真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    台湾のニュース

    Map_of_Burkina_Faso_and_neighboring_countries

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/28(土)14:19:24 ID:???
    中国、台湾との断交提案 ブルキナに5兆円示す “金銭外交”露呈

     中国が台湾と外交関係のある西アフリカのブルキナファソに対し、500億ドル(5兆6600億円)の供与を条件に台湾との断交と中国との復交を持ちかけていたことが26日、分かった。
    米ブルームバーグ通信や台湾紙が報じた。

     中国は、台湾で昨年5月に発足した独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権に対し、
    外交的に孤立させる戦略で圧力をかけているが、“金銭外交”の一端が露呈するのは珍しい。

     同通信によると、バリー外務・協力・在外ブルキナファソ人相がこの問題を明らかにし
    「台湾はわれわれの友人であり、(金銭供与で)外交関係を見直すことはない」と語った。


    続き 産経ニュース/共同通信
    http://www.sankei.com/world/news/170126/wor1701260028-n1.html


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★6 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483031389/441
    main

    【【国際】中国、台湾との断交提案 ブルキナに5兆円示す “金銭外交”露呈[H29/1/28]】の続きを読む

    名古屋市の河村たかし市長は、23日に行った記者会見で、
    「いわゆる南京事件はなかったのではないか」と述べ、
    南京事件に否定的な、従来の見解を改めて示されました。


    これは、アパホテルの客室に南京事件を否定する本が置かれていることに、中国国内で反発が起きていることに関連した質問に答えたものですが、河村市長は2012年にも、「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったのではないか」と言う旨の発言をされています。

    今回の河村市長の発言に対し、中国外務省は24日の定期記者会見で、
    「南京大虐殺は歴史事実であり、国際社会で認められていることだ。
     歴史を歪曲し、国民感情を傷つける挑発行為を絶対に許す事はできない」

    と非難の声をあげています。

    この件は台湾でも大きく報道されているのですが、
    記事に寄せられたコメントの多くは、中国共産党に対する否定的な声でした。

    20120223081411e13
     
    【【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「南京の人口は20万人だったのに…」 南京事件の存在に疑問を抱く台湾の人々】の続きを読む

    img_0
    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/19(木)19:41:03 ID:???
    台湾、パスポートの通用度=世界28位 日本は4位

    (クアラルンプール 18日 中央社)カナダの金融コンサルティング会社アートンキャピタルが発表した
    2017年版のパスポート通用度に関する世界ランキングで、中華民国(台湾)は、少なくとも
    119カ国・地域にビザなしで渡航できるとして28位となったことがわかった。

    1位は157カ国・地域へのビザなし渡航が可能なドイツ。2位はシンガポールとスウェーデン。
    3位は米国、英国、デンマーク、フィンランド、フランス、スペイン、スイス、ノルウェー。
    日本は4位で、イタリア、オランダ、ベルギー、オーストリア、ルクセンブルク、ポルトガルと並んだ。

    続き フォーカス台湾
    http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201701180001.aspx


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★6 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483031389/319


    【【台湾】台湾、パスポートの通用度=世界28位 日本は4位 [H29/1/19]】の続きを読む

    wor1701180019-p1
    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/18(水)10:00:19 ID:???
    「在沖縄米軍の台湾移転を」 ボルトン元米国連大使が提言

     ボルトン元米国連大使は17日付のウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿し
    「米軍の台湾駐留によって東アジアの軍事力を強化できる」と述べ、
    在沖縄米軍の台湾への一部移転を提案した。
    ボルトン氏は強硬派として知られ、トランプ次期政権での国務副長官起用が取りざたされている。

     ボルトン氏は「台湾は地政学的に東アジアの国に近く、沖縄やグアムよりも南シナ海に近い」と指摘。
    海洋進出を強める中国へのけん制に加え、沖縄米軍の一部を台湾に移すことで
    「日米摩擦を起こしている基地問題を巡る緊張を和らげる可能性がある」と述べた。

    続き 産経ニュース/共同通信
    http://www.sankei.com/world/news/170118/wor1701180019-n1.html

    【【軍事】「在沖縄米軍の台湾移転を」 ボルトン元米国連大使が提言 [H29/1/18]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/09(月)15:49:20
    ◆台湾総統に会わないよう 中国が米議員に書簡で求める
    [NHK NEWS WEB 1月9日 15時03分]


    台湾の蔡英文総統の中米訪問に先立って、アメリカで会談した共和党の議員は、
    事前に中国側から蔡総統と会わないように求める書簡が送られてきていたことを
    明らかにし、アメリカと台湾の接近に中国が神経をとがらせていることを
    うかがわせています。

    台湾の蔡英文総統は、外交関係のある中米4か国を訪問するのを前に8日、
    経由地のアメリカ南部テキサス州のヒューストンで、地元選出で若手の
    有力政治家の1人である共和党のテッド・クルーズ上院議員と会談しました。

    クルーズ上院議員は蔡総統との会談後、記者団に「会談の前に、中国側から
    蔡総統に会わないように要請する書簡を受け取った」と明らかにしました。
    そして、「中国は、われわれが誰かと会うことについて拒否権を行使する
    立場にない」と述べて、不快感を示すとともに、トランプ次期政権は台湾との
    関係を強化するべきだと強調しました。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170109/k10010833321000.html

    【【米国/中国】台湾総統に会わないよう 中国が米議員に書簡で求める[H29/1/9]】の続きを読む

    このページのトップヘ