真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    事故

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/04(火) 16:55:43.56 ● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    時速114キロで信号無視して女性中学生を死なせた男に懲役9年 水戸地裁「被害者に落ち度はない」

     茨城県ひたちなか市で平成27年9月、信号を無視して中学2年の根目沢瑠花さん=当時(14)=を 軽乗用車ではねて死亡させたとして、危険運転致死などの罪に問われた千葉県匝瑳市の 無職、小泉一也被告(29)の裁判員裁判の判決公判が4日、水戸地裁で開かれた。
    小笠原義泰裁判長は「無謀で非常に危険な運転だ。被害者に落ち度はない」として小泉被告に懲役9年 (求刑懲役10年)を言い渡した。

     判決などによると、小泉被告は27年9月25日朝、ひたちなか市市毛の国道6号で信号を無視して 時速約114キロで交差点に進入、自転車で横断していた根目沢さんを軽乗用車ではねて死亡させたとしている。

    http://www.sankei.com/affairs/news/170704/afr1707040015-n1.html

    軽乗用車にはねられて亡くなった根目沢瑠花さん
    http://www.sankei.com/images/news/170704/afr1707040015-p1.jpgno title

    【【死刑】 114キロの速度で信号無視、中二の女子を撥ね飛ばして死亡させたクソカス 懲役9年】の続きを読む

    893eaf01

    26: KSM WORLD NEWS 2017/06/18(日) 11:06:15.59 _USER9
    >>1 
    ソース来ました。 

    米イージス艦衝突事故 7人の遺体見つかる 

    6月18日 11時02分 NHKWEB 

    17日、静岡県の伊豆半島沖でアメリカ海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突した事故で、アメリカ海軍によりますと、行方不明になっていたイージス艦「フィッツジェラルド」の乗組員と見られる7人全員の遺体が見つかったということです。 
    アメリカ軍は、このあと身元の確認を進めるとしています。 

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170618/k10011021691000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    【【速報】米軍イージス艦衝突事故 乗組員か 7人全員の遺体が見つかる。】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/10(土)13:27:20
    no title

    車が分離帯越えバス衝突、愛知 1人死亡、乗客ら39人搬送
    2017/6/10 12:56

     10日午前7時半ごろ、愛知県新城市の東名高速道路上り線の新城パーキング
    エリア付近で、乗客乗員計47人が乗った観光バスのフロント部分に、対向の
    乗用車が中央分離帯を跳び越えて衝突し、乗客ら計39人が救急搬送された。
    全員意識はあるとみられる。乗用車には男性が1人で乗っていたが、現場で
    死亡が確認された。
    (下略)

    ※全文は47NEWSでご覧下さい。
    https://this.kiji.is/246072441297651190?c=39546741839462401

    【【社会】車が分離帯越えバス衝突、1人死亡、乗客ら39人搬送 愛知[H29/6/10]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/01(木) 05:37:43.79 _USER
     中国国内の道路橋の総数は現在、80万基近くに上り、このうち規模の大きな大橋や特大橋は9万基近くに達するなど、数と規模の双方で世界トップを誇っている。しかし同時に、その多くはメンテナンス時期を迎えており、10万基超が危険な状態にあるともいわれている。中国国営新華社通信が伝えた。

    ◆「長生き」が課題

     橋の建設技術が発展したことから、橋は「建設」を主体としていた時代から「建設とメンテナンス」を同時進行する時代へとモデルチェンジしつつある。いかに健全な状態で「誕生」させ、問題のない状態で「活躍」「長生き」してもらうかが課題となっている。

     改革開放が進んだ1990年代以降、中国の道路橋は建設のピークを迎え、大橋や特大橋の建設が急ピッチで進められたが、同時に崩落事故も発生した。現代の大橋建設規模は壮大で、川や海をまたぐ上に荷重も大きいことから、問題が起これば甚大な被害につながってしまう。

     関連データによると、2007~12年の間に37基の橋が崩落、死者の数は180人以上に上っている。年平均で6基超が人の命を奪っている計算だ。これら崩落した橋の6割近くが1994年以降に建設された20年未満の新しい橋だ。

     同時に、建設から30年以上が経過した道路橋の多くが現在、メンテナンスの時期に突入している。

     不完全なデータによると、中国の道路橋の約40%は供用開始から20年を超えており、技術等級が(5段階中の5級といった危険状態まではいかないが)3、4級の問題を抱えている橋は30%に達している。10万基超が安全面で軽視できない“危険橋”の状態にあるという。

     大橋や特大橋に関し、中国交通運輸省の関係責任者は「近年、橋の建設は人件費や材料費の高騰、さらに『長い・大きい・高い・特別』といった要素を求める傾向からコストが上がっている。しかし多くの橋の品質はコスト増に見合ったものではなく、完成から数年後には補修が必要となるケースもある」と指摘する。

    ◆突発的リスク

     一方、中・小規模の橋について、業界関係者は「巨大道路交通システムに組み込まれたこれらの橋は、材料の劣化や地盤沈下などによる変形リスク、自動車や船の衝突、過積載車両、地質災害といった突発的リスクを抱えており、安全面に一定の潜在的な危険性がある」と語る。

     水上橋の建設を手掛ける企業、武漢二航路橋特種工程の王蔚・共産党委員会書記は「中国はこれまで『建設重視、メンテナンス軽視』という回り道を走ってきた」と表現。

     「橋の寿命における建設期は10%にも満たず、その他多くの期間はメンテナンス期に属することから、長期的な安全使用には建設の質のみでなく、管理・メンテナンスの水準が重要になる」との考えを示した。

     中国で建設される橋の径間長(橋脚と橋脚の間の長さ)は次第に拡大しており、全長1000メートルまたは1つの桁長が150メートルを超える大型橋が増え、その安全性にも関心が集まっている。

     だが複雑な構造や検査の難しさ、データ量の多さがネックとなり、全体状況を把握したくとも部分的にしか検査が行えない状況が長期間続いているのが現状だ。

     そんな中、道路設計などを手掛ける中交公路規劃設計院が開発した浙江省舟山市にある西●門(さいこうもん)大橋・金塘大橋の安全モニタリング総合管理システムは国内初のモニタリング、巡回検査、メンテナンス、技術管理を同時に行えるシステムで、09年12月の両大橋の開通と同時に運用が開始されている。

     このほか、橋の建設を行う中鉄大橋局集団は、橋の長寿を支えるための“橋の病院”を設立。

     主塔の間の距離が460メートル超の橋には300カ所以上のモニタリングポイントを設置し、過積載や速度違反などが行われた場所を正確に感知、警告を表示できる遠隔システムのほか、問題を初期段階で発見し、クラウドを使ってメンテナンスの“処方”を提示することが可能となっている。(上海支局)

    ●=土へんに候のにんべんの右の縦棒を取る

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161201/mcb1612010500005-n1.htm

    【【KSM】中国 道路橋10万基超が崩落の危機? 建設後20年未満で崩落の橋も多数[12/01] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/11(金) 18:32:46.40 _USER
    http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201611/20161109-03866023.jpgno title


    2016年11月9日、中国ではトラックが道路で横転すると、散らばった積荷を周辺住民が強奪するトラブルがたびたび発生している。6日には江西省宜春市でミカンを積んだトラックが横転し積荷が散乱。勝手に持ち去る住民につかみかかる運転手が暴行を受ける騒動に発展した。揚子晩報が伝えた。

    運転手によると、運転中にトラックの後部がふらつきハンドルが取られガードレールに衝突した。トラックはそのまま横転し、積荷のミカンが散乱した。知らせを聞きつけた周辺住民は「ミカンの回収を手伝う」と拾っていたが、そのうち勝手に持ち去り始めた。

    中にはかごごと持ち去ろうとする者も現れ、制止しても耳を貸さないことに憤慨した運転手がこぶしを振り上げると、別の住民も加わり運転手に暴行を加えた。トラックには1万元(約15万円)余りのミカンが積まれていたが、残ったのはわずかだったという。

    住民らの強奪に加え、運転手は10月末に借金して買ったばかりのトラックで長距離移動は初めてだったと語っており、落胆してうずくまり涙を流していた。(翻訳・編集/内山)

    http://www.recordchina.co.jp/a154708.html
    http://videoclip.club/post-15807/

    (出典:https://www.youtube.com/watch?v=jltaE2DWNj4


    【【KSM】中国、トラックが横転しミカン散乱、強奪する住民止めた運転手が殴られる】の続きを読む

    このページのトップヘ