真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    韓国経済

    f251b972-s

    bf98e056-s

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/25(水) 21:16:31.95 _USER
    韓国の現代自動車が25日発表した2016年の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年比18.3%減の5兆1935億ウォン(約5770億円)だった。

    国際会計基準の適用が義務化された2010年(5兆9185億ウォン)以降で最低となった。

    ただ、売上高は93兆6490億ウォンで過去最高を記録。販売台数は485万7933台だった。

     
    昨年10~12月期の営業利益は前年同期比32.6%減の1兆212億ウォンで、やはり10年以降で最低となった。



    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/25/2017012501974.html

    【【韓国】現代自動車 昨年の営業益18%減=10年以来の低水準[1/25]】の続きを読む

    C10nG4RUkAEyZ0U

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/26(木) 08:52:28.47 _USER
     韓国企画財政部(省に相当)は25日、韓国銀行とマレーシア中央銀行が2013年に結んだウォン・リンギ間の通貨スワップ協定を3年間延長することを決めたと発表した。

     通貨スワップの規模は延長後も5兆ウォン(150億リンギ)で変わらない。両国は昨年10月に協定が期限を迎えて以降、延長交渉を進めてきた。韓国政府は「今回の通貨スワップ延長で両国間の貿易が増え、金融協力が強化される」と説明した。

     通貨スワップは通貨危機などの緊急時に相手国に自国通貨を預け、相手国の通貨やドルを借り受ける仕組みを指す。危機に際し、外貨を確保するための一種の「当座貸越」と言える。

     韓国はマレーシアを含め、中国、オーストラリア、インドネシア、アラブ首長国連邦(UAE)の計5カ国と通貨スワップ協定を結んできた。UAEとの協定は最近期限を迎え、延長交渉が行われている。韓国政府は10月に終了する中国との協定も延長する計画だ。

    崔鍾錫(チェ・ジョンソク)記者
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/26/2017012600518.html


    【【国際】韓国、マレーシアとの通貨スワップ延長 国際基軸通貨のウォンと国際決済通貨のリンギの最強スワップにだ!】の続きを読む

    img3

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/22(日) 17:37:01.33 _USER9
    お、恐ろしい…。
    リキッドを200℃前後まで電熱であたため、蒸発した成分を吸入するVape(電子たばこ)。
    日本でも普及が進んでいますが、ちょっとでも異常を感じたらすぐに使用をやめましょう。

    1月14日、アメリカ・アイダホ州ポカテッロ市在住のAndrew Hallさんの口の中で電子たばこが爆発。
    歯を7つ失い 頬は2度熱傷と、大けがを負いました。

    彼は自身のFacebookで事故の状況を、生々しい写真とともに投稿しています。

    写真:http://i.imgur.com/d24A0mo.jpgno title


    “私の家族、特に私の世話をしてくれたAirelleに感謝します。
    昨日の朝、仕事に向かう準備をしていたとき、まったく予想外の出来事が起きました。
    今、僕はICUにて回復し、安心して過ごしています。これらは閲覧注意の写真です。
    Vape(もちろん、これはクールじゃないしひどいものだと知っています)を使っていました。
    でももうやらないし、自分を見直し他の喫煙方法を探したいと思う。僕は約1年間これを使ってきました。
    (中略)

    でも顔の中で爆発しました。
    少なくとも歯を7つ失い、顔と首に2度熱傷を負い、口や喉や唇からプラスチック、歯や異物の塊を引っ張り出しました。

    僕は幸運でしたが、僕の部屋と家には大きな被害がありました。
    僕のこのストーリーをぜひシェアして欲しいし、気をつけて欲しいと思います。”

    さらに彼は、この爆発が自宅のバスルームやシンクにどのように被害を及ぼしたか、写真を投稿しています。
    シンクの端を吹っ飛ばすほどの威力…。

    “電池として、茶色いLGの「HG2」を使用していました。
    ちょうど充電器から取り出され、これらの写真は僕のバスルームで爆発したときの写真です。”

    彼のFacebookに掲載されている写真のひとつに、このバッテリーの残骸が写っているものがあります。
    より多くの蒸気を発生させる「モッズ」と呼ばれるもので、大きなサイズのVape(電子たばこ)で使われています。

    もちろん、電子たばこが爆発したのは今回が初めてではありません。
    アメリカ各地で電子たばこ爆発による事故が発生しています。
    爆発はバッテリーの問題で生じるとされ、2014年にアメリカ消防庁は「電子たばこの形や構造によって、リチウムイオン電池を搭載した他の製品よりも、バッテリーが故障したときに“火炎ロケット“のように動作する可能性が高くなる」と報告しています。

    今回の場合、LGの「HG2 INR18650」 リチウムイオン3,000mAhのバッテリーを使用して充電していました。
    ちなみに、昨年爆発したGalaxy Note 7にはほぼ同じサイズ(3,500 mAh)のバッテリーが使われていました。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00010003-giz-prod




    【【国際】口の中で電子たばこのLG製バッテリーが爆発 歯を7本失い、顔と首に熱傷、口や喉に異物が食い込む大けがをした米国人男性】の続きを読む

    2013-05-27-k002

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/23(月)16:09:11 ID:???
    サムスングループ失墜すれば韓国経済崩壊、日本の支援必要に

    (略)

     サムスングループの中核企業であるサムスン電子は2016年7~9月期は売り上げが前年同期比で96%減。これには昨年夏に発火事故が相次いだスマホ販売の不振が大きく影響している。

     売り上げが韓国のGDPの8割近くを占める10大財閥のトップであるサムスングループの失墜は、韓国経済の崩壊を意味する。

     そうなれば、日本からの経済的支援も必要になるが、ソウルの日本大使館前の慰安婦像が撤去されぬばかりか釜山の日本領事館前に新たな像が設置され、さらには「竹島に慰安婦像設置」の計画が持ち上がるなど、慰安婦問題がここまでこじれていては望むべくもない。

    ※週刊ポスト2017年2月3日号

    全文 NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20170123_486323.html






    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 63◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484224004/662

    【【経済】サムスングループ失墜すれば韓国経済崩壊、日本の支援必要に [H29/1/23]】の続きを読む

    no title
    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/08(日)22:20:25
    2017年1月4日、韓国金融監督院が発表した統計から、2016年1~11月末に中国人投資家が韓国の株式市場で売却した株式の総額が1兆5000万ウォン(約1500億円)に上ることが明らかになった。
    環球網が伝えた。

    韓国・聯合ニュースによると、中国資本による韓国株への投資は、2010~2014年は買い越しの状態が続いたが、2015年は1360億ウォン(約136億円)の売り越しに転じ、2016年には売り越しが10倍に増加した。
    16年7月、在韓米軍にTHAADミサイル配備が決定されたのをきっかけに、8月は1770億ウォン(約177億円)の売り越しだったが、9~11月はさらに拡大し、中国人投資家の韓国株保有規模は大幅に縮小した。

    こうした動きは、韓国がTHAAD配備を決めたことと無関係ではなく、報復的措置ではないかとの見方もある。
    2017年からは、韓国ウォンはCFETS指数の対象通貨になることが決まっており、韓国にとってマイナスに働く恐れもある。
    (後略)


    全文は「レコードチャイナ」の「中国マネーが韓国から引き揚げ、中国政府の報復措置か=中国資本による韓国株への投資、売り越しが10倍に―韓国メディア」で
    http://www.recordchina.co.jp/a160035.html

    【【経済】中国マネーが韓国から引き揚げ、中国政府の報復措置か=中国資本による韓国株への投資、売り越しが10倍に―韓国メディア [H29/1/7]】の続きを読む

    このページのトップヘ