真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    核・ミサイル問題

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/24(月) 13:17:55.72 BE:478973293-2BP(1501)
    北朝鮮、ガソリンスタンドで制限販売措置を実施
    今月19日から…外交官・国際機関の業務用に制限
    運転者、燃料確保に必死…燃料価格が急騰
    「販売制限の理由と期間は分からない」

     北朝鮮当局がガソリンスタンドの販売量を制限し、運転者たちが燃料を手に入れるため 必死になっていると、AP通信が23日付で報じた。中国の北朝鮮向け原油の供給中断説が 流れている状況であり、注目される。

     同通信は同日、平壌(ピョンヤン)発の記事で「あるガソリンスタンドは『外交官や国際機関の 業務用車両』に限り燃料を販売するという案内文を掲げていた」とし、「他のガソリンスタンドは 営業を中止したり、ガソリンを注油するために訪れた住民らをそのまま帰すこともあった」と 伝えた。同通信は「このために一部(制限なしに販売する)ガソリンスタンドでは、順番を待つ 行列が普段より長くなっており、燃料価格もかなり上昇した」と付け加えた。

     北朝鮮では燃料をリットルではなく、キログラム単位で販売する。同通信は「平壌市内の
    ガソリンスタンドの販売制限措置は今月19日から始まった」とし、「最近までキログラム当たり 70~80セントだった燃料価格が1.25ドルまで急騰した」と伝えた。


     同通信はさらに、「原油を中国に大きく依存する北朝鮮では燃料供給を当局が統制する」と
    したうえで、「今回の販売制限措置が取られた理由と期間はまだわからない」と付け加えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00027156-hankyoreh-kr

    【北朝鮮がガソリンの販売を制限 「今からそんなんじゃ勝ち目ないやん」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/23(日) 18:29:07.83 _USER
    http://news.searchina.net/id/1634229?page=1
    rachi-1024x576


     2016年2月、日本政府は北朝鮮に対して、人道目的の船舶を含むすべての北朝鮮籍船舶の入港を禁止するとともに、北朝鮮に寄港した第三国籍船舶の入港を禁止するなどを柱とした日本独自の制裁措置を科した。

     この措置について首相官邸は、当時北朝鮮が国際社会の制止を無視して4回目の核実験を行ったこと、その後さらに弾道ミサイルの発射を強行したこと、また安倍政権が全ての拉致被害者の帰国を求めてきたにも関わらず解決に至っていないことなどを独自の制裁措置の理由としている。

     また、日本政府は16年12月にも北朝鮮に対する独自の制裁強化案を閣議決定したが、中国メディアの海外網が19日付で掲載した記事は、北朝鮮側はこうした制裁措置を解除するよう日本に呼びかけていると説明している。

     記事は、北朝鮮のソン・イルホ日朝国交正常化担当大使が日本メディアの取材を受けた際に、もし朝鮮半島で戦争が勃発した場合、最大の損失が生じるのは日本だと警告する一方、日本が北朝鮮に対する制裁措置を解除すれば、北朝鮮も日本人の遺骨問題について対応する用意があるという姿勢を示したことを紹介した。

     また、ソン大使は日本政府が要求していた拉致問題調査に関して「全く関心がない」とし、むしろ日本政府が北朝鮮に対して制裁措置を科したことにより一方的に合意を破棄したと見ている点も紹介した。これら北朝鮮側の主張や行動が国際社会のルールまた人類に普遍的に存在する良識から全く外れているのは明らかではないだろうか。

    【【国際】北朝鮮「朝鮮半島で有事の場合、最大の損失は日本だ」=中国報道[04/23]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/23(日) 21:43:56.05 _USER
    C-Aujm_UAAAC5JK

    北朝鮮がオーストラリアに対しむやみにかつ熱心に米国に歩調を合わせるならば核攻撃も辞さないなどと脅したことから、 オーストラリアとニュージーランドは23日、強い語調で北朝鮮を批判した。

    北朝鮮の核問題をめぐり朝鮮半島の緊張が高まるなか、マイク・ペンス米副大統領は先週、 同盟国間の連携を確認する目的でアジアを歴訪し、韓国、日本に続きオーストラリアを訪れていた。

    ジュリー・ビショップ豪外相が北朝鮮を「深刻な脅威」と評したところ、 北朝鮮外務省の報道官は「北朝鮮を孤立させ抑圧しよとする米国の動きにオーストラリアが追従するならば、それは自殺行為だ」と 国営朝鮮中央通信を通じて警告し「その結果についてよく考えたほうがいい」と述べた。

    これに対しビショップ外相は23日、「北朝鮮政府は大量破壊兵器にではなく、長く苦しんでいる国民の福祉に金を使うべきだ」と批判した。

    オーストラリアとは隣国で同盟国のニュージーランドも北朝鮮を非難。ゲリー・ブラウンリー国防相は23日、テレビ・ニュージーランドに対し、 「金正恩朝鮮労働党委員長の政権についてはほとんどわからなくても、彼の配下には、同等に巨大な悪意を持った人々の巨大な組織があると推測できる」 「日本海に向けてミサイルを発射し、昨夜のオーストラリアへの脅しを含め非道な脅迫を繰り返す。それが北朝鮮だ」と述べた。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3126126

    【【国際】 オーストラリアとニュージーランド、北朝鮮の脅しに大反発⇒「非道な脅迫を繰り返す。それが北朝鮮だ」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/22(土) 17:30:03.57 _USER
    20161001-00062774-roupeiro-000-2-view

    朝鮮半島情勢が緊迫する中、北朝鮮は21日、「核戦争には核で応じる」との声明を発表し、圧力を強めるアメリカを強くけん制しました。

    「我々の軍隊や人民はカール・ビンソン号のような核航空母艦打撃団であれ、それ以上であれ、何も知らずに飛びかかる分別のない愚かな群れとしか見ていない。 全面戦争には全面戦争で!核戦争には我々式の核打撃戦で!」(「朝鮮アジア太平洋平和委員会」報道官声明)

    北朝鮮は「朝鮮アジア太平洋平和委員会」の報道官声明で、「アメリカ本土に核の雹(ひょう)が降り注いでも、責任は挑発した側にある」 と、アメリカを強くけん制しました。

    アメリカの北朝鮮分析サイト「38ノース」は、5台のトロッコやトレーラーが映った19日撮影の核実験場の衛星写真を公開し、 6回目の核実験がいつでも行われる状況が続いているとしています。
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3035823.html

    【【北朝鮮声明】 「全面戦争には全面戦争で!核戦争には核で応じる」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/22(土) 06:30:57.10 _USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174508&ph=0

    no title


    2017年4月21日、環球時報は、朝鮮半島情勢が緊迫化するなかで、韓国世論からは「米国のコマに成り下がっている」との怒りの声が出始めているとして、韓国メディアの報道を紹介した。

    ハンギョレ新聞は20日、米原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向かっていなかったことについて「もしわざとうそをついていたなら、同盟関係は重大な脅威にさらされることになる。米国が北朝鮮の脅威を必死に喧伝するのは、在韓米軍基地の存続による中国へのけん制に加え、いつ中国になびくとも分からない韓国に対するけん制もあるのだ」と指摘した。

    さらに同紙は「この9年間、韓国は米国に依存してきた。戦時作戦統制権回復を諦め、THAAD配備を決定し、日本の謝罪なきままに慰安婦合意に署名し、開城(ケソン)工業団地を閉鎖するといった一連のナンセンスな外交・安全政策によって、韓国は米国のコマに成り下がったのだ」と論じている。

    また、保守系の韓国紙・中央日報も同日に「制裁だけで解決することは不可能。今後は南北交流をさらに進め、朝鮮半島の市場統一に向けた場を作ることで北朝鮮内部の構造変化を促すべき。建設的な『韓国プラン』を出さなければ、韓国は半島の運命をただ眺めるだけの存在になってしまう」との評論を発表した。

    米紙ニューヨーク・タイムズは、韓国大統領候補の1人である文在寅(ムン・ジェイン)氏は以前「米国にNOと言うべき」とする著書を出しており、文氏が大統領に就任すれば対北朝鮮融和政策である「太陽政策」が復活する可能性があると報じているという。

    【【韓国】韓国は朝鮮半島情勢で発言権なし、「米国のコマに成り下がっている」―韓国メディア[04/22]】の続きを読む

    このページのトップヘ