真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    マスゴミ

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/21(水) 20:51:17.78 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170620-00000047-sasahi-pol

    3aa287b9

    望月衣塑子(もちづき・いそこ)/慶應義塾大学法学部卒。東京新聞社会部記者。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。著書に『武器輸出と日本企業』など(写真:望月衣塑子さん提供)

     委員会採決省略の強行採決、実在した「怪文書」……。「安倍一強」のもと、自民党はなぜここまで傲慢になってしまったのか。その源流を「政・官の関係」「派閥弱体化」「小選挙区制」の現場で考察し、いかにして現在の一強体制が作られていったかを明らかにする。AERA 2017年6月26日号では自民党を大特集。加計学園問題にからむ記者会見で、菅官房長官を動揺させ話題となった、東京新聞の望月衣塑子に話を聞いた。

    *  *  *
     なぜ、こんなに追及が甘いのだろう? テレビで菅義偉官房長官の記者会見を見て、もやもやとした歯がゆさを感じていました。私は加計学園問題の取材を進めるなかで、キーマンは菅官房長官ではないかと考え、発言を注視してきました。しかし、文書を「怪文書のたぐい」と切り捨て、「再調査は必要ない」と繰り返すばかり。記者も二の矢、三の矢の質問をしない。これでは政府は動くわけがないと危機感が募りました。

     私は政治部でなく、社会部の記者です。社会部で警察や検察の幹部とやりとりをしてきたなかで、執拗に質問しないと、肝心なことを答えないことを、身に染みて知っています。答えをはぐらかし、時にはウソもつかれます。

     官房長官会見での質問は1社あたり2、3問程度と低調な印象。番記者が官房長官を囲んで事実関係を確認する場もあり、記者は「後で聞けばいい」かもしれませんが、それでは国民に伝わりません。

     会見で、私は「再調査をしない理由」を繰り返しただしました。菅官房長官もはぐらかすのですが、「総理、官房長官が(再調査不要と)判断したのでは」という問いには「あり得ません」と語気を強め、「現役の文科省職員の証言はウソだと思うか」との質問には、「ウソだとは言っていない」と即座に言い返すなど、明らかな変化もありました。会見が短くなったり、質問は1社1問までと制限が厳しくなったりと、官邸の嫌がらせを危惧する番記者がいたかもしれません。各社の主張の違いはあっても、権力監視の観点では記者側は一枚岩になるべきです。

    (構成/編集部・作田裕史)


    参考
    東京新聞・望月衣塑子、菅官房長官に「怪文書」発言の撤回求めまた注意受ける「簡潔にお願いします」 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1497603508/
    【加計学園】東京新聞・望月衣塑子「精査するには、文科省だけでは片手落ち」 アナウンス「差別用語的な使用は控えて」 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1497269601/

    【【AERA】会見で食い下がった東京新聞記者・望月衣塑子 菅官房長官を動揺させた突破の質問力 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/22(木) 00:45:45.75 ● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    森友学園の籠池前理事長が安倍昭恵夫人に100万円を返金するために、千代田区の居酒屋を訪れた。 籠池前理事長は居酒屋の入口で報道人に胸元から取り出した100万円を見せた。

    100万円は白い封筒の中に入っており、1万円の束になっているのが確認出来る。
    しかしこの100万円、表と裏の1万円以外の内側は偽物ではないかと指摘が挙がっている。

    側面が異様に白く、お札の独特の茶色さが無いほか、中をのお札をペラペラとめうらずに早々にしまってしまった。

    Twitterでも「上と下以外は白い紙じゃねぇかwwwwwww」「ワロタWw コントじゃねーか」 「中身白紙ですけどwwww」「よーく見たら中身白紙でワロタ」と指摘が相次いでいる。

    今回の目的は寄付された100万円を安倍昭恵夫人に返すためとしていたが、結局門前払いとなった。

    では籠池前理事長はこの偽物の100万円の札束を持ってなにしに来たのかという疑問が残る。
    大金持ってますよというアピールをしたかっただけなのだろうか。

    動画あり
    http://gogotsu.com/archives/30510
    http://fast-uploader.com/file/7053615398508/
    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/06/0001-6.jpgno title

    http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/06/0002-1.jpgno title

    【【森友学園】籠池前理事長が安倍昭恵に100万円を返金 100万円がどうみても偽物と指摘が 】の続きを読む

    20170618-211941-1-0001

    比ドゥテルテ大統領は17日、「イスラム国」に忠誠を誓う武装組織と軍の戦闘が続く南部のミンダナオ島に、インドネシアやマレーシアなどから「イスラム国」の外国人戦闘員が入り込んでいるとの見方を示した。大統領は、ミンダナオ島に戒厳令を出して対応。

    続きは 
    http://www.news24.jp/articles/2017/06/18/10364617.html

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/18(日) 00:10:29.10 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    64f6ff90


    「加計問題」 高橋洋一氏に聞きました。
    06/17 02:05
    学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題での、文科省と内閣府の説明の食い違い。
    元財務官僚で内閣参事官も務めた、高橋洋一氏に話を聞きました。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00361554.html
    ※ソース元に動画


    ↓同じ内容の記事

    高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
    「総理の意向」の正体 加計学園めぐる文科省の「言い訳」
    https://www.j-cast.com/2017/06/08300108.html?p=all
    多くのマスコミは、前川記者会見、文科省文書だけを報じている。それに、加計学園理事長が安倍首相のお友達、という点を強調してストーリーを作っている。
    しかし、全体の構図を理解するには、それらの資料は不十分というか、不適切である。この問題は特区法に基づく手続きなので、その資料を見なければいけない。それもたった三つでいい。


    (1)2015年6月8日国家戦略特区ワーキンググループ議事録
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_s/150608_gijiyoushi_02.pdf
    (2)2015年6月30日閣議決定(文科省部分)
    http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/09/02/1361479_14.pdf
    (3)2016年9月16日国家戦略特区ワーキンググループ議事録
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_gijiyoushi_2.pdf

    特に、(1)と(3)をみれば、「内閣府・特区有識者委員vs.文科省(農水省)」による規制緩和議論は、前者の規制緩和推進派の完勝である。野球で例えれば、前者の10対0、5回コールド勝ちである。

    筆者も2000年のはじめのころ、規制緩和を進める公取委として、規制緩和反対の経産省とこうした規制緩和議論をしたが、今の文科省はその当時の経産省よりもはるかにレベルが低く、内閣府・特区有識者委員にとって赤子をひねるようだっただろう。

    (2)の閣議決定で要求されている需要見通しについて、許認可をもつ文科省に挙証責任があるが、まったくそれを果たせていない。

    しかも、(2)の閣議決定では、2015年度内(2016年3月までに)に検討するという期限が切られているが、それすら文科省は守れていない。これでは、コールド負けである。

    (続く)

    【【動画】 国会を一ヶ月騒がせた「加計文書」 フジTVユアタイムにてわずか7分で完璧に解説される】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/19(月) 12:43:23.09 BE:306759112-BRZ(11000)
    d2973ffc


    ―なぜ、先進国の中で日本ばかりを批判するのか?という声もあります。

    ケイ 日本ばかりではありません。私はここ数年でアメリカ、イギリス、フランス、スペインといった民主主義国家にも勧告をしています。 そしてどの政府も、勧告に反発するのは自然なことです。

    イギリス政府には「デジタル経済法」への懸念を表明しました。
    これはインターネットプロバイダーに対して、ポルノサイトにアクセスするユーザーを追跡することを求める法律です。 子供を守ることが目的ですが、私はこれによって大人の権利が損なわれると心配しています。 それに対してイギリス政府は異を唱えましたが、実際は政府よりメディアのほうが私のことを「児童ポルノ擁護派」だと激しく批判しています(笑)。

    ―特別報告者は実際、どんな権限や影響力を持つのでしょう?

    ケイ なんの権限もありません。唯一、権限と呼べるものがあるとすれば、国連理事会から与えられた立場そのものです。 報告書は人権法に照らし合わせた分析です。6月12日の国連理事会で、私は報告書を公式に発表します。

    その後、私の勧告が意味のないものなのか、それとも考える価値のあるものなのか、生かすか殺すかは日本の皆さんと政府次第です。 皆さんがこの勧告を重要視するならば、社会的な議論が始まることでしょう。


    capture-20170604-195958



    国連特別報告者・デービッド・ケイ氏に独占直撃! 表現の自由・共謀罪に対する懸念を「生かすか殺すかは日本の皆さんと政府次第」
    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/06/18/86617/

    【国連特別報告者・デービッド・ケイ「特別報告者はなんの権限もありません」】の続きを読む

    このページのトップヘ