真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    経済

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/07(火)13:53:50
    aa
    ◆株価、バブル後最高値突破 一時25年10カ月ぶり水準、企業決算と米株高好感
    [産経ニュース 2017.11.7 13:30]


     7日の東京株式市場は国内企業の好決算と米株高を材料に
    日経平均株価(225種)が続伸し、平成8年6月に記録したバブル経済崩壊後の
    終値最高値2万2666円80銭を一時突破した。上げ幅が300円を超え、
    取引時間中として約25年10カ月ぶりの高水準を付ける場面もあった。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/economy/news/171107/ecn1711070035-n1.html

    【【経済】株価、バブル後最高値突破 一時25年10カ月ぶり水準、企業決算と米株高好感[H29/11/7]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/02(木)12:35:11
    https://i.imgur.com/Cz8609w.jpgno title

    こんな感じや
    肉はけっこう分厚そうやな


    【マックのデラックスチーズビーフ買ってきたwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/30(月) 19:12:11.68 _USER
    10/30(月) 19:04配信
    産経新聞

    韓国ロッテグループ会長の重光昭夫被告(写真:産経新聞)

     巨額の報酬を親族に不法に支給したなどとして横領や背任の罪に問われている韓国ロッテグループ会長の重光昭夫(韓国名・辛東彬)被告に対する求刑公判が30日、 ソウル中央地裁で開かれ、検察は懲役10年、罰金1000億ウォン(約100億円)を求刑した。(ソウル 名村隆寛)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000542-san-kr

    13: KSM WORLD NEWS 2017/10/30(月) 19:15:51.86
    ロッテ創業者次男「ロッテは韓国企業です」
    http://livedoor.4.blogimg.jp/hatima/imgs/9/a/9a605861-s.jpgno title

    【【速報】韓国ロッテの重光昭夫会長に懲役10年、罰金1000億ウォン(約100億円)を求刑 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/28(月) 08:22:08.71 _USER9
    http://yomiuri.co.jp/economy/20170827-OYT1T50098.html
     ホンダの小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の売れ行きが好調だ。

     2017年上半期(1~6月)に24機を納入し、小型ジェット機クラスでは、米セスナを抜いて世界一となった。燃費の良さなどが評価され、北米や欧州などの経営者や企業の航空部門の需要をつかんでいる。

     ホンダジェットは最大7人乗りで、価格は490万ドル(約5億4000万円)。エンジンを主翼の上に配置したデザインが特徴だ。一度の給油で東京―北京間に相当する約2000キロ・メートルを飛ぶことができる。

     現在は米国で月4機のペースで製造している。好調な受注を受け、今後は月6、7機に引き上げる予定だ。

    (ここまで280文字 / 残り317文字)
    http://yomiuri.co.jp/photo/20170827/20170827-OYT1I50046-1.jpgno title


    関連スレ
    【三菱】MRJ、エンジンの片方停止 米国での飛行試験を中断…試験再開の見通しは立っていない★3 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1503679616/

    【【小型飛行機】ホンダジェット(約5億4000万円)、販売世界一に…米セスナ抜く】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/21(月) 23:13:24.07 ● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
    ホンダは21日、平成29年上期(1~6月)の小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の出荷数量が前年同期比約2・7倍の24機になったと発表した。
    米国とカナダ、メキシコ、欧州で受注が増え、この期間の小型ビジネスジェット機の出荷では世界トップだった。ホンダは30年度末までにホンダジェットの生産量を現在の月産4機から7機程度まで増やす方針で、増産で納期の短縮を目指す。

    ホンダジェットは最大7人乗りで、エンジンを主翼の上に配置した外観が特徴。価格は450万ドル(約4億9千万円)。27年12月から納入を始めており、北米や中南米、欧州を中心に100機を超える受注がある。29年は年間で50~55機の出荷を予定するが、今後は米国の工場をフル稼働させ、年間80~100機まで生産能力を増強して、需要増に対応する。

    ホンダジェットの開発を進めてきた米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」の藤野道格社長は声明で「性能や快適性、使い勝手の良さで非常に高い評価を頂いてうれしく思う」とコメントした。
    ホンダは納入開始から5年後を目安に事業の黒字化を目指す方針を示している。

    http://www.sankei.com/economy/news/170821/ecn1708210018-n1.html
    http://www.sankei.com/images/news/170821/ecn1708210018-p1.jpgno title

    【ホンダジェットが世界中で売れまくり中 出荷機数が上半期世界トップに】の続きを読む

    このページのトップヘ