真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    在日朝鮮人

    100801

    徐勝(ソ・スン)立命館大学コリア研究センター研究顧問「ベトナム民間人虐殺という蛮行を犯した韓国軍は日帝残滓であり日本軍の分身~ネットの反応「それをベトナム人が鵜呑みにするとでも?」「いや逆w ベトコンを指導したのが旧日本軍だろw」

    107ebb34

    日本で過去清算に最も否定的な右翼らは韓国軍のベトナム人民虐殺事件に非常に高い関心を持っている。日帝の蛮行を糾弾する韓国人に「君たちがやったことはどうなんだ?」と言いたいのだ。
    しかし、その蛮行はかつてアジアで日本軍が犯したことで、日本軍の伝統を受け継いだ韓国軍の暴力的な軍事訓練によって鍛練された日本軍の分身たちが犯した悪行ということを忘れてはならないだろう。

    徐勝(ソ・スン)立命館大学コリア研究センター研究顧問

    【徐勝(ソ・スン)立命館大学コリア研究センター研究顧問「ベトナム民間人虐殺という蛮行を犯した韓国軍は日帝残滓であり日本軍の分身】の続きを読む

    rVxsKBWd

    民団団長「地方参政権くらい与えてくれてもいいのでは」「在日が頑張って暮らせる社会に。韓日の架け橋になる」 : 厳選!韓国情報

    は? じゃ、韓国でも外国人に地方参政権くれますか? 日本のことは日本人で決めます。 どれだけ長く日本に住もうと外国人に口を挟む余地なし! 【民団団長「地方参政権くらい与えてくれてもいいのでは」「在日が頑張って暮らせる社会に。韓日の架け橋になる」】の続きを読む

    200px-Kim_Chyon-hae

    金 天海(김 천해、きん てんかい 1899年5月10日 - 没年不明])は、在日朝鮮人の左翼活動家。在日本朝鮮人連盟最高顧問。日本共産党中央委員。本名は金 鶴儀(김 학의、きん かくぎ)。 「天海」は僧名。大韓帝国(後の大韓民国)慶尚南道蔚山郡出身。日本大学中退。

    同年11月25日午前10時30分、東京地方裁判所で、金天海、李雲洙、朴得絃、金漢郷、金容杰、朴得杰、朴相勗、金正泓らの公判が開かれた。

    金容杰は「コミンテルン万歳」を叫び、朴得杰、朴相勗は朝鮮語で、「日本共産党と被告会議を開催して、完全に公判闘争を敢行した」と叫んだ。李雲洙が革命歌を歌い始めると、被告全員も起立して唱和した。

    朴得絃が全員を静かにさせて、裁判長に、金漢郷を議長とした、被告たちの公判会議の開催を要求した。裁判長の制止を振り切って、金天海ら被告たちは次々に発言した。

    同日11時20分、裁判長は、裁判の公開を禁止し、分離裁判を行なうことを明言した。金天海ら被告全員が抗議したが、力ずくで退廷させられた。同日午後、金天海らの分離裁判が始まった。

    金天海は、「朝鮮語禁止は、日本帝国の暴圧だ」「何故、自分たちの保釈が認められないのか」「共産党被告はコミンテルンの支部として闘っているから、日本・中国・朝鮮の被告を全部統一して裁判しろ」と主張した。

    同年12月8日に第2回公判が開かれ、最初は「統一審理・公開裁判」で行なわれたが、第1回公判と同様に混乱したため「分離裁判・非公開裁判」となった。

    1931年3月21日、金天海は懲役5年の実刑判決を受け、控訴した。同年10月30日、控訴審公判第1回準備手続の法廷で、看守、巡査、憲兵の退席を要求した。弁護士の介入により、警備が緩和された。

    同年10月、幹部の大量検挙により、朝鮮共産党日本総局が解体した。同年、全協組合員1万人中、4000人が朝鮮人だった。

    DU2OwSFX0AEEZLn

    昭和27年に木村篤太郎法相は「不良朝鮮人を強制送還せよというのは国を挙げての世論といってよい」と述べ、公安有害分子送還も考えているとした。また6万人もの朝鮮人への生活保護がテロ資金に流れた噂を指摘し、対策機関設立に言及した。 ちゃんとやれていれば、拉致も核もミサイルもなかった!

    新機関とは警察予備隊のことです(KSM)
    【加藤 健 @JapanLobby『昭和27年、木村法相「不良朝鮮人を強制送還せよというのは国を挙げての世論」』】の続きを読む

    C74fjoXVUAEaKIL

    連帯ユニオン関生支部・過去の金銭スキャンダル 今抱える金銭問題の全貌も近く明らかに
    DVpIYbLVwAE7hrp

    現在、大阪広域生コンコンクリート協同組合が調査を始めています。

    DVpIRWzU0AEzGZT
    その結果はいずれ公表されますが、巨額な数字が並び多くの人が驚愕することになるでしょう。

    DVpIS5ZUMAAFWFe


    このページのトップヘ