真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    世界のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/21(金) 11:45:11.92 _USER
    http://japanese.joins.com/upload/images/2017/07/20170721103435-1.jpgno title


    英国の自動車専門誌「トップギア(Top Gear)」の最新号が批判を浴びている。最新号の表紙が日本の軍国主義を象徴する旭日旗に覆われているということだ。

    トップギアUKは最新号で最近発売されたホンダのシビックタイプRに関する分析試乗記を前面に出した。高性能を前面に出した車であり、韓国を含む、全世界多くのマニア層を確保している車であるだけに、シビックタイプRとフォルクスワーゲンのゴルフR、フォードのフォーカスRSなど競争車間の比較レビューを進めた。

    レビューの内容や裏表紙に旭日旗や日本の軍国主義に対する言及はなかった。だが、表紙の前面に出して旭日旗をベースに活用しながら、旭日旗に対する基本的な概念を把握できていないのではないかとの指摘が出ている。

    シビックタイプRは全世界の多くのメディアから大きな注目を浴びている。全輪駆動の限界を克服した小型スポーツカーという評価と共に、優れた性能と合理的な価格など様々な面で良い評価を受けている。英国だけでなく、欧州の他の国と米国などの地域でもタイプRの試乗記は相次いでいる。だが、いかなるメディアもタイプRの試乗記を載せる過程で旭日旗を前面に出したことはなかった。

    旭日旗は1870年、日本帝国の陸軍の旗として初めて登場した。1889年、形が少し変わって日本帝国の海軍軍艦旗として使われ、現在の形になった。だが、第2次世界大戦終戦後、軍国主義の象徴である旭日旗は国際社会で批判の対象になった。ナチのハーケンクロイツと共に戦争と紛争の象徴になったわけだ。

    ところで、世界大戦でドイツと日本に立ち向かって戦った国際連合国の主要な一員だった英国がこのような旭日旗を表紙の前面に出したことで批判は一層大きくなっている。日本版トップギアでない英国本土のトップ・ギア雑誌の表紙で、これは全世界にそのまま輸出されるためだ。韓国でも本屋で英国バージョンのトップギアが簡単に目に入る。

    7月号の公開以降、旭日旗に対する指摘が相次いでいるが、トップギア側は依然として該当表紙をホームページの前面に出している。相次いだ問題提起にもトップギアUKはいかなる対応もせず、批判の声は一層高まっている。


    2017年07月21日10時34分
    http://japanese.joins.com/article/507/231507.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|breakingnews

    【【中央日報】旭日旗に覆われた英誌「トップギア」の表紙 相次いだ問題提起にもトップギアUKはいかなる対応もせず[07/21]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/17(月) 08:10:00.88 _USER9
    20160918003255

     イラン司法当局は16日、同国の裁判所が米国と第三国の二重国籍者に、違法な情報収集活動を行ったスパイ罪で禁錮10年の判決を言い渡したと発表した。詳しい人定は不明だが、イランに強硬姿勢を示すトランプ米政権を刺激する可能性がある。地元メディアが報じた。

     イランでは同国と欧米との二重国籍者の拘束も相次いでいる。2015年の核合意に伴う欧米諸国との関係改善を嫌い、反米保守強硬派が妨害活動を強めているとみられている。(共同)
    http://www.sankei.com/smp/world/news/170717/wor1707170004-s1.html


    三重国籍の蓮舫はどうするの?? KSM
    88453176


    renhou_jihaku-4


    DEsi4gBVoAAXlie

    【【国際】二重国籍者に禁錮刑10年 スパイ罪でイラン裁判所 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/12(水) 22:35:19.24

    【【悲報】イスラム国に監禁されていた少女たちが3年ぶりに救出されるも様子が変】の続きを読む

    a4cee092-s

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/14(金) 10:34:30.74 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典

     【ベルリン時事】国連薬物犯罪事務所(UNODC、本部・ウィーン)のフェドートフ事務局長は12日、声明を出し、同事務所が所管する国際組織犯罪防止条約(TOC条約)などの締結手続きを日本が終えたことを歓迎した。


     日本の動きは「国境を越える組織犯罪や汚職は、国家間のより大きな協力を通じてのみ対処できるという強いメッセージだ」と指摘。日本との連携に期待を示した。


    【関連スレ】
    「国連の方から来た」のじゃない本当の国連が、日本の共謀罪法の施行を受けてのTOC条約締結を大歓迎!
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1499925410/

    【国連フェドートフ事務局長「共謀罪施行でのTOC条約締結を歓迎」 時事除く全マスコミが報道せず。バッタモンは扱っても本物の国連は無視】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/09(日) 01:11:05.46 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    164300_1055343445

    プーチン氏、いきなり安倍晋三首相に謝罪も…続く神経戦、北方領土経済活動「着実」ほど遠く 

     7日の安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領による18回目の首脳会談は、意表を突く言葉で始まった。

     米露会談長引き“遅刻”

     「まず最初におわびしたいと思っています」

     プーチン氏は首相に対しこう述べ、予定より1時間半ほど遅れて姿を現したことを「許してほしい」と語った。 会談が遅れた理由は直前の米露首脳会談が長引いたためだが、プーチン氏の遅刻癖は世界中に知られている。 何度もプーチン氏との会談に同席している外務省幹部は「遅刻をわびるなんて初めてじゃないか」と驚いた。

    http://www.sankei.com/politics/news/170708/plt1707080038-n1.html

    【【速報】プーチン大統領が安倍首相に謝罪するという異例行動…外務省「詫びるなんて初めてじゃないか」】の続きを読む

    このページのトップヘ