真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    民進党

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/16(金) 19:20:19.14 _USER9
    renho-fushiga-8-500x500
    配信先、産経ニュース、2017.6.16 18:47更新
    http://www.sankei.com/politics/news/170616/plt1706160038-n1.html

     民進党の山尾志桜里前政調会長は16日、BS朝日の番組収録で、男系男子のみを皇位継承者と定めた皇室典範について「歴史的経緯があるというのが、唯一の理由だ。

    歴史的にそうしてきたことと、これからもそうすべきだという価値判断は、まったく論理必然ではない。新しい工夫や知恵が必要だ」と述べ、女性・女系天皇容認も検討すべきとの認識を示した。

    一方、自民党の下村博文幹事長代行は同じ番組の収録で「これまで8人いる女性天皇は否定しない。女系天皇は反対だ」と述べた。

    その理由として下村氏は「2000年以上の男系男子の歴史がある。皇族の女性が一般男性と結婚し、子供も皇族とした場合には、天皇家としての血筋が終わる。新しい王朝ができる。今の物差しだけですべて考えるのは歴史への冒涜(ぼうとく)だ」と述べた。

    【【民進・山尾志桜里氏】女系天皇容認「男系男子、論理必然ではない」 自民・下村博文氏は「歴史への冒涜だ」 テレビ番組収録で 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/16(金) 21:19:18.27 _USER
    2a

    有田和生@ka1206
    共謀罪、自公政権、維新、こころを立憲主義破壊、議会制民主主義破壊の共謀で逮捕しなきゃ。
    午前9:10 ・ 2017年6月15日
    https://mobile.twitter.com/ka1206/status/875143445710385152

    acacia@freie_Herz
    報ステ。
    福島議員の怒りの言葉に対し、「共謀罪で逮捕するぞ」という笑い混じりのヤジが。
    https://pbs.twimg.com/media/DCXd0VrUQAE8kL-.jpgno title


    コメカ@comecaML
    これは無い。これは本当に無いよ。このヤジをやったのは一体誰だ。国会議員やらせんなこんなこと言うヤツに。議員辞職しろマジで。
    https://twitter.com/comecaML/status/875363486217379840

    インドア派キャンパー@I_hate_camp
    共謀罪強行採決の徹夜国会で、福島みずほに「共謀罪で逮捕するぞ」とのヤジ。声がハッキリしている。誰か思い当たるヤツいる
    https://twitter.com/I_hate_camp/status/875514181125939200

    有田芳生@aritayoshifu
    参議院本会議、深夜。福島瑞穂議員に向かって「共謀罪で逮捕するぞ」とヤジが飛んだとツイッターで流布されていますが、事実ではありません。あれは某議員がくだらないヤジを飛ばす与党議員に向けて皮肉として発したものです。現認しています。
    4:45 - 2017年6月16日

    Hiroyuki Toda@mai7star
    その某議員の実名晒してもらえませんか? 公人なんですから。
    https://twitter.com/aritayoshifu/status/875680661708750848

    【【共謀罪】有田芳生「福島瑞穂議員に向かって「共謀罪で逮捕するぞ」とヤジが飛んだ流布されていますが、事実ではありません」[6/16]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/15(木) 15:41:42.54 _USER
    民進党の有田芳生議員が蓮舫代表のポスターを無許可で自動販売機に貼ったとして警察が出動する騒ぎが起きた。
    どうしてこんな非常識なことをしてしまうのか。中高生もドン引きするレベルのバカッターだ。

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-1-444x600.pngno title


    有田芳生議員は6月11日にある会合を宣伝するために近所にポスターを掲載。
    サントリーBOSSの自動販売機にシールを使って大きなポスターを貼り付けている。

    ▼「蓮舫来たる!」のポスター。場所はTimesの私有地か?自動販売機の所有者もTimesの線が濃厚。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-1-450x600.jpgno title


    当然ながら投稿には「許可を得ているのか?」「勝手にこんなことしていいの?」と質問が相次ぎ、炎上状態に。

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-2-500x259.pngno title


    中には丁寧に関係者にヒアリングして事実確認を行った者も出てきた。
    そして権利者が現場(練馬旭町第3パーク)を確認したところ、ポスターはすでに剥がされていたとのこと。

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-3-500x261.pngno title


    現在の自動販売機の様子。綺麗さっぱりポスターがなくなっているが…。

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-2-375x500.jpgno title


    シールが残っている。これが器物損壊にあたるのはもはや有名な話。
    有田芳生議員はとんでもないことをしでかしてしまった。

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-3-375x500.jpgno title


    そしてその後、警察が出動。この事件は光が丘警察署が担当となったようだ。
    誰の指紋が取れるか楽しみ。コインパーキングなので防犯カメラもあるはずだ。

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-4-500x375.jpgno title


    常識的に考えれば他人の土地にある他人の自動販売機に勝手にポスターを貼り付けるなど許されるはずもないと分かりそうなものだが、有田芳生議員にはそのバランス感覚が欠落しているらしい。
    そういえば、民進党は過去にも同じ問題行動を起こしていた。

    ▼マンションの共有部分に侵入してポスターを撒き散らす。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-6-375x500.jpgno title


    ▼犯人は民進党。有田芳生議員。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-7-500x375.jpgno title


    ▼大量のゴミが…。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-8-500x375.jpgno title


    ▼さらにこんなところにも勝手に貼り付け。目障りでしかない。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-9-375x500.jpgno title


    ▼関係者は「勝手に剥がすと逆恨みで危害を加えられそうなので恐い」とため息をつく。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/aritaposter-5-500x375.jpgno title


    有田芳生議員はポスターの一件について沈黙しており、周囲からの批判の声も一切無視している状態。
    秘書が勝手にやったとでも言うつもりだろうか。周囲に迷惑をかけてまで自分の利益を優先する姿勢は許されない。

    http://netgeek.biz/archives/97871

    ■関連スレ
    【パヨク】有田芳生、自販機に貼った蓮舫ポスターの前で得意げにうp ⇒ 通報されて無断で貼った犯人とバレる[06/13]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1497324934/

    【【炎上】有田芳生が無許可で蓮舫のポスターを貼り付けて警察が出動、器物損壊罪か[06/15]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/16(金) 13:43:07.55 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    20170616-00000042-jij-000-13-view (1)


    内閣府調査 「官邸の最高レベルが言っている」伝えた認識なし

    山本地方創生担当大臣は閣議の後、記者団に対し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり内閣府で改めて調査を行った結果、 内閣府が「官邸の最高レベルが言っている」などと伝えた認識はなく、安倍総理大臣からも、そうした指示などはなかったと説明しました。

    (略)

    一方、山本大臣は「総理が常々、特区諮問会議等で『スピード感をもって実現すべき』という旨を発言されていることから、 事務方が関係省庁との議論を行う際でもこうした発言に言及させていただくことはあったとの報告を受けた」と述べました。
    そして山本大臣は、記者団から内閣府と文部科学省の受け止めが違うことについて質問されたのに対し、 「常々、安倍総理大臣は、『スピード感を持って規制改革を断行するように』と言っているので、その辺を踏まえての発言を文部科学省がどう受け止めたかということだ」と述べました。

    また山本大臣は、萩生田官房副長官の関与を指摘するメールについて、作成したのは文部科学省から内閣府に出向してきている職員で、 特区の担当ではなかったとしたうえで、「ある意味で隠れて親元に報告していた。『課内で飛び交っている話を聞き、確認しないまま書いた』と話している」と述べました。

    さらに山本大臣は、獣医学部の新設を認める際の条件について、「私の判断で『獣医学部は存在しない地域に限る』という原案を示した。 文部科学省などとやりとりをする中で、私が『広域的に』という文言を入れようと判断した。 萩生田副長官に適宜、報告は行っているが、副長官から、『こうしろ、ああしろ』ということは一切なかったと聞いている」と述べました。

    そのうえで山本大臣は、「新しい事実が出てくれば別だが、一応調査は尽くした。この結果を受けて、しっかりとルールにもとづいてやっていることを改めてわれわれは再認識した。 いずれにしても、こうした形で国民の疑念を晴らして改革を断行していく」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170616/k10011019781000.html

    関連
    内閣府が「加計文書」調査結果を発表 「官邸の最高レベル~」伝えた事実は無し!文科省の暴走で確定!
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1497578229/

    【加計文書「内閣府から文科省に送られたメール」 送信したのは文科省から出向してきた職員だったwww】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/16(金) 01:29:58.67 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    蓮舫代表「結果として文書を隠ぺい」と批判
    日本テレビ系(NNN) 6/15(木) 18:28配信
    maxresdefault

     加計学園の獣医学部開設を巡る文書の存在を再調査していた文部科学省は15日午後、会見を開き、19の文書のうち14の文書が存在したなどとして、この文書を公開した。
    調査結果について与野党の反応。

     民進党の蓮舫代表は会見で「結果として文書を隠ぺいをしていた」と批判している。

     蓮舫代表「結果としては隠ぺいをしていた。この文書の存否は確認できないと言っていたものが、うそだったことが明らかになりました」

     また蓮舫代表は、文書にある内閣府側による「総理のご意向」などの発言がどういうものだったのか、 また、その真意について「しっかり調査してもらわないと最初の関門がクリアされない」としている。

     これに対して内閣府は16日までに新たな調査をして発表する方針だが、官邸関係者は「言った言わないになって終わりだろう」と話している。

     今回の再調査については、自民党内からも文科省内の文書と民進党が入手した文書の様式や構成がなぜ違うのかなど「ますます謎が深まった印象だ。 出口が見えない」との声も出ている。

     こうした中、今国会の実質的な最終日の16日に急きょ、参議院で安倍首相が出席する集中審議が決まった。 政府・与党内からも「やましいことがないなら堂々と審議すべきだ」という声が出ていて、説明責任に向き合う安倍首相の姿勢が問われることになる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170615-00000076-nnn-pol

    【【加計問題】自民党「なぜ文科省の文書と民進党が入手した文書の様式が違う?謎は深まった。」】の続きを読む

    このページのトップヘ