真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    マスゴミ

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/21(月) 08:44:04.11 ● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    WS000016
    「アメリカ・ファースト」とうり二つ 排外主義連想の指摘も

    小池百合子東京都知事の側近、若狭勝衆院議員が設立した政治団体「日本(にっぽん)ファーストの会」が揺れている。若狭氏は国政進出する際には「新党名は別にする」と語るが、トランプ米大統領の「アメリカ・ファースト(米国第一)」とうり二つで、「排外主義だ」との批判も強い。 日本にも登場したファーストはどこに向かうのか。

    「小池知事の理念を全国に広げるための団体。日本の自然や伝統、文化を大事にしようという意味も込めた」。 若狭氏は取材に対し、小池氏が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」のイメージを重ねた狙いを語った。新党名の公募も検討するという。

    7月2日の東京都議選で、都民ファーストはいきなり第1党に躍り出た。通常国会では「加計学園」問題などで安倍政権が安倍晋三首相の周辺を優遇した疑いが浮上。千葉大の水島治郎教授(政治学)は「利益誘導型の旧来の自民党政治が顔を出して無党派層の不満が高まるなか、小池氏はポピュリズムをうまく利用し、民進党に代わって『受け皿』になった」と分析する。

    水島教授は著書「ポピュリズムとは何か」(中公新書)で「政治から排除されてきた集団の政治参加を促進」するという肯定的な面も指摘した。 「欧米ではグローバリゼーションで不利益を被った古い工業地帯で盛り上がったが、日本では大都市圏での既存政治に対する不満が起爆剤になった」とみる。

    http://mainichi.jp/senkyo/articles/20170821/k00/00m/010/103000c
    http://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/08/21/20170821k0000m010109000p/9.jpgno title

    4: KSM WORLD NEWS 2017/08/21(月) 08:49:33.45 BE:844481327-PLT(12345)
    >>1続き
    「ファースト」の名称はトランプ氏に限らず各国で政党・団体が使用し、イギリスの欧州連合(EU)離脱や右派政党の台頭につながった。
    上智大の中野晃一教授(政治学)は「日本ファーストは近隣諸国からどうみられるか。排外主義を連想するなという方が無理だ」と批判的だ。

    都民ファーストは都議選公約に情報公開の徹底▽五輪予算の透明化
    ▽議員の「口利き」禁止--などを掲げた。
    エッセイストの小島慶子さんが注目するのは、築地市場移転の最終判断に関する記録が残っていなかったことだ。

    「政策決定者である私が決めた。文書としては残していない」。
    小池氏は10日の記者会見で語った。小島さんは「『情報公開は東京大改革の一丁目一番地』と言いながら、結局は『自分ファースト』だった」。

    首相が目指す憲法改正はどうか。若狭氏は7月9日の報道番組で新党のスタンスとして「憲法改正が必要というのは共通している。安倍さんとあえて対立構図を作ることはない」と述べた。

    都議選で投票した都民が、憲法改正まで支持したかどうかは不明だ。
    小島さんは「新党でも『小池型劇場』を仕掛けるのだろうが、イメージに流されず、政策をしっかり見極めないといけない」と指摘。
    水島教授も「小池氏にはクリーンなイメージはあるが、自民党との本質的な違いは見えにくい」とみている。【福永方人、小山由宇、松倉佑輔】

    「ファースト」を掲げた各国の主な政党・政治家

    アメリカ・ファースト     トランプ大統領が掲げる経済、外交、安全保障政策での「米国第一主義」

    ブリテン・ファースト     2016年のイギリス国民投票で、欧州連合(EU)離脱派を主導した「英国独立党」のスローガンの一つ

    オーストリア・ファースト   16年の大統領選で極右政党「自由党」の候補者が主張

    ニュージーランド・ファースト 先住民の血を引く政治家が1993年に設立した政党。移民や外国投資の制限を主張

    【変態毎日新聞「日本ファーストの会は米国第一のコピペ。排外主義」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/31(月) 13:03:00.32 _USER9
    aa8bf396-s

    日米両国ともメディアの暴走が止まらない。日本では安倍晋三首相を、米国ではドナルド・トランプ大統領を、その地位から引きずり下ろそうと試みる、目に余る報道が連日行われているように感じる。

    米国の場合、トランプ氏が自ら先頭に立ち、CNNなどのメディアに「お前らはフェイクニュースだ!」と発言するなど、全面戦争状態である。そして恐らく、日本の報道しか見ない人には真逆の印象だろうが、この戦争はトランプ氏の方が優勢である。

     先日、CNNのある大物プロデューサーが「ロシア疑惑に証拠はない」「事実に基づかなくても視聴率が高ければいい」「有権者はバカだ」などと発言している姿を、「プロジェクト・ヴェリタス」に隠し撮りされた。ヴェリタスは、公的機関の悪事を、隠し撮り動画で暴いて告発するネット・メディアだ。

     加えて、CNNの主要コメンテーターの1人も「ロシア疑惑報道はどうなりそう?」との質問に、「でっかい中身のないハンバーガーと同じ」と答えた。これらの動画が一般公開され、CNNは窮地に陥った。

     結局、ロシア疑惑のフェイクニュースに関わった記者ら3人は6月下旬に辞職した。

     CNNの報道姿勢には以前から疑問がある。ネット上には、湾岸戦争時の生中継をめぐる疑惑が、動画付きで残されている。日本の視聴者や報道関係者はCNNを過大評価しすぎではないか。

     2日にトランプ氏がツイッターで、顔にCNNのロゴを貼った人物をプロレスの場外乱闘でボコボコにやっつけるジョーク動画を公開したのは、一連の経緯への勝利宣言なのだろう。

    日本メディアでは「大統領が暴力を誘発しかねない動画を公開するのは問題だ」という批判があり、的外れな主張に笑ってしまった。


     一方、最近の一部の日本メディアの偏向ぶりはひど過ぎて、もはや笑いごとでは済まされない。

     「加計学園」の獣医学部新設に関する10日の閉会中審査は、官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文科事務次官だけでなく、獣医学部を誘致した愛媛県前知事の加戸守行(かと・もりゆき)氏も証言した。

     元文科官僚でもある加戸氏は、獣医学部の地域的偏りや、古巣の岩盤規制を示して「ゆがめられた行政が正された」と語った。これと国家戦略特区をめぐる議事録を読めば、「加計問題=フェイクニュースだ」と誰でも理解できる。

     朝日新聞は翌日の1面トップで「加計ありき 疑念消えず」の見出しを付けたが、加戸氏の証言はほぼ無視した。「まともな記事が載らないから疑念が消えないのだ」と読者にバレたら解約者続出だろう。危ない橋を渡るものだ。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170715/soc1707150007-n2.html

    【【加計問題】ケント・ギルバート 「加計問題=フェイクニュース」と誰でも理解できる CNNと朝日新聞の共通点】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/20(日) 12:58:06.12 _USER
    20140907132633914
    歴代屈指の大「嘘付き」が大統領になったということでしょうか。

    韓国の文在寅大統領は17日、就任から100日の記者会見をし、徴用工の問題について「(日韓)両国間の合意は個々人の権利を侵害できない」としました。

    その上で、「両国間の合意にも関わらず、徴用工、強制徴用を受けた個人が三菱などの企業を相手に持つ個人の権利(請求権)は残っているというのが、韓国の憲法裁や最高裁の判例だ」と指摘。「韓国政府はこの立場で歴史問題に臨んでいる」と強調したのです。

    歴代韓国政府見解である「徴用工に関しては賠償を含めた責任は韓国政府が持つべき」という日韓両政府間で解決済みのこの問題を、初めて公式に覆して蒸し返した点で、歴代屈指の大「嘘付き」大統領ということができましょう。

    国家間の約束事を簡単に覆し「大嘘」を付く、これすなわち「国際的ペテン師」であります。

    (関連記事)
    「徴用工の個人請求権は消滅していない」文大統領が会見 慰安婦問題は「日韓請求権協定時には分かっていなかった」
    http://www.sankei.com/world/news/170817/wor1708170025-n1.html

    もともとは、韓国政府も徴用工への補償は「解決済み」との見解だったじゃないですか。

    実際、韓国政府は、1975年に徴用工への補償を実施し、2008年から追加補償も行っているじゃないですか。

    韓国政府は、補償問題は韓国政府の責任と自覚していたからこそ、日本に要求するのではなく、自らの責任で金銭を支払ってきたのではありませんか。

    特に文在寅さん、あなたは一連の韓国政府の過去の判断の当事者としての責任を負うべきです。

    徴用工の件は日韓間で解決済みだと2005年にも明言していたじゃないですか、そのときの韓国政府の担当高官が、文在寅大統領、あなた自身でしょ、直接関わっていたじゃないですか。

    韓国は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下の2005年、日韓の請求権協定には徴用工問題も含まれ、賠償を含めた責任は韓国政府が持つべきだとの政府見解もまとめているのです。

    そして当時、大統領首席秘書官だった文氏もこれにかかわっていたのです。

    本件では日本政府も抗議していますが、抗議の言葉が甘すぎます。

    日本外務省は17日、大使館ルートを通じて「徴用工の問題は日韓請求権協定で解決済みである」との立場を韓国政府に申し入れたわけですが、例によって上品すぎる表現であり、当ブログから言わせればクレームにもなっていません。

    (関連記事)
    日本外務省「徴用工問題は解決済み」 韓国の文在寅大統領「個人の権利は残っている」発言で韓国政府に申し入れ
    http://www.sankei.com/politics/news/170818/plt1708180019-n1.html

    国際的に公言した前言を180度覆ししたり顔で過去のいきさつを無視してデタラメをほざく、これ国際的詐欺行為です、このような「嘘つき」には「嘘つき」と蔑むべきですし、「ペテン」は「ペテン」なのであります。

    さてここからが本題であります。

    この韓国大統領による「国際的ペテン行為」に対する日本のメディアの論説を、二つ検証いたしましょう。

    比較検証するのは【朝日新聞社説】と【日経新聞社説】であります。

    【朝日新聞社説】
    徴用工問題 歴史再燃防ぐ努力こそ
    http://www.asahi.com/articles/DA3S13091586.html?ref=editorial_backnumber

    【日経新聞社説】
    韓国は徴用工問題蒸し返すな
    http://www.nikkei.com/article/DGXKZO20159390Y7A810C1EA1000/

    タイトルを読めば一目瞭然なのですが、誰が努力すべきなのか主語がない朝日社説タイトル「徴用工問題 歴史再燃防ぐ努力こそ」に対し、日経社説タイトルは「韓国は徴用工問題蒸し返すな」と韓国名指し批判でわかりやすいです。

    日経社説は、冒頭から結びまで一貫して、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対応を批判しています。

    「国家間で締結した条約や協定を軽視する」な、約束破るなと明確に批判します。

    http://blogos.com/article/241339/
    >>2以降に続く)

    2: KSM WORLD NEWS 2017/08/20(日) 12:58:25.34 _USER
    >>1の続き)

    韓国は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下の2005年、日韓の請求権協定には徴用工問題も含まれ、賠償を含めた責任は韓国政府が持つべきだとの政府見解もまとめている。当時、大統領首席秘書官だった文氏もこれにかかわった。
    にもかかわらず、従来の政府の立場を覆し、国家間で締結した条約や協定を軽視するような今回の発言は決して看過できない。


    当たり前ですが、嘘つきに嘘つくなと批判しているので、その論説は明快でわかりやすいのです。

    で、朝日社説です。

    これがひどい。

    一見、日経社説同様、韓国の文在寅大統領を批判しているように思えますが、もうその論説の構造が、綺麗に捻じ曲がっているのです。

    朝日社説のコア部分はこの2文です。


    日本が植民地支配により、多くの人々に多大な損害と苦痛を与えたのは事実である。
    日本側は法的な問題に閉じこもらず、被害者たちの声に真摯(しんし)に向きあい、わだかまりをほぐすための方策を探り続けるのは当然の責務だ。


    この問題で、「法的な問題に閉じこもらず、被害者たちの声に真摯(しんし)に向きあい、わだかまりをほぐすための方策を探り続ける」のは、日本の「当然の責務」だと決めつけています。

    なぜなら「日本が植民地支配により、多くの人々に多大な損害と苦痛を与えたのは事実」だからなのです。

    で、その上で日本側だけの努力では解決できないから韓国も我慢してねと、続きます。


    ただ、歴史問題は一方の当事者だけで解決できるものではない。今を生きる両国民の距離を縮めていくには、双方の政治指導者の深慮と行動を要する。


    つまり、朝日社説の論理では、韓国大統領が「嘘つく」のも日本の責任なのです。

    だって、日本は「法的な問題に閉じこもらず、被害者たちの声に真摯(しんし)に向きあう」責任があるからです。

    つまりだ、日本の責任は「法的な問題に閉じこもらず」未来永劫、超法規的に継続していくのであります。

    朝日社説は、ペテン師がペテンするのを批判せず、「ごめんね、そんな君にしたのは僕なんだよね」と日本の非をまず認めた上で「僕も努力するからいっしょにがんばろうね」とペテン師に懇願するわけです。

    朝日論説室はお馬鹿の集団なのか?

    クラクラしてきます。

    朝日新聞よ、これ以上日韓歴史問題に無責任に論説するのはやめてください。

    関わらないでください。

    百害あって一利なしであります。

    この国際問題、そもそも君たちの「大嘘つき」慰安婦捏造記事が発端なことを忘れないでください。

    嘘ついて火をつけたメディアがぬけぬけと日韓双方に冷静さをうながす・・・

    これじゃ「放火魔」が「火の用心」を呼びかけているようなものでしょ。

    読者のみなさん、そう思いませんか?

    木走正水(きばしりまさみず)

    (おわり)

    39: KSM WORLD NEWS 2017/08/20(日) 13:30:03.87
    アカヒ新聞不逞鮮人記者 金漢一

    「日曜日は仙台の繁華街で日本人狩り」

    2~3人で仙台市内に繰り出し、2年生はお目付役として1年生に「アイツをやれ」とか 目配せしたり・・・
    日曜日に1年生が寮内にいたら先輩に「なぜ街に出て日本人を狩らないのか」と聞かれる
    端から見てても気の毒なほど日本人をボコボコにしてるヤツもいるし、回し蹴り一発で決めるヤツもいる
    相手が前かがみに倒れると、殺してしまったかと、さすがにビビるそうだ
    先輩から命令されてやっていることが多いので、2~3人とカツアゲしても目標額に達しないと焦ってくる
    なかには給料袋のまま、数十万円もカツアゲしてくる勇者もいる
    「おまえそれはひどいんじゃないか?」
    「チョッパリにはなにしてもかまわねえ」
    警察に捕まった朝高生も、呼び出された先生も、我々朝鮮人を強制連行した日本政府が悪いんだと、話を政治問題に振り向けると、バカな仙台の警察官達は、黙りこくってしまい、お目こぼしされる

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%91%E6%BC%A2%E4%B8%80


    【【コラム】韓国歴代屈指の「ペテン師」大統領をかばう朝日新聞社説 嘘ついて火をつけたメディアがぬけぬけと日韓双方に冷静さをうながす 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/20(日) 08:19:35.39 _USER
    12314003_549443828543246_4986268803936032785_n
    一記者の見た朝日新聞社――徹底解剖 日本の大組織
    8/20(日) 7:00配信 文春オンライン

    慰安婦報道、原発「吉田調書」誤報と不祥事が相次ぐ大新聞。躓きの石はどこにあったのか? 取材、編集現場での実体験から語る(出典:文藝春秋SPECIAL 2016年 季刊秋号)

    ◆◆◆

     アメリカ人が就きたくない職業の筆頭は、新聞記者――経済誌「フォーブス」(日本版)の無料配信記事にそうあった。米求人情報サイト「キャリアキャスト」社の今年の調査結果だという。去年も記者が最低だった。展望がないというのだ。調査方法がもっと分かると良かったが、独り作業的職業が多いのは興味深い。

     実際、記者稼業は不人気度9位のタクシー運転手に似ている。客がいないか鵜の目鷹の目で視線を歩道に走らす運転手のように、記者もネタを探して歩く。遠く離れた行き先を言う上客が稀なように、上ネタも滅多にない。ただ、そんな運転手記者の目にも映る会社の風情というのもある。山本七平氏にあやかれば、以下は「私の中の朝日新聞」「一記者の見た朝日新聞社」「ある異常体験者の偏見」となろうか。割り引いてお読みいただきたい。
    一記者の見た朝日新聞社――徹底解剖 日本の大組織

    社内の空気を読んで捏造

     月刊誌「WiLL」9月号に、「週刊朝日」元編集長の川村二郎さんがこんな朝日体験を書かれていた(メディア時評「朝日新聞は『君が代』に謝罪しろ」)。「国旗・国歌法」ができる1999年のことだという。その頃、朝日には「日の丸」と「君が代」に反対する有名人の意見が来る日も来る日も載り、川村さんは社外の知人から「紙面の作り方がどうかしていませんか」と言われて、「グーの音も出ない」でいた。

     そんな或る日、「海外の大会で、『君が代』が始まると、席を立つ観客が多い」という、Y編集委員の署名記事が載った。その記事なら私も覚えている。川村さんは「あれって、本当かよ」とY編集委員に聞いた。海外でのスポーツ大会はテレビでよく見るのに、そんなシーンは見たことがなかったからだ。時評は、こう続く。

    「すると、こういう答えが返ってきた。『ウソですよ。だけど、今の社内の空気を考えたら、ああいうふうに書いておく方がいいんですよ』。あまりのことに、言葉を失った」


     編集委員は、朝日の顔である。

    「ショックだった」と川村さんは記す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170820-00003754-bunshun-soci

    2: KSM WORLD NEWS 2017/08/20(日) 08:20:31.59 _USER
    >>1
     Y編集委員の話に比べると救われるが、私にもこんなことがあった。リクルート事件を追っていた1988年、朝日が宮沢喜一蔵相にも未公開株が渡っていたと特報した。

     当時、私は「週刊朝日」編集部にいた(川村さんは副編集長の一人)。同僚が蔵相の緊急会見を取材し、誌面にねじこんだ。私は「それにしてもよく数えたな」と、同僚である後輩をねぎらった。会見で何を訊かれても、宮沢氏は「ノーコメント」で通し、その数13度に及んだと記事にあったからだ。

     彼は頭を掻いて照れた。「ウソに決まってんじゃないすか。死刑台の段数ですよ」「エッ、13回はウソ! 実際は?」「7、8回ですかねぇ」。鳥肌が立ちそうだった。

     その宮沢氏が首相となり、1992年1月に訪韓して盧泰愚(ノテウ)大統領との首脳会談に臨んだ。その直前、朝日は1面トップで、慰安施設に軍が関与していたことを示す資料が見つかったと伝えた。

     議題にはなかった慰安婦問題が急浮上し、韓国大統領府の発表によれば、首相は大統領に「反省」と「謝罪」を8回繰り返した。謝罪の回数を公表するとは心ないことをと思ったが、ひょっとすると大統領府は日本で話題を呼んだ、「週刊朝日」製の“13回のノーコメント”を参考にしたのかもしれない。いずれにしても、「13回」では宮沢氏に申し訳ないことをした。

    【【話題】朝日編集委員がねつ造記事の作り方を暴露『社内の空気を読んで捏造 』→朝日新聞に真実はない】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/17(木) 17:59:02.08 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/101331

    バイキング(フジテレビ)がとんでもなく悪意ある捏造をやらかした。官僚たちが資料を見る際に下を向いたところ、バイキングがその瞬間を切り取って「居眠り」と報じたのだ。
    まとめ動画。

    【酷い印象操作】先日の閉会中審査、衆院・安全保障委で答弁席の後ろの官僚が4人が居眠りしていると問題視。
    官僚全員が下を向いてたり書類を見ている一瞬を切り取って4人が居眠りしている間も税金が使われてる、垂れ流しにされてるとか本当に酷い番組。印象操作しかやることないのか。#バイキング

    — Mi2 (@YES777777777) 2017年8月15日

    「大臣の後ろで長い答弁に耐えられなかったのか、睡魔に負ける人たち…と」

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/vikingsleep-2.pngno title


    坂上忍「いや~やっぱりYOUさん、睡眠は大事ですよね」

    「これ何人寝てるんですか?」

    「4人ぐらい。あ、後ろもだ」

    坂上忍「お疲れなのかもしれないですけど、この方々がお眠りになられている間も我々の税金はつぎ込まれている!ありえない額の税金が垂れ流しにされていると考えて頂きたい」

    「1年間の国会の運営費が1,384億円。一日に換算しますと5億6,000万円」

    坂上忍「ヒロミさん、こんなにかかってるんですよ!」

    ヒロミ「え!?国会開くのに1日5億かかるの!?」

    しかしバイキングが切り取ったシーンを実際の中継映像で確認したところ、官僚たちは寝ておらず手元の資料を見ているだけということが分かった。それぞれ資料をめくったり頭を動かしたり、まばたきをしたりと起きていることは明白だ。

    一番後ろの女性は動きが分かりにくいが、頭を微かに左右に動かしたうえで最後に右手を動かしているのが映っている。

    おそらくバイキングの制作スタッフもこの事実に気づいただろうから、これはもはや悪意をもってフェイクニュースをつくりあげたと言っても過言ではない。うっかり誤った情報を流してしまったのならともかく、これは完全に一線を越えている。

    ひるおびの握手拒否捏造報道に匹敵する酷さだ。きちんと番組で非を認めて謝罪してほしい。

    【【フジ とんでもなく悪意ある捏造】官僚たちが資料を見る際に下を向く→バイキングがその瞬間を切り取って「居眠り」と報じる 】の続きを読む

    このページのトップヘ