真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    東京都知事



    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/16(火) 12:46:45.77 ● BE:455983682-2BP(2000)
    去年7月の都知事選で「待機児童ゼロ」を目標に掲げ、
    「保育園の広さ制限などの規制を見直す」と訴えた小池百合子都知事。

     しかし「都民ファーストは看板倒れ。マスコミ受けするパフォーマンスばかりで、
    待機児童問題を悪化させている」といった失望の声が各所で出ている。
    タワーマンション建設ラッシュで保育園問題が深刻化する中央区で、子育て中のAさんは怒りを露わにした。

    (中略)

     Aさん宅の近くではタワーマンション「勝どきザ・タワー」(中央区勝どち5丁目)が完成した。
    全部で1500世帯の大規模マンションだが、保育所の併設はなく、隣の街区に定員45人の保育所が
    新設されただけだった。30~40代が多い入居者の児童を受け入れるには、これでは小規模すぎる。

    (中略)

    「中央区では2010年に『街づくり条例』を作り、3000平方メートル以上の建物を建てるときには
    子育て支援施設の併設を要請できるようになりました。ただし強制力はなく、併設しない業者もいますし、
    その規模も数十人程度です。一気に1000世帯以上も増えるタワーマンションの、児童数増加の
    受け皿にはなりえていません。そこで都に対して『活用できる都有地を教えてほしい』と要望したのですが、
    無回答でした。5年前に比べて中央区(人口約15万人)は500人も年間出生数が増えているんです」
    (中央区の待機児童問題担当者)

     「保育園問題に取り組む」と知事選で語っていたはずの小池知事は、タワーマンション急増による
    保育園不足の実態調査すらしていない、“職務怠慢状態”なのだ。

    (後略)
    http://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/BBBbjzm.img
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170516-34005602-aspa

    【小池百合子都知事「都民ファーストは看板倒れ。マスコミ受けするパフォーマンスばかりで、 待機児童問題が悪化」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/01(月)19:21:17
    http://i.imgur.com/MmuO64f.jpg
    no title

    画像提供:東京都(平成28年度「中小企業向けセミナー」の様子)

    東京都は、日本の中小企業の外国人材受け入れを支援するため『中小企業の外国人材受入支援事業』を開始し、「中小企業向けセミナー」「留学生等外国人向けセミナー」「教育機関向けセミナー」をそれぞれ実施する事を発表した。

    近年の経済ではグローバル化が進んでいるために、中小企業においても外国人留学生などの外国の人材を積極的に採用したいという需要が高まっている。
    そのため東京都は、これらの中小企業を支援する活動の一環として、外国人材活用に関する各種ノウハウを提供する事等を目的として「中小企業の外国人材受入支援事業」を実施している。


    (後略)


    全文は「ASEAN PORTAL」の「東京都が中小企業の外国人材受け入れを支援」で
    https://portal-worlds.com/news/asean/10244

    【【移民】東京都が中小企業の外国人材受け入れを支援 [H29/4/27]】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/01(月) 00:35:17.28 _USER9
    18193959_1234062013368807_5589962580217068800_n

    東京都議選(7月2日投開票)や、今後の国政進出を視野に小池百合子都知事が立ち上げた政治塾「希望の塾」に異変が生じている。 保守政治家としての小池氏に期待して入門した塾生の一部からは「塾が左派系にシフトしている」と不満の声が出ているというのだ。 小池氏が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」が民進党からの離党者や左派系の候補者擁立を模索していることにも警戒感が広がっている。

    「小池さんの政治手腕を見極めたいとの思いで受講を決めたが、入ってみると、塾生は革新系の思想を持つ40~50代がとても多くて驚いた」

    「希望の塾」を受講する20代男性はこう打ち明ける。

    塾生同士の交流の場として立ち上げられたフェイスブックでは、「男女の塾生同士が低俗な話題で炎上していることもある。 保守系の考えを持つ人が発言すると浮いた存在になりかねないので、関わらないようにしている」と男性。 こうした塾の雰囲気を嫌って、塾生になったものの、講義をボイコットする人は多いという。

    都議選に向けた動きも不信感を増幅させている。都民ファーストの会は単独過半数(定数127)を目指し、決起大会を開く6月1日までに60人超の公認候補を決定する方針だ。 塾生からも候補者が選出され、「都議選対策講座を受ける者が対象になるとされるが、選ばれるのは民進党系の人材が多いともいわれている」(前出の男性)。

    実際、その「兆候」は現われている。民進党では小池氏との連携を模索した“離党ドミノ”が止まらない状況で、 すでに民進党公認候補36人のうち、離党届を提出したのは13人、公認されていない都議を合わせると計15人に上る。

    df61bb12e352ca934ec8d2bded26bccc


    25日に離党届を提出した酒井大史都議は、都民ファーストの会との連携について問われると「私の経験を欲してくれる人がいるなら応じていきたい」などと説明。 同じく離党を決めた菅原直志・日野市議(日野市選挙区から出馬予定)は「希望の塾」の都議選対策講座を受講していたことを明かし、「何らかの連携をとりたい」と秋波を送った。

    都民ファーストの会は今後、民進党離党組を選別して公認・推薦するとされているが、連携はそれだけにとどまらない。

    同会はすでに、地域政党「東京・生活者ネットワーク」との選挙協力でも合意している。

    合意書では、情報公開や再生可能エネルギーの利用促進などの実現で努力するとされており、小池氏は「(生活者)ネットは地域に根ざして生活者目線で活動を続けてきた。 都民ファーストの都政と重なる部分が多く、私の政策を理解してくれる方が議員になるのは心強い」と述べている。

    ただ、生活者ネットのウェブサイトをみると、「辺野古新基地建設の強行を許さない」「話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める」などの主張があり、保守系の塾生にとっては“左旋回”と映るようだ。

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170430/plt1704301000001-n1.htm
    2017.04.30

    【【都政】小池塾の左傾化警戒 塾生からは不満の声、都議選「“偽装保守”議員出るのでは」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/22(水) 12:14:02.70 _USER9
    20170320-OYT8I50000-L

    石原元知事は「前任の青島知事からの引き継ぎ事項の中に豊洲地域に移転するという文言があった」と述べ、築地市場の豊洲への移転方針は既定路線だったとする認識を改めて強調しました。

    そのうえで、豊洲への移転を決断したことについて、「当時のピラミッドの頂点にいた私が決裁をした。土壌の問題については『大丈夫だ』と言うので決裁した。その責任は認めます」と述べ最高責任者としての責任を認めました。

    一方、当時の都庁幹部が重要局面では知事の了解を得ていたと証言していることについては、「覚えていない」「担当者に一任していた」などと繰り返しました。

    このうち、都庁内部で豊洲への移転が検討されていた平成11年11月、当時の東京ガスの上原社長と面会したとされることについては、「いろんな人と会っているので、詳細には覚えていない」と述べたほか、「瑕疵(かし)担保責任の放棄」ではないかと指摘される土壌汚染対策の費用負担をめぐる東京ガスとの取り決めについては「担当者に一任するしかなかった。詳細な記憶がない」と述べ、当時の都庁幹部と石原元知事の間に見られた認識の違いは残されたままとなり、豊洲への移転が決定されるまでの詳細な経緯は明らかになりませんでした。

    移転を延期している小池知事に対し、

    「安全・安心がこんがらがっている。専門家も豊洲は極めて安全だとしていて風評の前に科学の真実が負けることは文明国として恥だ」と指摘しました。

    石原元知事は法律の基準を上回る土壌汚染対策を講じた豊洲市場で地下水から基準を超える有害物質が検出されていることについて、

    「地下水に非常に厳しい基準を設置したことは間違いないがハードルが高すぎたのかも知れません。ですが、小池知事は基準にとらわれずに 都民のことをまず第1に考えて豊洲への移転を実行してもらいたい」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170320/k10010918091000.html

    【【証人喚問】石原氏「風評の前に科学の真実が負けることは文明国として恥」「小池都知事に豊洲への移転を実行してもらいたい」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/04(土) 21:23:14.99 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
    豊洲市場の「地下水モニタリング調査」をめぐり、環境基準の79倍となるベンゼンなどが検出された、9回目の調査を担当した業者が都の指示により、 過去8回とは違う手順で調査していたことを4日の都議会の委員会で明らかにしました。 都は業者に対し、過去とは違う手順で行うよう伝えたことを認めました。

    豊洲市場の問題を審議する都議会の特別委員会は、平成26年から2年間にわたって、合わせて9回行われた「地下水モニタリング調査」を担当した業者を参考人として呼んで、質疑を行いました。

    この調査では、検出された有害物質が7回目までは環境基準を下回ったのに対して、8回目はわずかに上回り、さらに9回目では環境基準の79倍となるベンゼンなどが検出されました。

    このため、4日の参考人の質疑は、一連の調査が適正だったかを焦点に進められ、9回目の調査については、担当した業者の統括部長が出席しました。

    モニタリング調査では、まず井戸に溜まっていた地下水を取り除く、「パージ」と呼ばれる作業を行ったあと、新たに井戸に溜まった地下水を採って分析することになっていますが、統括部長は都の指示により、パージで取り除いた地下水そのものを分析に回していたことを明らかにしました。

    また、過去8回の調査を担当した業者が、パージした翌日に採った地下水を分析していたのに対し、 統括部長はパージした当日に採った地下水を分析するよう指示されたと証言しました。

    議員からは「採水やパージを含めて、1回から8回目と9回目では違いがあることははっきりしている」などと指摘が出され、 統括部長は都の「新市場整備部」の担当者から指示を受けていたことを明らかにしました。

    これを受け、都の市場担当局は4日夜、記者団に対し、当時の対応について説明し、 業者からの質問に答える形で、当日に採水するよう伝えたことを認めました。 そのうえで、パージで取り除いた地下水そのものを分析するよう伝えたのは、調査対象の201か所の井戸のうち1か所だと説明しました。




    豊洲市場の地下水 最終調査は“都の指示で過去と違う手順”
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170304/k10010898851000.html

    【豊洲市場の9回目の「地下水モニタリング調査」が、“都の指示で過去と違う手順”で行われたことが判明 】の続きを読む

    このページのトップヘ