真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    自衛隊の活躍

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/24(月)06:45:40 ID:???
    海自艦と米空母、艦隊を組み北上 北を強く牽制、共同訓練開始 最新イージス艦「あしがら」、対潜監視「さみだれ」

    1112334

     北朝鮮をめぐる情勢が緊迫化する中、朝鮮半島付近に向けて航行している米海軍の原子力空母カール・ビンソンと海上自衛隊の護衛艦2隻が23日、西太平洋上で共同訓練を開始した。
    弾道ミサイルの発射を繰り返し、6回目の核実験の実施に向けた動きを見せる北朝鮮に対し、
    日米が共同対処できる態勢を示すことで、強く牽制(けんせい)する狙いがある。

    e1897eb2
    f3beaf1a
    DSC_0659-e1492940556976-300x174


    続き 産経ニュース 全2ページ
    http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230020-n1.html

    【【防衛】海自艦と米空母、艦隊を組み北上 北を強く牽制、共同訓練開始 最新イージス艦「あしがら」、対潜監視「さみだれ」 [H29/4/24]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 18:50:39.85 _USER
    1952085
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=175683&ph=0

    2017年4月19日、環球時報によると、稲田朋美防衛相が朝鮮半島有事の際に自衛隊派遣の可能性に言及したことについて、海外メディアから批判的な声が上がっている。

    稲田防衛相は18日の衆議院安全保障委員会で「仮に朝鮮半島で邦人などの退避が必要な事態に至り、民間定期便での出国が困難となった場合は、自衛隊法に基づく在外邦人の保護措置、輸送の実施を検討する」と語った。また、北朝鮮の発射したミサイルが日本の領海内に落下した際、「武力攻撃切迫事態」に認定して自衛隊への防衛出動の発令を可能とすることを日本政府が検討しているという。

    記事によると、これについて韓国KBSテレビは「最近、日本政府は朝鮮半島問題において過度に緊張ムードを広めている。日本国内における朝鮮半島問題への関心が高まり続ける中、最新の世論調査では安倍晋三首相の支持率が下げ止まり、回復したことが明らかになった。安倍首相は北朝鮮が長期的な脅威であると強調し続けることで、日本の軍備強化の目的を得るとともに、憲法第9条の改正ムードを作ろうとさえしている」との見方を示しているという。

    また、ロシア紙Utro Rossiiも18日、「もし日本が本当に自衛隊を朝鮮半島に派遣するようなことがあれば、第2次世界大戦終結後初の『軍事侵略の発動』になる。朝鮮半島情勢は日本により大きな軍事的欲望をもたらしている。昨年自衛隊の国外での軍事行動を認める法案を可決し、現在また北朝鮮への攻撃の用意があることを明かした。朝鮮半島の緊張が激化するなかで、日本の挙動は非常に危険なシグナルだ」と報じているという。



    【【国際】日本が朝鮮半島有事の自衛隊派遣に言及、韓国やロシアから批判的な声[04/19] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/18(火) 07:45:36.11 _USER9
    政府は、北朝鮮が日本領海内に弾道ミサイルを発射した場合、自衛隊への防衛出動の発令が可能となる「武力攻撃切迫事態」に認定する方向で検討に入った。

    4112


    核・ミサイル開発を進める北朝鮮による挑発行為が増長するなか、適切な防衛態勢を整える必要性があると判断した。

    安全保障関連法では、個別的自衛権の範囲内で自衛隊が出動できる状況を、緊迫度の段階に応じて、 〈1〉武力攻撃予測事態(予測事態)〈2〉武力攻撃切迫事態(切迫事態)〈3〉武力攻撃発生事態(発生事態)――の3段階に分けている。

    日本への攻撃の可能性が高まった段階である予測事態では、自衛隊による防御施設の構築などが可能となる。 明白な危険が迫る切迫事態では、防衛出動を発令し、自衛隊を前線に配備することができる。

    実際に攻撃が発生したとみなす発生事態では、個別的自衛権を発動して武力による反撃も可能となる。 いずれのケースもこれまで認定されたことがない。

    武力総攻撃・切迫・発生事態の違い
    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170418/20170418-OYT1I50000-L.jpgno title


    配信 2017年04月18日 07時12分

    YOMIURI ONLINE ニュースサイトを読む
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170418-OYT1T50000.html?from=ytop_top

    【【政府】領海に北朝鮮ミサイルなら「武力攻撃切迫事態」-認定されれば初のケース】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/18(火) 13:56:09.85 ● BE:501696153-2BP(2000)
    AS20160916002762_comm
    在韓邦人、自衛隊が救出も=朝鮮半島有事で防衛相
    時事通信 4/18(火) 13:02配信
     稲田朋美防衛相は18日の衆院安全保障委員会で、朝鮮半島有事の際の在韓邦人保護について「仮に朝鮮半島で邦人などの退避が必要な事態に至り、民間定期便での出国が困難となった場合は、自衛隊法に基づく在外邦人の保護措置、輸送の実施を検討する」と述べた。

     民進党の本村賢太郎氏への答弁。

     自衛隊法を含む安全保障関連法の整備で、自衛隊による武器使用を伴う在外邦人の警護、救出といった「保護措置」が可能となった。 稲田氏は「朝鮮半島で在留邦人の保護、退避が必要になった場合を想定し、平素から関係省庁間で連携して必要な準備、検討を行っている」と説明。自衛隊による保護措置について「必要な態勢を整え、各種訓練も順次実施している」と語った。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000057-jij-pol

    【稲田朋美「もし戦争なら自衛隊を朝鮮半島に上陸させる。日本人を助けるために。」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/14(金)04:14:28
    ◆日本の敵基地攻撃、現有装備でも不可能ではないが… 「特攻隊に近い状態になる」と防衛省関係者[産経ニュース 2017.4.13 21:46]

    Ministry_of_Defense2


    安倍晋三首相は13日、自衛隊のミサイル防衛(MD)態勢の限界にあえて言及することで、敵基地攻撃能力の保有を含む防衛力強化に向けた意欲をにじませた。確かに、自衛隊の現有装備では北朝鮮のミサイル基地を効果的にたたくことはできない。法的な課題も残る。政府が保有に向けた決断を下しても、実効的な抑止力を保持するには多くのハードルがある。(杉本康士、小野晋史)

    敵基地攻撃能力をめぐっては3月末、自民党安全保障調査会が早期の保有検討を求める提言を安倍首相に提出した。そもそも自衛隊の現有装備で北朝鮮に打撃を加えることは「全く不可能ではない」(航空自衛隊関係者)。F2戦闘機に加え、空中給油機や空中警戒管制機(AWACS)をすでに保有しているからだ。

    しかし、防衛省関係者は「現在の態勢では特攻隊に近い状態になる」と証言する。敵基地攻撃を行う場合、北朝鮮軍の防空網突破が不可欠。レーダー施設を無力化するためには電子妨害機や対電波放射源ミサイルを導入しなければならない。空自は衛星誘導爆弾(JDAM)を保有しているが、目標にレーザーを照射して命中効率を上げる爆撃誘導員の育成も必要だ。防衛省は新たに空対地ミサイルを取得することも視野に入れる。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170413/plt1704130036-n1.html

    【【北朝鮮情勢】日本の敵基地攻撃、現有装備でも不可能ではないが… 「特攻隊に近い状態になる」と防衛省関係者[H29/4/14]】の続きを読む

    このページのトップヘ