真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    民進党

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/18(火) 03:26:10.54 _USER9
    18e3d6bd-s

     都議選での惨敗を受けて蓮舫体制が揺れるなか、民進党の前原元外務大臣は、政界再編を視野に 新たな社会保障政策などを打ち出す考えを示しました。

     民進党・前原誠司元外務大臣:「(政策の旗のもとに)集まるということを賛同してもらえば、名を捨てて 実を取るということは別に民進党という名前にこだわらなくても私はよいと思うんです」

     前原氏は、外交安全保障政策は現実路線だとして、内政問題で自民党との違いを打ち出す考えを示しました。 具体的な政策として、前原氏は「財源論から逃げない安心できる社会保障」を挙げ、国民の負担を求めながら 将来不安を解消するべきだと強調しました。さらに、「次の総選挙までに何らかの動きをしないと日本はまずい。 旗を立てることのなかで様々な化学反応が出てくることを期待したい」と述べ、次の総選挙までに民進党の 解党や分党などを視野に入れた政界再編に意欲を示しました。

    テレ朝

    【【政治】民進・前原氏、政界再編に意欲「民進党という名前にこだわらなくてもいい」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/18(火) 16:34:50.29 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    https://www.youtube.com/watch?v=uP3Bzt_Fps4



    民進党の蓮舫代表が「二重国籍」問題で記者会見 午後5時から
    https://thepage.jp/detail/20170718-00000006-wordleaf
    民進党の蓮舫代表が18日午後5時から、自らの「二重国籍」問題について記者会見する。
    13日の定例会見では、台湾国籍が既にないことを示す資料を公表する準備があると説明していた。
    戸籍は「差別主義者に言われて公開することは絶対あってはならない」と強調しつつ、野党第一党の党首で公人であり、自らの説明が二転三転したことから説明責任を果たすとした。

    二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判 「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」「合法か違法かの話です」 
    http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160017-n1.html
    小野田氏は、蓮舫氏が13日の記者会見で公的書類を公開すると表明したことを受け、翌14日に国籍に関するツイートを相次いで投稿した。
    蓮舫氏を名指しせずに「国籍法14条の義務である日本国籍の選択を行ったかどうかは戸籍謄本にしか記載されません」と紹介し、戸籍謄本を公開する必要性を説いた。
    その上で小野田氏は、蓮舫氏が個人のプライバシーを理由に「戸籍を差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」と発言したことを念頭に
    「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。日本人かそうでないかの話ではない。合法か違法かの話です」と断じた。

    18日記者会見:蓮舫は「戸籍・離脱証明・旅券」の3点セット公開を
    http://agora-web.jp/archives/2027250.html
    ・10月7日にしたという国籍選択後の戸籍謄本
    ・9月23日に台湾の当局から受け取ったという国籍喪失証明書
    ・9月6日に台湾の代表処に提出したという台湾旅券などの書類

    証明書類の公開で議論再び。「二重国籍」は公選法違反? 専門家に聞いてみた
    http://go2senkyo.com/articles/2017/07/18/31272.html
    もし事実に反して経歴詐称を行っていた場合は公選法第235条の「虚偽事項の公表罪」に当たる可能性があります。
    ネット上では、初当選の2004年時の公報に「1985年、台湾籍から帰化。」と明記されていることが話題になっています。
    http://i.imgur.com/QL1hBN7.jpgno title

    【【生中継】本日17:00~ 蓮舫が「二重国籍」問題で記者会見 焦点は「戸籍・離脱証明・旅券」の3点】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/18(火) 11:50:32.43 _USER9
    ab0c5ac3-s

     民進党の蓮舫代表が台湾との「二重国籍」問題をめぐり、台湾籍を保有していないと証明する資料を公表する意向を示していることについて、精神科医の香山リカ氏ら有識者グループが18日、東京都内で記者会見し、公表中止を民進党に求めた。

     香山氏らは蓮舫氏について「参院選に立候補した時点で、戸籍謄本により日本国籍があることが確認されている」と指摘。その上で「個人情報を開示する何の義務も必要もない。開示を求めることは出自による差別を禁じている憲法に反する」とした。

    http://www.sankei.com/smp/politics/news/170718/plt1707180011-s1.html

    【【二重国籍問題】蓮舫氏の資料公表中止求める 香山リカ氏ら「差別禁じる憲法に反する」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/17(月) 20:41:59.59 _USER
     民進党の蓮舫代表は週明けの18日、「二重国籍」問題を解決するため、公的書類を開示するが、「国籍の選択日」などが記載された戸籍謄本の全面公開は拒否するようだ。

     自身も米国との「二重国籍」状態を解消し、戸籍謄本や米国籍の喪失証明書を公開した自民党の小野田紀美参院議員は夕刊フジの取材に応じ、「蓮舫氏は中途半端な対応で幕引きするのではなく、国民の代表として誠心誠意、対応すべきだ」と直言した。

     蓮舫氏は13日の記者会見で、戸籍謄本の全面公開を拒否する理由を次のように語った。

     「戸籍は個人のプライバシーに属するもので、差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」

     「二重国籍」を隠して国会議員になり、野党第一党の代表を務める人物の発言とは思えない。小野田氏とは天と地ほどの違いがある。

     小野田氏は日本人の母親と米国人の父親を持ち、米国内で生まれた。参院選に初出馬する前の2015年10月、日本国内で「米国籍を放棄する」と宣言、「日本国籍を選択する」手続きを終えた。

     蓮舫氏の「二重国籍」問題を受けて昨年秋に調べたところ、米国内での「放棄手続き」が終わっていなかった。

     小野田氏は「申し訳ない」と有権者に謝罪したうえで、FBで自身の戸籍謄本を公開した。そこには、明確に【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】と記されていた。

     蓮舫氏の対応について、小野田氏は「私のようにプライバシーに関わる部分は隠し、戸籍謄本で重要な『名前と国籍の選択日』を公開してはどうか」といい、続けた。

     「蓮舫氏の記者会見を聞くと、国籍法16条1項に定められた『外国籍離脱』について、何らかの公的書類を提示するのだろう。だが、これは努力義務に過ぎず、14条1、2項が求める日本国籍を選択したのかどうかは分からないままだ」

     国籍法は22歳までに日本国籍か、外国籍のどちらかを選ばなければならない(14条1項)。さらに日本国籍を選択した場合、日本国籍の選択と外国籍の放棄を宣言しなければならない(14条2項)。日本国籍を選択した日本国民は「外国籍の離脱に努めなければならない」(16条1項)という努力義務を課す。

     戸籍謄本には選択宣言の日時が明示されている。

     有権者は、蓮舫氏が「国籍選択宣言」という重大な義務を果たしているのか否か、台湾籍を離脱して「二重国籍」状態を解消したのかどうかを知る権利があるはずだ。

     小野田氏は「これは国籍法違反につながる問題で、ルーツについて踏み込むものではない。蓮舫氏が何をもって『差別』と発言しているのか、理解に苦しむ。私と同じように戸籍謄本を公開すれば解決する。なぜ、かたくなに公開を拒否するのか。表に出せない理由があるとしか思えない」と語った。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170717/soc1707170002-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170717/soc1707170002-n2.html

    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170717/soc1707170002-p1.jpgno title

    蓮舫氏
    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170717/soc1707170002-p2.jpgno title

    自ら戸籍謄本を公開した小野田氏は、蓮舫氏の情報公開姿勢に疑問を呈した

    【【国籍】“元二重国籍”自民・小野田氏「蓮舫氏は中途半端」 戸籍謄本の全面公開拒否に「表に出せない理由があるとしか思えない」[7/17]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/17(月)11:49:37 ID:???
    gouu2001-201707092

    ■ソース元記事名/【九州豪雨】 民進党の蓮舫代表「臨時国会で復旧議論を」 九州豪雨被害を視察

    2017.7.15 18:21
     民進党の蓮舫代表は15日、大分県日田市や福岡県朝倉市などを訪れ、豪雨被害の被災状況を視察した。視察後、記者団に激甚災害の指定や臨時国会の召集を急ぎ、対策を協議すべきだと訴えた。「甚大な被害だ。臨時国会で、与野党がしっかり議論して復旧策を講じるべきだ」と述べた。(略)

     日田市では原田啓介市長から被害状況を聞き、流木が散乱した現場も訪問。朝倉市では土砂が流れ込んだ川沿いを見て回った。福岡県東峰村では避難所を訪ね、高齢女性らに「家は大丈夫でしたか」などと声を掛けた。

    産経 7月15日
    http://www.sankei.com/politics/news/170715/plt1707150015-n1.html

    【事業仕分けの資料】
    ダム事業:凍結の福岡「小石原川」と熊本「立野」、継続へ--国交省 ( 2012年12月07日)
    http://suigenren.jp/news/2012/12/08/3509/

    2012年12月8日
    ダム事業:凍結の福岡「小石原川」と熊本「立野」、継続へ--国交省 (毎日新聞西部朝刊 2012年12月07日)http://mainichi.jp/area/news/20121207ddp041010018000c.html

     国土交通省は6日、本体着工などが凍結されていた小石原川(こいしわらがわ)ダム(福岡県朝倉市など)と立野(たての)ダム(熊本県南阿蘇村など)の2事業を継続する方針を決めた。09年の政権交代以降、同省はダム事業をいったん凍結したうえで必要かどうか検証作業を続けていた。約3年間も要した結論に、胸をなで下ろした地元自治体がある一方、一部住民は「住民無視の一方的な決定」などと憤った。

    ◎政経雑談の情報提供よりスレ立てしました。
    ◆◆◆◆Open+居酒屋[政経雑談]28店目◆◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495632979/



    【 民主党政権事業仕分け →東小峰村のダム工事差止め(2015完成予定)小石原川ダム等 →九州豪雨 →洪水死者多数→【蓮舫「家は大丈夫でしたか」】[H29/7/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ