献金に贈与税逃れ疑惑】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/03(木) 08:31:29.28 ● BE:828293379-PLT(13345) ポイント特典
    第3次安倍再再改造内閣 全ポスト固まる
    2017年8月2日 23:59

    main_3e7dca74-ea18-437e-86ec-a3243cfc37bd



     第3次安倍再々改造内閣のすべてのポストが固まった。残っていた厚労相だが、加藤勝信1億総活躍担当相が内定。また、農水相に斎藤健農水副大臣が起用されることが固まった。斎藤氏はそのまま大臣に格上げされるという格好。

     また、安倍首相は2日夜、郵政相を経験した野田聖子議員を総務相に、上川元法相を再び法相に起用することを決めた。

     小野寺元防衛相を再び防衛相に抜てきするなど、経験や安定感を非常に重視していることがわかる。

     自民党内からは、「人心一新というイメージからは遠く、支持率の大幅な回復は見込めない」 という声が出ているが、派手さはなくても、着実に実績を積み上げることができるかに、安倍政権の 浮沈がかかっている。

    http://www.news24.jp/articles/2017/08/02/04368699.html

    45: KSM WORLD NEWS 2017/08/03(木) 08:55:43.89
    これが今の日本の状況

    スイスの敵国が、スイスを攻撃する方法や策略 /  「民間防衛」より引用 P256

    政府の権威を失墜させようとする策謀

    社会進歩党は、その第一次作戦が成功したと判断している。今や第2次攻勢に移った。
    その目指すところは、政府と国民との離間をはかることであって、そのためには、刃向かう者すべてを中傷し、
    それに対して疑惑の目を向けさせることが必要である、と考えている。

    そこで、連邦政府や州当局の有力者が特に狙いをつけられることになる。
    これらの要人に対して疑惑の目を向けさせることによって、政府の権威は根底から覆えされていくのであって、
    国民がこれら当局者を信頼しなくなったときこそ、国民を操縦するのに最も容易なときである。
    社会進歩党は、偽りの怪文書をばらまくとか、その他、国の組織や制度に打撃を与え得ぬあらゆる手段を用いる

    現存の組織および制度を麻痺させることは、その程度を問わず絶好の方策である。
    連邦議会は攪乱工作にとってこの上ない標的なので、社会進歩党の議員たちは、ここで、できる限りの手段をとるであろう。
     
    スパイおよび情報機関は、共同して、軍隊の価値に対する疑惑の念を広めようとする。そして、軍部は、やむことのない攻撃の目標となるのである。  

    【「こんな内閣改造じゃ支持率の回復は見込めない」産経新聞に引き続き自民党内からも失望の声】の続きを読む

    このページのトップヘ