真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    世界のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/20(月) 09:11:37.52 _USER
    smile

    韓国で開催される予定の平昌五輪。開催まですでに100日を切り、チケットの販売も開始されているが、売れ行きが芳しくないことなど懸念材料がいくつか存在するようだ。中国メディアの今日頭条は15日、平昌五輪の観戦チケットの売れ行きが悪いことを取り上げる一方、「韓国は今なお、『中国人が買い占めてくれる』という自信を崩していない」と紹介する記事を掲載した。

    中国と韓国は終末高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)配備を巡って関係が悪化しており、両国は関係改善に向けて歩み寄りを見せているものの、かつてのような良好な関係にはまだ戻っていないのが現状だ。それゆえ中国国内では平昌五輪に対して冷ややかな報道も見られる。

    本来は平和を促進させる目的を持つ五輪であるが、中韓関係は中国の選手たちにも影響を与えているようで、記事は「関係が悪化していた当時、一部の中国人選手は韓国での大会には参加したくないと表明していた」とし、韓国国内では「冬季五輪に参加したくないなら、韓国に来なくても良い」という声もあったと紹介。

    またアイスホッケーは冬季五輪の人気種目だが、北米プロアイスホッケーリーグ(NHL)が選手を派遣しないことを決めたことで、チケットの売れ行きに悪影響を与えていると指摘。

    平昌五輪の118万枚のチケットのうち、まだ5万枚ほどしか売れていないという報道があると伝える一方、韓国国内では未だに「中国なら何とかしてくれる」、「きっと中国人がチケットを買い占めてくれる」という期待の声があると伝え、「果たして中国人は本当に平昌五輪を観戦にいくのだろうか」と疑問を投げかけた。

    国家間や選手たちの動向については何とも言えないが、チケットの売れ行きは世界の平昌五輪への関心を示すものと言える。韓国にとって、人口が多く旺盛な消費意欲を持つ中国人には是非とも平昌五輪の観戦に訪れてもらいたいところだろう。中国と韓国の歩み寄りと中韓関係の改善がどこまでチケットの販売につながるのか、今後の動向に注目が集まる。


    2017-11-20 05:12
    http://news.searchina.net/id/1648194?page=1

    【【五輪】チケット売れない平昌五輪、韓国は「中国なら何とかしてくれる」と期待[11/20] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/16(木)14:25:16 ID:???
    151029-5-1

    2017年11月15日、韓国が国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行理事会の議長国に当選する可能性が高まっていると、韓国・MBCが報じた。韓国がユネスコの重要ポストに挑戦するのは初めてのことだという。

    フランス・パリで開かれているユネスコの第39回総会で、韓国は執行理事会の議長国に立候補した。執行理事会議長は事務局長と共にユネスコを率いる中核的職務で、事実上、ユネスコの重要業務の方向性を決定する非常に重要なポストだ。韓国がユネスコに加盟した1950年以降67年間で初の挑戦で、イランとの激しいポスト争いとなっているという。

    現在、ユネスコ執行理事国としては加盟国195カ国中58カ国が活動しており、有効投票数の過半数を獲得すれば当選となる。執行議長国に当選すると、年間75億ウォン(約7億6500万円)の分担金にふさわしい発言が可能となるため、米国が脱退した今、ユネスコ内の政策や改革論議過程にも影響力が及ぶことになるとMBCは伝えている。

    議長国は日本時間で16日夕刻に判明する見込みだ。

    韓国では先月、日本軍慰安婦関連資料の「世界の記憶」への登録が見送られたことについて、「日本の圧力によるもの」とする報道が複数出ていた。そのため今回の報道には、「ぜひ当選して日本に一発食らわそう」「巨額の負担金でユネスコを圧迫する日本を阻止し、強制徴用、徴兵被害の記録をユネスコに登録すべき。もちろん軍艦島の登録も取り消しだ」「日本は相当ロビー活動をしただろうけど、慰安婦問題をはじめ韓国の大切な文化を守るべく必ずや議長国にならなければ」「議長国になって慰安婦資料の登録を!」など日本を意識したコメントが相次いでいる。

    一方、「会費をもっと支払うってこと?」「ユネスコにはがっかり。金をたくさん出す国が牛耳っている」とユネスコに対する厳しい批判も寄せられ、中には「75億ウォンで何が言える?」とのコメントも。

    (以下略)

    レコチャイ/11月16日
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=217492&ph=0

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 77◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509427909/

    【韓国がユネスコの重要ポストに初挑戦「重要ポストに就いたら自由にできる」←さすが勘違い国家 [H29/11/16]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月) 14:03:32.58 _USER
    wor1709300027-p1

    2017年11月5日、中国メディアの網易新聞によると、韓国・平昌五輪の開・閉会式が行われるメーン会場の「オリンピックプラザ」で4日に行われたK?POPアーティストによる「ドリームコンサート」で、十数人の観客が低体温症になり病院に運ばれたという。

    オリンピックプラザは当初、ドーム型にすることが検討されたが、経費が掛かりすぎることから見送られ、屋根がなく吹きさらし状態だという。記事は「2万人を超える観客は寒風に震えながらステージを見守っていた」と伝えている。


    2017年11月6日(月) 13時0分
    http://www.recordchina.co.jp/b204095-s0-c50.html

    【【韓国】平昌五輪のメーン会場で韓流コンサート、屋根なく低体温症で十数人の観客が病院に運ばれる[11/06 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:17:10.47 _USER9
    img_871c30505aff25bdba25bceda9427fbb148624

    フィリピンのドゥテルテ大統領は、南部ミンダナオ島で続く戦闘で軍が現地のイスラム過激派組織の最高幹部らを殺害したことを受けて17日演説を行い、「街をテロリストから解放した」と述べて武装勢力の掃討がほぼ完了したという考えを強調しました。

    ダウンロード (1)


    フィリピン南部ミンダナオ島の都市マラウィでは、政府軍と過激派組織IS=イスラミックステートを支持する地元のイスラム武装勢力との間で戦闘が続いていて、16日、軍が、現地のイスラム過激派組織の1つ、「アブサヤフ」の最高幹部らを殺害し、掃討作戦は最終段階に入っています。

    ダウンロード


    こうした状況を受けて、フィリピンのドゥテルテ大統領は17日、マラウィで軍の兵士らを前に演説し、「マラウィをテロリストから解放した」と述べ、武装勢力の掃討がほぼ完了したという考えを強調しました。

    25

    ただ、マラウィの市街地の一角で武装勢力側30人ほどが地元の住民を人質にとって抵抗を続けていて、軍は、完全な制圧に向けて引き続き掃討作戦を進めることにしています。

    AS20170613004304_comm

    フィリピンのミンダナオ島では、今回のイスラム武装勢力のほかにもISに忠誠を誓う複数の勢力が存在していて、依然、大きな課題として残っています。

    10月17日 23時02分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011181011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001


    19: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:27:25.44
    >>1
    ドゥテルテすげー

    28: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:30:46.06
    >>1
    有能だなあ

    32: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:35:59.51
    >>1 
    ドゥテチンおめでとー 

    IS潰れたし、いよいよ東南アジアに 
    イスラムテロリストが本格進出してくるだろうなあ

    47: KSM WORLD NEWS 2017/10/17(火) 23:54:12.28
    >>32
    はあ?
    あ、陰謀で頭イッパイの人か
    脳内平和でいいね

    ※KSM このようにメディアが報道しないからバカな発言をする人がいるのですよ。

    【【フィリピン】ドゥテルテ大統領 南部ミンダナオ島 「テロリストから解放」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/13(金) 17:21:07.32 _USER
    origin_1

    野上浩太郎官房副長官は13日午前の記者会見で、米国が国連教育科学文化機関(ユネスコ)からの脱退を決めたことについて、「米国はオブザーバーとしてユネスコの関係を存続していくとしており、米側との協力を継続したい」と述べた。


     日本政府が、ユネスコの「世界の記憶」(旧記憶遺産)の制度改革を見極めるとして、支払いを留保している今年度の分担金に関しては「タイミングはあらゆる観点から総合的に判断したい」と述べるにとどめた。

     世界の記憶をめぐっては、2015年に中国が申請した「南京大虐殺文書」が「世界の記憶」(旧記憶遺産)に登録されたほか、月内にも日中韓の民間団体などが申請した慰安婦問題の資料の登録が決定する可能性が高まっている。

     野上氏は慰安婦関連資料が登録された場合の対応について「コメントを差し控えたい」と述べた。


    2017.10.13 12:29
    http://www.sankei.com/politics/news/171013/plt1710130030-n1.html

    【【野上官房副長官】「ユネスコ拠出金支払いのタイミングは総合的に判断」 脱退の米国とは「協力を継続」[10/13] 】の続きを読む

    このページのトップヘ