真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    安倍内閣

    DCpH19rU0AAQzal

    青山繫晴「マスコミは防衛費が過去最大になったら直ぐ騒ぐが、今までの防衛費が多いかどうか考えるべき。防衛費を目の敵にするのは摩訶不思議!自分達を守りたくないの?防衛費が減って喜ぶのは中国・北朝鮮・韓国!」

    おっしゃる通り! 中国の領域進出や北ミサイルの頻度を考えれば上がるのは必然 pic.twitter.com/h0R98dOEC0 — DAPPI (@take_off_dress) 2017年8月28日

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/28(月) 17:55:54.67 ● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    616080226
    「すっかり健康体になった」自民・谷垣禎一前幹事長 自転車事故後初めて側近と面会


    自民党の谷垣禎一前幹事長が今月23日、谷垣グループ(有隣会)幹部と昨年7月の自転車事故以来、 初めて面会した。 谷垣氏は約1年2カ月の入院生活で少しやせたが、「かつては(健康診断で)悪い数字があったが、 すっかり健康体になった」などと冗談交じりに語ったという。

    http://www.sankei.com/politics/news/170828/plt1708280026-n1.html

    【【緊急速報】 元自民党総裁の谷垣禎一さん 1年2ヶ月もの入院生活の末ついに(´;ω;`)】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/27(日) 22:31:58.38 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    20140529-00000062-biz_reut-000-2-view

    内閣支持率46%、4ポイント上昇 本社世論調査

     日本経済新聞社とテレビ東京による25~27日の世論調査で、安倍晋三内閣の支持率は46%となり、 内閣改造を受けた3、4両日の緊急調査から4ポイント上がった。不支持率は3ポイント低下して 46%で、支持、不支持が拮抗した。政府が導入を目指す、働く時間ではなく成果に応じて賃金を払う 「脱時間給制度」に関しては、賛成が43%と反対の35%を上回った。
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H22_X20C17A8MM8000/

    【【日経】 内閣支持率46%で、加計学園ニュースのねつ造が完全にバレて4%上昇】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/26(土) 20:20:56.47 _USER9
    20140529-00000062-biz_reut-000-2-view

     内閣府は26日、2017年度の「国民生活に関する世論調査」を公表した。現在の所得や収入に「満足している」「まあ満足している」と答えた人は計51.3%で前年より3.2ポイント増えた。「不満だ」「やや不満だ」は2.7ポイント減の46.9%。21年ぶりに“満足派”が“不満派”を上回った。

     資産や貯蓄では「満足」「まあ満足」が計44.4%(前年比2.4ポイント増)。「不満」「やや不満」は計52.4%(同2.2ポイント減)だった。

     働き方改革の推進を踏まえ「自由時間が増えた場合にしたいこと」を初めて尋ねた。「旅行」が最多の47.0%(複数回答)で世代別でも各年代の1位だった。「趣味・娯楽」が34.8%で続いた。

     「現在の生活にどの程度満足しているか」の質問では「満足」が73.9%(前年比3.8ポイント増)だった。生活が「向上している」は6.6%(同1.1ポイント増)、「低下している」は14.7%(同2.8ポイント減)だった。

     政府への要望を複数回答で聞くと「医療・年金など社会保障の整備」が最多の65.1%(同0.7ポイント増)。「防衛・安全保障」は36.2%(4.3ポイント増)で、比較可能な01年以降で最も高かった。北朝鮮問題など日本の安全保障環境の厳しさを反映した。

     調査は6月15日~7月2日に全国の18歳以上の男女1万人に面接して実施。6319人の回答を得た。昨年から対象を20歳以上から18歳以上に変更した。

    配信2017/8/26 17:07
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25HCT_W7A820C1CC1000/

    「国民生活に関する世論調査」関連スレ
    【調査】現在の生活に「満足」、過去最高の74% 「この先悪く」も2割強…内閣府「国民生活に関する世論調査」
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1503736565/

    【【内閣府調査 】現在の収入に「満足」51.3%、21年ぶりに「不満」上回る】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/26(土) 17:43:06.96 _USER9
    masugomiDBoQ9CiVYAE5luE
    http://www.sankei.com/affairs/news/170826/afr1708260001-n1.html

     「いま、社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、どんなことでもするという空気になっている」。作家の門田隆将さんは最近、知り合いの毎日新聞記者からこう聞いたと、26日発売の月刊誌『Hanada』(10月号)で明かしている。朝日新聞記者にも同様のことを言われたという。

     ▼学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、内閣支持率が下落した安倍内閣を、この機に打倒しようと盛り上がっているということか。門田さんは7月23日付小紙朝刊の新聞批評欄で、そうした新聞を「倒閣運動のビラ」と呼んでいた。

     ▼そういえば、民進党を離党した長島昭久元防衛副大臣も5月に、自身のツイッターに記していた。「昨日たまたま話した朝日新聞のある幹部の表情には、社運を賭けて安倍政権に対し総力戦を挑むような鬼気迫るものがありました」。

     ▼実は小欄もかつて知人の東京新聞記者から、こんな打ち明け話を聞いたことがある。「上司に『安倍なんか取材しなくていいから、とにかくたたけ』と号令された」。同僚記者も、別の東京新聞記者から同趣旨のことを聞いている。

     ▼悲しいかな、これらのエピソードは新聞業界の「不都合な真実」を示す。事実をありのままに伝えることよりも、自分たちの主義・主張や好みを広めることに熱心な習性があるのは否めない。「権力の監視」を隠れみのにしつつ、時に暴走を始める。

     ▼マスコミは、行政・立法・司法の三権と並ぶ「第四の権力」とも呼ばれる。政治家からは、真顔で「本当は第一の権力だろう」と指摘されることも多い。ならば、自制心と自浄作用を失ったマスコミ権力は誰が監視するのか。国民の常識と良識が働き、一定の歯止めとなることを期待するしかない。

    【「とにかく安倍をたたけ」の大号令 東京新聞記者「上司に『安倍なんか取材しなくていいから、とにかくたたけ』と号令された」 】の続きを読む

    このページのトップヘ