真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    スポーツ

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/20(木) 12:40:13.30 _USER
    20170602222412

    浦和レッズと対戦した際に暴力事件を起こした韓国1部(Kリーグ)の済州ユナイテッドに対してアジアサッカー連盟(AFC)から重い処分が下されたが、それを不服とした済州がAFCに対して再審議を要請。そして、最終的にAFCが済州に対する罰則を軽減する判決を下したと韓国紙『朝鮮日報』が報じている。
     
    同紙によると、チョ・ヨンヒョンの出場停止期間が6ヶ月から3ヶ月に、ペク・ドンギュの出場停止期間が3ヶ月から2ヶ月に、それぞれ軽減されたとのこと。済州は独自の真相調査をもとに映像と写真、資料をAFCに提供し再審議。

    同紙は罰則軽減の理由について「浦和の選手に挑発行為があり、チョ・ヨンヒョンの行為は意図的ではなく、模範的なキャリアを歩んできたことが認められ、さらに再発防止のために済州選手たちの誓いと仲間たちの嘆願も提出した」からだと報じている。現時点で正式発表はないが、後日AFCから韓国紙が伝えているような発表があるかもしれない。
     
    問題となったのは5月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合。この一戦では、試合中の小競り合いをきっかけにベンチに座っていたペク・ドンギュがピッチに入って浦和のMF阿部勇樹にエルボーを見舞い、レッドカードを提示された。試合後には済州の選手たちが過度な抗議などでレッドカードとなっている。
     
    AFCは、2枚のイエローカードで退場となったチョ・ヨンヒョンに6ヶ月の出場停止と2万ドル(約220万円)の罰金処分を科した。ペク・ドンギュには3ヶ月の出場停止と1万5000ドル(約165万円)の罰金、クォン・ハンジンには2試合の出場停止と1000ドル(約11万円)の罰金処分が言い渡されている。

    また、済州に対して4万ドル(約440万円)の罰金処分が下されたほか、乱闘騒ぎに加わったとして浦和にも2万ドル(約220万円)の罰金処分が下されていた。


    2017年07月20日(Thu)12時14分配信
    https://www.footballchannel.jp/2017/07/20/post222799/

    【【サッカー】「浦和の挑発」AFCが認めた? 再審議の結果…暴力事件・済州の罰則軽減と韓国紙 現時点で正式発表はなし[07/20] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/23(金) 10:20:30.07 _USER
    AJP20170123001100882_01_i

     韓国の文在寅(ムン・ジェンイン)政権が、2018年平昌五輪でアイスホッケー女子の南北合同チームを結成する計画を明らかにしたことに対し、韓国選手の間から「五輪を目標に血の汗を流してきた私たちに対してひどすぎる仕打ちだ」などと、反発の声があがっている。
         


     韓国の聯合ニュースなどによると、文在寅大統領が文化体育観光相に登用した都鍾煥(ト・ジョンファン)氏は20日、平昌五輪の施設を訪れた際、「平昌五輪を平和五輪として行うための核心は北朝鮮が参加するかどうかだ」と述べ、一部競技の北朝鮮開催や平壌や開城(ケソン)を経由させる聖火リレー構想を明らかにした。都氏はさらに、アイスホッケー女子で南北合同チームを結成する計画も検討していることを明かし、「IOCと協力し、実現に努力したい」と述べた。

     「五輪を平和の祭典にする」というのが文在寅政権の“大義名分”だが、寝耳に水の選手たちはショックを隠せずにいる。

     韓国紙、朝鮮日報(日本語電子版)によると、延世大学音楽学部出身のハン・スジン(30)はピアニストになる道をあきらめて、アイスホッケーに情熱を注いできた。


     韓国系カナダ人2世のパク・ウンジョン(28)はコロンビア大学医学大学院に休学届を出し、「どうしても一度は五輪でプレーしたい」と韓国国籍を取得した。

     パク・チョンア(21)は中学2年生の時、生まれ育った江原道江陵から単身、ソウルに“留学”。月120万ウォン(約12万円)の訓練手当を頼りに、自炊をしながらアイスホッケーを続けてきた。

     「最初で最後になるかもしれない五輪に出場するため、すべてをかけた」と口を揃える3人は、平昌五輪の開幕が8カ月後に迫ったこの時期に、突然、浮上した南北合同チーム結成計画に、「脱力感に襲われている」という。

     これまで「南北合同チーム」は少なくとも2回結成されている。まず1991年4月に日本の千葉県で開催された卓球の世界選手権で初めて、「統一コリア」チームが結成された。朝鮮半島をかたどった「統一旗」を掲げ、女子団体で中国の10連覇を阻んだ。

     同じ年の6月にポルトガルで開催されたサッカーのワールドユース選手権にも、南北統一チームが「コリア代表」として出場。ベスト8に進出する活躍をみせた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
     公式戦ではないものの、2011年11月にカタール・ドーハで開催された卓球の親善試合にも、南北合同チームが出場したと伝えられている
    http://www.sankei.com/sports/news/170623/spo1706230001-n1.html

    【【2018平昌五輪】 「ひどい仕打ちだ」 文在寅政権の南北合同チーム計画に韓国選手が反発[06/23]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/12(月) 13:37:50.72 _USER
    20170605_valverde_Getty-560x373
    2017年6月11日、韓国で開かれている国際サッカー連盟(FIFA)の20歳以下(U−20)ワールドカップ(W杯)で、アジア人をおとしめるジェスチャーをしたとして物議を醸したウルグアイのフェデリコ・バルベルデの行動が再び波紋を巻き起こしている。韓国・マイデイリーは、これを「韓国の観衆を挑発」する行動と伝えた。 

    11日午後、水原(スウォン)ワールドカップ競技場で行われたイタリア対ウルグアイの3位決定戦は、前後半戦0−0の後のPK戦で、4−1でイタリアが勝利し3位を獲得した。 

    この試合で、PK戦の最初のキッカーとしてバルベルデが登場すると、以前にアジア人を蔑視するジェスチャーで物議を醸したこともあり、観客席からはブーイングが起こった。しかしバルベルデはゴールを成功、そして手のひらを両耳の後ろに当てるジェスチャーをした。記事はこのしぐさを「ブーイングへの挑発」と問題視し伝えている。 

    バルベルデは4日に行われた準々決勝ポルトガル戦でゴール後、両手の人差し指を目元に当て切れ長の目を思わせるジェスチャーをし、韓国メディアなどから「東洋人差別だ」と批判を受けた。バルベルデはその後、自身のSNSで「友人のための個人的な儀式だった」などと韓国語でつづり、謝罪の意を伝えていた。 

    しかし8日、ベネズエラとの準決勝PK戦での行動も問題となった。バルベルデは最初のキッカーとしてゴールを決めると、11日のイタリア戦と同様、観客席に向かって手のひらを両耳の後ろに当てたのだ。韓国メディアはこれについて「いろいろな意味の解釈ができる」としながらも、「『人種差別』議論を巻き起こした選手がやってはならない、誤解を招くのに十分なジェスチャーだ」と指摘、「『批判するならしてみろ』と解釈せざるを得ない」と分析し批判していた。 

    バルベルデをめぐり起こった3度目のジェスチャー問題に、韓国のネットユーザーからは「もう懲戒処分は免れない」「FIFAに正式に抗議して、試合に出られないようにすべき」「これでFIFAが処分をしなかったらおかしい」「ムカつく」など批判の声が多く寄せられた。 

    また「そんなことをしたら自分の国の品格を下げるだけだぞ」「若いやつは往々にして悪いことだけは真っ先に学ぶものだ」「まだ考えが幼いんだな」など、彼の行動をたしなめる意見もみられた。 

    さらに「ウルグアイってどこにある国だ?」と逆に挑発するようなコメントや、「アジアをなめてはならない」といった声もあった。(翻訳・編集/三田)

    http://www.recordchina.co.jp/b180889-s0-c50.html
    2017年6月12日13時00分

    【【鏡】韓国の観衆をウルグアイ代表がまた挑発?三たび波紋=「もう懲戒処分は免れない」「国の品格を下げるだけだぞ」韓国ネット[6/12]】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/11(日) 09:48:40.11 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
    E998BFE983A8E382A8E383ABE3839CE383BCE8A2ABE5BCBE-thumbnail2

    浦和は5月31日のACL済州戦で、相手選手に乱暴、侮辱的行為を受けるなどの騒動を受け、アジアサッカー連盟(AFC)から約220万円の罰金が科された件で、AFCに質問状を送った。

     試合後の騒動関与、試合価値を下げたという2点が処分理由とされるが、AFC倫理規定には選手を救う行為はその対象ではないと明文化されているという。
    クラブ幹部は、抗議ではないとした上で「何が倫理規定に抵触したのか、説明が欲しい」と話した。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170611-00000049-spnannex-socc

    【【被害者も金払うの?】浦和、済州戦で乱暴・侮辱受けた上AFCに220万円の罰金科され質問状送付へ】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/10(土) 09:03:35.06 _USER
    ho201706071401_50
    【ソウル聯合ニュース】

    アジアサッカー連盟(AFC)は9日、先月31日に埼玉スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の済州ユナイテッド(韓国)―浦和レッズ(日本)戦で3人の退場者を出した済州に対し重い処分を科した。

    チョ・ヨンヒョンに6カ月の出場停止と罰金2万ドル(約221万円)、浦和の阿部勇樹に肘打ちを見舞って一発退場となったペク・ドンギュに3カ月の出場停止と罰金1万5000ドル、クォン・ハンジンに2試合出場停止と罰金1000ドル、チームに罰金4万ドルをそれぞれ科した。済州側は処分を不服として異議を申し立てることを決めた。

    済州の関係者は聯合ニュースの取材に対し、「AFCから処分の内容を8日に伝えられた。処分が重すぎると判断し、韓国プロサッカー連盟と共に手続きを取っている」と明らかにした。

    チョ・ヨンヒョンの処分が最も重くなった理由についてAFCは「レッドカードを受けた後に審判対し激しく抗議し、退場処分を受けた後も審判に物理的な威嚇を加えた」と説明した。

    済州関係者は「試合当時、審判の判定が公平ではなかった。また浦和側がベンチに向けて、あざけるようなジェスチャーを取り、乱闘を誘発した。このような背景を考慮せずに重い処分を決めたことに当惑している」と話した。

    AFCは浦和にも2万ドルの罰金を科している。


    2017/06/09 21:11
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2017/06/09/1000000000AJP20170609005800882.HTML

    【【サッカー】「処分が重すぎる」 乱闘の済州 処分不服としAFCに異議申し立てへ[06/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ