真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本共産党



    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/09/13(火)03:02:32 ID:4Sq
    本日、平成28年9月12日、徳永克子(共産党市議)より緊急動議が出され、これが決議された。
    内容には、「脅迫」の件が含まれているため、私も本件に触れざるを得ない。
    沈黙を守ってきたが、ある程度のことは話そうと思う。


    「行橋市役所を爆破する。」という脅迫電話が市役所にあった。
    「市議を辞職せよ」「辞意表明を(ある日限までに)Blog上で行え。」
    「さもなくば火の海に包まれるだろう。」というものだ。

    脅迫の中身には【ヘイト】という言葉が含まれていた。



    脅迫を受けて、その上で通った決議は「小坪慎也議員に対する決議」であり、
    「謝罪及び必要な行動を自ら行うことを求めるものである。」という共産党の主張を、議会は通した。

    (中略)


    全文は「小坪しんやのHP」の「【行橋市役所爆破予告】共産党の動議、可決。記者へのコメント等」で
    https://samurai20.jp/2016/09/iro-look-now/


    >>2へ続く

    【【KSM】小坪しんや氏のHP、「行橋市役所爆破予告」に関しての共産党の動議、可決。 「脅迫を受けて、その上で通った決議は「小坪慎也議員に対する決議」】の続きを読む



    1111

    http://ameblo.jp/ishinsya/entry-12199432819.html
    から転載
    o1706096013747074618

    o1706096013747074640


    「行橋市役所を爆破する。」という脅迫電話が行橋市役所にあった。
     「市議を辞職せよ」
    「辞意表明を(ある日限までに)Blog上で行え」
     「さもなくば火の海に包まれるだろう」というものだ。

    脅迫の中身には【ヘイト】という言葉が含まれていた。

     

    小坪しんや市議に対する脅迫であり、行橋市議会に対する脅迫だ。
    それなのに、共産党が議会に提出し可決された決議は以下だ。

     

    共産党の徳永克子市議が提出した緊急動議が決議された。
    以下掲載。

     

    行橋市議会議長  諫 山  直 様

    小坪慎也議員に対する決議 (案)

    9月8日に、行橋市役所に脅迫の電話があった。この事により、市民に対し、また、市当局や議会においても多大な迷惑を及ぼした。この「脅迫事件」は決して許されるべきものではない。

     

    これは、小坪慎也議員が、平成28年4月に熊本地震が発生した際、差別的にとらえられるSNSでの意見発表を行った事を発端としている。

    公人である市議会議員は、住民を代表する立場にあり、議会外の活動であっても良識ある言動が求められるのは当然である。

     

    市民・国民に迷惑を及ぼすような意見の表明は、行橋市議会の信用が傷つけられたものといわざるを得ない。

     

    行橋市議会は、小坪慎也議員が品位を汚すことの無いよう、公人としての立場をわきまえる事を求めると共に、謝罪及び必要な行動を自ら行うことを求めるものである。
    以上、決議する。

    平成28年9月12日
    行 橋 市 議 会
    以上。

     

    おかしくないか共産党。
    バカだろう。
    お前らテロリスト支持者か。
    批判すべきは爆破予告してきたテロリストだろう。


    小坪しんや市議のコメント

    1)市役所爆破予告という、無差別テロをほのめかしての脅迫行為は言論弾圧であり、警察に相談中です。

    2)市民を不安に陥れ、市の業務、議会にも多大な影響があり、犯人については許せない。

    3)警備にあたって下さった警察には、深く感謝しており、犯人の早期逮捕を強く期待する。
    ※ 捜査中であり、これ以上のコメントは控える。

     

    爆破予告に屈するなら言論の自由とか言っているなよ。
    口先だけの口舌の徒の集まりなら頼りないから議会解散しろよ。
    決議すべきは、テロには屈しないと犯人に対して断固戦う姿勢を示すことだろう。

     

    日本にいらないものはたくさんあるが、
    朝鮮総連
    民団
    中共大使館
    ロシア大使館
    やっぱり日本共産党が一番だ。



    女子高生のプライバシー保護を怠った
    NHK報道局の責任は重い!
    .....NHK報道局に潜む「反日分子」は駆除したほうがいいんじゃない?

    .....なでしこりんです
    。NHKによる「女子高生貧困」という「やらせ番組」がネット上で話題になっていたのでご紹介。NHK報道局の中には、東京・新大久保でねつ造報道を繰り返した在日韓国人組織があることを何度か指摘してきましたが、今回の「やらせ番組」も、NHKに潜む反日分子による「日本を辱めるためのネガティブキャンペーン」なんでしょうか?

    ........ ............1
    ...............   ...戸田有紀 (NHK報道局) 

    .....NHK報道局・戸田有紀 による「やらせ番組」が放送されたのはが8月18日(木)の夜7時のNHKニュース。番組に母子家庭の自称・貧困女子高生「うらら」さんが登場し、 「貧乏なのでパソコンが買えず、1000円のキーボードだけで買って練習している」とか、「家にクーラーはなく、首に保冷剤を当てて過ごしている」と語ったんだそうです。

    ..........2
    ..........NHKの戸田は画像処理せずにうららさんの素顔を公開。

    .....ところが この女子高生はアニメオタクで、2万円近い画材を購入してたり、外食で1000円以上のランチを食べたり、コンサートに行ったことをツィッターでツィートしてたことが判明! とてもじゃないけど、「貧困女子高生」というのは虚偽で、NHKによる「やらせ」が強く疑われる状況になっています。

    ..........3 
    ..   ........「うららさん」の自宅が特定され、クーラーがあることも判明・・・・ 

    .....私も 学校関係のお仕事をしてましたので、「生徒の貧困」については十分注意を払うよう指導を受けましたし、「どの子供たちにも学校で恥ずかしい思いをさせない」という強い信念をもってことに当たってきました。実際、貧困家庭はありますし、子供への関心が薄く、十分な教育力を持たない親は存在します。

    ..................4

    .....突然ですが、日本の公立学校で一番お金がかかるのは何だと思いますか?小学校だとランドセルと給食費。中学校だと制服と給食費でしょうね。特に最近の中学校は制服がおしゃれになった分、金額が以前より高くなっています。制服(夏冬)や体育用ジャージ&シューズで4~10万円かかることもあります。 そんなお金を貧困家庭が負担できるのか?

    ....................11

    .....実は 日本は世界的に見ても教育に膨大な予算を組んでいる国で、貧困家庭にも数多くのセイフティーネット(救済策)が準備されています。たとえば、生活保護家庭には「教育扶助(小中学生)」や「生業補助(高校生)」を名目にした就学援助金がありますし、生活保護ではないが生活に困窮している家庭にも「就学援助費」が毎月支払われています。おまけに、児童生徒の入学時には40,600円~47,400円の一時金も支払われています。ご存知なかったでしょ?

    ...............5

    .....私の 勤めていた中学でも、小学校から申し送りされた情報をもとに新入生徒の生活状況を事前に把握していましたし、一学期に行われる「家庭訪問」でも情報の更新を行っていました。こういうことはあまり知られていませんが、PTAの協力のもと「制服リサイクル」もやっています。卒業生に頼んで制服を寄付してもらい、生活困窮家庭の生徒にこっそり渡していました。給食費はもちろん全額補助の対象になっています。今の時代、貧乏だから給食費が払えないということはまずありえません。

    6
    7
    .........「うららさん」がツィッターアカウントを持ってたことは確実!

    .....NHKの やらせ番組に登場した女子高生が実際に生活困窮学生なら何らかの援助を受けているはずです。日本の高校は義務教育ではありませんが、教育援助は高校生までを対象にしていますから、「パソコンを買えないのでキーボードだけ買った」という下手な芝居は現実にないわけです。しかも彼女はツィッターをやってますから、おそらくは「スマートフォンか携帯」を持っているはず。今のスマホはパソコンに劣らぬ高機能ですし、月額使用料もそれなりにかかります。

    ................8

    .....日本は 先進工業国の中では大学進学率は50%を少し超えるぐらいです。同じ割合の国にドイツがあります。では日本とドイツは経済的に貧しい国なのか? もちろん違います。日本とドイツは「職人を大切にする国」。日本では一流の職人を匠や棟梁、師匠と敬意をこめて呼びますよね。ドイツはマイスターです。日本とドイツは、大学に進まなくても社会で十分生きていける国であり、選択肢の多い国でもあります。

    ...............9
      
    ...平均年収が 一般職員でも1750万円を超えるNHKの社員から見れば、日本国民の多くは貧困に見えるのでしょうが、それはNHK職員の給料が高すぎるだけです。というよりは、今回のNHKのやらせは、NHK報道局の戸田有紀による完全な「日本下げ」でしょうね。

    .....私が 戸田有紀のやり方に憤慨するのは、戸田が「うららさん」のプライバシー保護を怠ったこと。ネット上ではすでに「うららさん」の本名と住所、通学校が特定されてしまい、彼女にも「ねつ造報道の共犯者」の疑いがかかってしまっています。特に悪質なのは、戸田は「うららさん」の顔をなんの画像処理もせずに公開したこと。これはありえないミスです。

    ................10
    ................NHK報道局による報道は常に韓国サイドだった!

    .....ネット上に いったん上がった情報は消せません。日本人はうそつきが大嫌いな民族です。戸田は、日本国民をだまし、「うららさん」の未来を汚してしまったことを謝罪すべきです。NHKにはねつ造にかかわったすべての関係者を処分してほしいです。 By なでしこりん 

     
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12192548671.html から転載

    http://netgeek.biz/archives/81385 から転載

    NHKに特集が組まれた貧困女子高生問題について、杉山麗(うらら)さんの姉が過去に札束を見せつける投稿をしていたことが分かった。

    現在波紋を呼んでいる投稿はこちら。

    1
    2

    ざっと見たところ、20~30万円はあると思われる。もちろん自分で稼いだお金なので他人がとやかく言うことではないが、うららさんについては公的な資金的援助が必要と訴えるスピーチをしたばかり。数年前に不適切な生活保護受給が問題視されたときは親族に金銭的に援助できる者がいる場合は不正受給にあたると判断された。

    うららさんについては女子高生にしては明らかに趣味にお金を使いすぎで、自分自身も「YES!散財!」という表現をしていた。このような状態で自助努力よりも税金を原資とする援助を優先して求めるのは正しいとは思えない。

    ただし、この貧困JK問題については賛否両論が巻き荒れている。以下では貧困JKの肩を持つ意見をまとめた。

    1.茂木健一郎はいつもの逆張り路線でブログ記事を公開。不自然にNHKを応援する。新番組の司会でも狙っているのだろうか。

    ぼくは、このような時に、やらせだ、貧困JKじゃない、NHKは駄目だ、などと叩いて喜んでいる(?)人たちの心性が、「一ミリも」理解できない。  まず、この女子高生が実際にどのような経済状況なのか、 知るよしもないけれども、イラストが趣味だったら、無理をしてペンを買うことだってあると思う。(中略)

    NHKの取材班の方々、これからもがんばってください!

    http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/5704258.html

    2.香山リカ「ささやかな贅沢を叩くのは間違っている」

    3.SEALDsと同じような政治活動をしている五寸釘ほなみ「これでは誰も貧困と言い出せない」

    ただし、これらはあくまで少数派で世論はうららさんの無駄遣いを非難する意見が圧倒的多数。すでに記事にした通り、片山さつき議員は詳細な調査に乗り出すと明言しており、助成金の予算について変更が加えられる可能性も出てきた。

    ここで見逃せないのが、共産党が貧困女子高生集団「JK8」をつくって活動を始めた点だ。

    「JK8」は、私立高校の助成金を学ぶ女子高校生8人でスタート。現在31人が学費問題や18歳選挙権についても「どのようにとらえ、自ら考え、話し合い、判断できるようになるか」について学んでいます。メンバーのひとりは、「私は学費について関係ないって思っていた。でも、お金がないことを理由に仲間が、私学をあきらめ、公立高校に行ったことを知りました。なんとかしたいと運動に参加しました」と語りました。

    “私立は高くて当たり前”を変えていきたいと毎日街頭で署名活動をしています。

    「もしも学費が無償化になったら、世界平和につながる」という高校生たち。会場からは「すばらしい活動だ」の声があがりました。

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-21/2016082115_03_1.html

    JK8は今後、自身の恵まれない環境を声高に叫び、助成金の支給、大学無償化などを訴えていくものと思われる。SEALDsは一部では「実質的に共産党の下部組織で活動資金も共産党から出ている」と指摘されたことがある。SEALDsが解散した今、次のプロジェクトはJK8なのだろう。

    ここで改めて確認しておきたい。NHK記者の戸田有紀さんは「子どもの貧困対策会議」の設立準備段階からのメンバーで、そしてその会議にうららさんが写っていた。

    3

    画像出所:http://www.kanaloco.jp/article/174127

    貧困対策として数十億円の予算が動く中で政党の戦略が透けて見えるようだ。うららさんの報道はこれから起こる予兆にすぎないのかもしれない。



    【KSM】片山さつき、NHKからの回答「本件を貧困の典型例として取り上げたのではない」~背後で動く日本共産党~

    片山さつき認証済みアカウント
    @katayama_s
    https://twitter.com/katayama_s

    【速報】片山さつき「NHKから、貧困女子高生の件を貧困の典型例として取り上げたのではない」
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48290466.html

    【KSM】NHKの超貧困JK捏造、共産党の貧困女子高生団体「JK8」猛プッシュの布石打ちが目的か!!!!!!!!!
    http://ksmworld.blog.jp/archives/1060396226.html

    高校生が私学助成運動 教育のつどい 分科会はじまる
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-21/2016082115_03_1.html

    民団新年会に出席した国会議員の面々と福島みずほ氏のあいさつ
    2015.01.16
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150116/plt1501161550001-n1.htm

    主犯はNHK報道局の戸田有紀か?NHKニュース7の「貧困女子高生」は完全なねつ造報道だった!
    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12192548671.html

    神奈川県が323億円の予算で子どもの貧困対策へ←貧困JK報道の狙いはこれだった!!! | netgeek
    http://netgeek.biz/archives/81477
    http://netgeek.biz/archives/81385

    最近の動画

    【KSM】中国は恩を仇で返すつもりなのか 尖閣沖で中国漁船沈没 海保が救助も ・・
    https://www.youtube.com/watch?v=0xKD4ZOGg9I
    【KSM】”韓国製の新型モノレール”が『開業前に廃業決定!くず鉄に!』 
    https://www.youtube.com/watch?v=bqNZf5xZ6lE
    【KSM】アメリカ、警察に職務質問された『バットマン』残念ながら昨年亡くなっていた
    https://www.youtube.com/watch?v=m91NXPP4h_Y
    【KSM】反天連とはいったい何者なのか 桜井誠氏 オレンジ☆ラジオ 警察は過激派の仲間なのか?
    https://www.youtube.com/watch?v=pu1K9A-7dRk
    【KSM】ベトナムが南シナ海にロケット発射装置を設置 対中国でまとまるアジア 
    https://www.youtube.com/watch?v=Mzn5tjDFdTA
    【KSM】沖縄ヘリパッド反対派の韓国籍の男逮捕 警備の警察官転倒させた疑い 名護署前で釈放求め抗議活動も
    https://www.youtube.com/watch?v=LMqNwRI5JlU
    【KSM】沖縄、高江のヘリパッド反対派の集団が名古屋で在特会に排除される様子 市民団体でも排除できるんですよ。沖縄県民、県警何やってるの?
    https://www.youtube.com/watch?v=OSwEzQrC7EE


    【【KSM】片山さつき、NHKからの回答「本件を貧困の典型例として取り上げたのではない」~背後で動く日本共産党~】の続きを読む

    このページのトップヘ