真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本共産党

    小学生をおどさないで!日本共産党員には常識はないのですか?
    .....民主主義社会は常識が前提!「何をしてもかまわない」は許されない!

    .....なでしこりんです
    。ペルーの大統領選挙で、日系のケイコ・フジモリ氏の敗戦が確実になったそうです。しかし、開票率99%でも0・16%の差ですから「票が操作された疑念」が付きまといます。実際、日本でも2014年の衆議院選挙の比例部分で「次世代の党」に投じられた1500票が「日本共産党」分として集計される「ミス」がありました。場所は京都ですから、「さもありなん」と感じた人も多いでしょう。

    ...............................t02200177_0599048113669026343


    .....私は、「選挙前にはがんばるけど、選挙後は結果を素直に受け入れる派」です。民主主義社会では、「多数派の意向を尊重する」のが原則。選挙での票を操作することは「民主主義否定」以外の何物でもありません。選挙制度とは、「勝つためなら手段を選ばない」という連中を対象にはしていません。選挙に参加できるのは、選挙制度を守り、その結果を受け入れることのできる「常識ある人たち」だけです。 今日は「選挙に参加させてはいけない人たち」の話題。どうやら日本共産党員には常識がないようですよ!

    ...o0599045513669022208

    ...........足立区の共産党というとこの事件を思い浮かべる人も多いはず! 

    .....東京都足立区で昨年6月、路上で署名活動をしていた共産党の運動員が帰宅途中だった複数の児童に、「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」 「爆弾が落ちてきたら嫌でしょ」などと話しかけ、安全保障関連法案への反対署名を求めていたことが9日、分かった。同区の共産区議団側は「行き過ぎだった」と非を認め、保護者に謝罪した。 

    .....区教育委員会などによると、昨年9月に成立した安保関連法の国会審議が続いていた同6月下旬、学童保育から別々のグループに分かれて帰宅途中だった区立小学校の児童計約10人に、地元商店街の路上で安保関連法案の反対署名活動を行っていた運動員が相次いで声を掛け、署名を求めた。 

    .....児童は主に1、2年生で、署名に応じた児童もいたが、「(戦争になれば) お父さんやお母さんが死ぬ」と言われ、帰宅後に恐怖で泣いていた児童もいたという。保護者から相談を受けた学校側は教員を現場に向かわせ、駆けつけた保護者とともに抗議したところ、運動員は謝罪し、署名活動を取りやめた。 

    .....共産区議団によると、運動員は近寄ってきた児童に対し、先の大戦の沖縄 戦などを説明した上で「戦争になったら爆弾が落ちてくる。それは困るでしょ」 などと言って反対署名を求めたという。(産経新聞) http://www.sankei.com/life/news/160610/lif1606100001-n1.html

           o0300016613669012838


    .....ちょうど 今から1ヵ月後の7月10日に「参議院選挙の投票日」を迎えます。おそらくは「自民党勝利、公明党現状維持、民進党惨敗、共産党が民進票をかすめて微増」という結果になると思いますが、東京・足立での出来事は「共産党の異常さ」を示す事件だと思います。

    t02200165_0259019413669019018t02200154_0220015413669018374

    .....小学校1、2年生 を脅して安全保障関連法案への反対署名って、常識のある大人がする行為ではありません。共産党を甘く見ている方もおいでかもしれませんが、「共産主義者は目的のためなら手段を選ばず」が基本です。ですから、「党勢拡大のためなら何でもあり」なんです。小学生を脅すなんて、まともな人間がすることではありませんよね。 

    o0145014513669014691t01600160_0160016013668691620


    .....おそらく、日本共産党の連中は1ヵ月後の投票日に向けて、「あらゆる行動」を取るでしょう。でもね、民主主義社会では「結果だけではなく、手順も合法でなければならない」んです。今回の共産党の悪質な行為は白日の下にさらされましたが、選挙権をもつ高校3年生にも同様の「脅し」が行われることは確実です。どうか一人でも多くの人が「共産党の脅し」に負けないでほしい。日本は自由で民主的な社会です。共産党のような邪悪な政治組織を日本に存在させてはいけませんよね。 By なでしこりん
     http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12169222761.html





     


    なでしこりんのブログより
     http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12168277823.html

    ....なでしこりんです。私は右であろうと左であろうと「言論弾圧」はどちらもすべきではないと思っています。言論弾圧は共産党政権の中国や北朝鮮では「当たり前」のようだけど、発言の善悪を決めるのは多数の国民であるべきで、特定の人たちではないはずです

    ...............................o0226022313661937434


    .....日本国内で 最近強化されている「ヘイトスピーチ規制」の実態は「加害者側の在日韓国人による犯罪隠し」でしかないように思えます。実際、抗議デモの対象になっているのは韓国人だけでしょ! 「韓国人犯罪が多いいね!」は事実であって、人種差別発言ではないですよね。 今日の記事は「東スポweb」から。

     .......o0400028513665167173


    .....人種や国籍などの差別をあおるヘイトスピーチの対策法施行後、初めての日曜日となった5日、保守系団体が神奈川県川崎市で計画していたデモが中止となった。 

    .....一方、別の保守系団体が同日に東京都渋谷区でデモを開催。デモ隊と反対する人たち、そして警察官でもみくちゃになった。午後3時の宮下公園に日の丸を掲げた人たちが集まった。デモの名目は反日本共産党だった。 

    .....そこに「カウンター」と呼ばれるデモに対抗する人たちが集結。警察官を間に挟み、言葉の応酬が繰り広げられた。デモ隊の一人が「タイマン張ろうぜ」と言えば、「なら出て来い。カッペ」とカウンターが罵倒。また、カウンターの一人が「デモは中止にしましょう」と呼びかけると、デモ隊から「お前、口臭いな。ハヌケが」とこれまた罵倒。 

    .....デモ隊は警察に守られながら、宮下公園を出発。渋谷消防署を回り、渋谷区役所前へ。カウンターの人たちはシットインと呼ばれる座り込みで対抗するも、警察官が総出で抱きかかえ“搬送”。デモ隊とカウンターと両者の間にいる警察とでもみくちゃに。抱きかかえられながら、「神奈川県警はこんなことしなかったぞ」と怒鳴る人も。 

    .....デモ隊の主張は「日本共産党を許さないぞー」などで、人種差別的なヘイトスピーチは確認できなかった。それでもカウンター側は「ヘイトスピーチやめろ」と抗議活動を続ける。 

    .....その後、公園通りを通って、スクランブル交差点へ。交差点はデモ隊通過まで封鎖された。道行くカップルたちがポカ~ンと口を開けながら見送る。最後は宮下公園へ戻り、解散となった。(東スポweb)http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/549502/

    ...............o0372016813666709615

     ..........................日本共産党が引き起こした「白鳥事件」は今も逮捕状更新中の事件
    ................http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12142045891.html

     .....この東スポweb の記事がおもしろいのは、「日本共産党を許さないぞー」という抗議の声に対して、デモを妨害している連中が「ヘイトスピーチやめろ」と反応していることを伝えていること。これってすごく「大事な事実」だと思う。朝日や東京新聞は絶対に伝えない事実だから。

    .............t02200228_0599062013404736711t02200222_0297030013404736710

    ............................日本共産党と韓国・民団が密接なのはこの通り! 

    .....要するに、 「ヘイトスピーチやめろ」とやっている連中の中に共産党が混じっているということ。中国や北朝鮮の言論弾圧は「共産主義者による言論弾圧」だけど、日本で「ヘイトスピーチやめろ」と言っているのも共産主義者。ちなみに日本共産党と韓国の左翼とは密接な関係にあります。「日本共産党は言論弾圧が好き」ということを覚えておいてほしいです。
     
    ......................o0502034813664011711
     

    .....在日社会 が戦後からずっと、「在日は日本に強制連行された」「在日は本名を奪われた」というウソをばらまいていてきたこと日本国民は改めて確認すべきだと思います在日社会が在日2世、3世に「日本を恨むことを教え込んできた」結果が在日犯罪の発生の原因だと私は見ています。その証拠に、在日による日本人への犯罪が多発しても、日本人による在日への犯罪がないことでも分かりますよね。

    ............o0600033813665187651


    .....この事実 が知られることによって「嫌韓デモ」が増えたわけです。そりゃ当然ですよね! 日本人が在日韓国人に殺されれば、日本人の中から「在日韓国人は日本から出て行け!」という声が当然出ます。在日たちが自分たちの犯罪体質を隠し、いくら「人種差別ニダ!」とわめいても、実際、日本人を殺し、日本人女性をレイプしているのは在日韓国人なんだから仕方ない。在日は「差別ニダ」じゃななくて「申し訳ないニダ!」と謝罪べきじゃないですか?

    ..........................................t01600160_0160016013664769678


    .....今後も、日本共産党による言論弾圧はますます巧妙になると思うし、在日韓国人による「被害者芝居」もますます増えると思います。でも、日本は民主主義国家ですよ。過激な表現も含めて「言論の自由」、表現の自由」は保護されるべきだと思うんです。日本での言論を判定するのは日本共産党でも在日韓国人でもありません。日本の言論を判定できるのは日本国民だけと私は思っています。By なでしこりん 

     

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 19:45:48.90 ID:CAP_USER9
     日本共産党の財政を左右する「しんぶん赤旗」の売り上げは、党勢の維持・拡大に直結する生命線といえる。 それだけに、共産党関係者による赤旗の強引な勧誘が問題視される事態は各地で相次いでいる。
    そのほとんどが、市役所などの行政機関で共産党議員が「係長級以上はみんなとっている」などと言って幹部職員を勧誘、議員からの頼みごとは断りにくいという職員の弱みに付け込んだ手口だ。

     こうした行為はかなり古くから習慣化していたとみられ、産経新聞は20年近く前の1998年4月9日付の記事で、
    「東大和市 『しんぶん赤旗』購読、皆で『やーめた』」という見出しで赤旗の勧誘の実態を取り上げていた。

     《東京都東大和市の管理職のほとんどが個人的に購読していた、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の契約を先月いっぱいで一斉に打ち切っていたことが8日、分かった。
    同市では管理職になると同党の市議から勧誘され、購読するという“習慣”があったが、
    「義理でとる必要はない」などの意見が続出、“みんなで渡れば怖くない”とばかりにそろって購読をやめることにした》


     記事によれば、東大和市では管理職に昇進すると、共産党市議から「情報収集のためにどうですか」「購読をお願いできますか」などと赤旗の購読契約を勧められるという。
    強制ではないが、「議員から頼まれると断りづらい」「上司が皆とっているので、一人だけとらないというわけにはいかない」などと長年とり続けていた人は多く、
    「あまり読まないが、付き合いで20年近く購読料を支払っている」と、ある市幹部のコメントを紹介している。
    つまり今から40年近く前には、すでに「付き合い」が定着していたということになる。

     兵庫県西宮市役所に2010年まで18年間勤務した経験を持ち、旧日本維新の会や次世代の党で衆院議員を務めた杉田水脈によれば、
    同市役所内でも以前から「係長になると赤旗を購読する」という暗黙のルールがあったという。

    杉田も係長に昇進した直後、面識のない共産党市議から、突然電話を受けた。

    つづく

    http://www.sankei.com/premium/news/160529/prm1605290015-n1.html?view=pc

    【【KSM】日本共産党特権 これが「しんぶん赤旗=資金源」勧誘の実態 公務員管理職になると同党の市議から執拗に勧誘】の続きを読む

    このページのトップヘ