真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    事故

    1: KSM WORLD NEWS 2018/02/03(土)10:43:33 ID:???
    1月14日に、イランのタンカーが奄美大島の西300kmで沈没し、過去最悪ともいえる大量の軽質原油コンデンセートが流出したとみられています。流出したコンデンセートが日本沿岸に流れてくるという英国の研究機関の予測がSNS上で拡散して、ネット上では不安の声が上がっています。

    中国交通運輸省などによると、タンカー「SANCHI」(8万5000トン)はイランの海運会社の所有で軽質原油「コンデンセート」14万トンをイランから韓国に運んでいた。6日夜に長江河口沖300キロで中国の貨物船と衝突。

    炎上しながら日本に向かって漂流し、14日に奄美大島(鹿児島県)の西約300キロの地点で火勢が強くなり、沈没した。乗組員のイラン人とバングラデシュ人32人のうち、3人は遺体で発見され、残りも生存は絶望視されている。


    出典:毎日新聞
    SNSなどで良く引用されるのがこちらのロイターの記事です。出だしから、「ここ何十年で最悪の石油流出が広がっている(The worst tanker oil spill in decades is unfolding)」とセンセーショナルです。このロイターの記事をもとに、「もうじき日本の海が死ぬ」などと危機を訴えるサイトが登場し、SNS上で盛んに拡散されています。

    この事故については、全国紙ではほとんど情報がありません。私が調べた範囲では、毎日新聞の18日の記事を最後に、全国紙はどこも取り上げていないようです。

    国内での確かなソースの情報がないことから、ネットで危機を訴える情報が拡散するという、原発事故後と同じ構図になっています。では、実際のところどうなのでしょうか。

    現時点での科学的な知見を整理するのに、学術雑誌ネイチャーのこちらの記事が参考になります。

    Unique Oil Spill in East China Sea Frustrates Scientists

    結論から言うと、不確実性が大きく、事故の影響は良くわからない部分が多い。でも、長期的・大規模な影響についてはあまり心配無さそうです。


    影響は短期的

    今回流出したのは、コンデンセートと呼ばれる揮発性のオイルです。コンデンセートは水よりも軽いために海水表面に浮きます。コンデンセートは重油などと異なり、水中で集積して油膜をつくりらないので、海の表面で拡散しながら、大気に蒸発していくことになります。コンデンセートは希釈されながら、数週間から数ヶ月ほどで分解されます。

    本州に到着する頃には、蒸発、希釈、分解が進んで、密度は低くなっていることでしょう。
    海洋微生物・毒物学者である、Louisiana State University のRalph Portier氏は、「今回の事故は、短期的な毒性が最大の関心事となる最初の石油流出(This may be one of the first spills where short-term toxicity is of most concern.)」と述べています。

     ただ、これほど大量のコンデンセートが海洋に放出されたことはないので、その正確な影響については誰も分かりません。コンデンセートが海鳥やプランクトンなどに毒性を持つので、短期的には何らかの影響はあるでしょう。ただ、長期的・大規模な影響については、余り心配しなくても良さそうです。

    流出石油が生態系に与える影響については、こちらを参考にしてください。
    流出石油が環境に及ぼす影響
    http://www.nite.go.jp/nbrc/industry/bioreme2009/knowledge/accident/accident_2.html
    どこに流れるかは不確実
    流出した石油がどこに流れるかについて、専門家の間では見解が分かれているようです。
    日本のSNSなどで拡散されているのは、ロイターのサイトにあるこちらの図です。英国の国立海洋研究所による予測です。
    http://fingfx.thomsonreuters.com/gfx/rngs/CHINA-SHIPPING-SPILL/010060NC166/index.html
    (以下略)

    Yahoo!ニュース/勝川俊雄 東京海洋大学 准教授、 
    海の幸を未来に残す会 理事
    2/2(金) 6:58
    https://news.yahoo.co.jp/byline/katsukawatoshio/20180202-00081143/

    15: KSM WORLD NEWS 2018/02/03(土)16:03:37

    18: KSM WORLD NEWS 2018/02/03(土)19:44:03
    産経が書いた

    2018.2.3 13:59
    沈没タンカーの油、東北沖まで拡大の恐れ
    http://www.sankei.com/affairs/news/180203/afr1802030019-n1.html

    【【イランから韓国に運んでいたタンカー事故】奄美大島沖で大規模な石油流出事故 海洋生態系への影響は?[H30/2/3]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2018/02/01(木)10:43:29 ID:???
    O2aTouyN

    小野寺まさる
    @onoderamasaru
    これだけの大惨事を、何故日本のマスコミは騒がぬのか?
    今後の環境に与える影響や漁業等に対する被害は
    相当深刻なものになる。
    事故現場は日本と中国が主張する排他的経済水域が異なる
    場所であり、日本側は自分達が主張するE Z内での事故なのに
    見て見ぬフリ。情けない…

    中国沖タンカー事故!「数十年で最悪の事故」にも関わらず
    日本人の危機感が無い理由 | まとめいく [ matomake ]
    https://matomake.com/I0004589
    午前9:33 ・ 2018年2月1日
    https://twitter.com/onoderamasaru/status/958860832561029120

    https://mobile.twitter.com/onoderamasaru/status/958860832561029120?ref_src=twcamp%5Eshare%7Ctwsrc%5Eios%7Ctwgr%5Eother%7Ctwcon%5E7100%7Ctwterm%5E0

    関連記事
    【もうじき日本の海が死ぬ】 史上最悪の原油流出」が日本の海域を直撃する予測が英国海洋センターより発令。
    3ヶ月以内に九州から東北までの全海域が汚染される可能性【動画あり】[H30/1月31]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517350459/

    【小野寺まさる @onoderamasaru『(タンカー事故)これだけの大惨事を、何故日本のマスコミは騒がぬのか?今後の環境に与える影響や漁業等に対する被害は相当深刻なものになる。』[H30/2/1]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/29(金)15:31:36 ID:???
    d857977c111

    もちによる窒息の患者さんを診察した経験
    毎年この年末年始になると、ご家庭でおもちを食べる人は多いでしょう。ところが病院で医者をやっていると、
    この時期はおもちでのどを詰まらせる人が来ます。データでみても毎年1月は窒息(ちっそく)で亡くなる人が特に多く、1300人以上にも上ります。

    そこで、医師の視点から「おもちによる窒息」の予防法をまとめました。
    内容は以下の通りです。ちょっと長いですが、最後までどうぞ。
    1, もちで窒息した患者さんの話
    2, なぜもちが詰まると亡くなるのか
    3, どうすれば救命できたか
    4, 1月は窒息死亡者数が1300人以上
    5, 65歳以上の人はがおもちを詰まらせやすい理由
    6, もちを食べるときの工夫
    7, 私の提言

    一つエピソードをお話ししましょう(>>1)。
    だいぶ前になりますが、私(外科の医者です)が救急病院で働いていた正月のある日、おもちがのどに詰まった人が病院の救急外来に運ばれて来ました。その方は90歳近い男性で、家族が見ていない時にひとりでおもちを食べていたそう。そして家族が気づいたら居間で倒れていました。顔は真っ青だったそうで、家族は急いで救急車を呼びました。のちの救急隊からの報告によると、救急隊がその家に到着したときにはすでに呼吸が止まっていました。心臓はまだ動いていましたが、救急車で私のいる病院に運ぶ途中に心臓が止まったとのことでした。

    病院に到着して私が初めてその方に接触したとき、救急隊は心臓マッサージをしていました。私は大急ぎで口の中を見ました。喉頭鏡(こうとうきょう、写真の道具)という、のどの奥まで見る道具を口から入れて、観察しました。すると、のどの奥にはびっしりともちが詰まっていました。気管という、空気の通り道のところにベタっと張り付くようにしておもちがあり、私はそれを吸引チューブとつまみ出すための道具で取り出しました。幸いなんとかおもちは取れて、気管に呼吸するためのチューブを入れました。しかしその方は再び心臓が動き出すことなく、治療も甲斐なく亡くなりました。

    もちがのどに詰まるとなぜ亡くなる?
    なぜこの方は亡くなってしまったのでしょうか。
    まず考えられるのは、窒息による低酸素脳症(ていさんそのうしょう)です。

    解説しますと、窒息とは息(=呼吸)が止まった状態を指します。
    この方の場合、のどの空気の通り道のところにおもちがベタっと張り付き、完全に塞いでしまっていました。

    これでは呼吸ができません。息を吸えませんし、吐けません。呼吸とは、吸うときは体の中に「酸素(さんそ)」を取り込んで
    吐くときには「二酸化炭素」を出す行為です。吸えなければ「酸素」が体に取り込まれなくなります。

    そのとき、全身の臓器が酸素が足りずにダメージを負いますが、最もダメージを負うのは「脳」です。脳は3-5分酸素が供給されなければ、元には戻らないくらいのダメージを負ってしまいます。これを低酸素脳症と呼びます(正確な定義は下に書いておきます(>>2))。

    脳にこのようなダメージを負うと、ダメージの程度によりますが、良くて脳死状態で、多くの場合死亡します。

    この方の経過としては、おもちがのどに詰まる→呼吸できなくなる→数十秒で意識がなくなる→脳へのダメージ→心臓が止まる→死亡となったと推測されます。
    どうすればこの方は救えたか?(以下略)

    Yahoo!ニュース/中山祐次郎 | 一介の外科医
    12/29(金) 11:24
    https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20171229-00079863/

    【【事故防止】おもちによる窒息死を減らすために 毎年1月は1300人の窒息死亡者 [H29/12/29]】の続きを読む




    神戸製鋼・加古川製鉄所の住所や位置は?

    火事になっているのは兵庫県加古川市金沢町1の神戸製鋼・加古川製鉄所の模様です。

    【速報 神戸製鋼 加古川製鉄所で爆発か?】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/04(火) 16:55:43.56 ● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    時速114キロで信号無視して女性中学生を死なせた男に懲役9年 水戸地裁「被害者に落ち度はない」

     茨城県ひたちなか市で平成27年9月、信号を無視して中学2年の根目沢瑠花さん=当時(14)=を 軽乗用車ではねて死亡させたとして、危険運転致死などの罪に問われた千葉県匝瑳市の 無職、小泉一也被告(29)の裁判員裁判の判決公判が4日、水戸地裁で開かれた。
    小笠原義泰裁判長は「無謀で非常に危険な運転だ。被害者に落ち度はない」として小泉被告に懲役9年 (求刑懲役10年)を言い渡した。

     判決などによると、小泉被告は27年9月25日朝、ひたちなか市市毛の国道6号で信号を無視して 時速約114キロで交差点に進入、自転車で横断していた根目沢さんを軽乗用車ではねて死亡させたとしている。

    http://www.sankei.com/affairs/news/170704/afr1707040015-n1.html

    軽乗用車にはねられて亡くなった根目沢瑠花さん
    http://www.sankei.com/images/news/170704/afr1707040015-p1.jpgno title

    【【死刑】 114キロの速度で信号無視、中二の女子を撥ね飛ばして死亡させたクソカス 懲役9年】の続きを読む

    このページのトップヘ