真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    社会

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/23(木) 04:58:20.90 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    “昭恵夫人に頼んだら予算ついた”発言撤回

    日本テレビ系(NNN) 3/23(木) 2:07配信

     京都市の公益社団法人の理事が、環境に優しいトイレを海外に普及させる事業について安倍首相の昭恵夫人に依頼したらすぐに予算がついたとする内容の講演をしていたが、
    公益法人は22日、事実ではなかったとして発言を撤回した。


     これは公益社団法人「日本国際民間協力会」の松井三郎理事が先月、
    シンポジウムで、アフリカでエコトイレを普及させるプロジェクトをめぐり、発言したもの。

     松井三郎理事「外務省の役人はなかなか理解してくれなくてですね、(首相公邸で)安倍夫人が会ってくれまして、聞いてくれまして、あの人すごいですね、 その晩に首相と話をして、首相からすぐ連絡が入ってですね、ググググっと回って、今年予算がつきました。8000万円もらいました」

     この発言をめぐっては、国会で野党議員が事実関係をただしたが、外務省は答弁で 「今年8000万円の予算をつけた事実はない」と否定した。

     また、日本国際民間協力会は、松井理事が去年12月、昭恵夫人に首相公邸で面会したのは事実としながらも、 あっせんを依頼したことはなく、外務省から8000万円の援助を受けたこともないと訂正した。

     理由について、協力会は「講演の場ということで、松井理事が事実と理想を混同して話してしまった」などと説明している。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170323-00000006-nnn-soci

    【“昭恵夫人に頼んだら予算ついた”→「理事が理想と事実を混同してしまった」と、発言撤回】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/19(日) 20:40:25.13 _USER9
    宮城県山元町で11日にあった東日本大震災の犠牲者を悼む慰霊碑の除幕式。遺族や町関係者が硬い表情で居並ぶ中、1匹の猫が現れた。

    近所の飼い猫とみられ、遺族席の前に行儀良くお座り。町長のあいさつに先立って慰霊碑に歩み寄ると、鳴き声を上げることもなく立ち去った。

    震災ではペットなど多くの動物も命を奪われた。「きっと仲間たちの慰霊に来たんだね」。かわいらしい飛び入りの参列に、厳粛な会場の雰囲気は少しの間だけ和らいだ。

    http://storage.kahoku.co.jp/images/2017/03/19/20170319kho000000130000c/001_size4.jpgno title

    http://storage.kahoku.co.jp/images/2017/03/19/20170319kho000000130000c/002_size4.jpgno title

    http://storage.kahoku.co.jp/images/2017/03/19/20170319kho000000130000c/003_size4.jpgno title


    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170319_13032.html
    2017年03月19日日曜日

    【【宮城/猫】厳粛な会場にネコ一匹 東日本大震災の犠牲者を悼む慰霊碑の除幕式「きっと仲間たちの慰霊に来たんだね」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/19(日) 10:48:33.68 ● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    ゴルゴ13 海外赴任の企業関係者に安全指南

    世界各地でテロ事件が頻発するなか、外務省は、海外に赴任する企業関係者らを対象に、劇画「ゴルゴ13」の 主人公が安全対策を指南するマニュアルを作成し、近くホームページに掲載することにしています。

    外務省は、去年7月にバングラデシュで日本人7人が犠牲になった人質事件のあと、岸田外務大臣の指示を 受けて海外での安全対策を見直し、その結果、大企業に比べ中小企業は安全対策に関するノウハウが 不足していることや、現地の治安情報が滞在する日本人に十分伝わっていないことなどが明らかになりました。

    このため外務省は、より多くの人に安全対策の知識を身につけてもらおうと、激動の国際情勢下を生き延びてきた、 人気劇画「ゴルゴ13」の主人公が指南する企業関係者向けのマニュアルを、作者のさいとう・たかをさんの協力を 得て新たに作成しました。

    マニュアルは、「ゴルゴ13」の主人公が、現地の治安情報を常に把握しておく重要性や、企業に海外での安全管理を 担う責任者をあらかじめ決めておくことなどをアドバイスする内容で、外務省のホームページに13回の連載形式で 近く掲載することにしています。

    さいとう・たかをさんは、NHKの取材に対し、「外務省から話を聞き、それはもうやりたいと言った。外国は、日本とは 違う生活様式で、違う考え方の人がいるところであり、油断してはいけない。このマニュアルを読んで、どうするべきかを 意識してほしい」と話しています。

    http://imgur.com/Xfgr1je.jpgno title

    http://imgur.com/MP5n4Jk.jpgno title

    http://imgur.com/xp978Lk.jpgno title

    http://imgur.com/dX4WJbE.jpgno title

    http://imgur.com/nFra8FR.jpgno title

    http://imgur.com/qhk4pk8.jpgno title

    http://imgur.com/gI5b3ow.jpgno title

    http://imgur.com/uLN5SiX.jpgno title

    http://imgur.com/8owFnd2.jpgno title

    http://imgur.com/eZ3WHs6.jpgno title


    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170319/k10010916861000.html

    【ゴルゴ13、外務省から依頼を受ける 企業関係者に海外での安全対策を指南】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/09(木) 14:38:02.67




    【宅配員が激怒「タワーマンションのやつ死ね、配送無料とか死ね」】の続きを読む

    このページのトップヘ